日本語
The University of Electro-Communications 
Graduate School of Informatics and Engineering, School of Informatics and Engineering 
Department of Informatics, Cluster I (Informatics and Computer Engineering) 

顔写真 Associate Professor 
HIROYUKI KAJIMOTO 

Tel.042-443-5445  
Fax.042-443-5445  
 
Personal website  

Career
Japan Society for the Promotion of Science  DC1  2001/04/01-2003/03/31 
Graduate School of Information Science and Technology  Research Associate  2003/04/01-2006/08/31 
Department of Human Communication, The University of Electro-Communications  Assiciate Professor  2006/09/01-2007/03/31 
Department of Human Communication, The University of Electro-Communications  Associate Professor  2007/04/01-Present 

Academic background
The University of Tokyo  Graduate School of Information Science and Technology  Department of Information Physics and Computing  Doctoral program  2003/03  Withdrew before program completion 

Academic degrees
Ph.D  The University of Tokyo  2004/06 

Classes responsible within the university
2017  Interactive System  Spring semester  Undergraduate, daytime 
2017  Advanced Interactive System  Spring semester  Graduate, IE  Master's and doctoral programs 
2017  Applied Mathematics Ⅰ  Fall semester  Undergraduate, daytime 
View details...

Current research areas
Measurement engineering 
Control engineering/System engineering 
Rehabilitation science/ Welfare engineering 
Neurophysiology / General neuroscience 

Current research subjects
Identifying and Modeling Tactile Experience Associated with Emotion  Tactile Sensation, Emotion, Interface  2009/04-Present  本研究は,触覚によって音楽のような「心を揺り動かされる」感覚体験を生み出す手法を体系化することを目標とする.音楽の歴史と比較すれば,我々はようやく,触覚ディスプレイという「楽器」を手に入れつつある状態である.この類推を続けるなら,本研究は「和音」「旋律」といったルールを発見し,「楽譜」を手に入れる準備をするものである. 
Research on Mutual Tactile Communication for Personal Communication  Tactile Sensation, Interface, Communication, Multimodal Interface  2009/04-Present  情報化社会の発達に伴い,視覚・聴覚の伝送に加え,「触覚」をも伝えることが次世代の遠隔コミュニケーションに必須と考えられる.しかし従来提案されてきた触覚遠隔通信では,「肌と肌が触れ合う」きめ細かな感覚を提示するには数多くの致命的な欠点が存在した.本研究開発の目的は,感覚の質の問題,コストおよびサイズの問題,および双方向性の問題という三つの課題を解決し,互いに押し合い,くすぐり合うことのできる,次世代の標準触覚コミュニケーションデバイスの実現である. 
Real-World Information Display Based on Tactile Cognition Mechanism of Time and Space  Tactile Sensation, Real-World Information Display, Augmented Reality  2009/04-Present  本研究は実世界での情報提示手法としての触覚に着目し,触覚を用いた情報提示が持つ高い潜在能力を引き出すことを目標とする. 

Preferable theme of joint or funded research
新たな触覚インタフェースに関する研究  触覚を用いたインタラクティブなインタフェースに強みがあります. 特に触覚を用いて「いかに道具を快適にするか」「いかにゲームを楽しくするか」「いかにインタラクティブ性を出すか」等々. 現在の研究テーマの詳細は研究室webを参照ください. 
View details...

Published books
Book  Pervasive Haptics, Science, Design, and Application  Springer Japan  2016  978-4-431-55772-2  URL 
Book  次世代ヒューマンインタフェース開発の最前線  株式会社エヌ・ティー・エス  2013/04 
Book  心理学研究法1 感覚・知覚  誠信書房  2011/09 
Book  触覚認識メカニズムと応用技術-触覚センサ・触覚ディスプレイ-  サイエンス&テクノロジー  377-392  2010/09 
Book  感覚・感情とロボット  工業調査会  93-104  2008/11 
View details...

