English
電気通信大学 
大学院情報理工学研究科、情報理工学域 
情報・ネットワーク工学専攻、Ⅱ類(融合系) 

顔写真 教授 
川端 勉 
カワバタ ツトム 
TSUTOMU KAWABATA 

1955年生まれ  
個人ウェブサイトはこちら  

経歴
総理府  事務官  1980/04-1982/03 
電気通信大学  助手  1982/04-1993/12 
電気通信大学  助教授  1994/01-2002/03 
電気通信大学  教授  2002/04-現在 

学歴
富山県立魚津高等学校  1974/03  卒業 
東京大学  工学部  計数工学科  1978/03  卒業 
東京大学  工学系研究科  計数工学専攻  修士  1980/03  修了 

学位
工学修士  東京大学  1980/03 
博士(工学)  東京大学  1993/10 

学内担当授業科目
2017  情報理論  前期  学部(昼間)  専門科目 
2017  データ圧縮基礎  前期  大学院(IE)  博士前期課程  専門科目 
2017  確率統計  後期  学部(昼間)  専門科目 
2017  情報通信と符号化  後期  学部(昼間)  専門科目 
詳細表示...

海外教育研究活動
Stanford大学電気工学科客員准教授  1996-1997  アメリカ 
フランス国立情報制御研究所客員研究員  1996-1996  フランス 
Eindhoven工科大学特別研究員  1995-1995  オランダ 
Stanford大学数学科客員研究員  1989-1989  アメリカ 
Stanford大学電気工学科客員研究員  1987-1989  アメリカ 
詳細表示...

現在の専門分野
情報学基礎理論 
通信・ネットワーク工学 

現在の研究課題
多次元漸近的量子化  漸近的ベクトル量子化 格子 微分幾何学 
特異確率測度に対するレート歪理論  レート歪関数 特異確率測度 レート歪次元 
データ圧縮アルゴリズムの設計と解析  Lempel-Ziv符号 文脈木重みづけ法 

共同・受託研究希望テーマ
データ圧縮法の応用に関する共同研究  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  技術相談,共同研究  新しく開発したロスレスデータ圧縮法は 定常エルゴート情報源に対して漸近的に最適 であるだけでなく、基本的でかつプログラム複雑度 の小さな方法である。この方法をシーズとして その実現の可能性を共同研究してくださる相手を 探しています。 またデータ圧縮法に関する長年の経験を生かした 技術相談にも応じます。 
詳細表示...

著書
著書  Multimedia- A Multidisciplinary Approach to Complex Issues (I. Karydis, Eds)  Hideki Yagi, Tsutomu Kawabata  InTech  125-140  2012/01 
著書(翻訳)  プログラミングによる計算可能性理論  甘利俊一、金谷健一、川端 勉 共訳  サイエンス社  84-172  1987 
詳細表示...

論文
一般論文  有  Statistical Properties of Double Hoyt Fading With Applications to the Performance Analysis of Wireless Communication Systems  共著  NAZIH HAJRI, NEJI YOUSSEF, TSUTOMU KAWABATA, MATTHIAS PÄTZOLD, WIEM DAHECH1  IEEE Access  6, 19597-19609  2018/04/06  2169-3536  10.1109/ACCESS.2018.2820746 
一般論文  有  On the Statistical Pro-perties of Capacity Outage Intervals in OSTBC-MIMO Ray-leigh Fading Channels  共著  R Hicheri, G Rafiq, T Kawabata, M Paetzold, N Youssef  IEEE Transactions on Wireless Communications  15/ 5, 3548- 3559  2016/01/28  10.1109/TWC.2016.2522962 
一般論文  有  Performance Improvement of Iterative Multiuser Detection for Large Sparsely-Spread CDMA Systems by Spatial Coupling  共著  K. Takeuchi, T. Tanaka, and T. Kawabata  IEEE Trans. Inf. Theory  61/ 4, 1768-1794  2015/04  10.1109/TWC.2016.2522962 
一般論文  有  Iterative Channel Estimation and Decoding via Spatial Coupling  共著  Shuhei Horio, Keigo Takeuchi, Tsutomu Kawabata  IEICE Transaction on Fundamentals, Special Section on Wideband Systems  E98-A/ 2  2015/02  1745-1337  URL 
一般論文  有  Properties of Jeffreys Mixture for Markov Sources  Jun'ichi Takeuchi, Tsutomu Kawabata, Andrew R. Barron  IEEE Transactions on Information Theory  59/ 1, 438- 457  2013/01  10.1109/TIT.2012.2219171 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  事前分布の推定に基づく無歪情報源符号の冗長度解析--エルゴート性に関する仮定の緩和--  電子情報通信学会情報理論研究会  IT2017/ 105  無  五十嵐椋介、川端勉  2018/03/08 
学会口頭発表  レート歪関数のシャノン下界の漸近的最適性 ~ 自己相似分布に対する別証明 ~  電子情報通信学会情報理論研究会  無  田口慎吾,川端勉  2017/07/13 
学会口頭発表  Lempel-Ziv-Yokoo データ圧縮法の簡素な実現と冗長度の実験的解析  東京支部学生会研究発表会(第22回)  無  黎 漢・川端 勉  2017/03/04 
学会口頭発表  マルコフ・フラクタル事前分布をもつ情報源に対するユニバーサル符号の冗長度解析  電子情報通信学会信学技報  IT2015/ 103  無  松上 直矢、川端 勉  2016/03 
学会口頭発表  既知の文脈自由文法を利用したテキストデータ圧縮法  2016電子情報通信学会総合大会予稿集  A/ 2  無  小西 竜馬、川端 勉  2016/03/18 
詳細表示...

共同・受託研究実績
データ圧縮方式の研究  1985-1985  企業からの受託研究 
詳細表示...

所属学協会
情報理論とその応用学会  1986-現在 
電子情報通信学会  1985-現在 
IEEE  1993-現在 
日本応用数理学会 
詳細表示...

委員会・審議会等
電子情報通信学会英文誌情報理論とその応用小特集編集委員会  委員長  2013/11-2015/11 
第37回情報理論とその応用シンポジウムプログラム委員会  委員長  2013/11-2015/01 
第37回情報理論とその応用シンポジウム実行委員会  実行委員  2013/11-2014 
国家公務員採用総合職試験(数理科学・物理・地球科学)試験専門委員会  委員  2013/07/01-2016/07/31 
電子情報通信学会  功績賞・業績賞委員会投票委員  2008/09-現在 
詳細表示...

他大学等教育支援
東京大学工学部非常勤講師  幾何数理工学  1998/04-1998/09 
東京大学工学部非常勤講師  幾何数理工学  1997/04-1997/09 
詳細表示...

社会貢献活動
学術雑誌関係  電子情報通信学会英文論文誌A  2010/05-現在  査読委員 
他大学評価委員、各種研究費等の審査委員  独立行政法人情報通信研究機構 海外研究者招へい事業合同審議委員会  2008/04-2011/09  合同委員会審議委員 
学術雑誌関係  電子情報通信学会英文論文誌A  2006/05-2010/05  編集委員 
他大学評価委員、各種研究費等の審査委員  財団法人国際コミュニケーション基金  2004/06-2008/05  審査委員 
詳細表示...

学内委員会等
学術院代議員会  代議員  2017/04-2018/03 
研究科代議員会  代議員  2017/04-2018/03 
II類代議員会  代議員  2017/04-2018/03 
拡大3P策定委員会  委員  2016/04-現在 
研究科担当資格審査委員会  委員  2016/04-現在 
詳細表示...