English
電気通信大学 
大学院情報理工学研究科、情報理工学域 
共通教育部 

教授 
梶浦 篤 
カジウラ アツシ 
ATSUSHI KAJIURA 

学位
学術修士  東京大学  1986/03 
博士(学術)  東京大学  1994/04 

海外教育研究活動
メリーランド大学大学院博士課程  1991/08-1992/08  米国 
詳細表示...

現在の専門分野
国際関係論 

研究キーワード
アイヌモシリ(樺太・北海道) 
沖縄 
奄美 
第二次世界大戦 
日米関係 
日露関係 
Ainumosir(Karafuto,Hokkaidou) 
Okinawa 
Amami 
World War II 
US-Japanese Relations 
Russo-Japanese Relations 

現在の研究課題
アイス・モシリ(樺太,北海道),沖縄,奄美をめぐる外交史  アイヌ・モシリ(樺太,北海道) 沖縄,奄美  1988/04/01-現在 

著書
著書(辞書・辞典)  国際政治事典  猪口孝、田中明彦、恒川恵市、薬師寺泰蔵、山内昌之  弘文堂  2005 
著書  第二次世界大戦後の千島列島・南樺太の地位 (『ロシア政治システムの転換と外交に対するインパクト』所収)  日本国際問題研究所(編)  10-14  1994 
著書  日露・日ソ関係と日本の北辺--国家関係と民衆--  大林 太良(他・編)  小学館 海と列島文化  447-482  1992 
詳細表示...

論文
一般論文  有  日ソ復交交渉に対する米国の戦略(Ⅳ)  梶浦 篤  政治経済史学  549, 1-25  2012/07 
一般論文  有  日ソ復交交渉に対する米国の戦略(Ⅲ)  梶浦 篤  政治経済史学  548, 29-53  2012/06 
一般論文  有  日ソ復交交渉に対する米国の戦略(Ⅱ)  梶浦 篤  政治経済史学  547, 30-51  2012/05 
一般論文  有  日ソ復交交渉に対する米国の戦略(Ⅰ)  梶浦 篤  政治経済史学  546, 1-21  2012/04 
一般論文  有  終戦直後における「吾等の決定する諸小島」と琉球・千島・樺太(Ⅲ)  梶浦 篤  政治経済史学  453, 48-55  2004/05 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  人間のコミュニケーションから見た民族と国境――アイヌモシリとその周辺  人間コミュニケ-ション学研究会,人間コミュニケ-ション学研究会  ‐/ ‐  無  梶浦 篤  2008/07 
学会口頭発表  人間のコミュニケーションから見た外交史  人間コミュニケーション学研究会,人間コミュニケーション学研究会  無  梶浦 篤  2007/03 
学会口頭発表  琉球の「分離」をめぐる政策決定過程――ゆがめられた大西洋憲章――  占領・戦後史研究会年末シンポジウム  無  梶浦 篤  2002/12 
学会口頭発表  「琉球・北方領土をめぐる米国の戦略」  日仏会館公開ワークショップ  無  梶浦 篤  1999/05 
学会口頭発表  米国の対日講和戦略-北方領土と琉球-  アメリカ政治研究会定例会  無  梶浦 篤  1996 
詳細表示...

所属学協会
日本国際フォーラム 
西洋史学会 
政治経済史学会 
ロシア・東欧学会 
アメリカ学会 
詳細表示...

委員会・審議会等
日本国際フォーラム  会員  2007-現在 
日本国際政治学会  評議員  1996-現在 
詳細表示...

学内委員会等
サバティカル委員 *このページは「全学委員会等」にも併記  委員  2016/05-現在 
総合文化部会 副部会長  2014/04-現在 
予算委員会  委員  2014/04-2015/03 
科学技術研究費の予備審査  2013/04-2014/03 
助言教員(夜間主過年生)  2012/04-現在 
詳細表示...