English
電気通信大学 
大学院情報理工学研究科、情報理工学域 
共通教育部 

顔写真 教授 
狩野 豊 
カノウ ユタカ 
YUTAKA KANO 

1969年生まれ  
Tel.042-443-5586  
Fax.042-443-5590  
 
個人ウェブサイトはこちら  

経歴
電気通信大学  講師  1997/09-2005/03 
電気通信大学  助教授,准教授  2005/04/01-2012/03/31 
電気通信大学  教授  2012/04/01-現在 

学歴
前橋育英高等学校  1988/03/31  卒業 
群馬大学  教育学部  保健体育学科  1992/03  卒業 
筑波大学  体育研究科  コーチ学専攻  修士  1994/03  修了 
筑波大学  体育科学研究科  体育学専攻  博士  1997/03  修了 

学位
博士(体育科学)  筑波大学  1997/03 

学内担当授業科目
2020  健康・体力つくり実習(3,4クラス)  通年  学部(昼間) 
2020  健康・体力つくり実習(5, 6クラス)  通年  学部(昼間) 
2020  健康論(3,4クラス)  後期  学部(昼間) 
2020  健康論(5,6クラス)  後期  学部(昼間) 
2020  生涯スポーツ演習C  前期  学部(昼夜共通) 
詳細表示...

海外教育研究活動
文部科学省在外研究員 カンザス州立大学獣医学部  2003/06-2004/03  アメリカ 
詳細表示...

現在の専門分野
スポーツ科学 
環境生理学(含体力医学・栄養生理学) 

研究キーワード
骨格筋 
筋細胞損傷と再生 
毛細血管 
バイオイメージング 
イオン動態 
微小循環 
skeletal muscle 
muscle cell damage and regeneration 
bio-imaging 
ion dynamics 
microcirculation 

現在の研究課題
骨格筋におけるin vivoバイオイメージング  バイオイメージング  2008-現在 
筋機能とカルシウムイオンチャンネルの役割  イオンチャンネル  2008/01-現在 
酸素環境と骨格筋の適応  高圧高酸素 加圧トレーニング  2010/01-現在 

著書
著書  運動生理学20講:第2版  狩野 豊  朝倉書店  63-70  1999/04 
著書  加齢にともなう毛細血管形態の変化と持久性トレーニングの影響. 高齢者の生活機能増進法:地域システムと具体的ガイドライン  狩野 豊,松戸裕和,古川博崇,水田拓道  ナップ,東京  382-384  2000/12 
著書(辞書・辞典)  運動生理・生化学辞典  狩野 豊  大修館書店  2001 
著書  運動と循環:研究の現状と課題  狩野 豊  ナップ  60-69, 269-275  2001/10 
著書  新運動生理学  狩野 豊  真興貿易医書出版部  129-136  2001/12 
詳細表示...

