English
電気通信大学 
大学院情報理工学研究科、情報理工学域 
情報・ネットワーク工学専攻、Ⅱ類(融合系) 

教授 
芳原 容英 
ホウバラ ヤスヒデ 
Yasuhide HOUBARA 

Tel.042-443-5154  
 
個人ウェブサイトはこちら  

経歴
ロシア科学アカデミー応用物理研究所  客員研究員  1997/04/01-1998/03/31 
電気通信大学 電子通信学部 電子工学科  助手  1998/04/01-1999/03/31 
宇宙開発事業団 地球観測データ解析システム  招聘研究員  1999/04/01-2001/03/31 
フランス国立学術研究センター 環境物理化学研究所  リサーチアソシエイト  2001/04/01-2003/08/31 
スウェーデン王立宇宙物理研究所  リサーチアソシエイト  2003/09/01-2005/08/31 
シェフィールド大学 自動制御工学科  リサーチアソシエイト  2005/09/01-2008/05/31 
国立津山工業高等専門学校 電子制御工学科  准教授  2008/06/01-2009/03/31 
電気通信大学 電気通信学部  教授  2009/04/01-現在 

学歴
電気通信大学  電気通信学部  応用電子工学科  1991/03  卒業 
電気通信大学  電気通信学研究科  電子工学専攻  博士前期  1994/03  修了 
電気通信大学  電気通信学研究科  電子工学専攻  博士後期  1997/03  修了 

学位
工学修士  電気通信大学  1994/03 
工学博士  電気通信大学  1997/03 

学内担当授業科目
2017  大学院技術英語  前期  大学院(IE) 
2017  基礎電磁気学  前期  学部(昼間) 
2017  基礎演習A  前期  学部(昼間) 
2017  物理学概論第二  後期  学部(昼間) 
2017  大学院電磁波環境観測技術特論  後期  大学院(IE) 
詳細表示...

現在の専門分野
超高層物理学 
自然災害科学・防災学 
電力工学・電力変換・電気機器 

現在の研究課題
低周波電磁波動と雷活動総合観測を用いた冬季雷夏季雷の電気的特性に関する研究  電気・電磁環境、落雷電荷量マップ  2010-現在 
電磁気手法を用いた地震予知法の開発  2011/10/01-現在 
多波長観測による雷放電特性とシビア現象との関係に関する研究  2012/04/02-2015/03/31 
電磁気手法を用いた地球環境の監視と予測  電磁気手法,局所異常気象,地球温暖化  2012/04-2019/03  雷活動をはじめとする多様な地球周辺環境の観測を電磁気手法により行なう。気象観測など他分野の観測と相補連関させながら観測を進め、地球温暖化や局所異常気象等の監視と予測のための基礎研究を実施し、自然災害から国民生活を守ることへの寄与を目指す。 
宇宙・地上の連携観測による高高度放電発光現象の発生条件とメカニズムの解明  2012-2016 
地震に伴う電磁気現象の解明とその応用  2012-現在 
極域におけるVLF帯送信電波を用いた下部電離層擾乱に関する研究  2013-2016 

著書
著書  ユニーク&エキサイティングサイエンス  梶谷誠、芳原容英  近代科学社  72-109  2013/03 
著書  Geomatics, Natural Hazards and Risk volume4,Issue3,2013  Taylor & Francis  275-287  2013/01 
著書  Lightning Electromagnetics  Y.Hobara and M. Hayakawa  IET  612-646, 647-685  2012 
著書  VLF/LF送信局電波を用いた電離圏擾乱観測に基づく地震予知研究、「地震予知研究の最前線」、早川正士編  早川正士、芳原容英  日本専門図書出版㈱  624-651  2012 
著書  VHF帯電波を用いた地震予知の可能性、「地震予知研究の最前線」、早川正士編  安田好広、芳原容英、早川正士  日本専門図書出版㈱  574-590  2012 
詳細表示...

