日本語
The University of Electro-Communications 
Graduate School of Informatics and Engineering, School of Informatics and Engineering 
"Department of Informatics, Cluster I (Informatics and Computer Engineering)" 

顔写真 Professor 
KEIKI TAKADAMA 

Personal website  

Career
All Nippon Airlways (ANA)  1995/04/01-1995/09/30 
Advanced Telecommunications Research Institute International (ATR)  Researcher  1998/10/01-2002/03/31 
Tokyo Institute of Technology  Lecturer  2002/04/01-2006/04/30 
The University of Electro-Communications  Associate Proffesor  2006/05/01-2010/03/31 
The University of Electro-Communications  Associate Professor  2010/04/01-2011/04/30 
The University of Electro-Communications  Professor  2011/05/01-Present 

Academic background
Osaka Ibaraki High School  1989/03/31  Graduated 
Kyoto University  Graduate school of Engineering  応用システム科学専攻  Master's program  1995/03  Completed 
The University of Tokyo  Faculty of Engineering  Advanced Science and Technology  Doctoral program  1998/09  Completed 

Academic degrees
Ph.D. in Engineering  The University of Tokyo.  1998/09 

Outlines of current research
計算機の中で知的なエージェントが複数動いていることを想像してみましょう.何か起こりそうな気がしませんか? 高玉研究室では,複数のエージェントの相互作用から生まれる不思議な創発現象(例えば,3人寄れば文殊の知恵など)やその謎を解き明かす研究をしています.具体的には,「マルチエージェントシステム」という工学的応用と「社会シミュレーション」という社会科学的な展開を行っています.最近の研究事例としては,災害時の舟運輸送計画,宇宙輸送機の荷物配置最適化,複数ロボットの宇宙太陽発電衛星の組み立て,社会シミュレーションの妥当性検証,エージェントとの交渉による人材育成など幅広く取り組んでいます. 

Classes responsible within the university
2020  コンピュータリテラシー  Spring semester  Undergraduate, daytime 
2020  マルチエージェントシステム特論  Spring semester  Graduate, IE  Master's and doctoral programs 
2020  メディア情報学プログラミング演習  Fall semester  Undergraduate, daytime 
2020  進化計算論  Fall semester  Undergraduate, daytime 
View details...

Classes responsible in other universities
2000  自律協調システム  会津大学 コンピュータ理工学部 
2001  自律協調システム  会津大学 コンピュータ理工学部 
2002  自律協調システム  会津大学 コンピュータ理工学部 
2003  自律協調システム  会津大学 コンピュータ理工学部 
2004  頃津協調システム  会津大学 コンピュータ理工学部 
View details...

Current research areas
Intelligent informatics 

Research keywords
知能情報学 
人工知能 
計算機科学 
Intelligent Informatic 
Artificial intelligence 
Computer Science 

Current research subjects
Validation in Agent-based Social Simulation  Multiagent System, Reinforcement Learning, Social Simulation  2002-Present 
Autonomous Space Systems and Intelligent Ground Operation Systems  Space Systems, Autonomy, Intelligent Ground Operation  2003-Present 

Published books
Book  Formalizing Model-based Multi-Objective Reinforcement Learning with a Reward Occurrence Probability Vector  Yamaguchi, T., Kawabuchi, Y., Takahashi, S., Ichikawa, Y., and Takadama, K.  Handbook of Research on New Investigations in Artificial Life, AI, and Machine Learning, IGI Global  299-330  2022 
Book  Design of Human-Agent-Group Interaction for Correct Opinion Sharing on Social Media.  Uwano, F., Yamane, D., Takadama, K.  Lecture Notes in Computer Science, Vol. 13305, Part I, Springer-Verlag  146-165  2022/06/28  978-3-031-06424-1-12 
Book  Applications of Evolutionary Computation.  Shiraishi, H., Hayamizu, Y., Nakari, I.,Sato, H., and Takadama, K.  Lecture Notes in Computer Science, Vol. 13224, Springer-Verlag  352-368  2022/04/21 
Book  Analyzing Early Stage of Forming a Consensus from Viewpoint of Majority/Minority Decision in Online-Barnga  Maekawa, Y., Tomohiro, Y., and Takadama, K.  Human Interface and the Management of Information, Vol. 12766, Part Ⅱ Lecture Notes in Computer Science, Springer-Verlag  269-285  2021/07/29 
Book  Generating Duplex Routes for Robust Bus Transport Network by Improved Multi-objective Evolutionary Algorithm Based on Decomposition  Kajihara, S., Sato, H., and Takadama, K.  Applications of Evolutionary Computation, Vol. 12694 Lecture Notes in Computer Science, Springer-Verlag  65-80  2021/04/09 
View details...

