日本語
The University of Electro-Communications 
Graduate School of Informatics and Engineering, School of Informatics and Engineering 
Department of Mechanical and Intelligent Systems Engineering, Cluster II (Emerging Multi-interdisciplinary Engineering) 

顔写真 Professor 
MASAHIDE KANEKO 

Tel.042-443-5216  
Fax.042-443-5216  
 
Personal website  

Career
国際電信電話株式会社研究所  1981/04-1994/03 
東京大学,工学部電子工学科  助教授  1994/04-1995/03 
東京大学,大学院工学系研究科電子情報工学専攻  助教授  1995/04-1997/03 
国際電信電話株式会社研究所  主幹研究員  1997/04-1998/03 
電気通信大学  助教授  1998/04-2004/03 
電気通信大学  教授  2004/04-Present 

Academic background
神奈川県立湘南高等学校  普通科  1972/03/31  Graduated 
The University of Tokyo  Faculty of Engineering  Department of Electronic Engineering  1976/03  Graduated 
The University of Tokyo  Graduate School of Engineering  Department of Electrical Engineering  Master's program  1978/03  Completed 
The University of Tokyo  Graduate School of Engineering  Department of Electronic Engineering  Doctoral program  1981/03  Completed 

Academic degrees
Doctor of Engineering  The University of Tokyo  1981 

Classes responsible within the university
2017  ヒューマンインタフェース  Spring semester  Undergraduate, mainly nighttime  Subject in specialty 
2017  信号処理工学  Spring semester  Undergraduate, daytime  Subject in specialty 
2017  コンピュータビジョン特論  Fall semester  Graduate, IE  Master's and doctoral programs  Subject in specialty 
2017  Topics in Mechatronical and Intelligent Systems Engineering Ⅱ(Visual Communications)  Fall semester  Undergraduate, daytime  Subject in specialty 
View details...

Current research areas
Perceptual information processing 
Human interface and interaction 
Intelligent informatics 
Intelligent robotics 
Kansei informatics 

Current research subjects
Processing of Facial Image Information  Facial Image Facial Caricature Individual Features  1998-Present 
Human Interface  Multimedia Human Interface Intelligent Interaction  1998-Present 
Description,Coding,and Handling of Multi-dimensional Image Information  3-D Space Description of Image Interactive Handling  1998-Present 
Human Robot Communication  Intelligent robot, Autonomous action, Audio-visual information processing  2000-Present 
Intelligent Robotics  Mapping Path planning Collision avoidance Potential method  2000-Present 

Preferable theme of joint or funded research
知能ロボティクス  Desire to engage in industry-academia collaboration and other forms of joint research with private and other organizations  Technological consultation,Commissioned research,Joint research 
Processing of Facial Image Information  Desire to engage in industry-academia collaboration and other forms of joint research with private and other organizations  Technological consultation,Commissioned research,Joint research 
Intelligent Interaction between Humans and Computer(Mobile Robot)  Desire to engage in industry-academia collaboration and other forms of joint research with private and other organizations  Technological consultation,Commissioned research,Joint research 
View details...

Published books
Book  コンピュータ画像処理  金子正秀,他共著  オーム社  2002/12 
Book  顔の百科事典  金子正秀、他共著  丸善出版  430-442, 450-455, 459-463, 588-593  2015/09  978-4-621-08958-3 
Book, dictionary  顔の百科事典  日本顔学会編  丸善出版  2015/09  978-4-621-08958-3 
Book  顔を科学する 適応と障害の脳科学  金子正秀、他分担執筆  東京大学出版会  287-305  2013/01 
Book  画像電子情報ハンドブック  金子正秀、他分担執筆  東京電機大学出版局  479-484  2008/02 
View details...

