English
電気通信大学 
大学院情報理工学研究科、情報理工学域 
基盤理工学専攻、Ⅲ類(理工系) 

顔写真 教授 
石田 尚行 
イシダ タカユキ 
TAKAYUKI ISHIDA 

1964年生まれ  
Tel.0424-43-5490  
Fax.0424-43-5501  
 
個人ウェブサイトはこちら  

その他の所属・職名
大学院情報理工学研究科  基盤理工学専攻  専攻長  2016/04-2017/03 
大学院情報理工学研究科、情報理工学部  先進理工学専攻、先進理工学科  専攻主任、学科主任  2016/04-2017/03 
大学院情報理工学研究科、情報理工学部  先進理工学専攻、先進理工学科  副専攻長・副学科長  2015/04-2016/03 
大学院電気通信学研究科  量子・物質工学専攻  専攻主任・専攻世話人  2013/04-現在 
電気通信学部  量子・物質工学科  学科主任・学科世話人  2013/04-現在 
研究設備センター  研究設備センター  分析計測器室室長  2008/04-現在 
大学院情報理工学研究科、情報理工学域  安全・環境保全室、薬品管理部門長  2010/04-現在 
全学教育・学生支援機構  アドミッションセンター  副センター長  2010/04-2011/03 

経歴
電気通信大学電気通信学部  助手  1991/04-1996/03 
電気通信大学電気通信学部  講師  1996/04-1998/03 
電気通信大学電気通信学部  助教授  1998/04-2007/03 
電気通信大学電気通信学部  准教授  2007/04-2008/03 
電気通信大学電気通信学部  教授  2008/04-2010/03 
電気通信大学大学院情報理工学研究科  教授  2010/04-現在 

学歴
開成高等学校  普通科  その他  1982/03/31  卒業 
東京大学  理科I類  卒業 
東京大学  理学部  化学科  1986/03  卒業 
東京大学  理学系研究科  化学専攻  修士  1988/03  修了 
東京大学  理学系研究科  化学専攻  博士  1991/03  修了 

学位
理学博士  東京大学  1991/03 

免許・資格
危険物取扱者(甲種)  2004/09/16 
エックス線作業主任者  2004/06/02 

研究概要
1.構造有機化学的センスに基づいた、電子物性上興味ある物質群の開発。特に磁性体材料科学。安定有機ラジカルの開発と、ラジカル官能基を複数有する分子の基底スピン多重度の研究。ランタノイド系単分子・単鎖磁石の開発。
2.超分子科学・結晶工学。多孔質ポリマー状の有機化合物・錯化合物。ホストゲスト化学の電子物性材料への応用。
3.天然有機化合物の電子物性材料への応用。
4.フラーレンの誘導体化と機能性材料への応用。 

学内担当授業科目
2017  基礎科学実験B  前期  学部(昼間)  教養科目 
2017  生体機能システム演習第一  前期  学部(昼間)  専門科目 
2017  無機化学(生体機能システムコース)  前期  学部(昼間)  専門科目 
2017  生体機能システム演習第二  後期  学部(昼間)  専門科目 
2017  現代化学  後期  学部(昼間)  その他 
詳細表示...

学外担当授業科目
2014  創成物理化学特別講義2  大阪市立大理学系研究科 
詳細表示...

現在の専門分野
機能物性化学 
有機化学 
無機化学 
構造・機能材料 

研究キーワード
有機材料科学、錯体材料科学、スピン科学 

現在の研究課題
構造有機化学的センスに基づく機能性材料の開発  機能性材料  1990-現在 
超分子科学を利用した新規材料の開発とその物性制御  Host-Guest Chemistry Crystal Engineering  1990-現在 
有機高スピン分子、強磁性体、単分子磁石の開発  高スピン分子 有機強磁性体 単分子磁石  1990-現在 
p-d-f 軌道を用いたフロンティア軌道設計  heterospin  2006-現在 

共同・受託研究希望テーマ
分子性磁性材料  大学等の研究機関との共同研究を希望 
有機ラジカル種を用いた電子物性材料  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 
詳細表示...

著書
著書  CSJカレントレビュー16「スピン化学が拓く分子磁性の新展開:設計から機能化まで」  石田尚行  化学同人  166-171  2014/08/01  9784759813760 
著書  Multifunctional Conducting Molecular Materials  M. Suzuki, T. Fujii, T. Nogami, T. Hirano, and T. Ishida  RSC Publishing  55-58  2007  0854044965 
著書  Molecular Magnetism - New Magnetic Materials  T. Nogami and T. Ishida  Kodansha-Gordon and Breach Science Publishers  207-215  2000  9056993070 
著書  Recent Research Development of Pure and Applied Chemistry Volume 1  T. Ishida and T. Nogami  Transworld Research Network  1-15  1998  8186846131 
著書  New Functionality Materials, Vol. C, Synthetic Process and Control of Functionality Materials  T. Nogami and T. Ishida  Elsevier Science  383-388  1993  044481616X 
詳細表示...

