English
電気通信大学 
大学院情報理工学研究科、情報理工学域 
情報学専攻、Ⅰ類 (情報系) 

顔写真 教授 
髙玉 圭樹 
タカダマ ケイキ 
KEIKI TAKADAMA 

個人ウェブサイトはこちら  

経歴
全日本空輸株式会社 情報システム本部 システム推進部  1995/04/01-1995/09/30 
(株)国際電気通信基礎技術研究所  研究員  1998/10/01-2002/03/31 
東京工業大学 大学院総合理工学研究科 知能システム科学専攻  講師  2002/04/01-2006/04/30 
電気通信大学 電気通信学部 人間コミュニケーション学科  准教授  2006/05/01-2010/03/31 
電気通信大学 大学院情報理工学研究科 総合情報学専攻  准教授  2010/04/01-2011/04/30 
電気通信大学 大学院情報理工学研究科 総合情報学専攻  教授  2011/05/01-現在 

学歴
大阪府立茨木高校  1989/03/31  卒業 
京都大学  工学研究科  応用システム科学専攻  博士前期  1995/03  修了 
東京大学  工学系研究科  先端学際工学  博士後期  1998/09  修了 

学位
博士(工学)  東京大学  1998/09 

研究概要
計算機の中で知的なエージェントが複数動いていることを想像してみましょう.何か起こりそうな気がしませんか? 高玉研究室では,複数のエージェントの相互作用から生まれる不思議な創発現象(例えば,3人寄れば文殊の知恵など)やその謎を解き明かす研究をしています.具体的には,「マルチエージェントシステム」という工学的応用と「社会シミュレーション」という社会科学的な展開を行っています.最近の研究事例としては,災害時の舟運輸送計画,宇宙輸送機の荷物配置最適化,複数ロボットの宇宙太陽発電衛星の組み立て,社会シミュレーションの妥当性検証,エージェントとの交渉による人材育成など幅広く取り組んでいます. 

学内担当授業科目
2014  コンピュータリテラシー情報基盤センター  前期  学部(昼間) 
2014  大学院技術英語  前期  大学院共通(IE,IS) 
2014  総合情報学専攻基礎  前期  大学院(IE) 
詳細表示...

学外担当授業科目
2000  自律協調システム  会津大学 コンピュータ理工学部 
2001  自律協調システム  会津大学 コンピュータ理工学部 
2002  自律協調システム  会津大学 コンピュータ理工学部 
2003  自律協調システム  会津大学 コンピュータ理工学部 
2004  頃津協調システム  会津大学 コンピュータ理工学部 
詳細表示...

現在の専門分野
知能情報学 

研究キーワード
知能情報学 
人工知能 
計算機科学 
Intelligent Informatic 
Artificial intelligence 
Computer Science 

現在の研究課題
エージェントに基づく社会シミュレーションの妥当性検証  マルチエージェントシステム、強化学習、社会シミュレーション  2002-現在 
宇宙機システムにおける自律化と知的運用システムの構築  宇宙機、自律化、知的運用  2003-現在 

著書
著書  Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics Vol. 21, No. 5  2017 
著書  Designing the learning goal space for human toward acquiring a creative learning skill  Okudo, T., Takadama, K., and Yamaguchi, T.  Springer--Verlag  2017/07/12 
著書  Towards Adaptive Aircraft Landing Order with Aircraft Routes Partially Fixed by Air Traffic controllers as Human Intervention,  Murata, A., Sato, H., and Takadama, K.  Springer--Verlag  2017/07/12 
著書  Crater Detection Method using Principle Component Analysis and Its Evaluation,  Takino, T., Nomura, I., Irie, J., Nagata, S., Kamata, H.,Takadama, K., Fukuda, S., Sawai, S., and Sakai, S.  Post-proceeding of The 30th International Symposium on Space Technology and Science: ISTS2015  2016 
著書  Communication-less Cooperative Q-learning Agents in Maze Problem,  Uwano, F. and Takadama, K.  Springer--Verlag  453--467  2016/11/17 
詳細表示...

