English
電気通信大学 
コヒーレント光量子科学研究機構 
レーザー新世代研究センター 

教授 
米田 仁紀 
ヨネダ ヒトキ 
HITOKI YONEDA 

1960年生まれ  
Tel.0424-43-5704  
Fax.0424-85-8960  
個人ウェブサイトはこちら  

経歴
電気通信大学新型レーザー研究センター  助手  1988/04-現在 
電気通信大学レーザー極限技術センター  助手  1990/06-現在 
電気通信大学レーザー極限技術センター  助教授  1998/10-現在 
電気通信大学レーザー新世代研究センター  助教授  1999/04-2006/09/30 
電気通信大学レーザー新世代研究センター  教授  2006/10/01-現在 

学歴
東京工業大学  理学部  応用理学  1983/03  卒業 
東京工業大学  総合理工学研究科  エネルギー科学専攻  修士  1985/03  修了 
東京工業大学  総合理工学研究科  エネルギ-科学専攻  博士  1988/03  修了 

学位
工学博士 

学内担当授業科目
2010  技術英語  前期  大学院(EC)  博士前期課程 
2010  Elementary Teaching Laboratory  通年  大学院共通(EC,IS)  博士前期・後期課程共通 
2010  危機・限界体験特別実験  通年  大学院共通(EC,IS)  博士前期課程 
詳細表示...

海外教育研究活動
創造開発研究者派遣 カルフォニア大学,ミシガン大学他  1998-1998  アメリカ合衆国 
日米科学協力研究者派遣 アメリカカルフォルニア大学バークレー校  1995-1995  アメリカ合衆国 
詳細表示...

現在の専門分野

現在の研究課題
Warm dense matter 物性  high energy density plasma, liquid metal, critical point, equation of states  2002/04-現在  固体物理学とプラズマ物理学がカバーするパラメータ領域の中間に位置する新しい物性領域warm dense matter領域を実験、理論的な研究している。 
Plasma Photonics  Plasma, Photonics, Laser, High energy density, Solid plasma  2006/04-2001/03 
高エネルギー密度状態を利用した新しいX線光学  Xray Free Electron Laser, Ultra-short-pulse laser  2006/10-2009/03  新しいX線自由電子レーザーを利用した高エネルギー密度物性を使って機能を持たせたような光学素子を開発する。 
高出力レ-ザ-を用いた物質との相互作用実験  高出力レ-ザ- プラズマ 
ダイヤモンド 光伝導素子の開発とその応用  ダイヤモンド 光伝導 
新しいレ-ザ-結晶の開発とその評価  レ-ザ-結晶 光学素子 

著書
著書(辞書・辞典)  プロフェッショナル英和辞典スペッドテラ  堀内克明、蟹江幸博、米田仁紀 他  小学館  2004 
詳細表示...

