日本語
The University of Electro-Communications 
Graduate School of Informatics and Engineering, School of Informatics and Engineering 
Department of Informatics, Cluster I (Informatics and Computer Engineering) 

Associate Professor 
LU JIN 

Personal website  

Career
電気通信大学電気通信学部システム工学科  産学官連携研究員  2006/04/01-2006/05/31 
電気通信大学電気通信学部システム工学科  助手  2006/06/01-Present 

Academic background
哈爾浜第三高校  1996/07/20  Graduated 
電気通信大学  大学院電気通信学研究科  電子情報学専攻  Master's program  2003/03  Completed 
電気通信大学  大学院電気通信学研究科  電子情報学専攻  Doctoral program  2006/03  Completed 

Academic degrees
博士(工学)  電気通信大学 

Classes responsible within the university
2017  大学院技術英語  Spring semester  Graduate, IE  Master's program 
2017  情報領域演習第二 確率論演習  Spring semester  Undergraduate, daytime  Master's program 
2017  The advanced theory of reliability engineering  Spring semester  Graduate, IE  Master's and doctoral programs  Subject in specialty 
2017  経営情報学実験  Fall semester  Undergraduate, daytime 
2017  品質管理第一  Fall semester  Undergraduate, daytime 
View details...

Current research areas
Social systems engineering/ Safety system 

Research keywords
信頼性・保全性工学 
状態監視保全 
最適保全方策 
Reliability and Maitenability 
Condition Monitoring 
Optimal Maintenance Policy 

Current research subjects
状態監視保全における最適保全方策とその応用  Optimal Maintenance Policy and Applications for Condition Monitoring Maintenance  2007/04-2010/03 
変動要因による非定常劣化モデルに基づく最適保全方策に関する研究  環境要素、保全  2011/04-Present 
リスクモードとオンラインモニタリング技術高度化に着目した未然防止体系の新展開  2015/04/01-2020/03/31 
オンライン状態監視に基づく高信頼性・安全性システムのための最適な保全計画  2016-Present  我々の社会は情報・通信ネットワーク、送電力網、交通網などの社会インフラから、住環境に至るまで、様々なレベルのシステムに支えられている。それらを実現する技術の高度化や設計の複雑化が進むにつれて、様々な要因がシステムの劣化に影響を与えるようになってきている。運用段階でのシステムの故障は社会に甚大な影響を与えかねず、保全による未然防止が不可欠である。そしてシステムとその保全が複雑になるなど、社会全体の保全コストは増大の一途をたどっているにもかかわらず、実際に用いられる保全計画の多くは部分最適解に留まっており、複雑なシステム全体の信頼性を維持するための保全の効率化の余地は大きい。  保全に限らず一般に、対象について得られる情報が多いほど、より適切かつ柔軟な対応が可能となる。近年の様々なセンサー技術の発展は、ICタグやGPS、モバイル通信や衛星通信などの通信技術の発達と普及によって到来したIoT時代と相まって、保全対象の劣化状態の観測技術と、とりまく環境の情報など、運用段階の劣化に影響を及ぼす様々な要因の観測技術、そしてそれらのオンライン取得技術の複合体 (本研究では保全のためのオンライン状態監視と呼ぶ)の、より多くのシステムへの普及の兆しが強まっている。オンライン状態監視からの情報をより柔軟な保全計画に活用し、製品やシステムの信頼性と安全性の確保・維持・向上を実現するための保全の研究は今後ますます重要となる。  本研究はこれまで、システムの劣化モデルをより現実に近づけつつ、システムの劣化情報やとりまく環境情報を活用した保全の最適化を行うための研究を推進してきた。これらの取り組みを更に発展させ、あらゆる情報を活用した、無駄なく適切な保全の計画と実施を目指して、オンライン状態監視保全へと拡張するための最適保全方式の選定の理論体系の構築を目指す。またIoT時代の到来はオンライン状態監視の普及をもたらすため、研究対象を社会インフラのみでなく、より多くの種類のシステムに広げたい。そのために対象システムの劣化モデルと状態観測モデル構築のためのオンライン状態監視情報の活用方法の確立と、その上でのシステム全体の信頼性と安全性の確保のための効率的な保全を実現する理論体系の構築を目指す。 
高信頼性・安全性システムのためのオンライン状態監視に基づく動的な保全計画  2017/04-2021/03 

Published books
Book  Theory and Practice of Quality
and Reliability Engineering in Asia Industry  W. Yamamoto, L. Jin, and K. Suzuki  Springer  2017 
Book  Optimal Inspection Policy for Scheduled Maintenance of Markovian Deteriorating Systems  Jin, L.  441-454  2016 
Book  日本信頼性学会編 新版 信頼性ハンドブック  金路  日科技連出版社  31-36、付録1-15  2014/04 
View details...

