日本語
The University of Electro-Communications 
Graduate School of Informatics and Engineering, School of Informatics and Engineering 
Department of Informatics, Cluster II (Emerging Multi-interdisciplinary Engineering) 

顔写真 Associate Professor 
Satoshi OHZAHATA 

Personal website  

Career
東京農工大学 工学部 情報コミュニケーション工学科  助手  2003/04/01-2007/03/31 
東京農工大学大学院共生科学技術研究院  助教  2007/04/01-2009/03/31 

Academic background
千葉県立佐倉高等学校  1993/03/31  Graduated 
University of Tsukuba  第一学群 自然学類  物理学専攻  1998/03  Graduated 
University of Tsukuba  博士課程 工学研究科  電子・情報工学専攻  Doctoral program  2003/03  Completed 

Academic degrees
学士(理学)  University of Tsukuba  1998/03 
修士(工学)  University of Tsukuba  2000/03 
博士(工学)  University of Tsukuba  2003/03 

Classes responsible within the university
2017  数値計算およびプログラミング演習  Spring semester  Undergraduate, daytime  Other 
2017  暗号・情報セキュリティ  Spring semester  Undergraduate, mainly nighttime  Subject in specialty 
2017  輪講A  Spring semester  Undergraduate, mainly nighttime  Subject in specialty 
2017  コンピュータネットワーク  Fall semester  Undergraduate, daytime  Other 
2017  コンピュータネットワーク特論  Fall semester  Graduate, IE  Master's and doctoral programs  Subject in specialty 
View details...

Classes responsible in other universities
2009  情報理論演習  東京農工大学工学部情報工学科 
2012  総合科目 ネットサービスの仕組み  筑波大学 
View details...

Current research areas
Information network 

Current research subjects
無線インターネットにおけるMAC層の情報を用いたクロスレイヤ制御方式  無線ネットワーク インターネット クロスレイヤ制御  2008/04-2010/03   携帯端末は複数の無線インタフェイスをもち、いつでもどこでもインターネット接続ができる環境が整いつつある。しかし、インターネットには接続できるだけであり、ユーザの要求する通信品質を提供することは現状では難しい。それはインターネットのアーキテクチャ(抽象化手法)が有線ネットワークを前提としたデータ通信のための“届けばよい”という通信品質のために設計されているためである。よって、無線、モバイル環境において、音声、動画通信のための通信品質提供することはアーキテクチャ上困難である。   上記の問題を解決するために、本研究では、まず、“無線”がどのように端末間で利用されているかを自端末で受信できるMAC(メディアアクセスコントロール)層の制御情報から推定する。インターネットではエンドノードに通信の制御が集中(TCP等)しており、端末で無線ネットワークの状況を把握できることが非常に重要である。その情報を用いて上位層(IP、TCP、アプリケーション等)が、それぞれの通信品質の要求を満たすような制御方式(クロスレイヤ制御)の開発を行う。さらに複数のクロスレイヤ制御を効率的に行うためのクロスレイヤ制御管理機構の開発を目的とする。 
P2Pファイル共有ネットワークの測定と制御に関する研究  P2Pネットワーク ネットワーク測定評価 ネットワーク制御  2008/04-2011/03  インターネットの利用形態は日々変化し、トラヒック量はこの10年間で1000倍に達している。その主たる原因として、高速のインターネットアクセス回線、高性能PCの家庭での普及を背景とした、P2Pファイル共有アプリケーションの利用者が増加したことがあげられる。さらに、P2Pファイル共有アプリケーションを用いた、著作権のある動画、音楽、ソフトの共有や、個人情報の漏洩の問題が大きな社会問題となっている。 本調査研究では、まず、日本で最も用いられているファイル共有アプリケーションであるWinny、Shareを対象とし、ネットワーク測定によってP2Pファイル共有アプリケーションの実態を明らかにする。その解析結果を用い、P2Pネットワークに参加した制御ピアが能動的な制御を加えることで、トラヒック、流通するファイルの制御が可能であることをコンピュータシミュレーションと実際のネットワークを用いて示すことを目的とする。 
大規模分散環境を用いたP2Pネットワーク流通ファイル制御システムの研究  P2Pネットワーク 大規模分散環境 可視化  2009/04-2011/03  本研究では,P2Pファイル共有ネットワークWinny/Share等のP2Pファイル共有ネットワークを対象とし,流通するファイルおよびトラヒックを制御するために,偽のファイル,および,偽のメタ情報(ファイルの位置情報)を能動的にP2Pネットワークに流すポイズニングと呼ばれる手法の開発とその有効性を実ネットワークにて実証実験を行う.ポイズニング制御の効果・特性をより明らかに把握するために,P2Pネットワークの情報をリアルタイムに測定・可視化するための分散測定環境を日本各地にノードが分散配置されているPlanetLab・CoreLab上に開発する.さらに可視化の結果を用いてポイズニングの対象ファイルを対話的に明らかにし,ポイズニング制御にフィードバックするシステムを開発する. 

