English
電気通信大学 
大学院情報理工学研究科、情報理工学域 
基盤理工学専攻、Ⅲ類(理工系) 

顔写真 助教 
牧 昌次郎 
マキ ショウジロウ 
SHOJIRO MAKI 

1966年生まれ  
Tel.042-443-5493  
Fax.042-486-1966  
 

経歴
Max Planck生物化学研究所  研究員  1992/11-1993/01 
日本学術振興会  特別研究員  1993/04-1994/03 
帝京大学薬学部  助手  1994/04-1996/09 
Max Planck生物化学研究所  客員研究員  1996/07-1996/08 
電気通信大学電気通信学部  助手  1996/10-現在 
Columbia大学化学科  博士研究員  1999/05-2000/01 

学歴
慶應義塾大学大学院  理工学研究科  化学専攻  博士  1994/03  修了 
慶應義塾大学大学院  理工学研究科  化学専攻  修士  1991/03  修了 
神奈川県立多摩高等学校  その他  1985/03/31  卒業 
慶應義塾大学  理工学部  化学科  1989/03  卒業 

学位
博士(理学)  慶應義塾大学  1994/03 

学内担当授業科目
2016  経営実践特論  前期  大学院共通(EC,IS)  博士前期・後期課程共通  教養科目 
2016  生体機能システム実験第一  前期  学部(昼間) 
2016  基礎科学実験B  後期  学部(昼間)  教養科目 
詳細表示...

学外担当授業科目
2007  応用生物科学特別講義  東京農工大学 
2008  化学  サレジオ工業高等専門学校 
2009  自然科学実験  慶應義塾大学 
2009  天然物有機化学  東京農工大学 
2009  生命産業R&D特論  筑波大学大学院 
詳細表示...

海外教育研究活動
国立成功大学(台湾) 客員教授  2007/10-現在  台湾 
山東大学薬学院 客員教授  2006/09-現在  中国 
Columbia大学博士研究員  1999-2000  アメリカ 
Max Planck生物化学研究所客員研究員  1996-1996  ドイツ 
Max Planck生物化学研究所研究員  1992-1993  ドイツ 
詳細表示...

現在の専門分野
生物分子化学 
生物分子化学 

現在の研究課題
ホタル生物発光をモデルとした、人工発光系の創製  生物発光 化学発光 
循環利用型高選択性触媒の開発  環境調和型 高選択性触媒 有機化学  2000/03-現在 
環境有害物質の分解・浄化技術の開発  有害化学物質 環境化学 分解・浄化技術 
生理活性物質の合成研究  生理活性物質 合成 電極反応  1998-現在 
生物発光系のバイオイメージングへの応用  生物発光 バイオイメージング  2002-現在 
生物発光系を分子基盤とする発光性・蛍光性新規機能性分子の開発  生物発光 機能性物質 発光性・蛍光性 
GABA拮統性セスキテルペノイド神経毒の活性発現の基盤研究  GABA 神経毒 生理活性 

共同・受託研究希望テーマ
ホタル生物発光のモデル化と材料化  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  共同研究 
希少疾病薬の開発  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  共同研究  希少疾病薬は,産官学で開発事例がとても少ない. リード化合物をお持ちで,構造活性相関の開発したいと思っておられる方ご相談下さい 
クリーンエネルギーを用いた環境化学物質の分解・浄化技術の開発  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  技術相談,受託研究,共同研究 
詳細表示...

著書
著書  ホタル生物発光を利用した長波長発光標識材料の創製  化学工業社  28-33  2015 
著書  がん研究読本3  牧 昌次郎他多数  がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動(文部科学省)  2014  URL 
著書  ユニーク&エキサイティングサイエンスII  牧 昌次郎 他多数  近代科学社  129-158  2013  978-4-7649-0453-8 
著書  たまの力  牧 昌次郎他 多数  多摩ブルー・グリーン倶楽部(けやき出版)  p. 36-39, p. 68-71, p. 72-75, p. 80-83, p. 84-87, p. 92-95, p. 108-111, p. 120-123, p. 184-187, p. 210-213.  2013  978-4-87751-508-9 
著書  International Workshop on Modern Science and Technology 2008<ISBN 978-4-921073-15-2>,  Shojiro A.Maki 他多数  Harbin Engineering University(China)  107-110  2008 
詳細表示...

