English
電気通信大学 
大学院情報理工学研究科、情報理工学域 
基盤理工学専攻、Ⅲ類(理工系) 

顔写真 准教授 
牧 昌次郎 
マキ ショウジロウ 
SHOJIRO MAKI 

1966年生まれ  
Tel.042-443-5493  
Fax.042-486-1966  
 

経歴
Max Planck生物化学研究所  研究員  1992/11-1993/01 
日本学術振興会  特別研究員  1993/04-1994/03 
帝京大学薬学部  助手  1994/04-1996/09 
Max Planck生物化学研究所  客員研究員  1996/07-1996/08 
電気通信大学電気通信学部  助手  1996/10-現在 
Columbia大学化学科  博士研究員  1999/05-2000/01 

学歴
神奈川県立多摩高等学校  その他  1985/03/31  卒業 
慶應義塾大学  理工学部  化学科  1989/03  卒業 
慶應義塾大学大学院  理工学研究科  化学専攻  修士  1991/03  修了 
慶應義塾大学大学院  理工学研究科  化学専攻  博士  1994/03  修了 

学位
博士(理学)  慶應義塾大学  1994/03 

学内担当授業科目
2018  化学概論1  前期  学部(昼間) 
2018  経営実践特論  前期  大学院共通(EC,IS)  博士前期・後期課程共通  その他 
2018  化学生命工学実験第一  前期  学部(昼間)  専門科目 
2018  基礎科学実験B  後期  学部(昼間)  教養科目 
詳細表示...

学外担当授業科目
2007  応用生物科学特別講義  東京農工大学 
2008  化学  サレジオ工業高等専門学校 
2009  自然科学実験  慶應義塾大学 
2009  天然物有機化学  東京農工大学 
2009  生命産業R&D特論  筑波大学大学院 
詳細表示...

海外教育研究活動
国立成功大学(台湾) 客員教授  2007/10-現在  台湾 
山東大学薬学院 客員教授  2006/09-現在  中国 
Columbia大学博士研究員  1999-2000  アメリカ 
Max Planck生物化学研究所客員研究員  1996-1996  ドイツ 
Max Planck生物化学研究所研究員  1992-1993  ドイツ 
詳細表示...

現在の専門分野
生物分子化学 
ケミカルバイオロジー 

現在の研究課題
ホタル生物発光をモデルとした、人工発光系の創製  生物発光 化学発光 
循環利用型高選択性触媒の開発  環境調和型 高選択性触媒 有機化学  2000/03-現在 
環境有害物質の分解・浄化技術の開発  有害化学物質 環境化学 分解・浄化技術 
生理活性物質の合成研究  生理活性物質 合成 電極反応  1998-現在 
生物発光系のバイオイメージングへの応用  生物発光 バイオイメージング  2002-現在 
生物発光系を分子基盤とする発光性・蛍光性新規機能性分子の開発  生物発光 機能性物質 発光性・蛍光性 
GABA拮統性セスキテルペノイド神経毒の活性発現の基盤研究  GABA 神経毒 生理活性 

共同・受託研究希望テーマ
ホタル生物発光のモデル化と材料化  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  共同研究 
希少疾病薬の開発  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  共同研究  希少疾病薬は,産官学で開発事例がとても少ない. リード化合物をお持ちで,構造活性相関の開発したいと思っておられる方ご相談下さい 
クリーンエネルギーを用いた環境化学物質の分解・浄化技術の開発  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  技術相談,受託研究,共同研究 
詳細表示...

著書
著書  「In vivoイメージングを目指したホタル生物発光」  牧 昌次郎  日本レーザー医学会  448-453  2017 
著書  ホタル生物発光を利用した長波長発光標識材料の創製  化学工業社  28-33  2015 
著書  がん研究読本3  牧 昌次郎他多数  がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動(文部科学省)  2014  URL 
著書  ユニーク&エキサイティングサイエンスII  牧 昌次郎 他多数  近代科学社  129-158  2013  978-4-7649-0453-8 
著書  たまの力  牧 昌次郎他 多数  多摩ブルー・グリーン倶楽部(けやき出版)  p. 36-39, p. 68-71, p. 72-75, p. 80-83, p. 84-87, p. 92-95, p. 108-111, p. 120-123, p. 184-187, p. 210-213.  2013  978-4-87751-508-9 
詳細表示...