Published books
Book, translated  ゴールドスミス ワイヤレス通信工学  Andrea Goldsmith [著],小林岳彦 [監訳], 岩切直彦,大坐畠智,幸谷智,高橋賢,森香津夫,山嵜彰一郎 [訳]  丸善  2007 
Book  A Traffic Identification Method and Evaluations for a Pure P2P Application  Satoshi Ohzahata, Yoichi Hagiwara, Matsuaki Terada and Konosuke Kawashima  Springer-Verlag  55-68  2005/03 
Book  A Fast Authentication Method for Secure and Seamless Handoff  Satoshi Ohzahata, Shigetomo Kimura and Yoshihiko Ebihara  Springer-Verlag  243-252  2002/09 
View details...

Published papers
Paper  Yes  IEEE 802.11n無線LANのアップロードTCP通信におけるBufferbloat問題に対するアクセスポイントでの対応方式  Joint  野元 祐孝、策力木格、大坐畠智、加藤 聰彦  情報処理学会論文誌  58/ 2, 427-438  2017/02/01 
Paper  Yes  A TDMA/DCF Hybrid QoS Scheme for Ad Hoc Networks  Joint  Jing Lin, Celimuge Wu, Satoshi Ohzahata, and Toshihiko Kato  IEICE Transactions on Communications  100-B/ 1, 42-53  2017/01/01 
Paper  Yes  A Hierarchical Opportunistic Routing with Moderate Clustering for Ad Hoc Networks  Ryo Yamamoto, Satoshi Ohzahata, and Toshihiko Kato  IEICE Transactions on Communications  100-B/ 1, 54-66  2017/01/01 
Paper  Yes  Inferring partial orders of nodes for hierarchical network layout  Joint  Hsiang-Yin Wu, Shigeo Takahashi, Hiroko Nakamura Miyamura, Satoshi Ohzahata, Akihiro Nakao  Journal of Imaging Science and Technology  60/ 6, 13 pages-60407-1-60407-13  2017/01/01 
Paper  Yes  How to Utilize Inter-flow Network Coding in VANETs: A Backbone Based Approach  Joint  Celimuge Wu, Satoshi Ohzahata, Yusheng Ji, Toshihiko Kato  IEEE Transactions on Intelligent Transportation Systems  17/ 8, 2223-2237  2016/02/05 
View details...

Awards
活動功労賞  2015/09/09 
活動功労賞  2014/09/24 
活動功労賞  2012/09/12 
活動功労賞  2012/09/12 
活動功労賞  2010/09 
View details...

Public lectures
ちょうふ市内・近隣大学等公開講座  2014/09/22 
ちょうふ市内・近隣大学等公開講座  2010/10/15 
View details...

Memberships of academic societies
IPSJ  2003/04-Present 
IEICE  2001-Present 
ACM  2000-Present 
IEEE  1999-Present 
View details...

Involvement in conference and research meetings
IEICE EB Special Section on Sensing, Wireless Networking, Data Analysis and Processing Technologies for Ambient Intelligence with Internet of Things  編集幹事  2019/04 
情報処理学会論文誌SPT特集号  編集委員  2018 
IEICE EB WDN for IoT  編集委員  2018/10 
IEICE EB ISADS2017特集号  編集委員  2018/08 
IEEE ICC'18  TPC  2018/05 
View details...

Committee or council involvement
電子情報通信学会 英文論文誌B  編集委員  2014/06/01-Present 
IEICE  通信ソサイエティ 会員事業企画幹事  2012/06-2014/05 
IEICE  通信ソサイエティ アドホックネットワーク研究専門委員会 幹事  2010/06-2012/05 
View details...

Social activities
Academic journal activities  電子情報通信学会 英文論文誌B 編集委員  2014/06/01-Present 
Academic journal activities  電子情報通信学会 会誌  2012/06-2014/05  編集委員 
View details...

Committee activity in the University
教務委員  2017/04-Present 
教育委員  2017/04-Present 
図書館  委員  2009/04-2011/03 
View details...