論文
一般論文  有  Multi-Agent Cooperation Based on Reinforcement Learning with Internal Reward in Maze Problem,  共著  Uwano, F., Tatebe, N., Nakata, M., Tajima, Y., Kovacs, T., and Takadama, K.:  SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration (JCMSI)  to appear  2017 
一般論文  有  Deployment of Wireless Mesh Network Using RSSI-Based Swarm Robots:Passing Narrow Corridor by Movement Function along Walls,  共著  Hattori, K., Tatebe, N., Kagawa, T., Owada, Y., Shan, L., and Temma, K., Hamaguchi, K., and Takadama, K.  Journal Artificial Life and Robotics  to appear  2016 
一般論文  有  Evolutionary Multi-Objective Route and Fleet Assignment Optimization for Regular and Non-Regular Flight,  共著  Takadama, K., Jinba, T., Harada, T., Sato, H.  International Journal of Automation and Logistics (IJAL)  2/ 1/2, 122-152  2016  10.1504/IJAL.2016.074924 
一般論文  有  Awareness based recommendation - passively interactive learning system  共著  Yamaguchi, T., Nishimura, T., and Takadama, K.  International Journal of Robotics Applications and Technologies (IJRAT)  Vol.4/ issue 1, 83-99  2016  10.4018/IJRAT.2016010105 
一般論文  有  Multi-agent based Bus Route Optimization for Restricting Passenger Traffic Bottlenecks in Disaster Situations,  共著  Morimoto, S., Jinba, T., Kitagawa, H., Takadama, K., Majima, T., Watanabe, D., and Katuhara, M.  International Journal of Automation and Logistics (IJAL)  2/ 1/2, 153-177  2016  10.1504/IJAL.2016.074936 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  A Study of Self-Adaptive Semi-Asynchronous Evolutionary Algorithm on Multi-Objective Optimization Problem,  Workshop on Parallel and Distributed Evolutionary Inspired Method,in Genetic and Evolutionary Computation Conference (GECCO 2017)  to appear  有  Harada, T. and Takadama, K.  2017/07/17 
学会口頭発表  An Improved MOEA/D Utilizing Variation Angles for Multi-Objective Optimization,  Genetic and Evolutionary Computation Conference (GECCO 2017)  to appear  有  Sato, H., Miyakawa, M., and Takadama K.  2017/07/17 
学会口頭発表  Automatic Adjustment of Selection Pressure based on Range of Reward in Learning Classifier System,  Genetic and Evolutionary Computation Conference (GECCO 2017)  to appear  有  Tatsumi, T., Sato, H., and Takadama, K.  2017/07/17 
学会口頭発表  Theoretical XCS Parameter Settings of Learning Accurate Classifiers,  Genetic and Evolutionary Computation Conference (GECCO 2017)  to appear  有  Nakata, M., Browne, W., Hamagami, T., and Takadama, K.  2017/07/17 
学会口頭発表  `The Robust Spacecraft Location Estimation Algorithm Toward The Misdetection Crater and The Undetected Crater in SLIM,  The 31th International Symposium on Space Technology and Science (ISTS2017)  無し  有  Ishii, H., Murata, A., Uwano, F., Tatsumi, T., Umenai, Y., Matsumoto, K., Takadama, K., Kamata, H., Ishida, T., Fukuda S., Sawai, S., and Sakai, S.  2017/06/07 
詳細表示...

知的財産権
特許  心拍数変化と機械学習によるREM推定技術  心拍数変化と機械学習によるREM推定技術  2017/03/10  出願 
特許  覚醒と浅睡眠に着目した無拘束型睡眠段階推定  特願2017-066200  2017/03/10  出願 
特許  睡眠段階判定方法,睡眠段階判定装置,及び睡眠段階判定プログラム  特願2016-054723  2016/03/18  出願 
特許  睡眠段階推定装置,生体データ推定装置,睡眠段階推定方法,生体データ 推定方法,睡眠段階推定プログラムおよび生体データ推定プログラム  PCT/JP2016/050831(出願番号)  2016/03/14  出願 
特許  歩行評価方法及び歩行評価装置  特願2015-058177  2015/03/20  出願 
詳細表示...

受賞
2016 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP2016), Student Paper Award  2016 
計測自動制御学会 システム・情報部門 論文賞  2016 
口頭発表賞第1位,ポスター賞第2位  2016/12/11 
計測自動制御学会,システム・情報部門 学術講演会 2016 学術奨励賞  2016/12/08 
計測自動制御学会,システム・情報部門 学術講演会 2016 最優秀発表賞  2016/12/08 
詳細表示...

研究員受入れ
国外  招聘研究員  イタリア  Politecnico di Milano, Dep. of Electronics and Information  Exploring the next generation Learning Classifier System and its development  学術振興会等  2008-2008 
詳細表示...

科学研究費助成事業
無負荷センサ統合による見守りシステムの構築法  基盤研究(B)一般  2017/04/30-2020/03/31 
ビット反転を用いた宇宙機コンピュータシステム強化:プログラム進化による持続可能性  その他  2016/07/19-2018/03/31 
継続的強化学習エージェントとコーチ役による自律学習システムの設計  基盤研究(B)一般  2016/04/01-2018/03/31 
災害時救援物資輸送ネットワークシステムのボトルネック解析  基盤研究(B)一般  2016/04/01-2018/03/31 
詳細表示...

外部資金
年齢を考慮した無拘束型睡眠段階推定手法の開発と応用  その他助成金  JST  研究助成  2011-2012 
学習進化機能に基づくスパイラル・ケアサポートシステム  その他助成金  JST  研究助成  2009-2012 
耐ビット反転とプログラム進化を可能にする宇宙機用CPUの開発と応用  その他助成金  JST  研究助成  2007-2007 
詳細表示...

