English
電気通信大学 
コヒーレント光量子科学研究機構 
レーザー新世代研究センター 

教授 
米田 仁紀 
ヨネダ ヒトキ 
HITOKI YONEDA 

1960年生まれ  
Tel.0424-43-5704  
Fax.0424-85-8960  
個人ウェブサイトはこちら  

経歴
電気通信大学新型レーザー研究センター  助手  1988/04-現在 
電気通信大学レーザー極限技術センター  助手  1990/06-現在 
電気通信大学レーザー極限技術センター  助教授  1998/10-現在 
電気通信大学レーザー新世代研究センター  助教授  1999/04-2006/09/30 
電気通信大学レーザー新世代研究センター  教授  2006/10/01-現在 

学歴
東京工業大学  理学部  応用理学  1983/03  卒業 
東京工業大学  総合理工学研究科  エネルギー科学専攻  修士  1985/03  修了 
東京工業大学  総合理工学研究科  エネルギ-科学専攻  博士  1988/03  修了 

学位
工学博士 

学内担当授業科目
2010  技術英語  前期  大学院(EC)  博士前期課程 
2010  Elementary Teaching Laboratory  通年  大学院共通(EC,IS)  博士前期・後期課程共通 
2010  危機・限界体験特別実験  通年  大学院共通(EC,IS)  博士前期課程 
詳細表示...

海外教育研究活動
創造開発研究者派遣 カルフォニア大学,ミシガン大学他  1998-1998  アメリカ合衆国 
日米科学協力研究者派遣 アメリカカルフォルニア大学バークレー校  1995-1995  アメリカ合衆国 
詳細表示...

現在の専門分野

現在の研究課題
Warm dense matter 物性  high energy density plasma, liquid metal, critical point, equation of states  2002/04-現在  固体物理学とプラズマ物理学がカバーするパラメータ領域の中間に位置する新しい物性領域warm dense matter領域を実験、理論的な研究している。 
Plasma Photonics  Plasma, Photonics, Laser, High energy density, Solid plasma  2006/04-2001/03 
高エネルギー密度状態を利用した新しいX線光学  Xray Free Electron Laser, Ultra-short-pulse laser  2006/10-2009/03  新しいX線自由電子レーザーを利用した高エネルギー密度物性を使って機能を持たせたような光学素子を開発する。 
高出力レ-ザ-を用いた物質との相互作用実験  高出力レ-ザ- プラズマ 
ダイヤモンド 光伝導素子の開発とその応用  ダイヤモンド 光伝導 
新しいレ-ザ-結晶の開発とその評価  レ-ザ-結晶 光学素子 

著書
著書(辞書・辞典)  プロフェッショナル英和辞典スペッドテラ  堀内克明、蟹江幸博、米田仁紀 他  小学館  2004 
詳細表示...

