日本語
The University of Electro-Communications 
Graduate School of Informatics and Engineering, School of Informatics and Engineering 
"Department of Informatics, Cluster I (Informatics and Computer Engineering)" 

顔写真 Professor 
MAKI SAKAMOTO 

Year of birth:1969  
Tel.042-443-5535  
Fax.042-443-5535  
 
Personal website  

Career
電気通信大学  教授  2015/04/01-Present 
北陸先端科学技術大学院大学  教育連携客員教授  2017/04/01-2020/03/31 
北陸先端科学技術大学院大学  教育連携アドバイザー  2016/04/01-2017/03/31 
Japan Advanced Institute of Science and Technology  教育連携客員准教授  2014/12/01-2016/03/31 
独立行政法人理化学研究所  客員研究員  2013/11/01-2016/03/31 
電気通信大学  准教授  2007/04/01-2015/03/31 
The University of Electro-Communications  Associate Professor  2004/04-2007/03/31 
The University of Electro-Communications  Assistant Professor  2000/04-2004/03 
University of Tokyo  Research Associate  1998/04-2000/03 
The Japan Society for the Promotion of Science  Research Fellow  1997/04-1998/03 

Academic background
The University of Tokyo  Graduate School, Division of General Culture  Language and Information Sciences  Doctoral program  1998/03  Program completed without degree 
The University of Tokyo  Graduate School, Division of General Culture  Language and Information Sciences  Master's program  1995/03  Completed 
東京都立西高等学校  1988/03/31  Graduated 
Tokyo University of Foreign Studies  Faculty of Foreign Language  ドイツ語学科  1993/03  Graduated 

Academic degrees
Master of Arts  University of Tokyo  1995/03 
Ph.D.  University of Tokyo  2000/12 

Classes responsible within the university
2019  メディア分析法  Spring semester  Undergraduate, daytime 
2019  Topics on Cognitive Processing  Spring semester  Both graduate schools, IE and IS  Master's and doctoral programs 
2019  メディア情報学実験(メディア分析実験)  Fall semester  Undergraduate, daytime 
View details...

Classes responsible in other universities
2001  英語Ⅰ  東京大学 
2002  英語Ⅰ  東京大学 
2015  人間と環境  東京外国語大学 
2016  人間と環境B  東京外国語大学 
2017  情報・知能工学専攻大学院特別講義Ⅰ  豊橋技術科学大学 
View details...

Current research areas
Cognitive science 
Kansei informatics 
Linguistics 

Current research subjects
痛みなどの症状をオノマトペで表す人の特徴を利用した問診支援システムの開発  オノマトペ、痛み、医療、問診支援、システム開発  2011/05-2014/03  人は,辞書的な語彙では表現できない微妙な心身の状態を,「頭がズキズキ痛い」,「お腹がキリキリ痛む」といった感性と直接結びつくオノマトペ(擬音語や擬態語の総称)を使って表現することが多い.本研究では,このような人の特性を利用し,国内外の医療現場において,痛みや苦痛などの症状を医師に伝えようとする患者の問診を的確かつ円滑に行える診断支援システムの開発を行う. 
オノマトペの音象徴性を利用した触質感認知メカニズムの解明とその工学的応用  オノマトペ、音象徴、触覚、認知、システム  2011/04-2013/03  本研究では触覚における質感認知を研究する上で,「さらさら」「ざらざら」といった手触りのオノマトペに着目し,その音韻の音象徴性(音韻とそれが生み出す共通の感覚イメージの関係)を利用して,触質感認知の主要因を特定することを目指す.具体的には,触素材に対するカテゴリ化(材質感認知)や快不快の判断(感性的質感認知)と,その触素材を表象するオノマトペが含む音韻との関係を被験者実験によって明らかにし,その音韻のみからでも触素材が持つ触質感を予測可能にする.また,研究成果は,触覚情報提示,及び触素材の推奨システムに応用可能で,本研究ではそれらのシステムの実現を目指す. 
様々な比喩外要因を考慮した比喩の理解・鑑賞過程の認知機構の解明  比喩、理解、認知  2011/04-2014/03  研究目的(概要)※ 当該研究計画の目的について、簡潔にまとめて記述してください。 比 喩の理解・鑑賞過程が, 比喩内要因(比喩表現の特性など比喩に関する要因) とどのように関係する かは, 応募者の研究も含めて多くの研究が行われているが, 比喩外要因( 文脈, 受け手の知識・経験や 作業記憶などの比喩を取り巻く外的要因) が理解・鑑賞過程にどのように影響を与えるかはほとんど解明 されていない. そこで本研究では, 比喩外要因が比喩の理解・鑑賞過程に与える影響を実験的に明らか にするとともに, 応募者がこれまでに解明してきた多様な比喩( 名詞比喩, 動詞比喩, 形容詞比喩) の理 解・鑑賞過程の認知モデルを発展させて, 本研究で実験的に得られた知見を認知的に説明する統合的 比喩モデルを構築することを目的とする. これらの認知過程の解明には, 心理実験と計算モデルに基づ くシミュレーションの二つの方法論を用いる. 
オノマトペのイメージ判定システムの開発  オノマトペ イメージ判定 システム開発  2008/04-Present 
ニュースサイト挿入型インターネット広告の最適化  インターネット広告 ニュースサイト 最適化  2004/04-Present 
共感覚比喩の理解と生成と認知過程の解明  synesthetic metaphor cognitive processing  2004-2010 
計算論・心理学・言語学的手法の統合による比喩の認知過程の解明  比喩 認知過程  2005-2007 
広告効果測定  TV広告 Web広告 認知効果  2004-Present 

