English
電気通信大学 
大学院情報理工学研究科、情報理工学域 
基盤理工学専攻、Ⅲ類(理工系) 

顔写真 准教授 
白川 英樹 
シラカワ ヒデキ 
HIDEKI SHIRAKAWA 

1965年生まれ  
個人ウェブサイトはこちら  

経歴
東京女子医科大学  助手  1991/04/01-2002/06/30 
東京女子医科大学  准講師  2002/07/01-2005/09/30 
電気通信大学 電気通信学部  助教授  2005/10/01-2007/03/31 
電気通信大学 電気通信学部  准教授  2007/04/01-2010/03/31 
電気通信大学大学院 情報理工学研究科  准教授  2010/04/01-現在 

学歴
私立武蔵高等学校  1984/03/31  卒業 
筑波大学  第二学群  生物学類  1989/03/31  卒業 
東京大学  理学系研究科  動物学  博士前期  1991/03/31  修了 

学位
理学修士  東京大学 
博士(医学)  東京女子医科大学 

学内担当授業科目
2021  細胞生物工学  前期  学部(昼間) 
2021  生体計測工学  前期  学部(昼間) 
2021  上級コンピュータ演習  前期  学部(昼間) 
2021  生体機能システム実験第二  後期  学部(昼間) 
2021  生体機能システム演習第二  後期  学部(昼間) 
詳細表示...

学外担当授業科目
2005  細胞機能と機能物質  東京女子医科大学 
2005  脳神経系I  東京女子医科大学 
2006  細胞機能と機能物質  東京女子医科大学 
2006  脳神経系I  東京女子医科大学 
2007  細胞機能と機能物質  東京女子医科大学 
詳細表示...

現在の専門分野
生物物理学 
細胞生物学 
生理学一般 

現在の研究課題
細胞内カルシウムダイナミクスの制御機構  カルシウムイオン、カルシウムイメージング  1991-現在 
多蛍光成分同時解析システムの開発  蛍光、スペクトル分離  2002-現在 
バイオイメージングのための新規蛍光性プローブの開発  蛍光タンパク質、バイオイメージング  2006-現在 
光遺伝学的手法による細胞内シグナル伝達の制御  オプトジェネティクス  2013-現在 

著書
著書  細胞内カルシウム実験プロトコール  白川英樹、宮崎俊一  羊土社  1996 
著書  電子顕微鏡基礎技術と応用~物質のナノ局在解析~  白川英樹、宮崎俊一  学際企画  1994 
著書  Biology of Germ Lines in Animals and Man  Miyazaki, S., Nakada, K., and Shirakawa, H.  Japan Scientific Societies Press  1993 
詳細表示...

論文
一般論文  有  Dual-FRET imaging of IP3 and Ca2+ revealed Ca2+-induced IP3 production maintains long lasting Ca2+ oscillations in fertilized mouse eggs  共著  Matsu-ura, T., Shirakawa, H., Suzuki, K.G.N., Miyamoto, A., Sugiura, K., Michikawa, T., Kusumi, A., Mikoshiba, K.  Scientific Reports  9/ 1, 4829-  2019/03/18 
一般論文  有  Ca2+ signaling in mammalian eggs at ferilization  共著  Shirakawa, H., Kikuchi, T., Ito, M.  Current Topics in Medicinal Chemistry  16/ 24, 2664-2676  2016 
一般論文  有  Ca2+ influx-dependent refilling of intracellular stores determines the frequency of Ca2+ oscillations in fertilized mouse eggs  共著  Takahashi, T., Kidokoro, Y., Kikuchi, T., Shirakawa, H.  Biochemical Biophysical Research Communications  430, 60-65  2013 
一般論文  有  Measurement of intracellular IP3 during Ca2+ oscillations in mouse eggs with GFP-based FRET probe  共著  Shirakawa, H., Ito, M., Sato, M., Umezawa, Y., and Miyazaki, S.  Biochemical Biophysical Research Communications  345, 781-788  2006 
一般論文  有  The role of EF-hand domains and C2 domain in regulation of enzymatic activity of phospholipase C-zeta  Kouchi, Z., Shikano, T., Nakamura, Y., Shirakawa, H., Fukami, K., and Miyazaki, S.  Journal of Biological Chemistry  280, 21015-21021  2005 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  Repetitive Ca2+ increases coordinate the reorganization of cortical actin cytoskeleton and meiotic resumption in mammalian eggs  第126回日本解剖学会第98回日本生理学会合同大会  71/ Suppl 1  無  Shirakawa, H., Kondo, K.  2021/03/30 
学会口頭発表  Luminal Ca2+ dynamics in the endoplasmic reticulum during Ca2+ oscillations in mouse eggs analyzed using a fluorescent probe with improved subcellular localization  第126回日本解剖学会第98回日本生理学会合同大会  71/ Suppl 1  無  Kikuchi, T., Yokoyama, T., Shirakawa, H.  2021/03/28 
学会口頭発表  Differential regulation of cortical actin cytoskeleton by intracellular calcium in mouse eggs  第97回日本生理学会  70/ Suppl 1  無  Shirakawa, H., Arakawa, S., Yoshida, T.  2020/03/18 
学会口頭発表  Improvement of genetically encoded probe to measure Ca2+ dynamics in subcellular compartments  The 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress  69/ Suppl. 1  無  Murooka, N., Kikuchi, T., Shirakawa, H.  2019/03/30 
学会口頭発表  Calcium-dependent regulation of cortical actin filaments in mouse eggs  The 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress  69/ Suppl. 1  無  Arakawa, S., Yoshida, T., Shirakawa, H.  2019/03/29 
詳細表示...

所属学協会
日本動物学会  2007/05-現在 
Biophysical Society(アメリカ)  2004/10/01-現在 
日本生物物理学会  1994-現在 
日本発生生物学会  1993-現在 
日本生理学会  1992-現在 
詳細表示...

委員会・審議会等
日本生理学会  評議員  2000-現在 
詳細表示...

学内委員会等
遺伝子組換え実験安全委員会  委員  2013/04-現在 
動物実験委員会  委員  2009/05-現在 
詳細表示...