English
電気通信大学 
電気通信大学 

顔写真 副学長 
坂本 真樹 
サカモト マキ 
MAKI SAKAMOTO 

1969年生まれ  
Tel.042-443-5535  
Fax.042-443-5535  
 
個人ウェブサイトはこちら  

経歴
電気通信大学  教授  2015/04/01-現在 
北陸先端科学技術大学院大学  教育連携客員教授  2017/04/01-2021/03/31 
北陸先端科学技術大学院大学  教育連携アドバイザー  2016/04/01-2017/03/31 
北陸先端科学技術大学院大学  教育連携客員准教授  2014/12/01-2016/03/31 
独立行政法人理化学研究所  客員研究員  2013/11/01-2016/03/31 
電気通信大学  准教授  2007/04/01-2015/03/31 
電気通信大学  助教授  2004/04-2007/03/31 
電気通信大学  講師  2000/04-2004/03 
東京大学大学院  助手  1998/04-2000/03 
日本学術振興会  特別研究員  1997/04-1998/03 
日本学術会議  連携会員  2020/10/01-現在 

学歴
東京大学  総合文化研究科  言語情報科学専攻  博士  1998/03  単位取得満期退学 
東京大学  総合文化研究科  言語情報科学専攻  修士  1995/03  修了 
東京都立西高等学校  1988/03/31  卒業 
東京外国語大学  外国語学部  ドイツ語学科  1993/03  卒業 

学位
修士(学術)  東京大学  1995/03 
博士(学術)  東京大学  2000/12 

学内担当授業科目
2020  メディア分析法  前期  学部(昼間) 
2020  認知プロセス論特論  前期  大学院共通(IE,IS)  博士前期・後期課程共通 
2020  メディア情報学実験(メディア分析実験)  後期  学部(昼間) 
2020  総合コミュニケーション科学  後期  学部(夜間主) 
詳細表示...

学外担当授業科目
2001  英語Ⅰ  東京大学 
2002  英語Ⅰ  東京大学 
2015  人間と環境  東京外国語大学 
2016  人間と環境B  東京外国語大学 
2017  情報・知能工学専攻大学院特別講義Ⅰ  豊橋技術科学大学 
詳細表示...

現在の専門分野
認知科学 
感性情報学 
言語学 

現在の研究課題
痛みなどの症状をオノマトペで表す人の特徴を利用した問診支援システムの開発  オノマトペ、痛み、医療、問診支援、システム開発  2011/05-2014/03  人は,辞書的な語彙では表現できない微妙な心身の状態を,「頭がズキズキ痛い」,「お腹がキリキリ痛む」といった感性と直接結びつくオノマトペ(擬音語や擬態語の総称)を使って表現することが多い.本研究では,このような人の特性を利用し,国内外の医療現場において,痛みや苦痛などの症状を医師に伝えようとする患者の問診を的確かつ円滑に行える診断支援システムの開発を行う. 
オノマトペの音象徴性を利用した触質感認知メカニズムの解明とその工学的応用  オノマトペ、音象徴、触覚、認知、システム  2011/04-2013/03  本研究では触覚における質感認知を研究する上で,「さらさら」「ざらざら」といった手触りのオノマトペに着目し,その音韻の音象徴性(音韻とそれが生み出す共通の感覚イメージの関係)を利用して,触質感認知の主要因を特定することを目指す.具体的には,触素材に対するカテゴリ化(材質感認知)や快不快の判断(感性的質感認知)と,その触素材を表象するオノマトペが含む音韻との関係を被験者実験によって明らかにし,その音韻のみからでも触素材が持つ触質感を予測可能にする.また,研究成果は,触覚情報提示,及び触素材の推奨システムに応用可能で,本研究ではそれらのシステムの実現を目指す. 
様々な比喩外要因を考慮した比喩の理解・鑑賞過程の認知機構の解明  比喩、理解、認知  2011/04-2014/03  研究目的(概要)※ 当該研究計画の目的について、簡潔にまとめて記述してください。 比 喩の理解・鑑賞過程が, 比喩内要因(比喩表現の特性など比喩に関する要因) とどのように関係する かは, 応募者の研究も含めて多くの研究が行われているが, 比喩外要因( 文脈, 受け手の知識・経験や 作業記憶などの比喩を取り巻く外的要因) が理解・鑑賞過程にどのように影響を与えるかはほとんど解明 されていない. そこで本研究では, 比喩外要因が比喩の理解・鑑賞過程に与える影響を実験的に明らか にするとともに, 応募者がこれまでに解明してきた多様な比喩( 名詞比喩, 動詞比喩, 形容詞比喩) の理 解・鑑賞過程の認知モデルを発展させて, 本研究で実験的に得られた知見を認知的に説明する統合的 比喩モデルを構築することを目的とする. これらの認知過程の解明には, 心理実験と計算モデルに基づ くシミュレーションの二つの方法論を用いる. 
オノマトペのイメージ判定システムの開発  オノマトペ イメージ判定 システム開発  2008/04-現在 
ニュースサイト挿入型インターネット広告の最適化  インターネット広告 ニュースサイト 最適化  2004/04-現在 
共感覚比喩の理解と生成と認知過程の解明  共感覚比喩 認知過程  2004-2010 
計算論・心理学・言語学的手法の統合による比喩の認知過程の解明  計算機科学 心理学 言語学  2005-2007 
広告効果測定  TV広告 Web広告 認知効果  2004-現在 