Published books
Book  NHK子供科学電話相談  NHK出版  95-97  2019/06/20 
Book  五感を探るオノマトペ  坂本真樹  共立出版  2019/06/10  978-4-320-00929-5 
Book  人と共生するAI革命  坂本真樹  株式会社エヌ・ティー・エス  151-159  2019/06/10  978-4-86043-608-7 
Book  感性情報学ーオノマトペから人工知能までー  坂本真樹  コロナ社  2018/07/25  978-4-339-02886-7 
Book  基礎心理学実験法ハンドブック  渡邊淳司,坂本真樹  朝倉書店  190-191  2018/06/15  978-4-254-52023-1 
View details...

Published papers
Paper  Yes  Brain Networks Underlying Tactile Softness Perception: A Functional Magnetic Resonance Imaging Study  Joint  Ryo Kitada, Ryuichi Doizaki, Jinhwan Kwon, Tsubasa Tanigawa, Eri Nakagawa, Takanori Kochiyama, Hiroyuki Kajimoto, Maki Sakamoto, Norihiro Sadato  Neuroimage  197, 156-166  2019/08 
Paper  Yes  Controlled Emotional Tactile Stimulation during Functional Magnetic Resonance Imaging and Electroencephalography  Joint  Noriaki Kanayama, Masayuki Hara, Junji Watanabe, Maki Sakamoto, Shigeto Yamawaki  Journal of Neuroscience Methods  327, 1-16  2019/08/12  10.1016/j.jneumeth.2019.108393 
Paper  Yes  Physical Origin of a Complicated Tactile Sensation: 'shittori feel'  Joint  Kana Kikegawa, Reiko Kuhara, Jinhwan Kwon, Maki Sakamoto, Reiichiro Tsuchiya, Noboru Nagatani, Yoshimune Nomura  Royal Society Open Science  6/ 190039  2019/07/10  10.1098/rsos.190039 
Paper  Yes  Visualizing Individual Perceptual Differences Using Intuitive Word-Based Input  Joint  Maki Sakamoto, Junji Watanabe  Frontiers in Psychology  10/ 1108, 1-8  2019/05/21  10.3389/fpsyg.2019.01108 
Paper  Yes  オノマトペCAPTCHAの開発と評価  Joint  滋野莉子,山田道洋,菊池浩明,坂本真樹  情報処理学会論文誌  59/ 9, 1666-1677  2018/09 
View details...

Research presentations
Oral presentation for an academic conference  Automatic Advertisement Copy Generation System from Images  The 33rd Annual Conference of the Japanese Society for Artificial Intelligence  No  Koichi Yamagata, Masato Konno, Maki Sakamoto  2019/06/06 
Oral presentation for an academic conference  Intuitive Automatic Music Arrangement System for Wave Files Following Sensitivity Words  The 33rd Annual Conference of the Japanese Society for Artificial Intelligence  Yes  Koichi Yamagata, Shota Miyoshi, Maki Sakamoto  2019/06/05 
Oral presentation for an academic conference  室内空間における雰囲気を考慮した素材提案システムの構築に関する研究  第32回人工知能学会全国大会  Yes  稲住朋彦,小田島祐貴,權眞煥, 坂本真樹  2018/06/08 
Oral presentation for an academic conference  Effect of Touch-produced Sounds on Surface Texture Perception  39th Annual Meeting of the Cognitive Science Society(CogSci2017)  00  Yes  Jinhwan Kwon, Suguru Hata, Natsumi Komoto, Maki Sakamoto  2017/07/29 
Oral presentation for an academic conference  オノマトペCAPTCHAの開発と評価  情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2017) シンポジウム  Yes  滋野莉子,山田道洋,山口通智,菊池浩明,坂本真樹  2017/06/30 
View details...

Artistic Activity, Architectural Works, etc.
Artistic Activity  東京デザインウィーク “Haptic Design Showcase” ~触覚xデザインに関する体系と「今」が分かる作品を展示~  2016/10/26-2016/11/07 
Artistic Activity  「みる・きく・さわる」のふしぎ展  2014/04/29-Present 
View details...

