Social activities
Number of published data : 21
No. Category Name of activity Activity period Summary
1 Publication of research results
第8回産学官連携推進会議 若手研究者による科学技術説明会発表者
2009-Present

2 Other social contributions
科学技術予測調査ワークショップ(文部科学省 科学技術政策研究所)
2008/03-2008/03
専門家が指名招集され「高齢社会における健康サービス産業の発展」に向けて産官学が取るべきアクションについて検討した。またアンケート調査の結果や専門家パネルでの討論内容に基づいて作成した試案の中から、特に「健康サービス産業の発展」について焦点を絞り、さらに試案を精査した。
3 Publication of research results
科学技術振興機構:テクニカルアイ
2008-Present

4 Other social contributions
電子会議室オフミーティング(文部科学省 科学技術政策研究所)
2008/03-2008/03
いわゆる「理科離れ」について、1月に行われた電子会議での論点を整理し、専門家が指名招集され合同討議を行った。また施策提言を行うべく、討議のまとめを行った。
5 Publication of research results
科学技術振興機構:サイエンスポータルサイト
2008-Present

6 Other social contributions
日本―フィンランド共同プロジェクト成果報告会~複数手法のインテグレーションによる新しい予測調査の試み~(文部科学省 科学技術政策研究所)
2008/12-2008/12
科学技術政策研究所とフィンランド科学技術庁は、新しい予測手法を開拓するために、テーマA:高齢社会の健康と暮らし、テーマB:情報伝達手段の融合と利用環境、テーマC:資源再利用による循環社会の3つのテーマをモデルとした共同プロジェクトを行なった。専門家としてテーマAのワークショップに参加している。本成果を科学技術政策への提言に繋げるべく招集され、取りまとめを行った。
7 Publication of research results
ナノテック2009 (国際ナノテクノロジー総合展・技術会議)
2009-Present

8 Publication of research results
イノベーション・ジャパン2008技術説明会講演者(JST)
2008-Present

9 Publication of research results
JST Innovation Bridge:学から産へのシーズ発表会 ~機能性材料に関する先端研究発表~ 講演者
2008-Present

10 Publication of research results
JST つなぐしくみ新技術説明会講演者
2008-Present

11 Other social contributions
がん支援活動の支援対象研究者(文部科学省)
2012-2014
がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動(新学術領域研究)の対象研究者として、ネットワークの研究集会等に参加するとともに、がん研究に資する研究課題を遂行
12 Other social contributions
アカルミネ文部科学省によるweb公開
2012/10-Present
概要:文部科学省 科学技術・学術政策局産業連携・地域支援課 大学技術移転推進室の「平成23年度大学等における産学連携等実施状況について」にて,アカルミネの実用化が文部科学省よりwebで公開された。
13 Publication of research results
科学技術振興機構新技術説明会
2011-Present

14 Publication of research results
サンプル・ジャパン2011
2011-Present

15 Publication of research results
イノベーションジャパン2010技術説明会講演者
2010-Present

16 Publication of research results
イノベーション・ジャパン2009技術説明会講演者(JST)
2009-Present

17 Publication of research results
電気通信大学 新技術説明会
2009-Present

18 Other social contributions
Roadmapping Converging Technologies To Combat Emerging Infecticus Diseases, APEC Center for Technology Foreseight, November 2008, <ISBN:978-981-08-1886-9>
2008/11-Present
APEC Center for Technology Foreseightより、APEC地域における感染症対策科学技術推進に関する報告書を作成した。
19 Publication of research results
オルガテクノ2007 (有機テクノロジー展/有機テクノロジー国際会議)講演者
2007-Present

20 Publication of research results
第一回 産と学との出合いの場:学から産へのシーズ発表会講演者
2007-Present

21 Other social contributions
大学発ベンチャー事業 
「後味臭を軽減した椎茸の栽培法と椎茸のブランド化」
(社)発明協会とキャンパスクリエイトの支援を得て推進中
2005-2005