Published papers
Paper  Yes  マイクロホンアレーを用いた話者位置推定による車載音声認識  近藤啓介,長井隆行,金子正秀,榑松明  電子情報通信学会論文誌D-II  Vol.J85-D-II/ 7, 1176-1187  2002/07 
Paper  Yes  少数の実写画像に基づく擬似3次元シーンの自動生成  杉山慎,目黒光彦,金子正秀  映像情報メディア学会誌  56/ 4, 643-646  2002/04 
Paper  Yes  曖昧さを含んだ時空間指示によるコンピュータとの知的インタラクション  竹内伸吾,目黒光彦,金子正秀  情報処理学会論文誌  43/ 10, 3243-3246  2002/10 
International conference proceedings, etc.  Yes  Synthesis of facial caricature using eigenspaces and its applications to humanlike animated agents  Masahide Kaneko and Mitsuhiko Meguro  Seventh Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence (PRICAI-02), Working Notes (WS-3), International Workshop of Lifelike Animated Agents - Tools, Affective Functions, and Applications -  58-63  2002/08 
International conference proceedings, etc.  Yes  Skin-color extraction in images with complex background and varying illumination  Quan Huynh-Thu, Mitsuhiko Meguro and Masahide Kaneko  IEEE Workshop on Applications of Computer Vision (WACV2002)  280-285  2002/12 
View details...

Research presentations
Oral presentation for an academic conference  画像処理のための周波数選択特性を有する荷重メジアンフィルタの設計法  電子情報通信学会ディジタル信号処理研究会, 第17回ディジタル信号処理シンポジウム, D3-3  Yes  目黒光彦,金子正秀,榑松明  2002/11 
Oral presentation for an academic conference  擬人化エージェントにおける視聴覚アテンション機能の実現  計測自動制御学会第3回システムインテグレーション部門講演会(SI 2002)講演論文集(I), 1P23-03  No  陳彬,目黒光彦,金子正秀  2002/12 
Oral presentation for an academic conference  視聴覚情報を統合した話者注意対象の検出  情報処理学会インタラクション2003論文集  No  陳彬,目黒光彦,金子正秀  2003/02 
Oral presentation for an academic conference  クロスモーダルアテンションモデルに基づくロボットの視線方向の自動選択  第4回動画像処理実利用化ワークショップ講演論文集, 11  No  名取洋一,陳彬,目黒光彦,金子正秀  2003/03 
Oral presentation for an academic conference  複数ユーザの会話シーンにおける話者注意対象の検出  第4回動画像処理実利用化ワークショップ講演論文集, P9  No  陳彬,目黒光彦,金子正秀  2003/03 
View details...

Artistic Activity, Architectural Works, etc.
画像中の文字領域抽出方法 
画像中の文字領域抽出方法 
View details...

Intellectual property rights
Patent  Mouth shape synthesizing  6,332,123 B1,6,332,123 B1  Filed 
Patent  顔特徴抽出装置及び顔特徴抽出方法  特願2006-95586  2006/03/30  Filed 
Patent  ロボット装置及びそのコミュニケーション方法  特願2006-77693  2006/03/20  Filed 
Patent  肌色領域検出装置及び肌色領域検出方法  特願2006-77692  2006/03/20  Filed 
Patent  Method of generating facial caricature  Provisional Patent Application No.60/447,042,Provisional Patent Application No.60/447,042  2003/02/11  Filed 
View details...

Awards
昭和59年度日本ME学会論文賞  1985/07 
昭和59年度(第47回)電子情報通信学会学術奨励賞  1985/03 
昭和62年度(第21回)テレビジョン学会鈴木記念賞  1988/07 
平成8年度(第5回)映像情報メディア学会藤尾フロンティア賞  1997/05 
3次元画像コンファレンス 1996年度優秀発表表彰  1997/07 
View details...