論文
一般論文  有  Effects of the major sudden stratospheric warming event of 2009 on the subionospheric very low frequency/low frequency radio signals  S. Pal,Y. Hobara,S. K. Chakrabarti and P. W. Schnoor  Journal of Geophysical Research :Space Physics  122/ 7, 7555-7566  2017/07/11  10.1002/2016JA023813 
一般論文  有  One day prediction of nighttime VLF amplitudes using nonlinear autoregression and neural network modeling  H.Santosa and Y.Hobara  Radio Science  52, 132-145  2017/01 
一般論文  有  Identifying the occurrence of lightning and transient luminous events by nadir spectrophotometric observation  共著  T. Adachi, M.Sato, T. Ushio, A.Yamazaki, M. Suzuki,M. Kikuchi,Y. Takahashi, U. S. Inan, I. Linscottf,Y.Hobara, H. U. Frey, S. B. Mende, A. B. Chen, R.R. Hsu and K.Kusunoki  J. Atmos. Solar-Terr. Phys.  145, 85-97  2016/04  10.1016/j.jastp.2016.04.01D 
一般論文  有  Mid-latitude atmosphere and ionosphere connection as revealed by Very Low Frequency signals  S. Pal and Y. Hobara  J. Atmos. Solar-Terr. Phys.  138-139, 227-232  2016/02/01  10.1016/j.jastp.2015.12.008 
一般論文  有  Sub-ionospheric VLF signal anomaly due to geomagnetic storms:a statistical study  K. Tatsuta, Y. Hobara, S. Pal, and M. Balikhin  Ann. Geophys.  33, 1457-1467  2015  10.5194/angeo-33-1457-2015 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  風力発電施設への着雷事例を用いたELF帯電磁波観測により遠隔推定された落雷電荷モーメントおよび落雷電荷量推定精度の検証  電気学会 平成29年度電力・エネルギー部門大会  有  村井崚,芳原容英,山下純平,吉田遼大郎,箕浦史登,三塚洋明,太田浩,成田知巳  2017/09/06 
学会口頭発表  Improving accuracy of locations and lightning charge moment changes using multi-point simultaneous obsevations of ELF transients  Japan Geoscience Union Meeting 2017  *  有  R.Murai, Y. Hobara, J. Yamashita, S.Heckman  2017/05/22 
学会口頭発表  Statistical, study of maximum ionospheric electron density deduced from lightning whistlers obtained by DEMETER  Japan Geoscience Union Meeting 2017  *  有  G.Yiddidya, Y. Hobara, P. Michel  2017/05/22 
学会口頭発表  Ionospheric perturbations due to earthquakes observed simultaneously by subionospheric VLF/LF wave and GPS TEC measurements  Japan Geoscience Union Meeting 2017  *  有  H. Santosa, Y.Hobara, T.Tsuda and S.Srinivas  2017/05/22 
学会口頭発表  Recent results from the Japanese total lightning network, Japan Geoscience Union Meeting 2017  Japan Geoscience Union Meeting 2017  *  有  S. Kono, Y. Hobara, S.Heckman and C.Liu  2017/05/22 
詳細表示...

受賞
日本大気電気学会学術研究賞  2012/09 
URSI(国際電波連合) 若手研究者賞  1996 
詳細表示...

研究員受入れ
国外  招聘研究員  英国  英国シェフィールド大学  2017-2017 
国外  招聘研究員  マレーシア  マレーシアプトラ大学  2017-2017 
国内  招聘研究員  India  Geethanjali College of Engineering and Technology  2016-2017 
国外  招聘研究員  India  Indian Center for Space Physics  2014-2015 
国外  招聘研究員  India  Indian Center for Space Physics  2014-2015 
詳細表示...

共同・受託研究実績
東南アジアにおけるELF帯電磁波観測を用いた、大規模雷の電気的、時空間特性に関する研究  2017-2018  共同研究  国際共同研究 
ELF帯空電観測を用いた落雷電荷量推定手法の精度向上に関する研究  2016-2017  共同研究  国内共同研究 
東南アジアにおけるELF帯電磁波観測を用いた、大規模雷の電気的、時空間特性に関する研究  2016-2017  共同研究  国際共同研究 
ELF帯空電観測を用いた落雷電荷量推定に関する研究  2015-2016  共同研究  国内共同研究 
ELF帯空電観測を用いた落雷電荷量推定に関する研究  2014-2015  共同研究  国内共同研究 
詳細表示...

公開講座・講演会等
夢ナビライブ2016  フロムページ  2016/07/09  東京ビッグサイト 
函館工業高等専門学校 電気電子工学科 学科講演会  函館工業高等専門学校  2014/12/05 
電磁気情報の観測による地震予測  総務省中国総合通信局  2013/06/27  広島 
気象のメカニズムと対策  北海道上川総合振興局  2013/01/15 
いなぎICカレッジ プロフェッサー講座  稲城市  2012  稲城市地域振興プラザ 
詳細表示...

所属学協会
AGU(米国地球物理学会)  1995-現在 
URSI(国際電波科学連合)  2002-現在 
日本大気電気学会  1992-現在 
電気学会  2009-現在 
日本地球惑星科学連合  2009-現在 
詳細表示...

会議・研究会等
Research at Earth Networks  主催者  2017/09/19 
Review of Cluster Bow Shock and Inner Magnetosphere campaigns Title: Review of Cluster Bow Shock and Inner Magnetosphere campaigns  主催者  2017/05/31 
雷防護と安全の最先端研究について  主催者  2017/02/17 
宇宙電磁波環境研究センター研究集会  主催者  2017/02/14 
雷発生に関する天文台・防災研・電気通信大学意見交換会  発表者  2016/04/26 
詳細表示...

委員会・審議会等
日本大気電気学会  運営委員  2017/04/01-2018/03/31 
冬季雷シンポジウム  プログラム委員  2016/07/01-2017/04/30 
ICAE2018  ICAE2018実行委員  2016/04-2019/03 
国際大気電気学会  運営委員会  2016/04/01-2018/07/31 
日本大気電気学会  会計監査委員  2015/04/01-2017/03/31 
詳細表示...

マスコミ取材
テレビ  フジテレビ  <NONFIX>いまさら都市伝説?<Wナイト>【皆神山ピラミッド伝説のゆくえ】  2015/10/07  25:40~26:40 
詳細表示...

学内委員会等
就職委員会  委員長  2016/04-現在 
スーパー連携大学院コンソーシアム  スーパー連携大学院コンソーシアム協力教員  2015/04-2016/03 
I学科  コース責任者  2014/04-2015/03 
学部教育委員会  委員  2011-現在 
学部技術英語WG委員会  委員  2011/04-現在 
詳細表示...