English
電気通信大学 
大学院情報理工学研究科、情報理工学域 
基盤理工学専攻、Ⅲ類(理工系) 

教授 
尾関 之康 
オゼキ ユキヤス 
Yukiyasu Ozeki 

1961年生まれ  
Tel.042-443-5482  
Fax.042-443-5482  
 

経歴
東京工業大学大学院理工学研究科  助手  1998/04-2004/03 
電気通信大学電気通信学部  助教授  2004/04-2007/03/31 
電気通信大学電気通信学部  准教授  2007/04/01-2010/03/31 
電気通信大学情報理工学研究科  准教授  2010/04/01-2011/06/30 
電気通信大学情報理工学研究科  教授  2011/07/01-現在 

学歴
神奈川県立横浜翠嵐高等学校  1980/03  卒業 
東京工業大学  理学部  物理学科  1984/03  卒業 
東京工業大学  理工学研究科  物理学専攻  博士  1988/09  修了 

学位
理学博士  東京工業大学  1988 

学内担当授業科目
2017  熱力学  前期  学部(昼間) 
2017  基盤理工学専攻基礎  前期  大学院(IE)  博士前期課程 
2017  熱・統計物理学 基礎  後期  学部(昼間) 
2017  基礎物理学第二  後期  学部(夜間主) 
2017  統計物理工学特論  後期  大学院(IE)  博士前期・後期課程共通 
詳細表示...

学外担当授業科目
2001  熱・統計力学演習第一  東京工業大学 
2001  熱・統計力学演習第二  東京工業大学 
2002  熱・統計力学演習第一  東京工業大学 
2002  熱・統計力学演習第二  東京工業大学 
2003  熱・統計力学演習第二  東京工業大学 
詳細表示...

現在の専門分野
数理物理・物性基礎 

現在の研究課題
非平衡緩和法の開発と応用  非平衡緩和法 相転移 数値シミュレ-ション 相転移 臨界現象  1997-現在 
コスタリッツ-サウレス相転移系の非平衡緩和解析  コスタリッツ-サウレス 非平衡緩和法 臨界現象 非平衡緩和  2000-現在 
スピングラス系の臨界現象と普遍性の研究  スピングラス 臨界現象 普遍性 臨界現象 普遍性 

著書
著書  Recent Development in Nonequilibrium Relaxation Method  Computer Simulation Studies in Condensed Matter Physics XIV (Springer-Verlag)  27  2002 
著書  Simulation Study on Phase Transition using Dynamical Behavior  Computer Simulation Studies in Condensed-Matter Physics XIII (Springer-Verlag)  175-182  2001 
著書  Non-equilibrium Relaxation Study of The Phase Transition  Proceeding of the 8th Asia-Pacific Physics Conference (World Scentific)  277-285  2001 
著書  Non-Equilibrium Relaxation of Fluctuations and Its Application to Critical Phenomena  Journal of Physical Society of Japan Supplement  193-198  2000 
著書  On The Two-Dimensional Site-Random Quantum Heisenberg Spin Glass Model  Coherent Approaches to Fluctuations (World Scientific)  208  1996 
詳細表示...

論文
一般論文  無  Dynamical scaling analysis for the antiferromagnetic triangular Heisenberg model  Yukiyasu Ozeki and Ryogo Tobise  Activity Report 2016, ISSP  226-  2017/07 
一般論文  有  Improved dynamical scaling analysis using the kernel method for nonequilibrium relaxation  共著  Yuki Echinaka and Yuikyasu Ozeki  Phys. Rev. E  94, 043312-  2016/10 
一般論文  無  Improvement of dynamical scaling and accurate analysis of nonequilibrium relaxation data  Yukiyasu Ozeki  Activity Report 2015, ISSP  215-  2016/06 
一般論文  無  Improvement of dynamical scaling by the use of kernel method and its applications to nonequilibrium relaxation analyses  Yukiyasu Ozeki and Yuki Echinaka  Activity Report 2014, ISSP  231-  2015/06 
一般論文  無  Dynamical scaling analysis on the low-temperature phase for the RP^2 model in two dimensions  Yukiyasu Ozeki, Atsuyuki Matsuda, Yuki Echinaka, Yusuke Tomita  Activity Report 2013, ISSP  201-  2014/06 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  改良された動的スケーリング法による三角格子反強磁性ハイゼンベルグ模型のトポロジカル相転移解析  日本物理学会,2017年秋季大会  72/ 8  無  飛世崚吾、尾関之康  2017/09/24 
学会口頭発表  改良された動的スケーリング法による2次元フラストレー卜XY模型の非平衡緩和解析  日本物理学会,2016年秋季大会  71/ 8  無  矢島優里、尾関之康  2016/09/16 
学会口頭発表  2次元古典XZ模型の臨界現象の非平衡緩和解析  日本物理学会,第71回年次大会  71/ 8  無  尾関之康  2016/03 
学会口頭発表  カーネル法を利用した非平衡緩和解析のさらなる改良  日本物理学会,2015年秋季大会  70/ 8  無  尾関之康、恵知中悠貴  2015/09 
学会口頭発表  改良された動的スケーリング解析によるKT転移の判別II  日本物理学会,第69回年次大会  69/ 8  無  恵知中悠貴、尾関之康  2014/03 
詳細表示...

受賞
JPSJ注目論文  2006/01 
詳細表示...

所属学協会
日本物理学会  1985-現在 
詳細表示...

委員会・審議会等
日本物理学会  WWW運用小委員会委員  1999-2001 
日本物理学会  会誌編集委員会委員  1999-2001 
日本物理学会  統計力学・物性基礎論分科世話人  1995-1996 
詳細表示...

学内委員会等
予算委員会  委員  2015/04-2016/03 
予算委員会  委員  2012/04-2013/03 
大学院入試委員会  2010/04-2012/03 
卒研配属委員  2009/05-2011/04 
学科パンフレット委員  2007/04-2008/03 
詳細表示...