著書
著書  New Frontiers in Artificial Intelligence  Springer  2020/07  978-3-030-58789-5 
著書  学ぶ!究める!医療AI  坂本真樹  インナービジョン・ムック  8-10  2020/04/21  978-4-902131-85-7 
著書  New Frontiers in Artificial Intelligence  Springer  2019  0302-9743 
著書  NHK子供科学電話相談  NHK出版  95-97  2019/06/20 
著書  五感を探るオノマトペ  坂本真樹  共立出版  2019/06/10  978-4-320-00929-5 
詳細表示...

論文
一般論文  有  A New Way of Making Advertising Copies: Image as Input  共著  Yuji Nozaki, Masato Konno, Koichi Yamagata, Maki Sakamoto  New Frontiers in Artificial Intelligence  402-411  2020/07  0302-9743  10.1007/978-3-030-58790-1_26 
一般論文  有  Brain Networks Underlying Tactile Softness Perception: A Functional Magnetic Resonance Imaging Study  共著  Ryo Kitada, Ryuichi Doizaki, Jinhwan Kwon, Tsubasa Tanigawa, Eri Nakagawa, Takanori Kochiyama, Hiroyuki Kajimoto, Maki Sakamoto, Norihiro Sadato  Neuroimage  197, 156-166  2019/08 
一般論文  有  Controlled Emotional Tactile Stimulation during Functional Magnetic Resonance Imaging and Electroencephalography  共著  Noriaki Kanayama, Masayuki Hara, Junji Watanabe, Maki Sakamoto, Shigeto Yamawaki  Journal of Neuroscience Methods  327, 1-16  2019/08/12  10.1016/j.jneumeth.2019.108393 
一般論文  有  Physical Origin of a Complicated Tactile Sensation: 'shittori feel'  共著  Kana Kikegawa, Reiko Kuhara, Jinhwan Kwon, Maki Sakamoto, Reiichiro Tsuchiya, Noboru Nagatani, Yoshimune Nomura  Royal Society Open Science  6/ 190039  2019/07/10  10.1098/rsos.190039 
一般論文  無  国際シンポジウムJSAI International Symposia on AI 2018 (JSAI-isAI 2018)開催報告  共著  小島一浩,坂本真樹  人工知能  34/ 3, 413-417  2019/05 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  Product search system using onomatopoeia for texture  JSAI International Symposia on Artificial Intelligence 2019  有  Koichi Yamagata, Tatsuki Kagitani, Maki Sakamoto  2019/11/11  URL 
学会口頭発表  A New Way of Making Advertising Copies: Image as Input  JSAI International Symposia on Artificial Intelligence 2019  有  Yuji Nozaki, Masato Konno, Koichi Yamagata, Maki Sakamoto  2019/11/11  URL 
学会口頭発表  Automatic Advertisement Copy Generation System from Images  人工知能学会第33回大会  無  Koichi Yamagata, Masato Konno, Maki Sakamoto  2019/06/06 
学会口頭発表  Intuitive Automatic Music Arrangement System for Wave Files Following Sensitivity Words  人工知能学会全国大会第33回  有  Koichi Yamagata, Shota Miyoshi, Maki Sakamoto  2019/06/05 
学会口頭発表  室内空間における雰囲気を考慮した素材提案システムの構築に関する研究  第32回人工知能学会全国大会  有  稲住朋彦,小田島祐貴,權眞煥, 坂本真樹  2018/06/08 
詳細表示...

芸術活動・建築作品等
芸術活動  東京デザインウィーク “Haptic Design Showcase” ~触覚xデザインに関する体系と「今」が分かる作品を展示~  2016/10/26-2016/11/07 
芸術活動  「みる・きく・さわる」のふしぎ展  2014/04/29-現在 
詳細表示...

知的財産権
特許  指示入力装置および指示入力プログラム  特願2020-105799  2020/06/19  出願 
特許  学習装置,空間制御装置,学習プログラムおよび空間制御プログラム  特願2019-107162  2019/06/07  出願 
特許  SOUND SYMBOLISM WORD/PHYSICAL FEATURE INFORMATION PROVIDING APPARATUS,SOUND SYMBOLISM WORD/PHYSICAL, FEATURE INFORMATION PROVIDING METHOD, AND SOUND SYMBOLISM WORD/PHYSICAL FEATURE INFORMATION PROVIDING PROGRAM  15/758,133  2018/03/07  出願 
特許  情報処理システム、情報処理方法及びプログラム  特願2017-227645  2017/11/28  出願 
特許  質感表現評価装置,質感表現評価方法,質感表現評価プログラムおよび質感表現回答シート  PCT/JP2017/037881  2017/10/19  出願 
詳細表示...

