日本語
The University of Electro-Communications 
Graduate School of Informatics and Engineering, School of Informatics and Engineering 
"Department of Informatics, Cluster I (Informatics and Computer Engineering)" 

顔写真 Professor 
KENJI TANAKA 

Year of birth:1957  
 
Personal website  

Career
茨城大学工学部  助手  1987/04-1995/09 
電気通信大学大学院情報システム学研究科  助教授  1995/10-2004/04 
電気通信大学大学院情報システム学研究科  教授  2004/05-2016/03 
電気通信大学  副学長  2012/04-2014/03 
電気通信大学  広報センター長  2012/04-2014/03 

Academic background
県立浦和高校  1976/03  Graduated 
Kyoto University  Faculty of Science  数理科学系(数学科)  1982/03  Graduated 
Tokyo Institute of Technology  Graduate School, Division of Integrated Science and Engineering  システム科学専攻  Master's program  1984/03  Completed 
Tokyo Institute of Technology  Graduate School, Division of Integrated Science and Engineering  システム科学専攻  Doctoral program  1989/03  Completed 

Academic degrees
Science of Doctor  Tokyo Institute of Technology  1989/03 

Classes responsible within the university
2021  リスクマネジメント論  Spring semester  Graduate, IE  Master's and doctoral programs 
2021  信頼性工学  Fall semester  Undergraduate, daytime 
2021  品質管理第一  Fall semester  Undergraduate, daytime 
View details...

Classes responsible in other universities
2001  マルティメディア時代の人間と社会  東京工業大学 
2002  FMEAについて  国立保健医療科学院 
2003  リスク工学特別講義Ⅲ  筑波大学 
2003  FMEAについて  国立保健医療科学院 
2003  信頼性工学と安全工学から医療を検証する  横浜市立大学医学部 
View details...

Education and research activities in foreign countries
マンチェスター大学  1999/02-1999/04  連合王国 
ニューヨーク州立大学  1993/03-1994/01  アメリカ合衆国 
View details...

Current research areas
Intelligent informatics 
Social systems engineering/ Safety system 

Current research subjects
医療安全  2005-Present 
Study on Decision Making under Uncertainties  Decision Making Stochastic Model Disaster information 
Study on System Safety and Organizational Accidents  System failure System accident Human error 
Study on Reliability and Maintenability in Human-machine Systems  Maintenance Monitoring Human factor 

Preferable theme of joint or funded research
災害情報・医療情報システムの設計・開発に関する研究  Desire to engage in industry-academia collaboration and other forms of joint research with private and other organizations  Joint research 
システムの信頼性・安全性に関する研究(認知に関するシミュレーション実験等)  Desire to engage in industry-academia collaboration and other forms of joint research with private and other organizations  Joint research 
View details...

Published books
Book  Handbook of Research on Digital Services in Crisis, Disaster, and Emergency Situations  Y. Ishigaki, K. Tanaka  IGI Global  1-30  2021/01  978-1799867050 
Book  医療安全管理実務者標準テキスト  田中 ほか  へるす出版  56-59, 168-169,169-172  2016/08/01  978-4-89269-891-0 
Book  システムの信頼性と安全性  田中健次  朝倉書店  1-198  2014/08 
Book  医療安全学  森本、田中ほか  篠原出版新社  68-72  2010/07 
Book  新版信頼性工学入門  真壁肇、田中健次、鈴木和幸、宮村鐵夫、横川慎二  日本規格協会  129-152  2010/07 
View details...

Published papers
Paper  Yes  ヘッドアップディスプレイを用いた注意喚起情報が高齢ドライバのハザード知覚と運転行動に及ぼす影響  Joint  榎本 恵, 関根 道昭, 田中 健次,長谷川 浩  ヒューマンインタフェース学会論文誌  22/ 3, 341-350  2020/08/25  10.11184/his.21.1_111 
Paper  No  医療界でのインシデント情報を活用したリスク対応  Joint  田中健次、坂東幸一、津本周作、佐藤直樹  横幹連合 会誌「横幹」  13/ 2, 84-90  2019/10/15  10.11184/his.21.1_111 
Paper  Yes  高齢運転者における複数同時危険事象の認識に視覚的な注意喚起が与える影響  Joint  平野 伸将, 榎本 恵, 関根 道昭, 田中 健次  ヒューマンインタフェース学会論文誌  21/ 1, 111-120  2019/04  10.11184/his.21.1_111 
Paper  Yes  音声操作中の警報音聴取に対する注意配分改善手法の検討  Joint  伊藤一也、田中健次  人間工学  53/ 3, 75-84  2017 
Paper  No  グレイゾーンにおける現場技術者と設計推進者との協調とは  Only  田中健次  日本品質管理学会誌『品質』  47/ 1, 39-44  2017/01 
View details...

