English
電気通信大学 
大学院情報理工学研究科、情報理工学域 
情報・ネットワーク工学専攻、Ⅱ類(融合系) 

顔写真 教授 
川端 勉 
カワバタ ツトム 
TSUTOMU KAWABATA 

1955年生まれ  
個人ウェブサイトはこちら  

経歴
総理府  事務官  1980/04-1982/03 
電気通信大学  助手  1982/04-1993/12 
電気通信大学  助教授  1994/01-2002/03 
電気通信大学  教授  2002/04-現在 

学歴
富山県立魚津高等学校  1974/03  卒業 
東京大学  工学部  計数工学科  1978/03  卒業 
東京大学  工学系研究科  計数工学専攻  修士  1980/03  修了 

学位
工学修士  東京大学  1980/03 
博士(工学)  東京大学  1993/10 

学内担当授業科目
2016  情報理論  前期  学部(昼間) 
2016  確率統計  前期  学部(昼間) 
2016  データ圧縮基礎  前期  大学院(IE)  博士前期課程 
2016  確率統計  後期  学部(昼間) 
2016  情報通信と符号化  後期  学部(昼間) 
詳細表示...

海外教育研究活動
Stanford大学電気工学科客員准教授  1996-1997  アメリカ 
フランス国立情報制御研究所客員研究員  1996-1996  フランス 
Eindhoven工科大学特別研究員  1995-1995  オランダ 
Stanford大学数学科客員研究員  1989-1989  アメリカ 
Stanford大学電気工学科客員研究員  1987-1989  アメリカ 
詳細表示...

現在の専門分野
情報学基礎理論 
通信・ネットワーク工学 

現在の研究課題
多次元漸近的量子化  漸近的ベクトル量子化 格子 微分幾何学 
特異確率測度に対するレート歪理論  レート歪関数 特異確率測度 レート歪次元 
データ圧縮アルゴリズムの設計と解析  Lempel-Ziv符号 文脈木重みづけ法 

共同・受託研究希望テーマ
データ圧縮法の応用に関する共同研究  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  技術相談,共同研究  新しく開発したロスレスデータ圧縮法は 定常エルゴート情報源に対して漸近的に最適 であるだけでなく、基本的でかつプログラム複雑度 の小さな方法である。この方法をシーズとして その実現の可能性を共同研究してくださる相手を 探しています。 またデータ圧縮法に関する長年の経験を生かした 技術相談にも応じます。 
詳細表示...

著書
著書  Multimedia- A Multidisciplinary Approach to Complex Issues (I. Karydis, Eds)  Hideki Yagi, Tsutomu Kawabata  InTech  125-140  2012/01 
著書(翻訳)  プログラミングによる計算可能性理論  甘利俊一、金谷健一、川端 勉 共訳  サイエンス社  84-172  1987 
詳細表示...

論文
一般論文  有  On the Statistical Pro-perties of Capacity Outage Intervals in OSTBC-MIMO Ray-leigh Fading Channels  共著  R Hicheri, G Rafiq, T Kawabata, M Paetzold, N Youssef  IEEE Transactions on Wireless Communications  15/ 5, 3548- 3559  2016/01/28  10.1109/TWC.2016.2522962 
一般論文  有  Performance Improvement of Iterative Multiuser Detection for Large Sparsely-Spread CDMA Systems by Spatial Coupling  共著  K. Takeuchi, T. Tanaka, and T. Kawabata  IEEE Trans. Inf. Theory  61/ 4, 1768-1794  2015/04  10.1109/TWC.2016.2522962 
一般論文  有  Iterative Channel Estimation and Decoding via Spatial Coupling  共著  Shuhei Horio, Keigo Takeuchi, Tsutomu Kawabata  IEICE Transaction on Fundamentals, Special Section on Wideband Systems  E98-A/ 2  2015/02  1745-1337  URL 
一般論文  有  Properties of Jeffreys Mixture for Markov Sources  Jun'ichi Takeuchi, Tsutomu Kawabata, Andrew R. Barron  IEEE Transactions on Information Theory  59/ 1, 438- 457  2013/01  10.1109/TIT.2012.2219171 
一般論文  有  A phenomenological study on threshold mprovement via spatial coupling  K. Takeuchi, T. Tanaka, and T. Kawabata  IEICE Trans. Fundamentals  E95-A/ 5, 974-977  2012/05  1745-1337  URL 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  マルコフ・フラクタル事前分布をもつ情報源に対するユニバーサル符号の冗長度解析  電子情報通信学会信学技報  IT2015/ 103  無  松上 直矢、川端 勉  2016/03 
学会口頭発表  既知の文脈自由文法を利用したテキストデータ圧縮法  2016電子情報通信学会総合大会予稿集  A/ 2  無  小西 竜馬、川端 勉  2016/03/18 
学会口頭発表  圧縮センシングにおける制限付等長性を用いた再構成条件の内挿  電子情報通信学会技術研究報告,信学技報  IT2013/ 15  無  中嶋伸輔,川端勉  2013/07 
学会口頭発表  記号分解法の改良と言語アルファベット情報源圧縮への適用  電子情報通信学会技術研究報告,信学技報  IT2012/ 58  無  忠木勇太, 川端勉  2013/01 
学会口頭発表  特異事前分布をもつユニバーサル情報源符号の冗長度解析  電子情報通信学会技術研究報告,一般:情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会  無  橋本達矢, 川端 勉  2010/03 
詳細表示...

共同・受託研究実績
データ圧縮方式の研究  1985-1985  企業からの受託研究 
詳細表示...

所属学協会
情報理論とその応用学会  1986-現在 
電子情報通信学会  1985-現在 
IEEE  1993-現在 
日本応用数理学会 
詳細表示...

委員会・審議会等
電子情報通信学会英文誌情報理論とその応用小特集編集委員会  委員長  2013/11-2015/11 
第37回情報理論とその応用シンポジウムプログラム委員会  委員長  2013/11-2015/01 
第37回情報理論とその応用シンポジウム実行委員会  実行委員  2013/11-2014 
国家公務員採用総合職試験(数理科学・物理・地球科学)試験専門委員会  委員  2013/07/01-2016/07/31 
電子情報通信学会  功績賞・業績賞委員会投票委員  2008/09-現在 
詳細表示...

他大学等教育支援
東京大学工学部非常勤講師  幾何数理工学  1998/04-1998/09 
東京大学工学部非常勤講師  幾何数理工学  1997/04-1997/09 
詳細表示...

社会貢献活動
学術雑誌関係  電子情報通信学会英文論文誌A  2010/05-現在  査読委員 
他大学評価委員、各種研究費等の審査委員  独立行政法人情報通信研究機構 海外研究者招へい事業合同審議委員会  2008/04-2011/09  合同委員会審議委員 
学術雑誌関係  電子情報通信学会英文論文誌A  2006/05-2010/05  編集委員 
他大学評価委員、各種研究費等の審査委員  財団法人国際コミュニケーション基金  2004/06-2008/05  審査委員 
詳細表示...

学内委員会等
学術院代議員会  代議員  2017/04-2018/03 
研究科代議員会  代議員  2017/04-2018/03 
II類代議員会  代議員  2017/04-2018/03 
拡大3P策定委員会  委員  2016/04-現在 
研究科担当資格審査委員会  委員  2016/04-現在 
詳細表示...