日本語
The University of Electro-Communications 
Graduate School of Informatics and Engineering, School of Informatics and Engineering 
Department of Computer and Network Engineering, Cluster I (Informatics and Computer Engineering) 

顔写真 Assistant Professor 
TAKESHI ITO 

Year of birth:1964  
Tel.0424-43-5370  
 
Personal website  

Career
電気通信大学電気通信学部  助手  1994/04-Present 
法政大学社会学部  非常勤講師  1996/04-2000/03 
デジタルハリウッド大学  客員教授  2005/04-Present 
放送大学  非常勤講師(面接授業)  2014/03-Present 

Academic background
Hokkaido University  Faculty of Literature  行動科学科  1988/03  Graduated 
Nagoya University  Graduate School, Division of Engineering  情報工学専攻  Master's program  1991/03  Completed 
Nagoya University  Graduate School, Division of Engineering  情報工学専攻  Doctoral program  1994/03  Completed 

Academic degrees
工学博士  Nagoya University  1994/03 

Current research areas
Cognitive science 
Intelligent informatics 
Intelligent informatics 

Current research subjects
A Scientific Research on Curling  Curling, Digital Curling, Indefinite Game, Supporting of strategy  2015-2018 
Research on the human-like AI that make a mistake  Imitation AI, human-error, human-like  2013/04-2016/03  十分に強くなった知的ゲームAIに人間らしいエラーを持たせることで対戦して楽しくなるシステムを提案していく。 
Development and evaluation of the playing system reflecting play styles  play style  2010/04-2013/03  人間のプレイスタイルを模倣するAIシステムの構築とその評価 
Council Algorithm in Game  Ensamble prediction, Boosting  2008/11-2011/03 
思考ゲームのアルゴリズム研究  ゲーム、アルゴリズム、計算機科学  2005-Present 
Cognitive Science Approach to Intelligent Game Playing Processes  Intelligent Games Problem Solving Cognitive Science 

Preferable theme of joint or funded research
ゲームを題材にした認知科学的研究  Desire to engage in joint research with universities and other research institutes  Technological consultation,Commissioned research,Joint research  お気軽にお尋ねください。 
エンターテイメント技術の進歩と人間との認知科学的関係  Desire to engage in industry-academia collaboration and other forms of joint research with private and other organizations  Technological consultation,Commissioned research,Joint research,Other  さまざまな形の共同研究のお申し出を歓迎します。 お気軽にお問い合わせください。 
人を模倣する人工知能技術  Desire to engage in industry-academia collaboration and other forms of joint research with private and other organizations  Commissioned research,Joint research 
View details...

Published books
Book  「次の一手」はどう決まるか: 棋士の直観と脳科学  中谷 裕教, 伊藤 毅志, 勝又 清和,他  勁草社  2018/04/28 
Book  ゲーム情報学概論- ゲームを切り拓く人工知能  伊藤 毅志, 保木 邦仁, 三宅 陽一郎  コロナ社  2018/04/26 
Book  落語の入り口  雲田はるこ、他  フィルムアート社  2017/06/27 
Book  一人称研究のすすめ  諏訪正樹、堀浩一、伊藤毅志、松原仁、阿部明典、大武美保子、松尾豊、藤井晴行、中島秀之  近代科学社  45-84  2015/04/28 
Book  人間に勝つコンピュータの作り方  滝澤 武信, 松原 仁, 古作 登, 橋本 剛, 小谷 善行 , 鶴岡 慶雅, 山下 宏, 金子 知適, 保木 邦仁, 伊藤 毅志, 竹内 章, 篠田 正人  技術評論社  147-170  2012/09 
View details...

Published papers
Paper  Yes  囲碁学習支援のための用語判定システムの提案  Joint  龐遠豊,伊藤毅志  情報処理学会論文誌、  59/ 4, 1286-1294  2018 
Paper  Yes  プレイヤの技能に動的に合わせるシステムの提案と評価  Joint  仲道隆史,伊藤毅志,  情報処理学会論文誌  57/ (11), 2426-2435  2016 
Paper  Yes  流れを考慮した将棋における人間の指し手との一致率向上手法  Joint  杵渕哲彦,伊藤毅志  情報処理学会論文誌  58/ (9),, 1549-1554  2016 
Paper  Yes  精神看護学における映像教材の有効性の検討―ビデオ教材作成過程と評価―  Joint  江藤和子,椎野雅代,宮原舞子,伊藤毅志  日本精神科介護学術集会専門Ⅰ,日本精神科看護学術集会誌  58/ 2, 244-248  2015 
Paper  Yes  Changes in cognitive processes and brain activity while becoming proficient at Minishogi  Takeshi Ito and Daisuke Takano  ICGA Journal  Vol.38/ No.4, 209-223  2015 
View details...