Intellectual property rights
Patent  学習装置,空間制御装置,学習プログラムおよび空間制御プログラム  特願2019-107162  2019/06/07  Filed 
Patent  SOUND SYMBOLISM WORD/PHYSICAL FEATURE INFORMATION PROVIDING APPARATUS,SOUND SYMBOLISM WORD/PHYSICAL, FEATURE INFORMATION PROVIDING METHOD, AND SOUND SYMBOLISM WORD/PHYSICAL FEATURE INFORMATION PROVIDING PROGRAM  15/758,133  2018/03/07  Filed 
Patent  情報処理システム、情報処理方法及びプログラム  特願2017-227645  2017/11/28  Filed 
Patent  質感表現評価装置,質感表現評価方法,質感表現評価プログラムおよび質感表現回答シート  PCT/JP2017/037881  2017/10/19  Filed 
Patent  情報処理システム,情報処理方法及びプログラム  特願2017-193211  2017/10/03  Filed 
View details...

Awards
平成29年度優秀教員賞  2018 
第14回情報科学技術フォーラムFIT奨励賞  屋外広告の多目的最適化に関する研究  2015/09/17 
2014年度人工知能学会論文賞  オノマトペごとの微細な印象を推定するシステム  2015/06/12 
ARG Webインテリジェンスとインタラクション研究会第1回ステージ発表賞  2013/12/12 
Best Application Award  2012/11/22 
View details...

Researcher accepted
Domestic  Visiting researcher  2017-Present 
Domestic  Post-doctoral researcher  韓国  Japan Society for the Promotion of Science, etc.  2016-Present 
View details...

Grants-in-aid for scientific research
オノマトペや比喩による主観表現に着目した病態分類に基づく診断推論支援システム構築  "Scientific research (B), general"  2018/04/01-2021/03/31 
物理・知覚・感性の対応付けに基づく実社会の多様な質感情報表現  "Scientific research on innovative areas, research in a proposed research area"  2015/07/01-2020/03/31 
高齢者の身体的・認知的変化に応じた介護コンシェルジュエージェントシステム  "Scientific research (A), general"  2015/04/01-2019/03/31 
日常診療から認知症診断までオノマトペを用いて感性を尊重する高齢者支援手法の提案  "Scientific research (B), general"  2015/04/01-2018/03/31 
オノマトペを用いた多様なパーソナリティの把握と人間関係の可視化  Challenging exploratory research  2015/04/01-2018/03/31 
View details...

Public lectures
第1回埼玉県AIコンソーシアム総会  埼玉県  2019/08/07  新都心ビジネス交流プラザ(埼玉県) 
岐阜県福祉の仕事合同研修・交流会  岐阜県  2019/06/07  ぎふ清流文化プラザ(岐阜県) 
人工知能(AI)でビジネスはどう変わる?  2019/02/26  上田東急REIホテル(長野) 
人工知能(AI)でビジネスはどう変わる?~売れる商品名は計算で解明できる!?「オノマトペ」の魅力~  2019/02/21  柏崎市民プラザ 
人工知能社会を楽しく生きるため  2019/02/08  川越プリンスホテル(東京) 
View details...

Memberships of academic societies
Cognitive Science Society  2009/05-Present 
International Cognitive Linguistics Association  2005-Present 
日本認知科学会  2001-Present 
日本言語学会  1995-Present 
言語処理学会  2005-2014/10/14 
View details...

Involvement in conference and research meetings
JSAI International Symposia on AI  Co-chair  2018/11 
人工知能学会第30回全国大会  オーガナイズドセッションオーガナイザー  2016/06/06 
第8回エンターテイメントと認知科学シンポジウム  プログラム委員  2014 
The International Symposiumu on Innovative Research and Teaching in ESP  プログラム委員  2014/02/22 
第7回エンターテイメントと認知科学シンポジウム  プログラム委員  2013 
View details...

Educational support at other universities
教育連携客員教授  北陸先端科学技術大学院大学  2018/04-2020/03 
非常勤講師  情報・知能工学大学院特別講義Ⅰ  2017/07-Present 
非常勤講師  多摩地区三大学の大学間連携に伴う授業の相互提供「人間と環境」(東京外国語大学)  2016/10-2017/03 
教育連携客員教授  北陸先端科学技術大学院大学  2016/04-2018/03 
坂本真樹  多摩地区三大学の大学間連携に伴う授業の相互提供「人間と環境」(東京外国語大学)  2015/04-2015/07 
View details...

Media coverage
Other  週刊ダイヤモンド  週刊ダイヤモンドに電気通信大学発ベンチャー感性AI株式会社の記事が掲載  2019 
Other  AERAムック  AERAムック2020大学院通信制大学2020にAI(人工知能)とビジネスというタイトルで取材記事が掲載  2019 
Television  フジテレビ  ホンマでっか!?TV  2019/09/11  21:00~22:00 
Radio  NHK  夏休み子ども科学電話相談  2019/07/30 
Radio  NHK  子ども科学電話相談  2019/06/30 
View details...

Social activities
Other social contributions  第7回日経星新一賞最終審査員  2019/05/27-2020/03/31 
Academic journal activities  PlosONE Academic Editor  2018-Present 
Other social contributions  JSTフェア2018出展  2018/08/30-Present 
Participation in community support activities, etc.  味の素スタジアム感謝デー  2018/06/24-Present  東京都水道局ブースに出展 
Participation in community support activities, etc.  NOMUNOMU東京水ライフイベント  2018/06/02-Present 
View details...