受賞
平成29年度優秀教員賞  2018 
第14回情報科学技術フォーラムFIT奨励賞  屋外広告の多目的最適化に関する研究  2015/09/17 
2014年度人工知能学会論文賞  オノマトペごとの微細な印象を推定するシステム  2015/06/12 
ARG Webインテリジェンスとインタラクション研究会第1回ステージ発表賞  2013/12/12 
Best Application Award  2012/11/22 
詳細表示...

研究員受入れ
国内  客員研究員  2017-現在 
国内  ポスドク  韓国  学術振興会等  2016-現在 
詳細表示...

科学研究費助成事業
オノマトペや比喩による主観表現に着目した病態分類に基づく診断推論支援システム構築  基盤研究(B)一般  2018/04/01-2021/03/31 
物理・知覚・感性の対応付けに基づく実社会の多様な質感情報表現  新学術領域研究(研究領域提案型)  2015/07/01-2020/03/31 
高齢者の身体的・認知的変化に応じた介護コンシェルジュエージェントシステム  基盤研究(A)一般  2015/04/01-2019/03/31 
日常診療から認知症診断までオノマトペを用いて感性を尊重する高齢者支援手法の提案  基盤研究(B)一般  2015/04/01-2018/03/31 
オノマトペを用いた多様なパーソナリティの把握と人間関係の可視化  挑戦的萌芽研究  2015/04/01-2018/03/31 
詳細表示...

公開講座・講演会等
日経SDGsフォーラムシンポジウム  日本経済新聞社  2020/09/01  日経ホール(東京) 
星新一賞に挑戦!AIを使って小説を書いてみよう!  電気通信大学人工知能先端研究センター  2020/08/23  電気通信大学100周年記念ホール(東京) 
スマートシティ大垣まちづくりシンポジウム  大垣観光協会  2020/02/15  大垣市 
第17期PBA医薬マーケティング・アカデミー2月講座  ファルマ・ビジネス・アカデミー  2020/02/11  東京・日本橋ライフサイエンスハブ 
日本バルセロナスマートシティフォーラム  一般社団法人スマートシティ・インスティテュート  2020/01/20  日経ホール 
詳細表示...

所属学協会
Cognitive Science Society  2009/05-現在 
国際認知言語学会  2005-現在 
日本認知科学会  2001-現在 
日本言語学会  1995-現在 
言語処理学会  2005-2014/10/14 
詳細表示...

会議・研究会等
JSAI International Symposia on AI  Co-chair  2018/11 
人工知能学会第30回全国大会  オーガナイズドセッションオーガナイザー  2016/06/06 
第8回エンターテイメントと認知科学シンポジウム  プログラム委員  2014 
The International Symposiumu on Innovative Research and Teaching in ESP  プログラム委員  2014/02/22 
第7回エンターテイメントと認知科学シンポジウム  プログラム委員  2013 
詳細表示...

他大学等教育支援
教育連携客員教授  北陸先端科学技術大学院大学  2018/04-2022/03 
非常勤講師  情報・知能工学大学院特別講義Ⅰ  2017/07-現在 
非常勤講師  多摩地区三大学の大学間連携に伴う授業の相互提供「人間と環境」(東京外国語大学)  2016/10-2017/03 
教育連携客員教授  北陸先端科学技術大学院大学  2016/04-2018/03 
坂本真樹  多摩地区三大学の大学間連携に伴う授業の相互提供「人間と環境」(東京外国語大学)  2015/04-2015/07 
詳細表示...

マスコミ取材
新聞  日本経済新聞  日経SDGsフォーラムシンポジウム報告  2020/10/06 
その他  日経サイエンス  親と子の科学の冒険2020  2020/09/01 
新聞  日本経済新聞  日経SDGsフォーラムシンポジウム広告  2020/08/24 
テレビ  NHK  あさイチ  2020/08/19 
新聞  日本経済新聞  日経SDGsフォーラムシンポジウム広告  2020/08/13 
詳細表示...

社会貢献活動
生涯学習支援等への貢献  小学6年生の国語の教科書(学校図書)に「AIで言葉と向き合う 坂本真樹」という文章が掲載された  2020/04/01-現在 
生涯学習支援等への貢献  チャレンジ6年生(添削問題)プレテスト無償配布  2019-現在 
その他社会活動の実績  第7回日経星新一賞最終審査員  2019/05/27-2020/03/31 
学術雑誌関係  PlosONE Academic Editor  2018-現在 
その他社会活動の実績  JSTフェア2018出展  2018/08/30-現在 
詳細表示...