共同・受託研究実績
生体情報に連動した音が睡眠に及ぼす影響に関する研究  2016-2017  共同研究  国内共同研究 
生活習慣改善指導システムに関する研究  2016-2017  共同研究  国内共同研究 
QOL向上を目指したビッグデータ基盤技術創生  2015-2016  共同研究  学内共同研究 
生活習慣改善指導システムに関する研究  2015-2016  共同研究  国内共同研究 
生体情報に連動した音が睡眠に及ぼす影響に関する研究  2015-2016  共同研究  国内共同研究 
詳細表示...

公開講座・講演会等
寄生虫学組織工学プログラム講座  奈良県立医科大学  2004 
研修会  日清オイリオ株式会社  2003 
第13回磯子ロータリクラブ  磯子ロータリクラブ  2003  神奈川県横浜市磯子 
創発現象を工学に結びつけることはできるか? -マルチエージェントシステムからの可能性  計測自動制御学会,第57回自動制御連合講演会  2014/11 
介護福祉施設における快眠支援の取り組みについて  情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)  2014/07/30 
詳細表示...

所属学協会
電子情報通信学会  2010/04-現在 
大学宇宙コンソーシアム  2003/04-現在 
日本航空宇宙学会  2003/04-現在 
日本シミュレーション&ゲーミング学会  2002/04-現在 
社会・経済システム学会  2001/10-現在 
詳細表示...

会議・研究会等
The International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics: SWARM  プログラム委員  2017 
International Workshop on Multi-Agent Based Simulation:MABS  Co-Chair  2017 
International Workshop on Multi-Agent Based Simulation: MABS  プログラム委員  2016 
The International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics: SWARM  プログラム委員  2016 
International Symposium on Distributed Autonomous Robotic Systems: DARS  プログラム委員  2016 
詳細表示...

委員会・審議会等
New Directions in Evolutionary Machine Learning, IEEE Congress on Evolutionary Computation 2015 (CEC2015)  Organizer  2015/05/25-2015/05/28 
Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems: IES2014  プログラム委員  2014-現在 
情報処理学会,情報環境領域,高齢社会デザイン研究会  委員・発起人  2014-現在 
The Asia-Pacific Workshop on Intelligent and Evolutionary Systems: IES2014  プログラム委員  2014-現在 
Bio-inspired Information and Communications Technologies: 2014: BICT2014  プログラム委員  2014-現在 
詳細表示...

産学官連携・国際協力事業等
技術支援  JAXA  人工衛星のクレータマッチングによる自己位置推定  2016/08-現在 
技術支援  ヤマハ(株)  快眠音クラスタリングソフトウェア  2016/07-現在 
技術支援  ヤマハ(株)  タニタ測定器からの無線型睡眠段階推定ソフトウェア(データ取得プログラムと睡眠段階推定プログラム)  2015/07-現在 
技術支援  ヤマハ(株)  睡眠段階推定ソフトウェア(特許関連あり) Ver. 2  2015/05-現在 
技術支援  ヤマハ(株)  睡眠周期自動判定ソフトウェア  2015/03-現在 
詳細表示...

マスコミ取材
テレビ  NHK  サイエンスZERO 「祝・打ち上げ成功!新型ロケットイプシロンエージェント」  2013/09/29 
新聞  読売新聞  見出し「宇宙で6大学対抗戦」 今年5月に打上げられる金星探査機に,公募で選ばれた6大学の学生が作ったコンピュータが搭載される.電通大髙玉研チームも選ばれ、成績を競う。  2010/03/01 
詳細表示...

社会貢献活動
学術雑誌関係  Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics  2009-現在  Editorial Board 
学術雑誌関係  Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics  2009-現在  Guest Editor 
その他社会活動の実績  Jaxa:宇宙航空研究開発機構が金星に打上げる人工衛星プタネットCに、髙玉研究室開発「小型人工衛星搭載用基板」が採用決定  2009-2009 
研究成果の公開  シーズ発掘試験研究「耐ビット反転とプログラム進化を可能にする宇宙機用CPUの開発と応用」  2006-2007 
学術雑誌関係  Pacific Asian Association for Agent-Based Approach in Social Systems Sciences:PAAA  2004-2009  Board Member 
詳細表示...

学内委員会等
電気通信大学 人工知能先端研究センター  人工知能先端研究センター委員  2016/08-現在 
電気通信大学 科学研究費計画調書内容チェック協力員  協力員  2015/09-現在 
電気通信大学 就職委員長・副委員長  就職委員長・副委員長  2014/10-2016/09 
年俸制検討WG  委員  2014/05-現在 
修学支援奨学金専門部会委員  委員  2014/05-現在 
詳細表示...