English
電気通信大学 
大学院情報理工学研究科、情報理工学域 
基盤理工学専攻、Ⅲ類(理工系) 

教授 
奥野 剛史 
オクノ ツヨシ 
Tsuyoshi Okuno 

1967年生まれ  
Tel.042-443-5460  
Fax.042-443-5501  
 

経歴
筑波大学 物理学系  助手  1995/04-2001/07 
筑波大学 物理学系  講師  2001/08-2004/03 
電気通信大学 電気通信学部  助教授、准教授  2004/04-2015/03 

学歴
東京大学  理学部  物理学科  1990/03  卒業 
東京大学  理学系研究科  物理学専攻  修士  1992/03  修了 
東京大学  理学系研究科  物理学専攻  博士  1995/03  修了 

学位
博士(理学)  東京大学  1995/03 

研究概要
新規ナノ光材料や半導体微細構造における光物性実験を専門としています。 量子ドットやナノワイヤ等の量子閉じ込め構造の光学的性質、および、 それらと発光中心との相互作用を明らかにするための研究を行っています。 大きさがナノメートル(10^{-9} m)領域になった半導体微細構造では、 その中の電子のもつ波としての性質が顕著になってきます。 そのため、発光する色や応答速度等が、通常の大きさの半導体とは変わってきて、 自由に制御できる可能性がでてきます。また、そこに蛍光イオンを導入することにより、 通常とは異なる強度や色で発光させることができます。 このような新規ナノ光材料を創出し、その構造や発光メカニズムを解明しようとしています。 低消費エネルギーに資しかつ環境に調和した新物質および新現象を探索しています。

これまでの研究において得た結果の例を記します。
 現在実用化されている半導体発光材料のほとんどは化合物半導体で、 シリコン(ケイ素,Si)を用いた発光材料が求められています。そこで、 シリコン硫化物という新たな材料系に注目して研究を行っています。 反応性の高い硫化物を用いることにより、シリコン基板上に比較的低温で 成長させることが可能です。将来のシリコン集積回路上での光電子融合デバイスにも つながる期待があります。バリウムチオシリケートやカルシウムチオシリケートといった物質をシリコン基板上に形成することに成功しました。物質を選ぶことによって、緑色、黄色、および赤色の発光スペクトルを得ました。効率は最大52%まで向上しています。
 電子デバイスを形成しているシリコンをナノメートルという極小の大きさにすることにより、 低消費電力の新しい光電子素子を作り出すことに期待が集まっています。無電解銀析出法という シリコンの表面エッチング(腐食)を用いることにより、赤色発光するシリコンナノワイヤ(棒状シリコン)を作り出すことに成功しました。直径は0.1マイクロメートル、長さは 100マイクロメートル程度で、シリコン基板上に垂直に立って密に形成されています。ワイヤの 側面から顕微鏡下で発光を観測することにより、ワイヤの先端において発光が強くなっている ことがわかりました。シリコンと、その表面を覆っている酸化シリコンとの界面が発光原因となっていることを示唆しています。 

学内担当授業科目
2021  基礎科学実験A  前期  学部(昼間) 
2021  3大学協働基礎ゼミ:通信技術  前期  学部(昼間) 
詳細表示...

現在の専門分野
応用物性 
無機材料・物性 

研究キーワード
光物性実験、蛍光体科学 

現在の研究課題
半導体微細構造の光物性、新規蛍光体材料の開発  半導体微粒子、蛍光体  1995-現在 

論文
一般論文  無  東京都と電通大による高大連携:課題探究教室  共著  須田順子、須子雅好、奥野剛史、中村仁、鈴木勝  大学の物理教育  27/ 2, 118-120  2021/07 
一般論文  有  Red afterglow and luminescence arising from defects in CaS:Eu2+,Tm3+  共著  Yoriko Suda, Yuki Tamura, Syota Yamaguchi, Yasushi Nanai and Tsuyoshi Okuno  J. Phys. D: Appl. Phys.  54, 415103(11pp)-  2021/07/30  10.1088/1361-6463/ac13f6 
一般論文  無  青色励起赤色発光リン酸塩蛍光体の発光特性  共著  志村佳熙、久島大輝、田村祐樹、奥野剛史  映像情報メディア学会技術報告 ITE Technical Report  45/ 2, 33-36  2021/01 
一般論文  無  VBAとGASを用いたシフト表自動化アプリの作成とシフト組合せ最適化用の遺伝的アルゴリズムの検討  共著  富田一光、奥野剛史  第14回進化計算シンポジウム2020 講演論文集  101-106  2020/12 
一般論文  有  Red persistent luminescence excited by visible light in CaS:Eu2+,Tm3+  共著  Yuki Tamura, Tsuyoshi Okuno, Yoriko Suda and Yasushi Nanai  J. Phys. D: Appl. Phys.  53/ 15, 155101(7pp)-  2020/02/04  10.1088/1361-6463/ab6d1c 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  CaAl2O4:Ce3+,Dy3+の白色発光および残光特性  応用物理学会(2021春) オンライン開催 2021年第68回応用物理学会春季学術講演会  講演予稿集19a-P05-4  無  磯部英智香、渡部勇太、奥野剛史、木村浩丈、山口翔太  2021/03/19 
学会口頭発表  赤色残光蛍光体CaS:Eu2+,Dy3+のアルカリ金属イオン添加効果  応用物理学会(2021春) オンライン開催 2021年第68回応用物理学会春季学術講演会  講演予稿集19a-P05-3  無  山口翔太、奥野剛史、田村祐樹、須田順子  2021/03/19 
学会口頭発表  3価のサマリウム原料を用いた蛍光体SrFCl:Sm2+の作製  応用物理学会(2021春) オンライン開催 2021年第68回応用物理学会春季学術講演会  講演予稿集19a-P05-2  無  木村浩丈、奥野剛史、黒川郁弥、富田一光  2021/03/19 
学会口頭発表  青色励起赤色発光リン酸塩蛍光体の発光特性  映像情報メディア学会 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 オンライン 2021年1月28日-29日 (発表は29日) ITE Technical Report vol45,no2 IDY2021-1(Jan.2020) pp.33-36  IDY2021-1(Jan.2021),vol45,no2,  無  志村佳熙、久島大輝、田村祐樹、奥野剛史  2021/01/29 
学会口頭発表  VBAとGASを用いたシフト表自動化アプリの作成とシフト組合せ最適化用の遺伝的アルゴリズムの検討  進化計算学会 第14回進化計算シンポジウム2020 講演論文集p101-106  2020年12月19日-20日(発表は20日)オンライン開催 Z3-02  Z3-02,p101-106  無  富田一光、奥野剛史  2020/12/20 
詳細表示...

知的財産権
特許  発光素子とその製造方法、並びにErSi2ナノワイヤーとその製造方法  特願2007-142044  2007/05/29  出願 
特許  半導体素子  特願2004-249408  2004/08/30  特許公開2006-065133  公開 
特許  蛍光体、その製造方法及び発光装置  特願2012-272083  2012/12/13  特開2014-118421  2014/06/30  6099126  2017/03/03  登録 
詳細表示...

所属学協会
応用物理学会  1997/01-現在 
日本物理学会  1991/01-現在 
蛍光体同学会  2012/05-現在 
日本物理教育学会  2010/10-現在 
照明学会  2017/03/17-現在 
詳細表示...

学内委員会等
社会連携センター センター長  委員  2020/04-現在 
3大学(電通大、農工大、東外大)連携事業協働共通教育作業部会  委員  2016/04-現在 
社会連携センター運営委員会委員  委員  2013/04-現在 
詳細表示...