論文
一般論文  有  Avalanche parametric conversion and white spectrum generation from infrared femtosecond pulses in glasses  共著  Daniela A. Georgieva, Todor. S. Petrov, Hitoki Yoneda, Rakish Shikne, Nikolay N. Nedyalkov, and Lubomir M. Kovachev  Optics Express  26/ 13, 17649-17661  2018/06/25 
一般論文  有  Compton Scattering measurement to detect momentum distribution of electrons in warm dense matter  共著  Hitoki Yoneda and Shigeaki Nishio  Plasma and Fusion Research  12, 1303002-1-1303002-4  2017/11 
一般論文  有  Characteristics of an Atmospheric Nonthermal Microplasma Actuator  Kazuo Shimizu, Yoshinori Mizuno, Marius Blajan, and Hitoki Yoneda  IEEE TRANSACTIONS ON INDUSTRY APPLICATIONS,  53/ 2, 1452-1458  2016/12/07 
一般論文  有  Hitoki Yoneda,Jian Zhang,Haohai Yu,Alexander A. Kaminskii  Y Kuramitsu, S Matsukiyo, S Isayama, D Harada, T Oyama,R Fujino, Y Sakawa, T Morita, Y Yamaura, T Ishikawa,T Moritaka, T Sano, K Tomita, R Shimoda, Y Sato, K Uchino,A Pelka, R Crowston, N Woolsey, G Gregori, M Koenig,D W Yuan, C L Yin, Y T Li, K Zhang, J Y Zhong,F L Wang, N Ohnishi, K Nagamine, H Yoneda, and H Takabe  Journal of Physics: Conference Series  688, 012056-1-012056-4  2016/09 
一般論文  有  Impulsive STS in tetragonal t-YVO4, t-GdVO4 and monoclinic m-LaVO4 vanadate host Crystals for Ln3+lasant ions  共著  H. Yoneda, J. Zhang, H. Yu, A. A. Kaminskii  Phys. Status Solidi B  253/ 9, 1707-1714  2016/09 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  超高強度レーザーとマイクロパルスパワーによる高エネルギー密度電子制御の可能性  レーザー学会,レーザー学会学術講演会第28回  35/ 12  無  西田明憲、米田仁紀、湯上登、近藤公伯、陳正林、金展、有馬宏和、児玉了祐  2008/01 
学会口頭発表  白色光干渉計を用いた成膜時の位相モニター法の開発  レーザー学会,レーザー学会学術講演会第28回  35/ 12  無  引地学、米田仁紀  2008/01 
学会口頭発表  超短パルスレーザー加熱によるHg系金属の金属-絶縁体遷移の研究  日本物理学会,2006年秋季大会  61  無  米田仁紀、斉藤英雄、岡田圭一、石田純、下田怜、植田憲一、R. M. More  2006/09 
学会口頭発表  Warm dense matter領域での光学導電率の広帯域周波数特性  日本物理学会,2006年秋季大会  61  無  米田仁紀、斉藤英雄、岡田圭一、石田純、下田怜、植田憲一、R. M. More  2006/09 
学会口頭発表  プラズマフォトニクス レーザー駆動金属-絶縁体遷移を利用した光デバイス  応用物理学会,第67回応用物理学会学術講演会  AP061134/ 0  無  米田仁紀、R. M. More  2006/08 
詳細表示...

知的財産権
特許  ファイバ及びファイバの製造方法  2006-244446  2006/09/08  出願 
詳細表示...

受賞
ナイスステップな研究者2008  2008/12/25 
プラズマ・核融合学会貢献賞  2007/11/27 
平成18年度電気通信大学優秀教員賞(教育関係)  2007/05/16 
日本光学会感謝状  2005/11/24 
第12回ダイヤモンドシンポジウムポスター優秀賞  1998/11 
詳細表示...

共同・受託研究実績
光分散デバイスの研究  2006-2011  受託研究  出資金による受託研究 
高エネルギー密度物性を利用したX線光学研究  2006-2009  受託研究  出資金による受託研究 
詳細表示...

所属学協会
プラズマ・核融合学会 
レ-ザ-学会 
応用物理学会 
アメリカ物理学会 
日本物理学会 
詳細表示...

委員会・審議会等
the International Review Meeting for Station of Extreme Light  committee member  2017/07/09-2017/07/10 
The 7th Advanced Lasers and Photon Sources 2018  Chair  2017/04-現在 
大阪大学レーザー科学研究所共同研究運営委員会  運営委員長  2017/04/01-現在 
レーザー学会研究委員会  委員長  2016/05/31-現在 
プラズマ・核融合学会  編集委員長  2012/07-2014/06 
詳細表示...

産学官連携・国際協力事業等
国際協力事業等  国立ローレンスバークレー研究所  高エネルギー密度科学でのCore-to-Core project  アメリカWarm dense matter担当(Core-to-Coreは日欧、日米)  2006/10-現在 
国際協力事業等  バークレー、リバモア、サンディア研究所  日米協力事業(核融合)  派遣研究者、WS参加者など  2000/04-現在 
詳細表示...

社会貢献活動
その他社会活動の実績  2011-2011  2008年からJSTのSPPプログラムを通して市立、私立中学に出張講義、出前研究実験を行っている。SPPが終了後も、3校の中学、高校と毎年この活動を行っている。出向く場合は、バン1台に実験装置を満載して、大学院生を10人ほど連れて行き、1グループ3~6人の高密度で研究レベルの実験ができるようにしている。来学するコースでは、10~15個の実験を用意し、2~3人を1グループとして大学の設備を使った研究実験を行っている。 
詳細表示...