論文
公開件数:17件
No. 種別 査読の有無 標題 単著・共著区分 著者 誌名 巻号頁 出版日 ISSN DOI URL
1 一般論文

毎日新聞と朝日新聞における文字使用の差

久野雅樹,横山詔一,野崎浩成
計量国語学
23/ 6, 277-295
2002/09



2 一般論文

新聞の用字の面による変動と時系列変動

久野雅樹
自然言語処理
7/ 2, 45-61
2000/04



3 一般論文

項目反応理論の適用による価値志向性尺度の一次元的階層構造の検討

酒井恵子,山口陽弘,久野雅樹
教育心理学研究
46/ 2, 153-162
1998/06



4 一般論文

階層構造からみた性格特性語の有用性について----基礎レベルの探索(共著)

山口陽弘・久野雅樹
心理学研究
67/ 3, 195-203
1996



5 一般論文

性格特性語における階層構造の実証的研究-カテゴリー幅とクラス包含判断の非対称性-(共著)

山口陽弘・河原哲雄・久野雅樹
心理学研究
66/ 5, 345-353
1995



6 一般論文

Relative clause sentence comprehension by Japanese-speaking children with and without specific language impairment
共著
Sasaki, M., Schwartz, R. G., Hisano, M., & Suzuki, M.
Journal of Speech, Language, and Hearing Research
64, 1929-1943
2021/06



7 一般論文

世論調査における調査方法の併用

氏家豊・久野雅樹
社会と調査
7, 58-73
2011



8 一般論文

心的辞書における多義語の形態情報,意味情報,統語情報の構造――非対称MDS,INDSCAL, INDCLUSによる連想反応データの分析――

都築誉史, 岡太彬訓, 久野雅樹, 齋藤洋典
立教大学心理学研究
50, 57-65
2008/03



9 一般論文

指組み,腕組み,利き手の信頼性

久野雅樹
帝京大学文学部紀要(心理学)
5, 97-113
1999



10 一般論文

項目反応理論の適用による価値志向性尺度の一次元的階層構造の検討(共著)

酒井恵子・山口陽弘・久野雅樹
教育心理学研究
46/ 2, 153-162
1998



11 一般論文

心理実験と日本語

久野雅樹
日本語学(明治書院)
16/ 11, 44-52
1997



12 一般論文

認知的複雑性の測度に関する多面的考察(共著)

山口陽弘・久野雅樹
東京大学教育学部紀要
34, 279-299
1995



13 一般論文

質問-応答関係検査 2 -質的分析と会話能力の段階設定-(共著)

外山浩美・久野雅樹・知念洋美・佐竹恒夫
音声言語医学
35/ 4, 349-358
1994



14 一般論文

質問-応答関係検査 1 -検査の作成とノ-マルデ-タ-(共著)

外山浩美・知念洋美・佐竹恒夫・久野雅樹
音声言語医学
35/ 4, 338-348
1994



15 一般論文

多義語研究の動向と課題

久野雅樹
東京大学部教育学部紀要
33, 107-115
1994



16 国際会議プロシーディングス等

Effects of postpositional particles on semantic processing of homophonic transitive and intransitive verb using a cross-modal priming method: Empirical data and a parallel distributed processing account.

Tsuzuki, T., Uchida, T., Kawamoto, A., Yukihiro, R., Hisano, M., & Tsuzuki, K.
Proceedings of the 2nd International Conference on Cognitive Science and the 16th Annual Meeting of the Japanese Cognitive Science Society Joint Conference, (1999.7 Waseda University, Tokyo, Japan)
1034-1037
1999



17 国際会議プロシーディングス等

Mental lexicon and external lexicon.

Hisano, M.
Proceedings of the 2nd International Conference on Cognitive Science and the 16th Annual Meeting of the Japanese Cognitive Science Society Joint Conference.
491-494
1999