Published papers
Paper  Yes  Optimal Control Limit Policy for Age-Dependent Deteriorating Systems  Jin, L., Bayarsaikhan, U. and Suzuki, K.  Journal of Risk and Reliability  230/ 1, 34-43  2016  DOI:10.1177/1748006X15589208 
Paper  Yes  Optimal Maintenance Policy for Aging Systems Under Non-stationary Markov Deterioration  Only  Jin, L.  Journal of the Japanese Society for Quality Control  45/ 4, 65-73  2015 
Paper  Yes  Optimal Decision Procedure for an Operation-dependent Deteriorating System  Only  Lu Jin  Applied Stochastic Models in Business and Industry  31/ 3, 394-404  2015 
Paper  Yes  Optimal Decision Policy for Deteriorating Systems with On-line Monitoring in a Variable Environment with Selectable Operations  Only  Jin, L.  International Journal of Systems Science: Operations & Logistics  xx/ xx, 189-199  2015/08/11 
Paper  Yes  Optimal Maintenance Policy For Partially Observable Markovian Deteriorating System Subject To A Restorable Varying Environment  Jin, L. Miyawaki, K. and Suzuki, K.  Journal of Reliability Engineering Association of Japan  35/ 3, 177-187  2013/06 
View details...

Research presentations
Oral presentation for an academic conference  故障率増加システムの予防保全における不完全点検の併用に関する研究  電子情報通信学会信頼性研究会  xx/ xx  Yes  2017/06/16 
Oral presentation for an academic conference  オンコンディション保全のための不完全点検の併用に関する研究  日本品質管理学会第46回研究発表会  xx/ xx  No  小山 尚晃,金路  2017/05/27 
Oral presentation for an academic conference  マルコフ決定過程に基づくマルチユニットシステムの最適保全方策,  待ち行列シンポジウム予稿集  No  金 路  2017/01 
Oral presentation for an academic conference  オン・コンディション保全の不確実性を考慮した最適点検計画  日本品質管理学会第110回研究発表会, 研究発表要旨集  No  越智優一、金 路, 鈴木 和幸  2016 
Oral presentation for an academic conference  オンライン状態監視を用いた最適保全方策の理論, pp.42-47, 2016  第46回信頼性・保全性シンポジウム発表報文集  Yes  金 路, 鈴木 和幸  2016 
View details...

Awards
第15回アジア品質管理シンポジウム国際会議, The Best Paper Award  2017/09 
第23回春季信頼性シンポジウム優秀賞  2016/05 
13th アジア品質管理シンポジウム国際会議 (13th ANQ Congress Taipei) 2015年度The Best Paper Award  2015/09 
2014年度若手奨励賞  2015/06 
日経品質管理文献賞  『新版 信頼性ハンドブック』分担執筆  2014/10 
View details...

Public lectures
日本オペレーションズ・リサーチ学会 信頼性研究会  日本オペレーションズ・リサーチ学会 信頼性研究会  2014/11 
View details...

Memberships of academic societies
電子情報通信学会  2014/09-Present 
日本オペレーションズ・リサーチ学会  2014/03-Present 
IEEE  2014/01-Present 
日本品質管理学会  2002-Present 
日本信頼性学会  2002-Present 
View details...

Committee or council involvement
日本信頼性学会  編集委員会委員  2015/05-Present 
日本品質管理学会  評議員  2013/10-Present 
日本信頼性学会  評議員  2013/05-Present 
日本品質管理学会  編集委員会委員  2009/10-Present 
View details...

Social activities
Academic journal activities  品質  2009/10-Present  編集委員会委員 
View details...

Committee activity in the University
国際科目小委員会  2017/04-Present 
情報領域演習第二 K演習   取りまとめ  2016-Present 
就職委員  2016/10-Present 
総合情報学特別講義世話人  2016/04-Present 
技術英語経営・社会情報学プログラム世話人  2016/04-Present 
View details...