日本語
The University of Electro-Communications 
Graduate School of Informatics and Engineering, School of Informatics and Engineering 
Department of Informatics, Cluster II (Emerging Multi-interdisciplinary Engineering) 

顔写真 Professor 
KAZUO OHTA 

Year of birth:1954  
Tel.042-443-5362  
Fax.042-443-5822  
Personal website  

Career
日本電信電話公社横須賀電気通信研究所  (特別研究員/主幹研究員にて退職)  1979/04-2001/03 
電気通信大学大学院情報システム学研究科  客員教授  1995/10-1998/09 
早稲田大学理工学部  非常勤講師  1997-2013/03/31 
電気通信大学  教授  2001/04-Present 

Academic background
早稲田大学高等学院  1973/03  Graduated 
Waseda University  Faculty of Science and Engineering  数学科  1977/03  Graduated 
Waseda University  Graduate School, Division of Science and Engineering  数学専攻  Master's program  1979/03  Completed 

Academic degrees
理学学士  Waseda University  1977 
理学修士  Waseda University  1979 
理学博士  Waseda University  1990 

Classes responsible in other universities
2001  情報セキュリティ  早稲田大学理工学部 
2002  情報セキュリティ  早稲田大学理工学部 
2003  情報セキュリティ  早稲田大学理工学部 
2006  情報セキュリティ  早稲田大学理工学部 
2007  情報セキュリティ  早稲田大学理工学部 
View details...

Education and research activities in foreign countries
MIT客員教授  1999-2000  米国 
MIT客員研究員  1991-1992  米国 
View details...

Current research areas

Current research subjects
Study on Cryptographic Protocol  Digital Money Electronic Voting Internet Auction 
Applications of Public-Key Cryptosystems  Digital Signature Identification Authentication 
Security Evaluation of Cryptosystems  Factoring Lattice Differential/Linear Attcks 

Published books
Book  「数学ゲーム必勝法」, Elwyn R. Berlekamp, John H. Conway, Richard K. Guy, “Winning Ways for Your Mathematical Plays,” (A K Peters/CRC Press, 2001) の訳本  小林欣吾,佐藤創(監訳)  共立出版  2016/12/25 
Book  Fault Analysis in Cryptography  Junko Takahashi, Toshinori Fukunaga, Shigeto Gomisawa, Yang Li, Kazuo Sakiyama, and Kazuo Ohta  Springer  313-332  2012 
Book  タスク構造確率I/O オートマトンを用いた安全性証明  米山 一樹,太田 和夫  共立出版  2010/07 
Book  ゲーム列による安全性証明の基礎  花谷 嘉一,太田 和夫  共立出版  2010/07 
Book  計算理論の基礎, Michael Sipser Introduction to the Theory of Computation Second Edition,(Thomson Course Technology) の訳本 3.複雑さの理論  太田 和夫,田中 圭介 監訳  共立出版  2008/05/15 
View details...