Research presentations
Oral presentation for an academic conference  自動運転・高度運転支援(レベル2)におけるドライバーの覚醒度維持向上 (第2報) ‐運転支援されるドライバーのワクワク感と覚醒度維持について‐  自動車技術会2021年度 秋季大会  No  加藤昌彦,安喜勇人,田中健次  2021/10/14 
Oral presentation for an academic conference  A Study on Support for Emission Reduction Monitoring in Municipalities: Action Research on a Case Study of Passing Vehicles Kinds and Air Quality Data  ITS World Congress 2021  Avanti R&Dブース  Yes  Go Yuasa, Kenji Tanaka  2021/10/11 
Oral presentation for an academic conference  ディストラクション状態の高齢ドライバにおけるハザード対応と視覚的注意喚起情報の効果に関する研究  自動車技術会2021年度 春季大会  No  向田佑介,田中健次,関根道昭,榎本 恵,加藤洋子  2021/05/27 
Oral presentation for an academic conference  自動運転・高度運転支援(レベル2)におけるドライバーの覚醒度維持向上 (第1報) 運転支援されるドライバーのワクワク感について  自動車技術会2020年度 秋季大会  No  加藤昌彦,田中健次,安喜勇人  2020/10/23 
Oral presentation for an academic conference  漫然運転時の高齢ドライバにハザードを知らせる視覚情報の効果に関する研究  自動車技術会関東支部2019年度学術研究講演会  No  向田佑介,田中健次  2020/03/04 
View details...

Awards
2015年度日経品質管理文献賞  システムの信頼性と安全性  2015/11/11 
2011年度第41回信頼性・保全性シンポジウム特別賞  安全保証と危険回避の使い分けに関する一考察  2012/07/12 
日本設備管理学会論文賞  重複型システム分割による設備管理  2002/06/13 
日本科学技術連盟品質管理誌QC賞  2002/05/17 
日本プラントメンテナンス協会PM優秀論文賞  1993/10/14 
View details...

Grants-in-aid for scientific research
高放射線量地域をフィールドとしたネットワーク型環境防災の実現  Fund for the Promotion of Joint International Research(Fostering Joint International Research (B))  2020/10-2025/03 
信頼性・安全性トラブル未然防止へのモバイルIoTモニタリングシステムの開発と展開  "Scientific research (B), general"  2020/04-2025/03 
途上国での室内PM2.5汚染を事例としたIoTヘルスプロモーションの方法論構築  "Scientific research (B), general"  2019/04-2023/03 
想定外事象を想定した従来手法とノンテクスキルとの融合型高信頼性・安全性方法論  "Scientific research (B), general"  2019/04-2022/03 
医療安全支援センターにおける効果的なサービス提供のための研究  Other  2016/03-2018/03 
View details...

Past records of joint or funded research
環境省『放射線の健康影響にかかる研究調査事業』 セカンドプレイスでの放射線リスクコミュニケーションの実現  2021-2023  Commissioned research  Funded commissioned research 
石巻市エネルギー構造高度化・転換理解促進事業費(技術開発事業)における最適な充放電コントローラの構築  2020-2021  Joint research  Domestic joint research 
バッテリー劣化予測アルゴリズムの検討  2020-2021  Joint research  Domestic joint research 
車車間通信システムにおける通信評価  2017-2018  Joint research  Domestic joint research 
D-Caseに基づく議論構造可視化支援ツールの開発とスマートコミュニティにおける合意形成の実証  2015-2017  Commissioned research  Funded commissioned research 
View details...

Memberships of academic societies
IEEE  1989-Present 
計測自動制御学会  1986-Present 
日本品質管理学会  1987-Present 
日本災害情報学会  1999-Present 
情報処理学会  2011/10-Present 
View details...

Involvement in conference and research meetings
第50回信頼性・保全性シンポジウム  組織委員会副委員長  2021/06/29 
第49回信頼性・保全性シンポジウム  組織委員会副委員長  2019/07/18 
第48回信頼性・保全性シンポジウム  組織委員会副委員長  2018/07/19 
第47回信頼性・保全性シンポジウム  組織委員会副委員長  2017/07/13 
第46回信頼性・保全性シンポジウム  組織委員会副委員長  2016/07/14 
View details...

Committee or council involvement
日本医療機能評価機構 教育プログラム部会  委員  2013/04-Present 
経済産業省 産業構造審議会 保安・消費生活用製品安全分科会 電力安全小委員会 電気設備自然災害等対策WG  委員  2021/06-Present 
特許庁 産業構造審議会知的財産分科会 審査品質管理小委員会  委員  2021/02-Present 
東京消防庁情報通信運営委員会  委員  2020/11-2020/12 
日本品質管理学会  監事  2015/11-2019/10 
View details...

Media coverage
Newspaper  日経産業新聞  記事「高齢者運転教習,模擬衝突体験が有効:電通大が確認」で研究成果紹介  2007/05/11 
Newspaper  共同通信社 配信  論説「迷走したPSEマーク問題-安全確保の仕組みを-」 信濃毎日新聞,京都新聞,愛媛新聞など全国の地方紙で掲載  2006/04/15 
Television  NHK  NHKワールド海外向け英語ニュース番組 PSE法に関する特集番組でコメント  2006/03/26  04:10 
Newspaper  読売新聞  「PSEマーク」ない家電 来月から販売禁止,でのコメント文  2006/03/07 
View details...

Social activities
Participation in community support activities, etc.  三鷹市特定個人情報保護評価部会委員  2014/04-2019/06  委員 年間5回程度 
Participation in community support activities, etc.  調布市食物アレルギー事故再発防止検討委員会委員  2013/04-2013/07 
Other social contributions  関西電力安全検証委員会委員  2012/06-2013/05 
Academic journal activities  Webクオリティマネジメント誌編集委員  2012/01-2015/03 
Other social contributions  財団法人鉄道総技術研究所リサーチアドバイザー  2009/04-2011/03  研究開発レビューのリサーチアドバイス 
View details...