English
電気通信大学 
情報理工学域 
共通教育部 

教授 
武笠 行雄 
ムカサ ユキオ 
YUKIO MUKASA 

1955年生まれ  

経歴
東京大学文学部  助手  1985/10/01-1988/03/31 
電気通信大学電気通信学部  講師  1988/04/01-1990/03/31 
電気通信大学電気通信学部  助教授  1990/04/01-2006/03/31 
電気通信大学電気通信学部  教授  2006/04/01-現在 

学歴
東京大学  文学部  哲学科  1979/03  卒業 
東京大学  人文科学研究科  哲学専攻  修士  1981/03  修了 
東京大学  人文科学研究科  哲学専攻  博士  1984/03  単位取得満期退学 

学位
文学修士  東京大学  1981/03 

学外担当授業科目
2001  哲学特別研究  お茶の水女子大学 
2002  哲学特別研究  お茶の水女子大学 
2003  哲学特別研究  お茶の水女子大学 
2003  哲学特殊講義第三  東京女子大学 
2004  哲学特別研究  お茶の水女子大学 
詳細表示...

海外教育研究活動
文部省在外研究員(連合王国,オックスフォード大学)  1991-1992  イギリス 
詳細表示...

現在の専門分野
哲学・倫理学 

現在の研究課題
知覚・知識(ないし信念)・行為の哲学的分析  知覚 知識 行為 
論理及び数学の哲学  論理 数学の哲学 
ゴッドロープ・フレーゲ及びルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン  フレーゲ ヴィトゲンシュタイン 

著書
著書  『論理哲学論考』とフレーゲ(『ウィトゲンシュタイン読本』所収)  武笠行雄  法政大学出版局  96-106  1995/10 
著書  因果性と説明形式としての志向性(『ヴィトゲンシュタイン以後』所収)  武笠行雄  東京大学出版会  173-195  1991/03 
詳細表示...

論文
一般論文  無  フレーゲの文脈原則について(再論)  武笠行雄  電気通信大学紀要  18/ 1-2合併, 89-96  2006/01 
一般論文  有  外部世界についての信念の起源  武笠行雄  西日本哲学年報(西日本哲学会)  13, 103-116  2005/10 
一般論文  有  発話の内容と目的について  武笠行雄  電気通信大学紀要  17/ 1-2合併, 63-71  2005/01 
一般論文  無  フレーゲと内容の個別化  武笠行雄  理想  639, 75-87  1988/08 
一般論文  有  意志薄弱について  武笠行雄  論集(東京大学文学部哲学研究室)  5, 37-56  1987/03 
詳細表示...

所属学協会
中部哲学会  1990-現在 
西日本哲学会  1988-現在 
日本科学哲学会  1980-現在 
科学基礎論学会  1971-現在 
日本哲学会  1971-現在 
詳細表示...

委員会・審議会等
日本科学哲学会  編集委員  1997-現在 
日本科学哲学会  大会実行委員  1993-現在 
哲学会  委員  1985-1987 
詳細表示...

学内委員会等
予算委員会  委員  2010/04-現在 
評価室  委員  2010/04-現在 
詳細表示...