論文
一般論文  有  ”An Allylated Firefly Luciferin Analogue with Luciferase Specific Response in Living Cells”,  共著  Yuma Ikeda, Tsuyoshi Saitoh, Kazuki Niwa, Takahiro Nakajima, Nobuo Kitada, Shojiro A. Maki, Moritoshi Sato, Daniel Citterio, Shigeru Nishiyama, and Koji Suzuki*  Chemical Communications (Chem. Commun.),  54, 1774-1777  2018 
一般論文  有  “Single cell bioluminescence imaging of deep tissue” in freely moving animals  共著  Satoshi Iwano, Mayu Sugiyama, Hiroshi Hama, Akiya Watakabe, Naomi Hasegawa, Takahiro Kuchimaru, Kazumasa Z. Tanaka, Megumu Takahashi, Yoko Ishida, Junichi Hata, Satoshi Shimozono, Kana Namiki, Takashi Fukano, Masahiro Kiyama, Hideyuki Okano, Shinae Kizaka-Kondoh, Thomas J. McHugh, Tetsuo Yamamori, Hiroyuki Hioki, Shojiro Maki, Atsushi Miyawaki*  Science  359, 935-939  2018 
一般論文  有  “Quantum Yield Improvement of Red-light-emitting Firefly Luciferin Analogues for in vivo Bioluminescence Imaging”  共著  Kiyama Masahiro, Satoshi Iwano, Satoshi Otsuka, Shijia W Lu, Rika Obata, Atsushi Miyawaki, Takashi Hirano, Shojiro A Maki*  Tetrahedron  74, 652-660  2018 
一般論文  有  “Visualizing changes in brain-derived neurotrophic factor (BDNF) expression using bioluminescence imaging in living mice”  共著  Mamoru Fukuchi, Hironori Izumi, Hisashi Mori, Masahiro Kiyama, Satoshi Otsuka, Shojiro Maki, Yosuke Maehata, Akiko Tabuchi, and Masaaki Tsuda  Scientific Reports-Nature  7, 4949-4949  2017  10.1038/s41598-017-05297-x 
一般論文  有  “Electronic and Steric Effects of Cyclic Amino Substituents of Luciferin Analogues on a Firefly Luciferin−Luciferase Reaction”  共著  Michio Kakiuchi, Soichiro Ito, Masahiro Kiyama, Fumiya Goto, Takuto Matsuhashi, Minoru Yamaji, Shojiro Maki, Takashi Hirano  Chemistry Letters  46, 1090-1092  2017 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  「イミダゾピラジノン化学発光系の高効率化要因の探索:分子内立体効果と化学励起効率との相関」  日本化学会第99回春季年会  講演要旨集,2G4-09  無  金井 勇樹・牧 昌次郎・平野 誉  2018/03/20 
学会口頭発表  「デヒドロルシフェリン誘導体を用いたホタルルシフェラーゼ活性部位の評価」  日本化学会第99回春季年会  講演要旨集,2G4-08  無  有年 聖良,山路 稔,牧 昌次郎,平野 誉  2018/03/20 
学会口頭発表  「in vivo光イメージングに適した新規ルシフェリンアナログの開発」  日本化学会第99回春季年会  講演要旨集,2A9-15  無  齊藤 亮平,北田 昇雄,木山 正啓,平野 誉,牧 昌次郎  2018/03/20 
学会口頭発表  「ホタル発光系の波長制御機構の解明:アミノ置換オキシ体の蛍光特性評価」  日本化学会第99回春季年会  講演要旨集,1PA-146  無  平賀 詩織,垣内 美知雄,牧 昌次郎,平野 誉  2018/03/20 
学会口頭発表  「ホタル生物発光における酸素化反応機構の解明」  日本化学会第99回春季年会  講演要旨集,1PA-142  無  伊藤 真一・牧 昌次郎・平野 誉  2018/03/20 
詳細表示...

知的財産権
特許  「新規セレンテラジン誘導体」  特願2017-063253  2017/03/28  出願 
特許  改変型ルシフェラーゼおよびその利用  特願2016-165053  2016/08/25  出願 
特許  新規複素環式化合物及びその塩、並びに、発光基質組成物  特願2014-055457  2014/03/18  出願 
特許  「環化化合物の製造方法、及び、環化化合物を含有する溶液の発光方法」  特願2012-265382  2012/12/04  出願 
特許  「ルシフェラーゼの発光基質」  特願2012-049619  2012/03/06  出願 
詳細表示...

受賞
平成23年度優秀教員賞(電気通信大学)  2012/01 
有機電子移動化学奨励賞  2005/06/17 
詳細表示...

研究員受入れ
国内  客員研究員  日本  日本電子株式会社  派遣元  2017-現在 
国内  客員研究員  日本学術振興会特別研究員  学術振興会等  2016-2017 
国内  客員研究員  学術振興会等  2015-2016 
国内  客員研究員  JST  派遣元  2015-2016 
国内  ポスドク  日本  ホタル生物発光型インビボイメージング用発光材料の創製  学術振興会等  2014-2016 
詳細表示...

共同・受託研究実績
「急性Tリンパ芽球性白血病に対する新薬の開発」  2017-2017  共同研究  国内共同研究 
「質量分析計を活用した新しいアプリケーション開発についての可能性検討」  2016-現在  共同研究  国内共同研究 
ホタル生物発光型の長波長発光材料の創成と実用化  2013-2014  共同研究  国内共同研究 
新規生物活性物質の創成を指向した環境低負荷合成法の開発  2008-2010  共同研究  国内共同研究 
浄水化技術  2007-現在  共同研究  国内共同研究 
詳細表示...