論文
一般論文  有  “Development of luminescence-controllable firefly luciferin analogues by selective enzymatic cyclization of the thiazoline moiety”  共著  Shuji Ioka, Tsuyoshi Saitoh, Shojiro A. Maki, Masaya Imoto and Shigeru Nishiyama  Tetrahedron  作成中  2016 
一般論文  有  “Spectroscopic properties of amine-substituted analogues of firefly luciferin and oxyluciferin”  共著  Michio Kakiuchi, Soichiro Ito, Minoru Yamaji, Vadim R. Viviani, Shojiro Maki and Takashi Hirano  Photochemistry and Photobiology A: Chemistry  作成中  2016 
一般論文  有  “Spectroscopic properties of BF2 complexes of N-(5-phenyl-2-pyrazinyl) pivalamides exhibiting fluorescence in solution and solid state”  共著  Sojiro Hachiya, Daisuke Hashizume, Hiroshi Ikeda, Minoru Yamaji, Shojiro Maki, Haruki Niwa, Takashi Hirano  Photochemistry and Photobiology A: Chemistry  作成中  2016 
一般論文  有  “Multicolor bioluminescence obtained using firefly luciferin”  Masahiro Kiyama, Ryohei Saito, Satoshi Iwano, Rika Obata, Haruki Niwa, Shojiro Maki  Current Topics in Medicinal Chemistry  16 (24), 2648-2655  2016 
一般論文  有  “Enhanced brightness of 2,6-diphenylthiazolo[4,5-b]pyrazines by introducing double electron donating groups”  共著  Yoshihisa Suzuki, Minoru Yamaji, Shojiro Maki, Takashi Hirano  Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry,  準備中  2016 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  「近赤外生物発光材料の生体内イメージングにおける有用性」  農芸化学会2017年度大会  プログラム集  無  北田 昇雄,木山 正啓,齊藤 亮平,岩野 智,丹羽 治樹,平野 誉,牧 昌次郎  2017/03/17 
学会口頭発表  「in vivo イメージングに適した水溶性向上型新規ルシフェリンアナログの開発」  農芸化学会2017年度大会  講演要旨集  無  鉢呂 佳史,齊藤 亮平,木山 正啓,北田 昇雄,盛満 玲,小畠 りか,丹羽 治樹,牧 昌次郎  2017/03/16 
学会口頭発表  「ホタルルシフェリンアナログのアリル基導入による波長制御」  日本化学会第97回春季年会  講演要旨集  無  北田 昇雄,木山 正啓,齊藤 亮平,斉藤 毅,西山 繁,丹羽 治樹,平野 誉,牧 昌次郎  2017/03/16 
学会口頭発表  「ホタル生物発光系を利用したマルチカラー発光材料に関する研究」  日本化学会第97回春季年会  講演要旨集  無  東 翔子,齊藤亮平,盛満 玲,木山 正啓,北田 昇雄,平野 誉,牧 昌次郎  2017/03/16 
学会口頭発表  “Challenge to innovate the high water solubility NIR luciferin include nitrogen for in vivo imaging”  日本化学会第97回春季年会  講演要旨集  無  Rei Morimitsu,Masahiro Kiyama,Nobuo Kitada,Ryohei Saito,Shoko Higashi,Satoshi Iwano,Takashi Hirano,Shojiro A. Maki  2017/03/16 
詳細表示...

知的財産権
特許  改変型ルシフェラーゼおよびその利用  特願2016-165053  2016/08/25  出願 
特許  新規複素環式化合物及びその塩、並びに、発光基質組成物  特願2014-055457  2014/03/18  出願 
特許  「環化化合物の製造方法、及び、環化化合物を含有する溶液の発光方法」  特願2012-265382  2012/12/04  出願 
特許  「ルシフェラーゼの発光基質」  特願2012-049619  2012/03/06  出願 
特許  ルシフェラーゼの発光基質  特願2011-182224  2011/08/24  出願 
詳細表示...

受賞
平成23年度優秀教員賞(電気通信大学)  2012/01 
有機電子移動化学奨励賞  2005/06/17 
詳細表示...

研究員受入れ
国内  客員研究員  日本学術振興会特別研究員  学術振興会等  2016-2017 
国内  客員研究員  学術振興会等  2015-2016 
国内  客員研究員  JST  派遣元  2015-2016 
国内  ポスドク  日本  ホタル生物発光型インビボイメージング用発光材料の創製  学術振興会等  2014-現在 
国内  客員研究員  日本  標識材料の創製  学術振興会等  2012-2013 
詳細表示...

共同・受託研究実績
「質量分析計を活用した新しいアプリケーション開発についての可能性検討」  2016-現在  共同研究  国内共同研究 
ホタル生物発光型の長波長発光材料の創成と実用化  2013-2014  共同研究  国内共同研究 
新規生物活性物質の創成を指向した環境低負荷合成法の開発  2008-2010  共同研究  国内共同研究 
浄水化技術  2007-現在  共同研究  国内共同研究 
生体発光反応系に関する応用研究  2007-2007  共同研究  国内共同研究 
詳細表示...