Past records of joint or funded research
顔画像情報を利用した認識・識別に関する研究  2015-2015  Joint research  Domestic joint research 
親しみを感じさせる顔表現の生成に関する検討  2012-2012  Joint research  Domestic joint research 
写真からの顔の3Dモデル生成に関する研究  2011-2011  Joint research  Domestic joint research 
自律型作業ロボットに関する研究  2010-2010  Commissioned research  Research commissioned by a company 
携帯カメラで撮影された顔写真からの似顔絵生成とコミュニケーション応用  2007-2007  Joint research  Domestic joint research 
View details...

Public lectures
高校生・受験生のための模擬授業  電気通信大学アドミッションセンター  2016/10/01  東京都調布市 
中国電子科技大学学部生の研究室見学への対応  2016/07/17 
高校模擬講義(出張講義)  千葉県立船橋東高等学校  2015/11/17  千葉県船橋市芝山 2-13-1 
高校生 大学研究室見学  東京都立国分寺高等学校  2015/11/05  電気通信大学 西8号館 金子・中村研究室 
高校模擬講義(出張講義)  東京都 成城高等学校  2015/06/24  東京都 成城高等学校 (東京都新宿区原町3-87) 
View details...

Memberships of academic societies
ヒューマンインタフェース学会 
電気学会  2012-Present 
AVIRG  2008-2014 
The Robotics Society of Japan  2001-Present 
IEEE  1998-Present 
View details...

Involvement in conference and research meetings
Indo-Japan Conference on "Perception and Machine Intelligence (PerMIn'12)"  プログラム委員会委員  2012/01/12 
View details...

Committee or council involvement
IEEE  IEEE Tokyo Section, Chair of Nominations Committee  2005-2006 
映像情報メディア学会  評議員  2003-2004 
映像情報メディア学会  理事(調査担当) 
IEEE  IEEE Chapter Operations Committee, Secretary  2002-2002 
映像情報メディア学会  画像通信システム研究会 幹事 
View details...

Media coverage
Newspaper  朝日新聞  ロボット AI IoT and …!!! 理工学研究の最前線 人間的な振る舞いをする知能ロボット  電気通信大学 金子正秀教授 (18面)  2016/12/13 
Newspaper  東京新聞  ぶら~りキャンパス 研究編 電気通信大学 『コンピューター似顔絵 奥深い「顔情報」の世界』(27面)  2014/01/20 
Television  NHK  金子研究室における顔画像関連の研究ツールによる俳優の顔の特徴分析処理結果が、NHK, BS-hi(2010.4.9.), BS-2 (2010.4.10.) の番組「The STAR : 俳優・松平健」の中で紹介されました。  2010/04/10 
Other  インターネット上のビジネス情報サイトWisdom(NECが運営、日経BP企画が作成)  ユビキタス社会に求められるインタフェースとは~人間とコンピュータが接する界面の研究最前線~  2008/09/29 
Newspaper  日本経済新聞朝刊, 「NIKKEIプラス1」  15面「暮らしサプライズ」(そっくりさん見ぃつけた 顔の輪郭決め手 似顔絵にヒント)  2008/01/05 
View details...

Social activities
Academic journal activities  「顔の百科事典」(丸善出版)編集委員  2013-2015 
Review committee member or screening committee member for research funding, etc., at another university  日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員(書面担当)の表彰  2013-2013  平成23,24年度における特別研究員等審査会専門委員(書面担当)としての審査業務に対し、「有意義な審査意見を付した専門委員」として日本学術振興会より表彰された。 
Academic journal activities  電子情報通信学会英文論文誌D  2012-2013/03  「顔の知覚と認知」小特集号編集委員会 委員 
Other social contributions  第二回似顔絵博覧会(主催:星の子プロダクション、会場:東京芸術劇場、会期:2009.2.10.~15.、テーマ:「似るを知る」)にコメンテーターとして協力。  2008-2008 
Academic journal activities  映像情報メディア学会誌  2008/03-2008/12  2008年12月号(vol.62, no.12)「いま“顔”が面白い~顔の画像処理とその応用~」小特集のゲストエディタ 
View details...