公開講座・講演会等
バイオテック2017 アカデミックフォーラム  リード エグジビション ジャパン株式会社  2017/06/28  有明 
13. 第3回 IPU・みなとみらいシンポジウム  環太平洋大学国際科学・教育研究所  2017/02/20 
「第 50 回光学五学会関西支部連合講演会」  2016/12/11  大阪 
子供と学ぶ実験講座  電気通信大学  2016/08/02 
電気通信大学ソーシャルメディア配信  2016/07/25 
詳細表示...

所属学協会
日本化学会  1993-現在 
有機合成化学協会  1994-現在 
日本薬学会  1994-現在 
米国化学会  1999-現在 
電気化学会  2000-現在 
詳細表示...

会議・研究会等
日本化学会第5回関東支部会  現地実行委員  2011/08/30 
第5回有機電子移動化学討論会 若手の会  実行委員  2009/06/26 
第33回 有機電子移動化学討論会  実行委員  2009/06/25 
生物発光化学発光研究会 第26回学術講演会  実行委員  2009/06/06 
日本化学会春季年会(天然物化学部門)  プログラム編成委員  2009/03 
詳細表示...

委員会・審議会等
電気化学会 有機電気化学研究会  常任幹事  2008-現在 
電気化学会 有機電気化学研究会  幹事  2003-2008 
文部科学省 がん支援活動  がん支援活動の支援対象研究者(文部科学省)  2012-2016 
研究成果最適展開支援事業(科学技術振興機構)  専門委員  2010-2012 
電気化学会  関東支部幹事(電気化学会役員)  2010-2012 
詳細表示...

産学官連携・国際協力事業等
新技術の実用化  黒金化成株式会社、和光純薬工業株式会社  赤色発光材料  アカルミネ  2008-2011 
技術支援  マリーンバイオ株式会社  浄水技術の開発  2007/04-現在 
新技術の実用化  株式会社ネオテック  循環反応装置の開発  循環反応装置  2008-2011 
技術支援  株式会社 ケミコート  廃塗料の処理技術  2004-現在 
技術支援  株式会社クラッセ  排水処理技術  2005/11-現在 
詳細表示...

他大学等教育支援
夏季集中講義  経営実践特論  2014-現在 
非常勤講師  環境科学(青山学院女子短期大学)  2011/04-現在 
非常勤講師  生命産業R&D特論(筑波大学大学院)  2010/01-現在 
非常勤講師  天然物有機化学(東京農工大学)  2009/10-現在 
非常勤講師  自然科学実験(慶應義塾大学)  2009/04-現在 
詳細表示...

マスコミ取材
新聞  プレス発表(理化学研究所 和光)  「脳の深部を非侵襲的に観察できる人工生物発光システムAkaBLI」―霊長類動物にも適用可能,高次脳機能のリアルタイム可視化への応用-  2018/02/23 
その他  KIDSASHI:きざし(文部科学省 科学技術学術政策研究所発行)  「再生医療で臓器を作る」  2017/08/18 
新聞  読売新聞 ふしぎ科学館  「ホタルの光のひみつ」  2017/05/20 
新聞  日刊工業新聞   「ガン細胞光る 生きた豚で成功」  2017/02/20 
その他  NATURE METHODS  トケオニの技術が,NATURE METHODSのリサーチハイライト (NATURE METHODS | VOL.13 NO.8 | AUGUST 2016 | 615) に掲載された.  2016/08 
詳細表示...

社会貢献活動
研究成果の公開  第8回産学官連携推進会議 若手研究者による科学技術説明会発表者  2009-現在 
その他社会活動の実績  科学技術予測調査ワークショップ(文部科学省 科学技術政策研究所)  2008/03-2008/03  専門家が指名招集され「高齢社会における健康サービス産業の発展」に向けて産官学が取るべきアクションについて検討した。またアンケート調査の結果や専門家パネルでの討論内容に基づいて作成した試案の中から、特に「健康サービス産業の発展」について焦点を絞り、さらに試案を精査した。 
研究成果の公開  科学技術振興機構:テクニカルアイ  2008-現在 
その他社会活動の実績  電子会議室オフミーティング(文部科学省 科学技術政策研究所)  2008/03-2008/03  いわゆる「理科離れ」について、1月に行われた電子会議での論点を整理し、専門家が指名招集され合同討議を行った。また施策提言を行うべく、討議のまとめを行った。 
研究成果の公開  科学技術振興機構:サイエンスポータルサイト  2008-現在 
詳細表示...

学内委員会等
社会連携センター  運営委員  2017-現在 
カルフォルニア大学バークレー校との提携に関する協力  2015-2016 
脳ライフサポートセンター  運営委員  2015/04-現在 
産学連携センター運営委員会  委員  2012-現在 
スーパー連携大学院共同研究事業  委員  2012-現在 
詳細表示...