論文
一般論文  有  Unexpected Complexes of [3+3] Dimerized Biphenyl-3,5-diyl Bis(tert-butyl Nitroxide) with Gadolinium(III) 1,1,1,5,5,5-hexafluoropentane-2,4-dionate  H. Sekine and T. Ishida  Chemistry Letters  in press  2017 
一般論文  有  Pybox-Iron(II) Spin-Crossover Complexes with Substituent Effects from the 4-Position of the Pyridine Ring (Pybox = 2,6-Bis(oxazolin-2-yl)pyridine)  A. Kimura and T. Ishida  Inorganics  5, 52(1)-52(12)  2017  10.3390/inorganics5030052 
一般論文  有  Structural Variations in (CuL)2Ln Complexes of a Series of Lanthanide Ions with Salen-Type Unsymmetrical Schiff Base (H2L) and the Dy and Tb Derivatives as Potential Single-Molecule Magnets  P. Mahapatra, S. Ghosh, N. Koizumi, T. Kanetomo, T. Ishida, and A. Ghosh  Dalton Transactions  46, 12095-12105  2017  10.1039/c7dt02061a 
一般論文  有  Forced Proximity of Nitroxide Groups in Pincer Compounds with a Xanthene Spacer  N. Koizumi and T. Ishida  Tetrahedron Letters  58, 2804-2808  2017  10.1016/j.tetlet.2017.06.004 
一般論文  有  Giant Exchange Coupling Evidenced with a Magnetization Jump at 52 T for a Gadolinium-Nitroxide Chelate  T. Kanetomo, T. Kihara, A. Miyake, A. Matsuo, M. Tokunaga, K. Kindo, H. Nojiri, and T. Ishida  Inorganic Chemistry (ACS Editors' Choice; Open Access)  56, 3310-3314  2017  10.1021/acs.inorgchem.6b02685 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  Nanomagnets of Lanthanide Complexes Using 2,2,6,6-Tetramethylpiperidine 1-Oxyl Ligands  International Symposium on Novel Energy Nanomaterials, Catalysts and Surfaces for Future Earth (NENCS)  無  N. Koizumi and T. Ishida  2017/10 
学会口頭発表  Ground Triplet Spirobiacridine-N,N’-dioxyls: Preparation, Structures, and Magnetic Properties  International Symposium on Novel Energy Nanomaterials, Catalysts and Surfaces for Future Earth (NENCS)  無  K. Ichihashi, T. Kanetomo, and T. Ishida  2017/10 
学会口頭発表  Molecular Nanomagnets Consisting of Exchange-Coupled Heavy Rare-Earth Metal Ions and Nitroxide Radicals  International Symposium on Novel Energy Nanomaterials, Catalysts and Surfaces for Future Earth (NENCS)  無  T. Kanetomo, T. Nakamura, R. Murakami, and T. Ishida  2017/10 
学会口頭発表  Do Organic Free Radicals Dream of Future Magnets?  RIKEN Symposium International Workshop on Organic Molecular Systems  無  T. Ishida, N. Koizumi, and H. Sekine  2017/08 
学会口頭発表  Development of Biradical Ligands toward [2×2] Molecular Grids  The Irago Conference 2016  The Irago Conference  無  K. Ichihashi, S. Ohba, and T. Ishida  2016 
詳細表示...

知的財産権
特許  新規なフラーレンC60誘導体及びその製法  特願平7-178883  1995/07/14  特開平9-25246  1997/01/28  公開 
詳細表示...

受賞
Selected Topics 2016 HFLSM-IMR  ヘテロスピン希土類錯化合物に見られる磁気異方性の研究  2017/07 
ACS Editors' Choice  Giant Exchange Coupling Evidenced with a Magnetization Jump at 52 T for a Gadolinium-Nitroxide Chelate  2017/02 
BCSJ Award  Trigonal Bipyramid Ni3Cl3O2 Cluster Showing the High-Spin S = 3 Ground State with Uniaxial Magnetic Anisotropy  2016/02 
科研費審査委員表彰  平成27年度「科研費」審査委員表彰  2015/11 
Research Highlights 2008 IMR  Exchange Coupling and Energy-Level Crossing of 4f-3d Heterometallic Coordination Compounds  2008/08 
詳細表示...