公開講座・講演会等
「第 50 回光学五学会関西支部連合講演会」  2016/12/11  大阪 
子供と学ぶ実験講座  電気通信大学  2016/08/02 
電気通信大学ソーシャルメディア配信  2016/07/25 
第40回有機電子移動化学討論会若手の会  有機電子移動化学研究会  2016/06/24  新潟大学 
UEC e-Bulletin掲載  2016/06/15 
詳細表示...

所属学協会
日本化学会  1993-現在 
有機合成化学協会  1994-現在 
日本薬学会  1994-現在 
米国化学会  1999-現在 
電気化学会  2000-現在 
詳細表示...

会議・研究会等
日本化学会第5回関東支部会  現地実行委員  2011/08/30 
第5回有機電子移動化学討論会 若手の会  実行委員  2009/06/26 
第33回 有機電子移動化学討論会  実行委員  2009/06/25 
生物発光化学発光研究会 第26回学術講演会  実行委員  2009/06/06 
日本化学会春季年会(天然物化学部門)  プログラム編成委員  2009/03 
詳細表示...

委員会・審議会等
電気化学会 有機電気化学研究会  常任幹事  2008-現在 
電気化学会 有機電気化学研究会  幹事  2003-2008 
文部科学省 がん支援活動  がん支援活動の支援対象研究者(文部科学省)  2012-2016 
研究成果最適展開支援事業(科学技術振興機構)  専門委員  2010-2012 
電気化学会  関東支部幹事(電気化学会役員)  2010-2012 
詳細表示...

産学官連携・国際協力事業等
新技術の実用化  黒金化成株式会社、和光純薬工業株式会社  赤色発光材料  アカルミネ  2008-2011 
技術支援  マリーンバイオ株式会社  浄水技術の開発  2007/04-現在 
新技術の実用化  株式会社ネオテック  循環反応装置の開発  循環反応装置  2008-2011 
技術支援  株式会社 ケミコート  廃塗料の処理技術  2004-現在 
技術支援  株式会社クラッセ  排水処理技術  2005/11-現在 
詳細表示...

他大学等教育支援
夏季集中講義  経営実践特論  2014-現在 
非常勤講師  環境科学(青山学院女子短期大学)  2011/04-現在 
非常勤講師  生命産業R&D特論(筑波大学大学院)  2010/01-現在 
非常勤講師  天然物有機化学(東京農工大学)  2009/10-現在 
非常勤講師  自然科学実験(慶應義塾大学)  2009/04-現在 
詳細表示...

マスコミ取材
その他  NATURE METHODS  トケオニの技術が,NATURE METHODSのリサーチハイライト (NATURE METHODS | VOL.13 NO.8 | AUGUST 2016 | 615) に掲載された.  2016/08 
新聞  日経産業新聞  「発光基質40倍明るく」  2016/06/24 
新聞  化学工業日報  「近赤外発光基質を開発」  2016/06/15 
新聞  プレス発表  「体の深部を探る世界初の近赤外発光基質を開発」  2016/06/14 
新聞  日刊工業新聞  「生体深部観察用の発光試薬:大量合成を実現」  2016/03/08 
詳細表示...

社会貢献活動
研究成果の公開  第8回産学官連携推進会議 若手研究者による科学技術説明会発表者  2009-現在 
その他社会活動の実績  科学技術予測調査ワークショップ(文部科学省 科学技術政策研究所)  2008/03-2008/03  専門家が指名招集され「高齢社会における健康サービス産業の発展」に向けて産官学が取るべきアクションについて検討した。またアンケート調査の結果や専門家パネルでの討論内容に基づいて作成した試案の中から、特に「健康サービス産業の発展」について焦点を絞り、さらに試案を精査した。 
研究成果の公開  科学技術振興機構:テクニカルアイ  2008-現在 
その他社会活動の実績  電子会議室オフミーティング(文部科学省 科学技術政策研究所)  2008/03-2008/03  いわゆる「理科離れ」について、1月に行われた電子会議での論点を整理し、専門家が指名招集され合同討議を行った。また施策提言を行うべく、討議のまとめを行った。 
研究成果の公開  科学技術振興機構:サイエンスポータルサイト  2008-現在 
詳細表示...

学内委員会等
カルフォルニア大学バークレー校との提携に関する協力  2015-2016 
脳ライフサポートセンター  運営委員  2015/04-現在 
産学連携センター運営委員会  委員  2012-現在 
スーパー連携大学院共同研究事業  委員  2012-現在 
衛生管理者委員会  委員  2010-現在 
詳細表示...