Published papers
Paper  Yes  Benefit Balancing between Japan Departure Flights and Overflights in the North Pacific Route System.  Joint  Murata, A., Takadama, K., Toratani, D., Hirabayashi, H., Brown, M.  Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences  20, 41-48  2022  10.2322/tastj.20.41 
Paper  Yes  マルコフ連鎖に基づく局所解ネットワークと(1+1)-EAの性能予測  Joint  田中 彰一郎,古谷 博史,日和 悟,廣安 知之,高玉 圭樹,佐藤 寛之  進化計算学会論文誌  13/ 1, 40-52  2022 
Paper  Yes  航空機着陸問題における混雑時に対応するクラスタリングを用いた分割反復最適化手法  Joint  村田 暁紀, 佐藤 寛之, 高玉 圭樹, デライエ ダニエル  電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)  142/ 2, 198-205  2022 
Paper  Yes  実ロボット適用に向けた複数局所解探索のための複数群間移動に基づく群知能最適化  Joint  前川 裕介, 河野 航大, 梶原 奨, 福本 有季子, 佐藤 寛之, 高玉 圭樹  進化計算学会論文誌  12/ 3, 125-136  2021  10.11394/tjpnsec.12.125 
Paper  Yes  推定パレートフロントに基づいて重みベクトル群を配置する多目的進化アルゴリズム  Joint  高木 智章, 高玉 圭樹, 佐藤 寛之  進化計算学会論文誌  12/ 2, 45-60  2021  10.11394/tjpnsec.12.45 
View details...

Research presentations
Oral presentation for an academic conference  大脳新皮質学習における適応的なシナプス調整と予測値デコードの効果  計測自動制御学会,システム・情報部門 学術講演会 2022 (SSI2021)  to appear  Yes  藤野 和志,青木 健,高玉 圭樹,佐藤 寛之  2022/11/25 
Oral presentation for an academic conference  大脳新皮質学習における抑制性セルの導入と効果  計測自動制御学会,システム・情報部門 学術講演会 2022 (SSI2021)  to appear  Yes  後藤 祐希,青木 健,高玉 圭樹,佐藤 寛之  2022/11/25 
Oral presentation for an academic conference  大脳新皮質学習アルゴリズムにおけるシナプスの適応配置とカラムに基づくデコーダの協調  計測自動制御学会,システム・情報部門 学術講演会 2022 (SSI2021)  to appear  Yes  青木 健,高玉 圭樹,佐藤 寛之  2022/11/25 
Oral presentation for an academic conference  二個体協調における自由度に基づくマルチエージェント逆強化学習  計測自動制御学会,システム・情報部門 学術講演会 2022 (SSI2021)  to appear  Yes  植木駿介,亀谷 長太,戸板 佳祐,中理 怡恒,佐藤 寛之,高玉 圭樹  2022/11/25 
Oral presentation for an academic conference  階層型メタ強化学習におけるサブポリシーの獲得と状態マッピングによる未学習領域への適応  計測自動制御学会,システム・情報部門 学術講演会 2022 (SSI2021)  to appear  Yes  加藤 駿,中理 怡恒,高玉 圭樹  2022/11/25 
View details...

