日本語
The University of Electro-Communications 
Graduate School of Informatics and Engineering, School of Informatics and Engineering 
Department of Computer and Network Engineering, Cluster II (Emerging Multi-interdisciplinary Engineering) 

顔写真 Associate Professor 
KOTA TAKAHASHI 

Year of birth:1961  
Fax.042-443-5293  
 
Personal website  

Other affiliation / position
The University of Electro-Communications  グローバル化教育統括室  2014/04-Present 
The University of Electro-Communications  IT活用国際ものづくり教育推進室兼務教員  2014/04-Present 
Manufacturing Design Center for Education and Research  ものつくりセンター 電子回路設計工作部門部門長  2010/04-Present 

Career
東京大学工学部計数工学科  助手  1986/04-1993/12 
東京大学工学部計数工学科  講師  1994/01-1994/03 
電気通信大学電気通信学部  講師  1994/04-1995/12 
電気通信大学電気通信学部  助教授  1996/01-2007/03/31 
電気通信大学電気通信学部  准教授  2007/04/01-Present 

Academic background
東京学芸大学附属高等学校  1980/03/13  Graduated 
The University of Tokyo  Faculty of Engineering  計数  1984/03/28  Graduated 
The University of Tokyo  Graduate School, Division of Engineering  Mathematical Engineering and Information Physics  Master's program  1986/03/29  Completed 

Academic degrees
博士(工学)  The University of Tokyo  1994/02 

Classes responsible within the university
2017  Signal Processing  Spring semester  Undergraduate, daytime  Subject in specialty 
2017  Signal Processing  Spring semester  Undergraduate, mainly nighttime 
2017  情報通信工学演習  Spring semester  Undergraduate, daytime and nighttime 
2017  情報通信システム実験第二A  Fall semester  Undergraduate, daytime 
2017  電子情報システム実験第二A  Fall semester  Undergraduate, daytime 
View details...

Current research areas
Perceptual information processing 

Current research subjects
スマートミキサーの研究  信号処理 ミキシング  2010/04-Present 
研究者用音声データベースの製作  音声 話速 データベース  2008/04-Present  話速を厳密に管理した音声データベースを収録し編集し,国内外の研究者の研究に役立ててもらう. 
statistical signal processing, signal separation, direction-of-arrival estimation  independent component analysis blind signal separation higher-order statistics 
computer architecture for real-time sensing system  parallel processing digital signal processing image processing 
imprementation of cocktail party effect, interactive signal processing system  cocktail party effect intelligent sensing system human interface 
家電機器のためのインテリジェントな音響情報再生技術  2005-Present 

Published books
Book  計測工学ハンドブック  朝倉書店  2001/10 
Book  The Industrial Electronics Handbook  CRC Press  1609-1615  1997 
Book  Intelligent Sensors  Elsevier  153-164  1996 
Book  センサフュージョン-実世界の能動的理解と知的再構成-  コロナ社  30-45  1994 
Book  アドバンストセンサハンドブック  培風館  546-553  1994 
View details...

Published papers
Paper  Yes  Evaluation of the Sound Signal Mixing Method without Hiding the Voice Using the Time-Frequency Plane  Joint  Wataru OWAKI, Kota Takahashi  電子情報通信学会論文誌  J99-A/ 4, 168-176  2016/04 
Paper  Yes  Detection and Restoration of Lost Samples in Digital Audio Data Streams  Kota Takahashi  電子情報通信学会論文誌  J94-D/ 7, 1088-1100  2011/07 
Paper  Yes  Independent Component analysis based on rank tables -rankICA-  Kota TAKAHASHI  The IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences  J89-A/ 2, 101-114  2006/02 
Paper  Yes  ブラインド信号分離処理に付加する漏話音声の聞取り防止法  中川和也, 高橋弘太, 三橋渉  信号処理学会誌  13/ 1, 45-54  2009/01 
Paper  Yes  漏話音声の聞き取り防止に重点を置いたBSS後処理法  中川和也, 高橋弘太  電子情報通信学会論文誌  J90-A/ 8, 633-645  2007/08 
View details...

Research presentations
Oral presentation for an academic conference  スマートミキサーの音質を維持するための定量的規範  聴覚研究会  10/ 11  No  苗木亮佑、高橋弘太  2016/11/18 
Oral presentation for an academic conference  時間周波数平面上の成分移動に基づいた新しい音信号混合法  音声研究会(SP2016-42)  116/ 279  No  近藤聡太、高橋弘太  2016/10/27 
Oral presentation for an academic conference  動作状況を監視する上位階層を設けたスマートミキサーの実装  応用音響研究会/音楽情報科学研究会/聴覚研究会  100/ 11  No  數井浩人、高橋弘太  2016/10/14 
Oral presentation for an academic conference  楽音のスペクトル構造に基づいた音信号混合法  研究報告音楽情報科学(MUS)  2015-MUS-109/ 2  No  Tomokazu Ikeda, Wataru Owaki,Kota Takahashi  2015/11/07 
Oral presentation for an academic conference  騒音下における音声再生の識別性を重視したスマートミキサー  騒音・振動研究会  102/ 10  No  長谷川政良,大脇渉,高橋弘太  2015/08/28 
View details...