Research presentations
Oral presentation for an academic conference  第1回UEC杯コンピュータ囲碁大会報告(2007年12月)  情報処理学会,ゲーム情報学研究会  19/ 1  No  伊藤毅志、村松正和  2008 
Oral presentation for an academic conference  視線を用いた新しいエンターテインメント  情報処理学会,エンターテインメントコンピューティング研究会  9/ 4  No  水上明、伊藤毅志  2008 
Oral presentation for an academic conference  第1回UEC杯5五将棋大会報告(2007年11月)  情報処理学会,ゲーム情報学研究会  19/ 2  No  伊藤毅志  2007 
Oral presentation for an academic conference  知識を直観的に記述できる5五将棋システム  情報処理学会,ゲームプログラミングワークショップ2007  12  No  滝沢洋平、伊藤毅志  2007 
Oral presentation for an academic conference  棋譜には現われない暗黙の棋譜  情報処理学会,ゲームプログラミングワークショップ2007  11  Yes  伊藤毅志  2007 
View details...

Awards
ICGA Best Paper Award  Parallel Dovetailing and its Application to Depth-First Proof-Number Search.  2013 
TAAI2012 Excellent Paper Award  2012/11/17 
CEDEC AWARDS プログラミング・開発環境部門優秀賞  2011/09/07 
文部科学大臣表彰科学技術賞 理解増進部門  2010/04/13 
CSA研究賞  2009/05 
View details...

Past records of joint or funded research
コンピュータ将棋プログラムの現状と弱点の検証  2011-2012  Joint research  Domestic joint research 
思考ゲームにおける個性的なAIに関する研究  2011-2012  Joint research  Research commissioned by a company 
集中的訓練によりアマチュア被験者にプロの直観思考回路を育てる試み  2010-2010  Joint research  Domestic joint research 
合議プログラムの実験および評価関数の自動学習検証  2008-2010  Joint research  Other 
View details...

Public lectures
室蘭工業大学蘭岳セミナー招待講演  室蘭工業大学  2011 
富士通専門技術講座招待講演  富士通研究所  2011 
慶応義塾大学一般特別講義  慶応義塾大学  2011 
目黒会関西支部総会招待講演  目黒会関西支部  2011 
スクエアエニックス社内向け招待講演  スクエアエニックス  2011 
View details...

Memberships of academic societies
IEEE  2015-Present 
電子情報通信学会  2015-Present 
International Computer Game Association  2004-Present 
人工知能学会  1990-Present 
情報処理学会  1990-Present 
View details...

Involvement in conference and research meetings
ゲーム情報学研究会  主査  2013/04/01 
ゲーム情報学研究会  運営委員  2007/04/01 
View details...

Committee or council involvement
日本認知科学会  運営委員  2017/04/01-Present 
情報処理学会 ゲーム情報学研究会  主査  2013/04/01-2017/03/31 
情報処理学会  会誌編集委員  2010/04/01-2014/03/31 
日本認知科学会  常任運営委員  2008/04-2011/03 
View details...

Educational support at other universities
非常勤講師  ゲーム情報学(放送大学面接授業)  2014/04-Present 
教育連携アドバイザー  北陸先端科学技術大学院大学  2014/04-Present 
客員教授  ゲーム情報学(デジタルハリウッド大学)  2005/04-Present 
View details...

Media coverage
Radio  TBSラジオ  「好奇心家族」カーリングとAIの関わりや取り組みについて  2018/01/12  19:00- 
Newspaper  朝日新聞  ”カーリング、ITの戦い過熱 謎の解明と戦術の強化狙う“  2018/01/11 
Newspaper  読売新聞  “ゼロから創造 AI新次元”Google DeepMind社がAlphaGoZeroの論文を発表。プロ棋士の棋譜を必要とせず、ゼロから学習。「ゼロは、人間の知識がないところから、別次元の何かを学び、全く新しい価値観を生み出していると考えられる」と伊藤助教がコメント。  2017/10/19 
Other  雑誌「昭和40年男」  アナログとデジタル、コミュニケーションの違い”、インタビュー記事を掲載  2017/08 
Newspaper  毎日新聞  日本棋院と電気通信大学は「コンピュータ囲碁を用いた新たな相互技術交流」に関する5年間の提携”  2017/07/12 
View details...

Social activities
Other social contributions  日本棋院とのコンピュータ囲碁に関する提携調印  2012-2012 
Academic journal activities  情報処理学会誌  2011/04-2013/03  編集委員 
Academic journal activities  情報処理学会論文誌特集号  2006/10-2007/09  編集委員 
View details...

Other unique activities
2017  日本棋院と電気通信大学のコンピュータ囲碁に関わる提携 
View details...