Intellectual property rights
Patent  睡眠段階推定システム、睡眠段階推定方法およびプログラム  特願2022-034655  2022/03/07  Filed 
Patent  覚醒とNon-REM睡眠の影響を除去した体動の出現頻度に基づく非拘束型REM睡眠推定  US仮出願: 63/316,421  2022/03/04  Filed 
Patent  環境制御内容決定装置及び環境制御内容決定方法  特願2022-008305  2022/01/21  Filed 
Patent  誤分類出力検知・訂正システム、誤分類出力検知・訂正方法及びプログラム  2021-205164  2021/12/17  Filed 
Patent  睡眠段階推定システム、睡眠段階推定方法およびプログラム  特願2021-187955  2021/11/18  Filed 
View details...

Awards
Technical Award 2nd prize  A Rocket Launch for International Student Satellites CanSat (ARLISS) 2022  2022/09/28 
Best Paper Awards, EML Track, Genetic and Evolutionary Computation Conference (GECCO 2022)  2022/09/13 
優秀論文賞  他エージェントの不確実性にロバストな経路獲得に向けたマルチエージェント逆強化学習  2021/11/22 
Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics (JACIII) Best Paper Award  Self-Structured Cortical Learning Algorithm by Dynamically Adjusting Columns and Cell  2021/10/07 
インテリジェント・システム・シンポジウム (FAN 2021) プレゼンテーション賞  多目的意思決定を支援する有向パレートフロントの推定  2021/09/23 
View details...

Researcher accepted
Overseas  Invited researcher  イタリア  Politecnico di Milano, Dep. of Electronics and Information  Exploring the next generation Learning Classifier System and its development  Japan Society for the Promotion of Science, etc.  2008-2008 
View details...

Grants-in-aid for scientific research
睡眠時と日中の生体振動データに基づく無拘束型睡眠時無呼吸症候群判定  Challenging Research (Exploratory)  2022/07-2024/03 
継続的な生体・行動データに基づく認知症の初期症状検出と進行予防支援システム  "Scientific research (A), general"  2022/04/01-2027/03/31 
解集合アグリゲーションによる多目的進化計算  "Scientific research (B), development"  2022/04/01-2026/03/31 
睡眠段階の覚醒に着目した無拘束型睡眠時無呼吸症候群判定  Challenging exploratory research  2020/07-2022/03 
日常生活行動オントロジーに基づく高齢者の自立度評価システム  "Scientific research (B), general"  2020/04-2022/03 
View details...

External fund
The Next Generation Asynchronous Evolutionary Computation and its Applications  Other grants  日本学術振興  外国人招聘研究者(短期)  2018/07/14-2018/07/28 
年齢を考慮した無拘束型睡眠段階推定手法の開発と応用  Other grants  JST  研究助成  2011-2012 
学習進化機能に基づくスパイラル・ケアサポートシステム  Other grants  JST  研究助成  2009-2012 
耐ビット反転とプログラム進化を可能にする宇宙機用CPUの開発と応用  Other grants  JST  研究助成  2007-2007 
View details...

Past records of joint or funded research
スマートフォンおよびアクチグラフを用いた簡易睡眠段階推定法の確立  2022-2023  Joint research  Domestic joint research 
日中の仮眠 (20~30分) における最適温熱制御(2021年度)  2021-2022  Joint research  Domestic joint research 
ベッドセンサから得られるバイタルデータの解析方法の共同開発 (2021年度)  2021-2022  Joint research  Domestic joint research 
リアルタイム睡眠深度測定による仮眠空間制御(2020年度)  2020-2021  Joint research  Domestic joint research 
介護施設向け見守りビックデータ利活用システム(2019年度)  2019-2020  Joint research  Domestic joint research 
View details...

Public lectures
寄生虫学組織工学プログラム講座  奈良県立医科大学  2004 
研修会  日清オイリオ株式会社  2003 
第13回磯子ロータリクラブ  磯子ロータリクラブ  2003  神奈川県横浜市磯子 
海上技術安全研究所 海洋リスク評価系、知識・データシステム系講演会  海上技術安全研究所  2021/02/26 
創発現象を工学に結びつけることはできるか? -マルチエージェントシステムからの可能性  計測自動制御学会,第57回自動制御連合講演会  2014/11 
View details...

