日本語
The University of Electro-Communications 
Information Technology Center 

Project Associate Professor 
YAZAKI Shunji 

Career
東京工科大学  助手  2007/04/01-2009/03/31 
千葉商科大学  非常勤講師  2007/04/01-2008/03/31 
東京工科大学  助教  2009/04/01-2010/03/31 
東京工科大学  演習講師・実験講師  2010/04/01-2012/03/31 
電気通信大学  助教  2010/04/01-2016/08/31 
The Ohio State University  Visiting Scholar  2012/04/01-2013/03/31 
Hitotsubashi University  Research Associate  2016/09/01-2018/02/28 
The University of Electro-Communications  Project Associate Professor  2018/03/01-Present 
Tokyo University of Technology  School of Computer Science  Part-time lecturer  2018/04/01-2020/01/31 

Academic background
東京工科大学  工学部  情報工学科  2002/03  Graduated 
The Tokyo University of Electro-Communications  電気通信学研究科  情報工学専攻  Master's program  2004/03  Completed 
電気通信大学  電気通信学研究科  情報工学専攻  Doctoral program  2007/03  Completed 

Academic degrees
修士(工学)  The University of Electro-Communications  2004/03 
博士(工学)  The University of Electro-Communications  2007/03 

Classes responsible in other universities
2007  コンピューター操作演習I  東京工科大学 
2007  コンピューター操作演習II  東京工科大学 
2008  Web情報デザイン  千葉商科大学 
2008  情報処理  千葉商科大学 
2008  コンピューター操作演習I  東京工科大学 
View details...

Education and research activities in foreign countries
Visiting Scholar  2012/04-2013/03  米国 
View details...

Current research areas
High performance computing 
Computer system 
Information network 

Research keywords
並列処理 
計算機アーキテクチャ 
計算機ネットワーク 
Parallel processing 
Computer architecture 
Computer network 

Current research subjects
Optimization of message passing communication in massively parallel computer  Optimization of communication, Parallel computer  2009/04-Present  超並列計算機のプロセス間通信における通信最適化に関する研究を行なっている.特に,通信アルゴリズムの開発,最適化実装および通信シミュレータの開発を行なっている. 
並列計算機の通信可視化  2013/04/01-Present  並列計算において,ボトルネックとなり得る通信を効率化するため,その状況を様々な尺度で可視化する. 
計算アクセラレータによる情報インフラストラクチャの高効率化  2014/04/01-Present  Graphics Processing Unit (GPU)やMany Integrated Core (MIC)を活用して,サービスプログラムの一部処理を効率化することで,情報インフラストラクチャのコストパフォーマンスを改善する. 
データセンターの運用効率化  2015/04/01-Present  データセンターや小規模サーバ室などの運用について,自動ロボットによるデータ収集と,その解析基盤や解析手法の開発を行う. 

Published papers
Paper  Yes  CUDA Offloading for Energy-Efficient and High-Frame-Rate Simulations using Tablets  Martinez-Noriega Edgar Josafat, Syunji Yazaki, and Tetsu Narumi  Concurrency and Computation: Practice and Experience  e5488, 1-14  2019/08  10.1002/cpe.5488 
Paper  Yes  Development of A Web-based Front-end Environment to Aid Programming Lectures on Unix-like Systems  Joint  Syunji Yazaki, Hideaki Tsuchiya, and Hiroaki Ishihata  Journal of Information Processing  26, 376-385  2018/05/15  https://doi.org/10.2197/ipsjjip.26.376 
Paper  Yes  S3R: Automated Temperature Measurement in Small and Medium Sized Server Rooms by Using A Tiny Computer and Self-driving Robot  Syunji Yazaki, Hideaki Tsuchiya  Journal of Academic Computing and Networking  19, 114-121  2015/09/28  2188-9511  URL 
Paper  Yes  Improving Bandwidth Utilization and Fairness between TCP Flows based on a Machine-learning Approach  Akihiro Shiozu, Syunji Yazaki, Koki Abe  IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems  133/ 6, 1259-1268  2013/06 
Paper  Yes  メッセージフローに基づくネットワークシミュレータMFSの評価  矢崎俊志, 石畑宏明  情報処理学会論文誌 コンピューティングシステム(ACS)  4/ 3, 47-55  2011/05 
View details...

Research presentations
Symposium  メッセージフローに基づくネットワークシミュレータMFSの評価  2011年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム (HPCS2011)  Yes  矢崎俊志, 石畑宏明  2011/01 
Symposium  2次元Mesh・Torusネットワーク上での最適全対全通信アルゴリズムの評価  2011年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム (HPCS2011)  Yes  高上治之, 矢崎俊志, 安島雄一郎, 清水俊幸, 石畑宏明  2011/01 
Symposium  通信アルゴリズム評価用メッセージフローシミュレータの開発  2010年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム (HPCS2010)  Yes  矢崎俊志, 石畑宏明  2010/01 
Symposium  2次元Meshネットワーク・Torusネットワーク上での最適全対全通信アルゴリズム  2010年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム (HPCS2010)  Yes  高上治之, 矢崎俊志, 安島雄一郎, 清水俊幸, 石畑宏明  2010/01 
Oral presentation for an academic conference  Construction and operation of programming environment in a laboratory of computer science  電子情報通信学会技術研究報告 教育工学  119/ 236  No  2019/10/12 
View details...

Researcher accepted
Domestic  Visiting researcher  2016-2016 
View details...

Grants-in-aid for scientific research
計算アクセラレータによる高効率なネットワークサービス基盤の実現  "Scientific research (C), general"  2014/04/01-2018/03/31  GPU および Co-Processor ボードを用いて,L3 以上のネットワークレイヤを実装する HTTP 等のサービスプログラムについて,処理の特徴を考慮した高速化を行う.汎用の Co-Processor ボードを用いて,多数のプロセスにより,リクエストを効率よく並列処理する手法を提案する.マッチ ングや暗号化などの計算バウンドな処理に対しては GPU による既存の高速化手法を適用する.提案 手法でサービスを構築し,実際の基幹ネットワーク上で評価を行う.本研究により,安価な PC サーバで,コスト性能比の高いネットワーク基盤の実現が見込まれる.これは既存の情報基盤の高効率化, 新サービス構築の低コスト化につながり,有用なサービス開発を加速させる効果も期待できる. 
View details...

Memberships of academic societies
IEEE 
情報処理学会 
電子情報通信学会 
ACM 
View details...

Educational support at other universities
実験講師  東京工科大学  2010/04-2012/03 
非常勤講師  千葉商科大学  2007/04-2008/03 
View details...