English
電気通信大学 
大学院情報理工学研究科、情報理工学域 
基盤理工学専攻、Ⅲ類(理工系) 

顔写真 准教授 
古川 怜 
フルカワ レイ 
Rei FURUKAWA 

Tel.042-443-5949  
Fax.042-443-5949  
 
個人ウェブサイトはこちら  

経歴
ワシントン大学  ポスドク  2009/06/08-2010/02/28 
電気通信大学  特任助教  2010/05/01-現在 

学歴
ワシントン大学  College of Engineering  材料工学科  修士  2006/06  修了 
慶応義塾大学  理工学研究科  総合デザイン工学  博士後期  2009/03  修了 

学位
博士(工学)  慶応義塾大学  2009/03 

学内担当授業科目
2021  複素関数論  前期  学部(昼間) 
2021  環境材料学特論  前期  大学院(IE)  博士前期・後期課程共通 
2021  環境材料学特論(H27年度以前入学生)  前期  大学院(IE)  博士前期・後期課程共通 
2021  Advanced Engineering Science Ⅰ(Modern Optics and Photonics)  前期  学部(昼間) 
2021  電子工学実験第二  後期  学部(昼間) 
詳細表示...

学外担当授業科目
2016  工業化学特別講義  東京理科大学 
2021  工業化学特論1  東京理科大学 
詳細表示...

海外教育研究活動
ポスドク  2009/06-2010/02  アメリカ合衆国 
詳細表示...

現在の専門分野
複合材料・表界面工学 
構造・機能材料 
高分子・繊維材料 
高分子化学 

現在の研究課題
光合成細菌の光捕集系モデルを用いた光電子デバイスの提案  ポリマー光デバイス、エネルギー移動  2010/05/01-2013/03/31  天然界の光捕集系に倣ったポリマーデバイスの提案と評価を行っている。 
ポリマー光ファイバーを使用した光ファイバー無線の研究  2011/10/01-現在 
応力方向を検知できる光ファイバーセンサー歪センサー  2013/04/01-現在 
視認検知式光ファイバー歪センサーの開発  2015/04/01-現在 

論文
一般論文  有  Fabrication of liquid-core fiber-optic structure for large-area CO2 sensing using ionic liquids  共著  M. Okura, H. Takana, F. Ohuchi and R. Furukawa  Journal of Fluid Science and Technology  16/ 1, JFST0004-  2021/01/01  https://doi.org/10.1299/jfst.2021jfst0004 
一般論文  有  Waveguide optimization and its evaluation of a doped polymer optical fiber designed for visual detection of stress  共著  Chie Hirose, So Kamimura and Rei Furukawa  Jpn. J. Appl. Phys.  59/ SDDF07, 1-6  2020/01/03  https://doi.org/10.7567/1347-4065/ab591e  URL 
一般論文  有  Stress-induced absorption of a birefringence-reduced polymer optical fiber with doped core  共著  Keigo Uzawa, Takamichi Tozaki, Kentaro Yano, Eisuke Nihei and Rei Furukawa  Jpn. J. Appl. Phys.  59/ SDDF06, 1-7  2020/01/03  https://doi.org/10.7567/1347-406  URL 
一般論文  有  Water Purification in Dark Conditions Using Photocatalytic Light-leakage Type Plastic Optical Fiber  共著  Haruki Nagakawa, Takuya Sato, Goki Takahashi, Tsuyoshi Ochiai, Rei Furukawa, and Morio Nagata  Chem. Lett.  49/ 2, 199-202  2019/12/19  https://doi.org/10.1246/cl.190788  URL 
一般論文  有  Fabrication of a Fluorophore-Doped Cylindrical Waveguide Structure Using Elastomers for Visual Detection of Stress  共著  Chie Hirose, Nobuko Fukuda, Takafumi Sassa, Koji Ishibashi, Tsuyoshi Ochiai, and Rei Furukawa  Fibers  7/ 5, 37/1-37/10  2019/04/26  10.3390/fib7050037 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  Strain Vector Detection Using a Combination of a Birefringence-Controlled Terpolymer Optical Fiber and a Dichroic Dye Dopant  OSA Imaging and Applied Optics Congress  STu1A.1  有  Hayato Yamazaki, Shingo Sode, Keigo Uzawa, Kentaro Yano, Rei Furukawa  2021/07/21  URL 
学会口頭発表  Mode-dependent polarization analysis of plastic optical fibers with birefringence-reduce core  第70回高分子学会年次大会  2M11  有  Shingo Sode, Hayato Yamazaki, Keigo Uzawa, Rei Furukawa  2021/05/27  URL 
学会口頭発表  Clustering behavior of phthalocyanine derivatives doped in a polymer optical fibers core  第70回高分子学会年次大会  2M10  有  Takahiro Shigeyama, Chie Hirose, Rei Furukawa  2021/05/27  URL 
学会口頭発表  Strain sensor using a dopant dye with its absorption matching the transmission window of a polymer optical fiber  第70回高分子学会年次大会  2M09  有  Hayato Yamazaki, Keigo Uzawa, Kentaro Yano, Rei Furukawa  2021/05/27  URL 
学会口頭発表  CO2 Detection Using an Ionic Liquid-Core Fiber-Optic Structure and Material Optimization Using Machine Learning  Seventeenth International Conference on Flow Dynamics (ICFD2020)  CRF-46  有  M. Okura, H. Takana, X. Wang, Y. Huang, F. Ohuchi, R. Furukawa  2020/10/28  URL 
詳細表示...

