研究発表
公開件数:24件
No. 研究発表種別 タイトル 会議名/掲載誌名 巻号頁
または発表番号
査読の有無 講演者 開催年月日 URL
1 学会口頭発表
wire gridの光学応答III
日本物理学会第70回年次大会
21pCN-5

大淵泰司
2015/03/21

2 学会口頭発表
wire gridの光学応答
日本物理学会第69回年次大会
30aCK-13

大淵泰司
2014/03/30

3 学会口頭発表
split-ring 共振器周期系の電磁場応答と分散関係
日本物理学会,第68回年次大会
68/ 1

大淵泰司
2013/03

4 学会口頭発表
split-ring 共振器周期系の電磁場の分散関係II
日本物理学会,第67回年次大会
67/ 1-4

大淵泰司、張紀久男
2012/03

5 学会口頭発表
split-ring 共振器周期系の電磁場の分散関係
日本物理学会,2011年秋季大会
66/ 2-4

大淵泰司、張紀久夫
2011/09

6 学会口頭発表
2次元カイラル周期薄膜の光学活性と内部電磁場の振舞いII
日本物理学会,日本物理学会
66/ 2-4

大淵泰司、中屋翔揮
2011/09

7 学会口頭発表
2次元カイラル周期薄膜の光学活性と内部電磁場の振舞い
日本物理学会,第66回年次大会
66/ 1-4

大淵泰司、中屋翔揮
2011/03

8 学会口頭発表
2次元フォトニック結晶薄膜の透過率、反射率に
現れる極端に鋭い共鳴構造とその起源
日本物理学会,2010年秋季大会
65/ 2-4

大淵泰司
2010/09

9 学会口頭発表
2次元フォトニック結晶薄膜の共鳴的回折の起源II
日本物理学会,2009年秋季大会
64/ 2

大淵泰司
2009/09

10 学会口頭発表
2次元フォトニック結晶薄膜の共鳴的回折の起源
日本物理学会,第64回年次大会
第64/ 第1

大淵泰司
2009/03

11 学会口頭発表
2次元カイラル周期系の光学活性の起源
日本物理学会,2008年秋季大会


大淵泰司
2008/09

12 学会口頭発表
カイラリティを持つ系による光学活性
日本物理学会,第63回年次大会


大淵泰司
2008/03

13 学会口頭発表
カイラリティを持つ系による電磁場散乱
日本物理学会,第62回年次大会


大淵泰司
2007/09

14 学会口頭発表
Green関数を用いた電磁場の散乱過程の解析
日本物理学会,第61回年次大会


早坂充、大淵泰司
2006/03

15 学会口頭発表
オートクローニング法で作成した可視領域3次元フォトニック結晶に関する評価II
日本応用物理学会


磯谷玄、張保平、榊原竜一、安田隆、大淵泰司、佐藤尚、川上彰二郎、瀬川勇三郎
2002/03

16 学会口頭発表
オートクローニング法で作成した可視領域3次元フォトニック結晶に関する評価
日本応用物理学会


磯谷玄、張保平、榊原竜一、安田隆、大淵泰司、佐藤尚、川上彰二郎、瀬川勇三郎
2001/09

17 学会口頭発表
フォトニックバンドの高精度計算
日本物理学会,第56回年次大会(中央大学)


大淵泰司
2001/03

18 学会口頭発表
積層峰の単格子のフォトニックバンドⅢ
日本物理学会,第55回年次大会(新潟大学)


大淵泰司,早坂 充
2000/09

19 学会口頭発表
誘電体微小集合系の近接場像Ⅳ
日本物理学会,春の分科会


天内隆裕,大淵泰司
2000/03

20 学会口頭発表
積層蜂の巣格子のフォトニックバンドⅡ
日本物理学会,春の分科会


中村正樹,大淵泰司
2000/03

21 学会口頭発表
誘電体微小集合系の近接場像Ⅲ
日本物理学会秋の分科会


天内隆裕,大淵泰司
1999/09

22 学会口頭発表
積層はちの巣格子のフォトニックバンド
日本物理学会秋の分科会


中村正樹,大淵泰司
1999/09

23 シンポジウム
Photonic Structures of Three-Dimensional Honeycomb Lattices by Inverse Matrix Method
PECS


Y. Ohfuti & M. Nakamura
2000/03

24 シンポジウム
Theoretical study of scanning near-field microscope



Y. Ohfuti & T. Amanai
1999