日本語
The University of Electro-Communications 
Graduate School of Informatics and Engineering, School of Informatics and Engineering 
Department of Computer and Network Engineering, Cluster I (Informatics and Computer Engineering) 

顔写真 Professor 
Masayuki NUMAO 

 
Personal website  

Career
University of Electro-Communications  情報工学科  Professor  2008/04/01-2010/03/31 
University of Electro-Communications  情報・通信工学専攻  Professor  2010/04/01-2016/03/31 
電気通信大学情報理工学研究科  情報・通信工学専攻  専攻長  2014/04/01-2015/03/31 
電気通信大学情報理工学研究科  情報・ネットワーク工学専攻  I類長  2016/04/01-2017/03/31 
University of Electro-Communications  情報・ネットワーク工学専攻  Professor  2016/04/01-Present 
Tokyo Research Laboratory, IBM Japan, Ltd.  Senior Manager  2000/12/12-2008/03/31 
IBM Global Services  Project Manager  1999/08/01-2000/12/11 
Tokyo Research Laboratory, IBM Japan, Ltd.  Manager  1983/04/01-1999/07/31 

Academic background
The University of Tokyo  Faculty of Engineering  Electrical Engineering  1981/03  Graduated 
The University of Tokyo  Graduate School, Division of Engineering  Electronic Engineering  Master's program  1983/03  Completed 

Academic degrees
Ph.D. in Information Science and Technology  The University of Tokyo  2004/10 
Master of Engineering  The University of Tokyo  1983/03 

Classes responsible within the university
2016  プログラム言語論  Spring semester  Undergraduate, daytime  Subject in specialty 
2016  知能システム  Spring semester  Undergraduate, mainly nighttime  Subject in specialty 
2016  知識情報処理  Fall semester  Undergraduate, daytime  Subject in specialty 
2016  知能情報特論  Fall semester  Graduate, IE  Master's and doctoral programs  Subject in specialty 
View details...

Current research areas
Intelligent informatics 
Multimedia database 
Information security 
Information network 