Published papers
Paper  Yes  Constructions of Dynamic and Non-dynamic Threshold Public-key Encryption Schemes with Decryption Consistency  Yusuke Sakai, Keita Emura, Jacob Schuldt, Goichiro Hanaoka, Kazuo Ohta  Theoretical Computer Science  630/ 5, 95-116  2016  0304-3975 
Paper  Yes  A Limitation on Security Evaluation of Cryptographic Primitives with Fixed Keys  Joint  Yutaka Kawai(Mitsubishi Electric), Goichiro Hanaoka(National Institute of Advanced Industrial Science and Technology, Kazuo Ohta(The University of Electro-Communications) Noboru Kunihiro(The University of Tokyo)  Security and Communication Networks  9/ 12, 1663-1675  2016  1939-0122 
Paper  Yes  A new method for enhancing variety and maintaining reliability of PUF responses and its evaluation on ASICs  Joint  D. Yamamoto, K. Sakiyama, M. Iwamoto , K. Ohta, M. Takenaka, K. Itoh, and N. Torii,  J. Cryptographic Engineering  5/ 3, 187-199  2015 
Paper  Yes  “A Silicon-level Countermeasure against Fault Sensitivity Analysis and Its Evaluation,”  Sho Endo, Yang Li, Naofumi Homma, Kazuo Sakiyama, Kazuo Ohta, Daisuke Fujimoto, Makoto Nagata, Toshihiro Katashita, Jean-Luc Danger, and Takafumi Aoki,  IEEE Trans. Very Large Scale Integr. (VLSI) Syst.,  23/ 8, 1429-1438  2015 
Paper  Yes  “クロック間衝突を漏洩モデルとする新たなサイドチャネル解析と並列実装AES暗号ハードウェアにおける弱い鍵,”  Joint  中曽根俊貴, 李陽, 岩本貢, 太田和夫, 﨑山一男,  電子情報通信学会論文誌(A),  J97-A/ 11, 695-703  2014 
View details...

Research presentations
Oral presentation for an academic conference  ダミーエントリの作成方法に着目した共通鍵検索可能暗号CGKO方式の改良  暗号と情報セキュリティシンポジウム2018(SCIS2018)  3C2-2  No  野島 拓也,渡邉 洋平,岩本 貢,太田 和夫  2018/01/25 
Oral presentation for an academic conference  マルチユーザで利用可能な共通鍵型秘匿検索に向けて  暗号と情報セキュリティシンポジウム2018(SCIS2018)  3C2-1  No  早坂 健一郎,川合 豊,小関 義博,平野 貴人,岩本 貢,太田 和夫  2018/01/25 
Oral presentation for an academic conference  カードを用いた複数人でのマッチングプロトコル  暗号と情報セキュリティシンポジウム2018(SCIS2018)  3B1-5  No  古賀 優太,鈴木 慎之介,渡邉 洋平,岩本 貢,太田 和夫  2018/01/25 
Oral presentation for an academic conference  3枚のカードで実現可能な3入力多数決プロトコル  暗号と情報セキュリティシンポジウム2018(SCIS2018)  3B1-4  No  黒木慶久,古賀優太,渡邉洋平,岩本貢,太田和夫  2018/01/25 
Oral presentation for an academic conference  ロバスト秘密分散法CFOR方式における精密な安全性解析  暗号と情報セキュリティシンポジウム2018(SCIS2018)  2A3-3  No  鈴木慎之介,渡邉洋平,岩本貢,太田和夫  2018/01/24 
View details...

Intellectual property rights
Patent  検索システム、検索システムの検索方法、情報処理装置、検索プログラム、対応キーワード管理装置および対応キーワード管理プログラム  PCT/JP2012/053948  2012/02/20  Filed 
Patent  検索システム,検索システムの検索方法,情報処理装置,検索プログラム,対応キーワード管理装置および対応キーワード管理プログラム  特願2011-035677  2012/02/20  Filed 
Patent  個体別情報生成装置,暗号化装置,認証装置,及び個体別情報生成方法  特願2011-279002  2011/12/20  Filed 
Patent  温度センサ,暗号化装置,暗号化方法,及び個体別情報生成装置  特願2011-279001  2011/12/20  Filed 
Patent  温度センサ,暗号化装置,暗号化方法,及び個体別情報生成装置  特願2011-279000  2011/12/20  Filed 
View details...

Awards
一般社団法人 電子情報通信学会 フェロー  2018/03/22 
情報セキュリティ文化賞  2012/03/07 
社団法人 電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ 功労賞  2010/09/15 
平成21年度 電子情報通信学会論文賞  2010/05/22 
第4回 IPA賞(情報セキュリティ部門)  2008/05/27 
View details...

