English
電気通信大学 
大学院情報理工学研究科、情報理工学域 
共通教育部 

顔写真 教授 
狩野 豊 
カノウ ユタカ 
YUTAKA KANO 

1969年生まれ  
Tel.042-443-5586  
Fax.042-443-5590  
 
個人ウェブサイトはこちら  

経歴
電気通信大学  講師  1997/09-2005/03 
電気通信大学  助教授,准教授  2005/04/01-2012/03/31 
電気通信大学  教授  2012/04/01-現在 

学歴
前橋育英高等学校  1988/03/31  卒業 
群馬大学  教育学部  保健体育学科  1992/03  卒業 
筑波大学  体育研究科  コーチ学専攻  修士  1994/03  修了 
筑波大学  体育科学研究科  体育学専攻  博士  1997/03  修了 

学位
博士(体育科学)  筑波大学  1997/03 

学内担当授業科目
2021  健康・体力つくり実習(3,4クラス)  通年  学部(昼間) 
2021  健康・体力つくり実習(5, 6クラス)  通年  学部(昼間) 
2021  健康論(3,4クラス)  後期  学部(昼間) 
2021  健康論(5,6クラス)  後期  学部(昼間) 
2021  生涯スポーツ演習C  前期  学部(昼夜共通) 
詳細表示...

海外教育研究活動
文部科学省在外研究員 カンザス州立大学獣医学部  2003/06-2004/03  アメリカ 
詳細表示...

現在の専門分野
スポーツ科学 
環境生理学(含体力医学・栄養生理学) 

研究キーワード
骨格筋 
筋細胞損傷と再生 
毛細血管 
バイオイメージング 
イオン動態 
微小循環 
skeletal muscle 
muscle cell damage and regeneration 
bio-imaging 
ion dynamics 
microcirculation 

現在の研究課題
骨格筋におけるin vivoバイオイメージング  バイオイメージング  2008-現在 
筋機能とカルシウムイオンチャンネルの役割  イオンチャンネル  2008/01-現在 
酸素環境と骨格筋の適応  高圧高酸素 加圧トレーニング  2010/01-現在 

著書
著書  運動生理学20講:第2版  狩野 豊  朝倉書店  63-70  1999/04 
著書  加齢にともなう毛細血管形態の変化と持久性トレーニングの影響. 高齢者の生活機能増進法:地域システムと具体的ガイドライン  狩野 豊,松戸裕和,古川博崇,水田拓道  ナップ,東京  382-384  2000/12 
著書(辞書・辞典)  運動生理・生化学辞典  狩野 豊  大修館書店  2001 
著書  運動と循環:研究の現状と課題  狩野 豊  ナップ  60-69, 269-275  2001/10 
著書  新運動生理学  狩野 豊  真興貿易医書出版部  129-136  2001/12 
詳細表示...

