English
電気通信大学 
名誉教授 

顔写真 名誉教授 
鈴木 和幸 
スズキ カズユキ 
Suzuki Kazuyuki 

1950年生まれ  
Fax.0424-43-5271  
 

経歴
東海大学理学部  専任講師  1979/04-1984/03 
東海大学理学部  助教授  1984/04-1990/03 
電気通信大学電気通信学部電子情報学科  助教授  1990/04-2000/03 
東京工業大学  客員助教授  1994/04-2000/03 
電気通信大学IS情報システム運用学専攻  助教授  1994/04-2000/03 
電気通信大学大学院電気通信学研究科電子情報学専攻博士課程研究指導担当  2000/03/01-現在 
電気通信大学電気通信学部システム工学科  教授  2000/04/01-2010/03/31 
電気通信大学大学院情報システム学研究科  教授  2000/04/01-2010/03/31 
電気通信大学IS情報システム運用学専攻  教授  2000/04/01-現在 
電気通信大学大学院情報理工学研究科教授  2010/04/01-2016/03/31 
電気通信大学大学院情報理工学研究科  特任教授  2016/04/01-現在 

学位
工学修士  東京工業大学  1976/03 
工学博士  東京工業大学  1979/03 

学内担当授業科目
2010  情報システム管理論1  前期  大学院(IS)  博士前期・後期課程共通 
詳細表示...

海外教育研究活動
文部省在外研究員  1999-2000  Canada, USA 
Stanford University客員研究員  1986-1986  USA 
詳細表示...

現在の専門分野
社会システム工学・安全システム 

現在の研究課題
品質管理と情報技術を用いた信頼性工学の体系化  設計信頼性 FMEA/FTA 寿命データ解析 
信頼性保証の為の大規模マルチメディアデータベースの構築とその活用に関する研究  データベース 寿命データ 信頼性解析 
最適状態監視保全に関する研究  信頼性中心保全(RCM) オンコンデション保全 TP2 

共同・受託研究希望テーマ
市場データからの信頼性寿命解析法  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  共同研究 
RCM最適保全方式  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  共同研究 
最適信頼性寿命試験方式  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  共同研究 
詳細表示...

著書
著書  トラブルの未然防止・再発防止  鈴木和幸  品質月間委員会  2019 
著書  信頼性試験技術  益田明彦・鈴木和幸・原田文明・山悟・横川慎二  日科技連出版  2019 
著書  品質管理と品質保証、信頼性の基礎  真壁肇、鈴木和幸  日科技連出版  2018 
著書  新版 信頼性工学ハンドブック  鈴木和幸  日科技連出版  2014/06/30 
著書  安全性の確保と未然防止  鈴木和幸  日本規格協会出版  2013 
詳細表示...

論文
一般論文  有  Seven View Points and Reliability Engineering Scheme for Preventing Reliability Problems  共著  Kazuyuki Suzuki and Shinji Yokogawa  International Journal of Reliability, Quality and Safety Engineering  27  2020 
一般論文  有  品質・信頼性・安全性への未然防止体系とその新展開  単著  鈴木和幸  横幹(Journal of Transdisciplinary Federation of Science and Technology)  13/ 2, 73-83  2019 
一般論文  有  日常の問題場面を用いた教材開発への一考察ー問題解決事例の分析による目的設定の方法ー  共著  山下雅代、横川慎二・鈴木和幸  教材学研究  28, 35-46  2017 
一般論文  有  Analyzing claim data fr detecting major quality problems and determining effectiveness of actions taken  共著  Watcharathiansakulm,M., W.Yamamoto, and K.Suzuki  Journal of Reliability Engineering Association of Japan  38, 389-406  2016 
一般論文  有  トラブル予測表を用いた故障モード予測手法と信頼背・安全性の作り込み評価指標の提案  共著  山﨑雄大、横川慎二、鈴木和幸  日本信頼性学会誌  38, 271-283  2016 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  On monitoring customer claims using CUSUM procedure for QCMM  The 14th ANQ (Asian Network for Quality) Congress 2016 Russia  有  Watcharathiansakul M., Yamamoto Y., and Suzuki, K.  2016 
学会口頭発表  車両ユニットの信頼性寿命評価におけるオンラインモニタリングの活用  第45回 信頼性・保全性シンポジウム  無  熊崎千晴, 山本渉, 鈴木和幸  2015 
学会口頭発表  使用環境条件を考慮した季節変動のあるフィールド寿命データの解析  第45回 信頼性・保全性シンポジウム  無  濱村瞳, 片山航, 石田勉, 山本渉, 鈴木和幸  2015 
学会口頭発表  複数の独立な故障メカニズムを考慮した劣化システムの保全方策に関する一考察  第45回 信頼性・保全性シンポジウム  無  上野智史, 金路, 鈴木和幸  2015 
学会口頭発表  社会インフラの老朽化による事故とその未然防止への一考察  第45回 信頼性・保全性シンポジウム  無  藤田進,横川慎二,鈴木和幸  2015 
詳細表示...

受賞
第15回日本統計学会統計教育賞  2019/09 
IEEE Reliability Society, Japan Chapter, 信頼性技術功績賞  2017/06 
日経品質管理文献賞  2014 
デミング賞本賞  2014 
横断型基幹科学技術研究団体連合木村賞  2014 
詳細表示...

研究員受入れ
国外  招聘研究員  バングラデシュ  Univ of Rajshahi, Dept of Statistics  劣化量データベースに基づいた信頼性解析に関する研究  学術振興会等  2005-2007 
詳細表示...

共同・受託研究実績
研究所における信頼性確保とヒューマンエラーについての研究  2002-現在  共同研究  国内共同研究 
インターネットを用いた信頼性データベース及び信頼性手法の開発とその普及  1997-1999  国内共同研究 
信頼性試験法に関する研究  1993-2000  企業からの受託研究 
詳細表示...

所属学協会
日本品質管理学会  1974-現在 
日本信頼性学会  1985-現在 
IEEE  1992-現在 
日本OR学会  1976/04-現在 
American Statistical Society  1979-現在 
詳細表示...

会議・研究会等
4th International Conference on Accelerated Life Testing and Degradation, Rennes, France  Scientific Committee  2012/06 
The Seventh International Conference on MMR  Technical Program Committee  2011/06 
Mathematical Methods in Reliability, Moscow  Programme Committee  2009/06 
IEEE Asian Reliability Conference 2005  主催者代表  2005/11/19 
IEEE 信頼性におけるHuman Factorに関する講演会  主催者代表  2005/10/22 
詳細表示...

委員会・審議会等
日本信頼性学会  会長  2012/06-2014/05 
(一社)日本品質管理学会  会長  2009/10-2011/10 
IEEE  Chairman of Japan Reliability Chapter  2005-2007 
日本信頼性学会  副会長  2010/06-2012/06 
日本品質管理学会  副会長  2008/10-2009/10 
詳細表示...

社会貢献活動
学術雑誌関係  Editorial Advisory Board in Book Series,"Statistics for Industry and Technology"  1996/01-現在 
詳細表示...