Memberships of academic societies
電子情報通信学会  2010/04-Present 
University Space Engineering Consortium  2003/04-Present 
The Japan Society for Aeronautical and Space Sciencers  2003/04-Present 
Japan Association of Simulation and Gaming  2002/04-Present 
The Japan Association for Social and Economic Systems Studies  2001/10-Present 
View details...

Involvement in conference and research meetings
AAAI 2022 Spring Symposium  Co-chair  2022 
計測自動制御学会,システム・情報部門 学術講演会 2021 (SSI2021)  Co-Organizer  2021/11/22 
Organized Session, 計測自動制御学会,システム・情報部門 学術講演会  Co-Organizer  2019 
Organized Session, 計測自動制御学会,システム・情報部門 学術講演会  Co-Organizer  2019 
AAAI 2019 Spring Symposium  Co-chair  2019/03 
View details...

Committee or council involvement
計測自動制御学会,システム・情報部門,境界と関係性を視座とするシステム学調査研究会  委員・発起人  2021-Present 
人工知能学会  代議員  2021/06/01-2023/05/31 
調布飛行場  調布飛行場運用管理システムの設計・開発等業務委託技術審査委員  2021/04/01-2022/03/31 
計測自動制御学会,システム・情報部門 学術講 演会 2020 (SSI2020)  Co-Organizer  2020-Present 
General Chair, Genetic and Evolutionary Computation Conference(GECCO 2018)  Chair  2016/10-2018/07 
View details...

Industry-academia-government collaboration activities
Technological support  JAXA  人工衛星のクレータマッチングによる自己位置推定  2016/08-Present 
Technological support  ヤマハ(株)  快眠音クラスタリングソフトウェア  2016/07-Present 
Technological support  ヤマハ(株)  タニタ測定器からの無線型睡眠段階推定ソフトウェア(データ取得プログラムと睡眠段階推定プログラム)  2015/07-Present 
Technological support  ヤマハ(株)  睡眠段階推定ソフトウェア(特許関連あり) Ver. 2  2015/05-Present 
Technological support  ヤマハ(株)  睡眠周期自動判定ソフトウェア  2015/03-Present 
View details...

Media coverage
Other  フューチャインク  国際福祉機器展(東京ビッグサイト青海展示会場)11/10-12,2021 ホスペックスジャパン(東京ビッグサイト西展示場)11/24-26, 2021  2022/11 
Newspaper  ブレインスリープ  睡眠医学を基に開発、高性能な解析で睡眠をパーソナライズ化,睡眠計測ウェアラブルデバイス「ブレインスリープ コイン」発売  2022/10/05 
Other  ダイキン  ダイキングループ サステナビリティレポート2022  2022/07/15 
Newspaper  日経産業新聞  高齢者の健康,そっと見守る:電通大や東大,センター応用  2022/05/18 
Other  ダイキン  30分の睡眠で脳の記憶力と処理速度の改善効果が得られる室内の温熱制御を確認実際のオフィス環境での有用性を検証する実証実験を『point 0 marunouchi』で開始  2022/01/25 
View details...

Social activities
Academic journal activities  Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics  2009-Present  Editorial Board 
Academic journal activities  Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics  2009-Present  Guest Editor 
Other social contributions  Jaxa:宇宙航空研究開発機構が金星に打上げる人工衛星プタネットCに、髙玉研究室開発「小型人工衛星搭載用基板」が採用決定  2009-2009 
Publication of research results  シーズ発掘試験研究「耐ビット反転とプログラム進化を可能にする宇宙機用CPUの開発と応用」  2006-2007 
Academic journal activities  Pacific Asian Association for Agent-Based Approach in Social Systems Sciences:PAAA  2004-2009  Board Member 
View details...

Committee activity in the University
安全・衛生委員会  2022/04-Present 
JST次世代研究者挑戦的研究プログラム  広報担当  2021/09-Present 
I類代議員会  I類代議員  2021/04-Present 
     建物管理責任者(西6号館)  2021/04-Present 
     プログラム長 (メディア情報学)  2021/04-2022/03 
View details...