論文
一般論文  有  Predominant cause of faster force recovery in females than males after intense eccentric contractions in mouse fast-twitch muscle.  共著  Daiki Watanabe, Ryo Ikegami, Yutaka Kano.  Journal of Physiology  in press  2021/08/08  10.1113/JP281927 
一般論文  有  In vivo cooling-induced intracellular Ca2+ elevation and tension in rat skeletal muscle.  共著  Ryo Takagi, Ayaka Tabuchi, David C Poole, Yutaka Kano.  Physiological Reports  9/ 13, e14921-e14921  2021/07/09  10.14814/phy2.14921 
一般論文  有  Vascular permeability of skeletal muscle microvessels in rat arterial ligation model: in vivo analysis using two-photon laser scanning microscopy.  共著  Shimotsu, Rie, Hotta, Kzuki, Ikegami, Ryo, Asamura, Tomoyo, Tabuchi, Ayaka, Masamoto, Kazuto, Yagishita, Kazuyoshi, Poole, David C., Kano, Yutaka.  American Journal of Physiology. Regulatory, Integrative and Comparative Physiology  320/ 6, R972-R983  2021/05/05  10.1152/ajpregu.00135.2020 
一般論文  有  Short-Term Calorie Restriction Maintains Plasma Insulin Concentrations along with a Reduction in Hepatic Insulin-Degrading Enzyme Levels in db/db Mice.  共著  Yudai Nonaka, Reo Takeda, Yutaka Kano and Daisuke Hoshino.  Nutrients  13/ 4, 1190-  2021/04/03  10.3390/nu13041190 
一般論文  有  Type I diabetes suppresses intracellular calcium ion increase normally evoked by heat stress in rat skeletal muscle.  共著  Ryo Ikegami, Hiroaki Eshima, Toshiaki Nakajima, Shigeru Toyoda, David C Poole, Yutaka Kano.  American Journal of Physiology. Regulatory, Integrative and Comparative Physiology  320/ 4, R384-R392  2021/04/01  10.1152/ajpregu.00168.2020 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  伸張性収縮の繰り返し効果における細胞内カルシウムイオン濃度  第75回日本体力医学会  9/ 6  有  菊池雄大,田渕絢香,高木領,狩野豊  2020/09/24 
学会口頭発表  持続的な筋収縮における細胞外高乳酸濃度環境の影響  第75回日本体力医学会  9/ 6  有  田中嘉法,狩野豊  2020/09/24 
学会口頭発表  運動誘発性の損傷骨格筋に特徴的な細胞内カルシウムイオン変動パターン  第75回日本体力医学会  9/ 6  有  田渕絢香,田中嘉法,高木領,白川英樹,狩野豊  2020/09/24 
学会口頭発表  伸張性収縮後のアイシングが筋線維内カルシウムイオン濃度と骨格筋機能に及ぼす影響  第75回日本体力医学会  9/ 6  有  髙木 領, 狩野 豊  2020/09/24 
学会口頭発表  ラット除神経モデルによる安静時の骨格筋カルシウムイオン変動  第75回日本体力医学会  9/ 6  有  出牛逸輝,池上諒,田渕絢香,狩野豊  2020/09/24 
詳細表示...

研究員受入れ
国内  客員研究員  明治安田厚生事業団 体力医学研究所  2020-現在 
国内  客員研究員  健康科学大学  2020-2021 
国内  ポスドク  2019-現在 
国内  ポスドク  学術振興会等  2018-2019 
国内  ポスドク  学術振興会等  2016-現在 
詳細表示...

公開講座・講演会等
静岡県立大学 食品栄養科学月例セミナー  静岡県立大学  2020/10/20  オンライン開催 
スマートテクノロジーフォーラム(STF)2020 人生100年時代に向けて~健康長寿社会に向けた医工連携技術~  一般社団法人目黒会  2020/09/30  オンライン開催 
サイエンスカフェChofu  電気通信大学,調布市 電気通信大学同窓会「目黒会」,調布市大学プラットフォーム  2020/01/18  東京都調布市 
平成30年度西三河高等学校保健体育研究会・講演会  愛知県教科教育研究連合会西三河地区  2018/05/09  愛知県刈谷市 
出張講義 東京都東洋高等学校  2017/11/08  東京都千代田区 
詳細表示...

所属学協会
アメリカスポーツ医学会  1994-現在 
アメリカ生理学会  2000-現在 
日本体力医学会  1990-現在 
日本体育学会  1992-現在 
日本運動生理学会  1993-現在 
詳細表示...

会議・研究会等
第27回呼吸研究会  世話人,準備委員  2013/09/20 
第159回日本体力医学会関東地方会  当番幹事  2013/12/07 
詳細表示...

委員会・審議会等
日本運動生理学会  評議員  2005-現在 
トレーニング科学会  編集委員  2001-2003 
日本体力医学会  評議員  2000-現在 
日本体育学会  編集幹事  1998-2003 
詳細表示...

マスコミ取材
新聞  日本経済新聞  朝刊 25面 疲れにくく走る ミトコンドリアの秘密  2012/11/24 
新聞  読売新聞  読売新聞 朝刊 23面  2012/08/10 
新聞  朝日新聞 朝刊  マラソン「夢の記録」出るか  2012/04/21 
新聞  毎日新聞 大阪夕刊  マラソン:ケニア勢のスピード+精神力+日本の持久力  2011/04/23 
詳細表示...

学内委員会等
脳・医工学研究センター  センター長 2019-2020年度  2019/04-現在 
ヒトを対象とする実験に関する倫理委員会  委員長 2018年度ー  2013/04-現在 
研究設備センター 動物実験支援部門  部門長  2019/04-現在 
大学教育センター教育課程部門  委員  2016/04-現在 
健康・スポーツ科学部会  部門長、共通教育部長(2014年度)  1997/09-現在 
詳細表示...