Current research subjects
Development of Watching System by Integration of Non-Restrictive Sensors  IoT, Big Data, Sensor Network  2017/04/01-2020/03/31  本研究では,IoT,つまりネットワークに接続された各種センサからの情報を統合した居住者状態認識と異常状態検知のための技術を開発し,高齢者施設などにおける見守りシステムの構築法を確立する.本研究の特徴は,多様な用途や機能などの要件と,居住環境やセンサ数などの制約の下で,最適な見守りシステムを開発するための設計法と,非カメラ系センサであるRFIDやマイクロ波センサ等を統合することにより認識・検知技術を開発することである.具体的には,(1)見守りシステムの機能や条件をUMLによりモデル化し,(2)複数人が居住する屋内空間において,個人の特定と,その位置・姿勢,行動状態を認識する技術と,(3)行動状態と健康状態を総合的に判断して異常状態を検知するマイニング技術を開発し,(4)実際の居住空間で実験評価することにより,リアルタイム異常検知のための認識処理速度と居住者数に対するスケーラビリティを満たす実用システムを構築することを目的とする.科研費 基盤研究(B) 
A Study on Data Mining from Aggregated Basket  Data Mining, Basket Analysis, Association Analysis  2012/04-2015/03  集約バスケットからのデータマイニング手法の研究 
Study on Traceability Dataminig  Traceability, Datamining  2009/04-2012/03  大量かつ分散して発生するトレーサビリティ・データから,知識発見をするためのデータ・マイニング技術を研究するものである.本研究では,分散トレーサビリティ・データが階層構成を持ち,それが,製品の階層構成(BOM:Bill of Material)と似ていることに着目したドリルダウン型データマイニング手法を提案し,実用化に向けた技術開発をすることを目的とする.本研究は,最近問題になっている,製造業における品質問題を解決するためのキーテクノロジーとなる.たとえば,一台当たり数万点の部品から構成され,それぞれの部品が異なる業者から供給される自動車においては,故障原因の究明が難しくなっており,それがリコールの遅れなどにつながっている.本研究の手法により,故障が出始めた段階で,その可能性となる部品を特定することが可能になるので,早期の問題解決(Early Warning)が可能となる. 
Study on the Infrastructure Technology of Application-Driven Traceability System  Traceability, Sensor Network  2008/04-2009/03  トレーサビリティとは,RFIDなどから得られるセンサーデータを基にして,人・物・情報の流れを可視化し,解析するためのものである.トレーサビリティシステムを構築するためには,データ収集,データ交換,データ解析という3つの機能の効果的な連携が必要である.本プロジェクトでは,実際にRFIDの国際標準であるEPCglobaの定めたclass-1 generation-2 UHF RFIDタグを利用することによって,(1)リーダでは複数タグからのデータを同時に読み取って保存し,(2)分散環境における複数のセンサで収集されたデータを,メタデータを用いて意味づけすることによって,Web Servicesなどのインターネットの標準プロトコルを利用してデータ交換および検索ができるようにし,(3)OLAPなどの多次元データ解析システムを利用して,タグの動きを可視化したり解析したりするための研究環境を整える 本プロジェクトでは,こうした問題を解決するために,アプリケーション主導型トレーサビリティシステムを提案する.これは,何を追跡したいのかという目的に応じて,データ収集,データ交換,データ解析システムを相互に有機的に連携させる技術であり,現在のデータ収集側から解析側にデータを一方向的に流す考え方とは異なり,追跡したいもののデータを意図的に集めるという新しいものである.具体的には以下の技術を確立する. (1) アプリケーションからのリーダ制御技術 (2) トレーサビリティデータに意味づけするためのメタデータの開発 (3) 分散したデータを紐付けするための分散トレーサビリティ技術 (4) 重要なアプリケーションに特化したトレーサビリティモデルの開発 本研究は,トレーサビリティシステムが,真に実用になるために必要不可欠な技術研究であると同時に,電気通信大学が,この分野をリードしていくのに必要な研究環境を整えるものである. 

Published books
Book  Intelligent Scheduling  Masayuki Numao  Morgan Kaufmann Pub  607-628  1994 
Book  Intelligent CAD  Masayuki Numao  コロナ社  1989 
Book  Object Oriented  Masayuki Numao, Tetsunosuke Fujisaki  Kyoritsu Publishing  225-243  1986 
View details...

Published papers
Paper  Yes  3D Objects Tracking by MapReduce GPGPU-Enhanced Particle Filter  Joint  J. ZHOU, X. LI, H. CHEN, R.CHEN, and M. NUMAO  IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems  E98-D/ No.5, 1035-1044  2015/05/01 
Paper  Yes  無線LANアクセスポイントへの検索要求を用いた屋内混雑度推定手法  中野隆介,沼尾雅之  日本データベース学会論文誌  12/ 1, 121-126  2013/06 
Paper  Yes  利用者単位の消費電力量測定手法と家庭における節電指標の提案  高橋 麻美 , 根路銘 崇 , 沼尾 雅之  情報処理学会論文誌  53/ 7, 1711-1720  2012/07 
Paper  Yes  集約バスケットからの相関関係マイニング  松澤裕史,沼尾雅之  電子情報通信学会論文誌 D  J95-D/ 2, 170-182  2012/02 
Paper  Yes  プロセス産業のための履歴テーブルに基づく品質分析法の提案  沼尾雅之, 松尾総一朗  日本データベース学会論文誌  10/ 1, 79-84  2011/06 
View details...