研究員受入れ
国内  ポスドク  日本  日本学術振興会 特別研究員(PD)  室温級の磁気的相互作用を持つラジカルキレート配位子を用いた分子性磁性体の構築  学術振興会等  2009-2009 
詳細表示...

科学研究費助成事業
僅かな分子の構造変調が劇的なスピン状態変化をもたらす材料群の研究  基盤研究(B)一般  2015-2018 
へテロスピン系の特異な結合を利用した材料群の創出と構造相転移物質への展開  その他  2011-2012 
複合スピン機能と柔軟な有機機能を併せ持つ超分子的磁性体の合成開発とその評価  基盤研究(B)一般  2010-2013 
4f-3d-2pへテロスピン系の交換相互作用を利用した電子物性材料の創出  その他  2009-2010 
複合機能性材料を目指した超分子磁性体の開発  基盤研究(C)一般  2007-2009 
詳細表示...

外部資金
研究助成  その他助成金  2013-2013 
研究助成  奨学寄附金  キャンパスクリエイト  2012-2013 
研究助成  奨学寄附金  2012-2012 
低次元構造をもちながら世界最高の保磁力を持つ分子性磁性体の研究  奨学寄附金  日本証券  2009-2009 
ナノサイズ情報記録材料を目指した希土類金属イオンを含む単分子磁石および単一次元鎖磁石の開発  奨学寄附金  カシオ  2009-2009 
詳細表示...

共同・受託研究実績
ヘテロスピン希土類錯化合物に見られる磁気異方性の研究  2016-2016  共同研究  国内共同研究 
比較的強い強磁性的カップリングを持つ有機ラジカル希土類錯体を用いた分子磁性材料の開発  2016-2016  共同研究  国内共同研究 
分子内交換相互作用の導入された新規希土類単分子磁石の開発とその構造化  2015-2015  共同研究  国内共同研究 
4f−2pや4f−3dへテロスピン単分子磁石の構造化と磁性材料への展開  2014-2014  共同研究  国内共同研究 
4f-2pへテロスピン結合性制御による新規単分子磁石の開発  2013-2013  共同研究  国内共同研究 
詳細表示...

公開講座・講演会等
Topics in December 2016 issue  UEC e-Bulletin  2016/12  www.ru.uec.ac.jp/e-bulletin/archives/2016/12/ 
出張講義  千葉県立佐原高校  2016/07/13  千葉県立佐原高校 
電気通信大学オープンキャンパス模擬講義  電通大  2014/11/22  電通大 
出張講義  都立町田高校  2014/11/14  都立町田高校 
出張講義  都立石神井高校  2014/10/25  都立石神井高校 
詳細表示...

所属学協会
日本化学会  1987-現在 
アメリカ化学会  2005-現在 
応用物理学会有機分子・バイオエレクトロニクス分科会  2000-現在 
分子科学会  2007-現在 
電子スピンサイエンス学会  2002-現在 
詳細表示...

会議・研究会等
Interational Symposium on Novel Energy Nanomaterials, Catalysts and Surfaces for Future Earth -Material Research, Characterization and Imaging by In situ/Operando XAFS and X-ray Techniques-  Organizing Committee  2017/10 
The 15th International Conference on Molecule-Based Magnets (ICMM 2016)  Financial Auditor  2016/09/04 
The 7th Japanese-Russian Workshop on Open Shell Compounds and Molecular Spin Devices  Local Organizing Committee  2013/11/17 
The 1st Awaji International Workshop on Electron Spin Science & Technology: Biological and Materials Science Oriented Applications, 1st AWEST  Local Organizing Committee  2013/06/16 
SEST 2012 (第51回電子スピンサイエンス学会年会)  ミニシンポジウム主催  2012/11 
詳細表示...

委員会・審議会等
日本化学会  代議員(社員)  2013-2016 
日本化学会関東支部  代議員  2012-2013 
日本化学会  職域会員代表  1996-2015 
電子スピンサイエンス学会  選挙管理委員  2013-2013 
日本化学会春季年会(随時、関東地区開催の年度で)  プログラム編成委員 07A有機化学-物性と構造  1995-現在 
詳細表示...

マスコミ取材
新聞  日刊工業新聞  新産業革命 先端研究室の挑戦  2002/08/01 
詳細表示...

社会貢献活動
学術雑誌関係  分子科学会論文誌「Molecular Science」  2007/05-2011/05  編集委員 
詳細表示...

学内委員会等
基盤理工学専攻/先進理工学科  専攻長/学科長  2016/04-2017/03 
先進理工学専攻/学科  副専攻長/副学科長  2015/04-2016/03 
学術院  専攻選出の代議員  2015/04-2016/03 
予算委員会  委員  2015/04-2018/03 
研究科入試委員会  委員  2015/04-2017/03 
詳細表示...