Intellectual property rights
Patent  ミキシング装置、ミキシング信号処理装置、ミキシングプログラム及びミキシング方法  特願2011-189187  2011/08/31  特開2013-051589  2013/03/14  特許5057535  2012/08/10  Registered 
Patent  MIXING DEVICE, MIXING SIGNAL PROCESSING DEVICE, MIXING PROGRAM AND MIXING METHOD  PCT/JP2012/072171 (米国:US 14/342,064)  2012/08/31  US20140219478 A1  2013/03/07  US9584906 B2  2017/02/28  Registered 
Patent  ミキシング装置,信号ミキシング方法,及びミキシングプログラム  特願2015-007380  2015/01/19  Filed 
Patent  再生装置  特願2007-122542  2007/05/07  特開2008-276122  2008/11/13  特許5093648  2012/09/28  Registered 
Patent  REPRODUCING APPARATUS  US 12/048,297  2007/11/06  US8165888 B2  2012/04/24  Registered 
View details...

Awards
第16回AVIRG賞  1994 
計測自動制御学会学術奨励賞  1987 
View details...

Grants-in-aid for scientific research
時間周波数平面を自在に操るハイパーミキサーの研究と研究者用音源データベースの構築  Scientific research (C), general  2017/04/01-2020/03/31  本研究の目的は2つある。第一の目的は、研究代表者が、ここ数年手掛けてきたスマートミキサーの研究成果を 発展させ、ハイパーミキサーの原理を提案し実証することである。これによって、レコーディング・スタジオな ど音響信号処理現場での応用を実現すると同時に、高齢者に聴き取り易い音響システムの実現についても取り組 み、社会的に貢献することを目指したい。第二の目的は、研究の素材も自ら作るという信念のもと、全国の研究 者の役に立つことも望んで9年間かけて作り続けている音声データベース(SRV-DB)の概念を広げ、本研究に合わ せて音楽信号も含む音源にまで一般化して拡充し、音源データベース(SSR-DB)として仕上げることである。デー タベースは Webページを用いて無償で公開し、研究者に利用してもらうことで学術的に貢献することを目指す。 
時間周波数平面上の成分移動による高耐性音声の研究と研究者用音声データベースの作成  Scientific research (C), general  2014/04/01-2017/03/31 
フレキシブルな時間軸による音声再生システムの研究と研究者用音声データベースの作成  Scientific research (C), general  2011-2013 
フレキシブルな時間軸を持つ高効率音声再生法の研究と研究者用音声データベースの作成  Scientific research (C), general  2008-2010 
実音響空間でのリアルタイム信号分離において最高性能を狙う独立成分エンジンの製作  Scientific research (C), general  2005-2007 
View details...

Past records of joint or funded research
音声分析を用いたAV情報のインテリジェント再生技術の開発  2006-2007  Joint research  Domestic joint research 
音声分析を用いたAV情報のインテリジェント再生技術の開発  2005-2006  Joint research  Domestic joint research 
音声分析を用いたAV情報のインテリジェント再生技術の開発  2004-2005  Joint research  Domestic joint research 
View details...

Public lectures
都内高校生のための模擬講義  電気通信大学  2015/10/01  電気通信大学 
デジタル信号処理技術  海洋音響学会  2011/12/21  東京工業大学 百年記念館フェライト会議室 
View details...

Memberships of academic societies
The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers  1997-Present 
IEEE  1991-Present 
The Acoustical Society of Japan  1987-Present 
The Society of Instrument and Control Engineers  1985-1995 
電気学会 
View details...

Involvement in conference and research meetings
日本音響学会  2010年春季研究発表会 実行委員会委員  2010/03/08 
View details...

Committee or council involvement
The Society of Instrument and Control Engineers  「センシング技術総合部会」 幹事  1986/04-1990/04 
The Society of Instrument and Control Engineers  「若手による若手のための講習会企画ワーキンググループ」 委員  1991/03-1994/03 
電気学会  インテリジェントセンサシステム調査専門委員会  1992/05-1995/03 
View details...

Media coverage
Newspaper  日経産業新聞  動画 手軽にBGM 電通大,ミキシング技術  2015/09/07 
Newspaper  日経産業新聞  複数音 衝突せず --信号処理で高音質ミキシング--  2015/02/04 
View details...

Social activities
Academic journal activities  ソサイエティ論文誌編集委員会  2017/06/01-2018/06/07 
Academic journal activities  ソサイエティ論文誌編集委員会  2016/06/02-2017/06/01 
Academic journal activities  ソサイエティ論文誌編集委員会  2015/06/04-2016/06  常任査読委員 
Academic journal activities  ソサイエティ論文誌編集委員会  2014/06/05-2015/06  常任査読委員 
Academic journal activities  ソサイエティ論文誌編集委員会  2013/05-2014/05  査読委員 
View details...

Committee activity in the University
教職課程再課程認定WG  II類の代表委員(高橋(弘),小池卓二)  2017/09-Present 
大学院入試WG  委員  2017/07-Present 
類・専門教育プログラム配属検討WG  委員  2016/05-2017/03 
学部教育委員会  委員(II類)  2016/04-2017/03 
コースカリキュラムWG  委員  2015/08-Present 
View details...