Research presentations
Oral presentation for an academic conference  マイクロ波センサを用いた異常状態検知手法  情報処理学会, 高齢社会デザイン研究会  2017/ 7  No  鄭希,沼尾 雅之  2017/02/17 
Oral presentation for an academic conference  Wi-Fi電波強度を利用した機械学習による屋内位置推定における環境変化への適応手法  情報処理学会, マルチメディア通信と分散処理研究会  2016/ 169  No  濱田 航一, 沼尾 雅之  2017/01/19 
Oral presentation for an academic conference  転調を考慮したコード進行解析システム  情報処理学会, 音楽情報科学研究会  2015/ 109  No  清水祐輔,沼尾雅之  2015/11/07 
Oral presentation for an academic conference  RFIDを用いた電波強度による異常行動認識システムの提案  情報処理学会,電子情報通信学会,第13回情報科学技術フォーラム(FIT2014)  FIT1014/ K-044  No  安藤 勇,沼尾雅之  2014/09/05 
Oral presentation for an academic conference  多品種対応ドメインを用いたモデル駆動開発の実現  情報処理学会,電子情報通信学会,第13回情報科学技術フォーラム(FIT2014)  FIT1014/ RO-012  Yes  根路銘崇,沼尾雅之  2014/09/04 
View details...

Intellectual property rights
Patent  情報処理装置,情報処理システム,情報処理方法およびプログラム  特願2017-088575  2017/05/01  Filed 
Patent  Encryption System with Time-Dependent Decryption  特願平9-322825  1997/11/25  US6,381,695  Filed 
Patent  電子商取引システム  特願平9-280922  1997/10/14  Filed 
Patent  データ・ハイディング方法及びデータ抽出方法  特願平10-502655  1997/02/13  Filed 
Patent  識別情報生成装置,識別情報解決装置及びこれらを用いた情報システム,並びに,これらの制御方法及びプログラム  特開2002-375448  2002/12/25  特開2004-206474  2004/07/22  Published 
View details...

Awards
FIT論文賞  多品種対応ドメインを用いたモデル駆動開発の実現  2014/09/04 
情報処理学会論文賞  2005/05/01 
情報処理学会全国大会大会優秀賞  1997/03/01 
人工知能学会論文賞  1995/07/01 
人工知能学会論文賞  1991/06/01 
View details...

Past records of joint or funded research
ガラス製造業における品質管理のためのデータ分析  2009-2010  Commissioned research  Research commissioned by a company 
View details...

Public lectures
讀賣新聞社共催講座『連続市民講座』  讀賣新聞社,電気通信大学  2017/12  電気通信大学講堂 
マイクロウェーブワークショップ マイクロ波がデザインする新しい世界,そして日本  電子情報通信学会,総務省  2016/12/02  パシフィコ横浜 Room 3 (アネックスホール F204) 
View details...

Memberships of academic societies
Japanese Society for Artificial Intelligence 
Information Processing Societry or Japan 
IEEE Computer Society 
View details...

Involvement in conference and research meetings
電子情報通信学会  情報通信システムセキュリティ時限研究専門委員会委員  2008 
IEEE国際会議IDCS2004  運営委員会委員  2004 
View details...

Committee or council involvement
Information Processing Societry or Japan  コンピュータセキュリティ研究運営委員会運営委員  2008/04-2010/03 
Japanese Society for Artificial Intelligence  副会長  2007/06-2009/05 
Information Processing Societry or Japan  コンピュータセキュリティ特集号編集委員  2003/04-2008/09 
Japanese Society for Artificial Intelligence  理事(財務担当)  2002/06-2004/05 
Japanese Society for Artificial Intelligence  学会誌編集委員  1992/04-1994/03 
View details...

Social activities
Academic journal activities  人工知能学会  2007/06-2009/05  出版委員会委員 
Academic journal activities  情報処理学会コンピュータセキュリティ特集号  2003/04-2008/09  編集委員 
View details...

Committee activity in the University
学術院代議員会  代議員  2010/04-2012/03 
情報公開・個人情報保護委員会  委員  2010/04-2012/03 
大学教育センター教育課程部門  委員  2010/04-2012/03 
View details...