知的財産権
特許  光ひずみ検知センサー、ひずみ計測システム  特願2021-055118  2021/03/29  出願 
特許  応力センサ  PCT/JP2016/082631  2016/11/02  出願 
特許  光導波路およびこれを用いた応力センサ並びに応力センサシステム  特願2015-065790  2015/03/27  出願 
特許  光導波路及びその製造方法、リアクター、光導波路用プリフォーム、光導波路用中空管  特願2017-018882  2017/02/03  特許第6850473号  2021/03/10  出願 
特許  応力センサ  特願2017-548817  2016/11/02  特許第6712391  2020/06/03  登録 
詳細表示...

受賞
エヌエフ基金研究開発奨励賞  電力を消費しない肉眼検知式光ファイバー構造物ヘルスモニタリングの開発  2015/10/13 
詳細表示...

科学研究費助成事業
マイクロメカニックスによるポリマー光ファイバー内の針状ドーパントの配向解析  基盤研究(C)一般  2020/04/01-2022/03/31  複屈折消去性ポリマーをコアとする光ファイバーは、内部に光応答性の介在物を分散させると、その介在物の配向状態を光ファイバーから出てくる光によって推定することができる。この効果は、メートル単位で応力を監視するのに有効であるため、 次世代の防災分野に適用が期待される技術であるが、センサー感度に基づく材料設計に指針を与えるモデルの構築が必須である。そこで本課題では、光ファイバーのような円断面のひも状試料について、押しつぶしや曲げなどの「軸のある応力」が加られた際の介在物の配向モデルの構築を行う。濃度や異方性の異なる介在物を分散させた光ファイバーの光学測定結果用いて、構築したモデルの妥当性を判断する。 
ゼロ複屈折性コア光ファイバーのセンサー応用へ向けたドーパント分子の配向解析  その他  2020/03-2021/03/31 
複屈折消去材料の開発によるコア径に制限の無い偏波保持光ファイバーの実現  若手研究(A)  2016/04/01-2020/03/31 
高分子光ファイバーのフォトルミネッセンスを利用した応力センサーの開発  2014/04/01-2016/03/31 
詳細表示...

外部資金
SiO2 ナノ微粒子とフォトポリマー複合体によるブラッグ光導波路を利用した三角形 1 次平面 応力要素の直接計測  その他助成金  公益財団法人 日本板硝子材料工学助成会  2021/04/01-2024/03/31 
侵入車両の検知へ向けた色素添加ポリマー光ファイバーセンシングの初期可能性検討  その他助成金  中日本ハイウェイ・メンテナンス名古屋株式会社  2019/04/01-2019/10/31 
仮設構造物への光ファイバーひずみセンサー応用についての可能性検討  その他助成金  古久根建設(株)、(株)キャンパスクリエイト  2017/12/01-2018/03/31 
防災のための高耐久二色性色素を使ったポリマー光ファイバー応力方位検知  2017/10/02-2018/09/30 
シールドトンネルの平常時のモニタリングおよび掘削時の安全管理へ向けたセグメント組込型有機導波路の提案  その他助成金  国土交通省  国土交通省交通運輸技術開発推進制度  2017/07/14-2018/03/31 
詳細表示...

共同・受託研究実績
イオン液体の二酸化炭素吸収による光学特性の解明  2020-2021  共同研究  国内共同研究 
塗布法による新規液体ライトガイドの初期可能性検討  2019-2020  共同研究  企業からの受託研究 
イオン液体の二酸化炭素吸収による光学特性の解明  2019-2020  共同研究  国内共同研究 
侵入車両の検知へ向けた色素添加ポリマー光ファイバーセンシング の初期可能性検討  2019-2019  共同研究  国内共同研究 
ポリマー光ファイバーを用いた光ファイバー無線伝送の研究  2013-2014  受託研究  出資金による受託研究 
詳細表示...

公開講座・講演会等
女子中高生のためのロールモデル講演会・懇談会  電気通信大学 男女共同参画・ダイバーシティ戦略室  2019/11/24  電気通信大学 東4棟201室 
夢ナビTALK  FROMPAGE  2017/10/07  夢メッセみやぎ 
夢ナビライブ2017  FROMPAGE  2017/10/07  夢メッセみやぎ 
スマートQOL(Quality Of Life) 新技術説明会  科学技術振興機構、首都圏産業活性化協会、首都大学東京、電気通信大学、埼玉大学、青山学院大学、芝浦工業大学、東洋大学  2017/09/07  JST東京本部別館1Fホール(東京・市ケ谷) 
イノベーション・ジャパン2017  国立研究開発法人科学技術振興機構、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構  2017/08/31  東京ビッグサイト 
詳細表示...

所属学協会
応用物理学会 
SPIE 
The Electrochemical Society  2017/08-現在 
高分子学会  2012/06-現在 
詳細表示...

会議・研究会等
電子情報通信学会 第45回ポリマー光部品(POC)研究会  担当幹事  2021/06/25 
The 28th International Conference on Plastic Optical Fibers (POF2019)  Technical Program Committee  2019/11/20 
第89回武蔵野地区高分子懇話会  主催運営  2018/11/15 
詳細表示...

委員会・審議会等
電子情報通信学会第2種 POC研究委員会  委員  2019/03-現在 
高分子学会  高分子武蔵野懇話会幹事  2016-現在 
詳細表示...

学内委員会等
先端工学基礎過程  教育委員  2019/04-現在 
学生支援担任  2017/04-現在 
広報委員  2017/04-2019/03 
詳細表示...