Published papers
Paper  Yes  なぞり感提示における指腹部せん断変形の向きの影響  Only  Shibahara, Yem, Sato, Kajimoto  日本バーチャルリアリティ学会論文誌  accepted  2017 
Paper  Yes  Development and Evaluation of Vibration and Alternating Temperature Stimuli of a Roller-type Itch-relief Device  R. Watanabe, H. Kajimoto  International Journal of Affective Engineering  16/ 1  2017 
Paper  Yes  Effect of dynamic temperature stimulus to plantar surface of the foot in the standing position  R. Watanabe, H. Kajimoto  Frontiers in Bioengineering and Biotechnology  4/ 1  2016 
Paper  Yes  DCモータを用いた高品位な振動提示  Only  Okazaki, Kuribayashi, Kajimoto  日本バーチャルリアリティ学会論文誌  accepted  2016 
Paper  Yes  Comparative Evaluation of Tactile Sensation by Electrical and Mechanical Stimulation  V. Yem, H. Kajimoto  IEEE Transaction on Haptics  accepted  2016 
View details...

Research presentations
Oral presentation for an academic conference  モータを用いた非対称回転による多指への疑似力覚呈示: 把持姿勢における検討  インタラクション2017予稿集,インタラクション2017  No  櫻木怜,Yem Vibol,梶本裕之  2017/03 
Oral presentation for an academic conference  ヘッドマウントディスプレイ装着時の安全性向上を目的とした距離―振動変換提示:予備的検討  インタラクション2017予稿集,インタラクション2017  No  宮上昌大,今悠気,中村拓人,植松遥也,梶本裕之  2017/03 
Oral presentation for an academic conference  空気圧アクチュエータを用いた頭部ハンガー反射回旋角度制御の試み  インタラクション2017予稿集,インタラクション2017  No  今悠気,中村拓人,梶本裕之  2017/03 
Oral presentation for an academic conference  電気刺激パルスを数える際の「バイナリカウンタ」仮説  計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,SICE SI2016論文集  No  ヤェム ヴィボル, 梶本 裕之  2016/12 
Oral presentation for an academic conference  機械振動刺激による電気刺激振動感覚のマスキング  計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,SICE SI2016論文集  No  ヤェム ヴィボル, 梶本 裕之  2016/12 
View details...

Intellectual property rights
Patent  測定装置、測定方法および測定プログラム  2017-44911  2017  Filed 
Patent  動き誘発装置および動き誘発プログラム  2016-192206  2016/09/09  Filed 
Patent  触覚提示装置  2016-140594  2016/07/15  Filed 
Patent  力覚及び振動覚提示装置  2016-140593  2016/07/15  Filed 
Patent  振動アクチュエータ及び振動アクチュエータ内蔵機器  2016-140594  2016/06/07  Filed 
View details...

Awards
学術奨励賞  乗用車を用いた体感型エンタテインメントシステム  2016/03/30 
学術奨励賞  観念運動を生起する擬似力覚提示マウス  2016/03/30 
インタラクティブ発表賞  頭部搭載型ディスプレイを用いた直線歩行への誘導方法の検証  2016/03/04 
インタラクティブ発表賞  観念運動を用いた擬似力覚提示(第2報)―指置き型デバイス2.5次元ディスプレイを用いた検証―  2016/03/04 
優秀講演賞  温度変化による圧覚生起現象が立位姿勢に与える影響  2015/12 
View details...

Researcher accepted
Domestic  Post-doctoral researcher  Cambodia  2015-Present 
View details...

Public lectures
未来形ヒューマンインタフェース -ケータイ、エンターテイメント、障害者支援に向けて-  電気通信大学  2007/10/14  大学内 (創立80周年記念会館 3階) 
View details...

Memberships of academic societies
IEEE Robotics Society 
Human Interface Society 
Robotics Society of Japan 
Virtual Reality Society of Japan 
View details...

Involvement in conference and research meetings
日本バーチャルリアリティ学会 ICAT委員会  委員  2007/05/20 
日本バーチャルリアリティ学会 国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC)  委員  2007/04/01 
日本バーチャルリアリティ学会  企画委員会委員  2007/04/01 
World Haptics Conference 2007  Poster Chair  2007/03/22 
EEE Technical Committee on Haptics Executive Committee  Co-chair  2006/10/01 
View details...