論文
一般論文  有  Characteristics of an Atmospheric Nonthermal Microplasma Actuator  Kazuo Shimizu, Yoshinori Mizuno, Marius Blajan, and Hitoki Yoneda  IEEE TRANSACTIONS ON INDUSTRY APPLICATIONS,  53/ 2, 1452-1458  2016/12/07 
一般論文  有  Hitoki Yoneda,Jian Zhang,Haohai Yu,Alexander A. Kaminskii  Y Kuramitsu, S Matsukiyo, S Isayama, D Harada, T Oyama,R Fujino, Y Sakawa, T Morita, Y Yamaura, T Ishikawa,T Moritaka, T Sano, K Tomita, R Shimoda, Y Sato, K Uchino,A Pelka, R Crowston, N Woolsey, G Gregori, M Koenig,D W Yuan, C L Yin, Y T Li, K Zhang, J Y Zhong,F L Wang, N Ohnishi, K Nagamine, H Yoneda, and H Takabe  Journal of Physics: Conference Series  688, 012056-1-012056-4  2016/09 
一般論文  有  Impulsive STS in tetragonal t-YVO4, t-GdVO4 and monoclinic m-LaVO4 vanadate host Crystals for Ln3+lasant ions  共著  H. Yoneda, J. Zhang, H. Yu, A. A. Kaminskii  Phys. Status Solidi B  253/ 9, 1707-1714  2016/09 
一般論文  有  Basic study of fine particle removal using microplasma and its electrostatic effect  Kazuo Shimizu, Akihiko Ito, Marius Blajan, Jaroslav Kristof and Hitoki Yoneda  Japanese Journal of Applied Physics  56, 01AC03-1-01AC03-6  2016/09/01 
一般論文  有  Impulsive SRS in tetragonal t-YVO4, t-GdVO4 and monoclinic m-LaVO4 vanadate host-crystals for Ln3+-lasant ions  Hitoki Yoneda,Jian Zhang,Haohai Yu,Alexander A. Kaminskii  253/ 9, 1707-1714  2016/09/01 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  超高強度レーザーとマイクロパルスパワーによる高エネルギー密度電子制御の可能性  レーザー学会,レーザー学会学術講演会第28回  35/ 12  無  西田明憲、米田仁紀、湯上登、近藤公伯、陳正林、金展、有馬宏和、児玉了祐  2008/01 
学会口頭発表  白色光干渉計を用いた成膜時の位相モニター法の開発  レーザー学会,レーザー学会学術講演会第28回  35/ 12  無  引地学、米田仁紀  2008/01 
学会口頭発表  超短パルスレーザー加熱によるHg系金属の金属-絶縁体遷移の研究  日本物理学会,2006年秋季大会  61  無  米田仁紀、斉藤英雄、岡田圭一、石田純、下田怜、植田憲一、R. M. More  2006/09 
学会口頭発表  Warm dense matter領域での光学導電率の広帯域周波数特性  日本物理学会,2006年秋季大会  61  無  米田仁紀、斉藤英雄、岡田圭一、石田純、下田怜、植田憲一、R. M. More  2006/09 
学会口頭発表  プラズマフォトニクス レーザー駆動金属-絶縁体遷移を利用した光デバイス  応用物理学会,第67回応用物理学会学術講演会  AP061134/ 0  無  米田仁紀、R. M. More  2006/08 
詳細表示...

知的財産権
特許  ファイバ及びファイバの製造方法  2006-244446  2006/09/08  出願 
詳細表示...

受賞
ナイスステップな研究者2008  2008/12/25 
プラズマ・核融合学会貢献賞  2007/11/27 
平成18年度電気通信大学優秀教員賞(教育関係)  2007/05/16 
日本光学会感謝状  2005/11/24 
第12回ダイヤモンドシンポジウムポスター優秀賞  1998/11 
詳細表示...

共同・受託研究実績
光分散デバイスの研究  2006-2011  受託研究  出資金による受託研究 
高エネルギー密度物性を利用したX線光学研究  2006-2009  受託研究  出資金による受託研究 
詳細表示...

所属学協会
プラズマ・核融合学会 
レ-ザ-学会 
応用物理学会 
アメリカ物理学会 
日本物理学会 
詳細表示...

委員会・審議会等
プラズマ・核融合学会  編集委員長  2012/07-2014/06 
日本物理学会  領域2副代表  2011/11-2013/03 
プラズマ・核融合学会  理事  2011/07-2015/06 
プラズマ・核融合学会  編集副委員長  2011/07-2011/06 
日本学術振興会 学術システム研究センター  研究員  2010/04-2013/03 
詳細表示...

産学官連携・国際協力事業等
国際協力事業等  国立ローレンスバークレー研究所  高エネルギー密度科学でのCore-to-Core project  アメリカWarm dense matter担当(Core-to-Coreは日欧、日米)  2006/10-現在 
国際協力事業等  バークレー、リバモア、サンディア研究所  日米協力事業(核融合)  派遣研究者、WS参加者など  2000/04-現在 
詳細表示...

社会貢献活動
その他社会活動の実績  2011-2011  2008年からJSTのSPPプログラムを通して市立、私立中学に出張講義、出前研究実験を行っている。SPPが終了後も、3校の中学、高校と毎年この活動を行っている。出向く場合は、バン1台に実験装置を満載して、大学院生を10人ほど連れて行き、1グループ3~6人の高密度で研究レベルの実験ができるようにしている。来学するコースでは、10~15個の実験を用意し、2~3人を1グループとして大学の設備を使った研究実験を行っている。 
詳細表示...