Past records of joint or funded research
暗号デバイスのセキュリティ脅威に関する調査・研究  2014-2014  Joint research  Domestic joint research 
長期安全性を実現する情報セキュリティ基盤技術の開発  2014-2014  Joint research  Domestic joint research 
ハッシュ関数実装時の暗号プロトコルの安全性証明手法  2014-2014  Joint research  Domestic joint research 
暗号デバイスのセキュリティ脅威に関する研究  2013-2013  Joint research  Domestic joint research 
長期安全性を実現する効率的な暗号基盤技術の開発  2013-2013  Joint research  Domestic joint research 
View details...

Public lectures
CRYPTRECシンポジウム2017  国立研究開発法人情報通信研究機構 独立行政法人情報処理推進機構 共催:総務省、経済産業省  2017/12/18  品川シーズンテラスカンファレンス(東京都港区港南1-2-70) 
CRYPTRECシンポジウム2016  国立研究開発法人情報通信研究機構 独立行政法人情報処理推進機構 共催:総務省、経済産業省  2016/06/27  品川シーズンテラスカンファレンス(東京都港区港南1-2-70) 
View details...

Memberships of academic societies
IACR 
情報処理学会 
電子情報通信学会 
View details...

Committee or council involvement
重点課題検討タスクフォース(総務省・情報流通行政局)  委員  2015/10-2016/03 
暗号技術評価委員会(情報通信研究機構,情報処理推進機構)  委員長  2015/04-2016/03 
暗号技術検討会(総務省・情報流通行政局)  委員  2015/04-2016/03 
CRYPTRECの在り方に関する検討グループ(総務省・情報流通行政局)  委員  2015/04-2015/09 
暗号技術検討会(総務省・情報流通行政局)  委員  2014/04-2015/03 
View details...

Industry-academia-government collaboration activities
Technological support  サイバー創研  IPAオープンソフトウェア利用促進事業 第3回OSSモデルカリキュラム導入実証「OSSによるセキュアなネットワークシステムの構築」の実施に関わるアドバイス  2010/01-2010/11 
Technological support  パナソニック電工株式会社  住宅用電気錠のセキュア性を確保した単方向無線通信仕様の策定と評価に関するコンサルティング  2009/12-2010/04 
Technological support  富士通テクノリサーチ株式会社  平成21年度特許出願技術動向調査(暗号技術)に係わる調査・検討の推進を図るための技術動向調査委員会の委員長(座長)としてのコンサルテーション.  2009/07-2010/03 
View details...

Educational support at other universities
博士後期課程学生アドバイザリ委員  (九州大学大学院システム情報科学府)  2011/02-2013/03 
非常勤講師  情報科学特殊講義Ⅶ(お茶の水女子大)  2009/11-2010/03 
View details...

Media coverage
Newspaper  読売新聞  「メールのパスワード暗号を破った APOP規格解読方法発見」  2007/04/19 
Newspaper  日経産業新聞  先端技術 先端人  2009/07/23 
Other  ニュートン プレス  素数のきほん 雑誌 ニュートンムック Newtonライト 2018年2月20日 pp.54-62 協力  2017/02/20 
Other  誠文堂新光社  暗号王になる 雑誌 子供の科学 2016年11月号 pp.12--21 協力  2016/10/10 
Other  日経サイエンス  サイドチャネル 雑誌 別冊日経サイエンス pp.92--99 協力  2016/04/22 
View details...

Social activities
Review committee member or screening committee member for research funding, etc., at another university  公益財団法人 東燃国際奨学財団 選考委員  2017/06-Present  東燃国際奨学財団からの依頼を受けて奨学金を支給するための候補者の評価を行う. 
View details...

Committee activity in the University
情報理工学予算委員会  委員  2010/04-Present 
情報公開・個人情報保護委員会  委員  2010/04-Present 
IE研究科入試委員会  委員  2009/10-Present 
就職指導委員会  委員長  2008/11-2009/10 
就職指導委員会  委員  2007/11-2008/10 
View details...