論文
一般論文  有  Systemic NOS inhibition reduces contracting muscle oxygenation more in intact female than male rats.  共著  Tabuchi A, Craig JC, Hirai DM, Colburn TD, Kano Y, Poole DC, Musch TI.  Nitric Oxide.  100-101, 38-44  2020/08/01  10.1016/j.niox.2020.04.006 
一般論文  有  Sex differences in mitochondrial Ca2+ handling in mouse fast-twitch skeletal muscle in vivo.  共著  Daiki Watanabe, Koji Hatakeyama, Ryo Ikegami, Hiroaki Eshima, Kazuyoshi Yagishita, David Poole, and Yutaka Kano.  Journal of Applied Physiology  128/ 2, 241-251  2020/02/01 
一般論文  有  Three-dimensional Microscopic Imaging Through Scattering Media Based on In-Line Phase-Shift Digital Holography  共著  Shutaro Kodama, Manami Ohta, Kanami Ikeda, Yutaka Kano, Yoko Miyamoto, Wolfgang Osten, Mitsuo Takeda, Eriko Watanabe  Applied optics  58/ 34, G345-G345  2019/12/01  10.1364/AO.58.00G345 
一般論文  有  Effects of clenbuterol administration on mitochondrial morphology and its regulatory proteins in rat skeletal muscle.  Yu Kitaoka, Daiki Watanabe, Yudai Nonaka, Kazuyoshi Yagishita, Yutaka Kano, Daisuke Hoshino.  Physiological Reports  7/ 19, e14266-  2019/10/01  10.14814/phy2.14266 
一般論文  有  Skeletal muscle interstitial PO2 kinetics during recovery from contractions.  共著  Daniel Hirai, Jesse Craig, Trenton Colburn, Hiroaki Eshima, Yutaka Kano, Timothy Musch, and David Poole.  Journal of Applied Physiology  127/ 4, 930-939  2019/10/01  10.1152/japplphysiol.00297.2019 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  ラット骨格筋の温度低下が細胞内カルシウムイオン濃 度に及ぼす影響  第24回日本基礎理学療法学会学術大会  有  高木領, 池上諒, 田渕絢香, 田中嘉法, 狩野 豊  2019/11/30 
学会口頭発表  温熱刺激の負荷時間の違いが骨格筋形態に与える影響:細胞質内カルシウムイオン濃度に着目して  第24回日本基礎理学療法学会学術大会  有  池上諒, 中島敏明, 長谷川貴亮, 狩野豊  2019/11/30 
学会口頭発表  高気圧酸素曝露後における骨格筋の微小血管透過性:2光子レーザー走査型顕微鏡を用いたin vivoイメージング  第74回日本体力医学会  8/ 6  有  浅村知世, 下津里恵, 堀田一樹, 柳下和慶, 狩野豊  2019/09/19 
学会口頭発表  筋収縮による熱センサーチャネルTRPV1の不活性化と筋細胞内カルシウムイオン動態  第74回日本体力医学会  8/ 6  有  池上諒, 江島弘晃, 星野太佑, 狩野豊  2019/09/19 
学会口頭発表  ラット骨格筋における筋収縮時の筋細胞in vivo ATPイメージング  第74回日本体力医学会  8/ 6  有  熊雪冰, 馬込千帆, 今村博臣, 田中嘉法, 三浦進司, 狩野豊  2019/09/19 
詳細表示...

所属学協会
アメリカスポーツ医学会  1994-現在 
アメリカ生理学会  2000-現在 
日本体力医学会  1990-現在 
日本体育学会  1992-現在 
日本運動生理学会  1993-現在 
詳細表示...

会議・研究会等
第27回呼吸研究会  世話人,準備委員  2013/09/20 
第159回日本体力医学会関東地方会  当番幹事  2013/12/07 
詳細表示...

委員会・審議会等
日本運動生理学会  評議員  2005-現在 
トレーニング科学会  編集委員  2001-2003 
日本体力医学会  評議員  2000-現在 
日本体育学会  編集幹事  1998-2003 
詳細表示...

マスコミ取材
新聞  日本経済新聞  朝刊 25面 疲れにくく走る ミトコンドリアの秘密  2012/11/24 
新聞  読売新聞  読売新聞 朝刊 23面  2012/08/10 
新聞  朝日新聞 朝刊  マラソン「夢の記録」出るか  2012/04/21 
新聞  毎日新聞 大阪夕刊  マラソン:ケニア勢のスピード+精神力+日本の持久力  2011/04/23 
詳細表示...

学内委員会等
情報理工学部教育委員会  委員  2012/04-2016/03 
大学院情報理工学研究科教育委員会  委員  2012/04-2016/03 
大学教育センター  副センター長,教育課程部門長  2014/04-2016/03 
健康・スポーツ科学部会  共通教育部長(2014-16年度)  2003/04-現在 
ヒトを対象とする実験に関する倫理委員会  委員長 平成30年度より  2013/04-現在 
詳細表示...