English
電気通信大学 
脳科学ライフサポート研究センター 

顔写真 特任教授 
山田 幸生 
ヤマダ ユキオ 
YUKIO YAMADA 

1948年生まれ  
Fax.042-443-5220  
 
個人ウェブサイトはこちら  

名誉教授授与大学名
電気通信大学 

経歴
工業技術院機械技術研究所  研究員および主任研究官  1974/04-1991/03 
工業技術院機械技術研究所  熱工学課長  1991/04-1993/03 
工業技術院機械技術研究所  バイオメカニクス研究室長  1993/04-1998/04 
工業技術院機械技術研究所  基礎技術部長  1998/05-2001/03 
電気通信大学  教授  2001/04-2013/03/31 
電気通信大学  大学院情報理工学研究科、情報理工学部  特命教授  2013/04/01-2014/03/31 

学歴
東京工業大学  理工学部  機械工学科  1970/03  卒業 
東京工業大学  理工学研究科  機械工学専攻  修士  1973/03  修了 

学位
工学士  東京工業大学  1970/03 
工学修士  東京工業大学  1973/03 
工学博士  東京工業大学  1983/01 

学内担当授業科目
2012  熱工学  前期  学部(昼間) 
2012  基礎解析学  前期  学部(夜間主) 
詳細表示...

学外担当授業科目
2002  実験熱流体力学特論  東京工業大学 
2003  実験熱流体力学特論  東京工業大学 
2005  特別講義II  大分大学 
詳細表示...

海外教育研究活動
The 2nd Asian and Pacific Rim Symposium on Biophotonics, Topic Sub-committee Co-Cairs  2004/04-2004/12  台湾 
Institute of Physics, International Advisory Board member for Physics in Medicine and Biology  2001/12-2006/11  英国 
米国光学会年春季トピカルミーティング・プログラム委員  1996-2004  米国 
詳細表示...

現在の専門分野
生体医工学・生体材料学 
熱工学 

現在の研究課題
近赤外分光による無侵襲血糖値測定法  無侵襲血糖値測定,近赤外分光  2001/04-現在  近赤外分光法を用いて無侵襲に血糖値を連続的に測定する技術の研究開発.皮膚内の光伝播をシミュレーションすることにより多変量解析における検量関数を導き,測定された近赤外光スペクトルから血糖値を推定する. 
近赤外分光を用いた水溶液温度の非接触測定  水溶液温度,非接触測定,近赤外分光  2003/04-現在  近赤外光域における水による光吸収スペクトルが温度によりわずかに変化することを利用して水溶液の温度を非接触で計測する技術の研究 
微量流量水溶液の光による完全非接触流量測定法  Low flow rate, Water solution, Perfectly non-contact measurement, Near infrared light  2003/04-現在  水溶液の毎分数mlの微量流量を光を用いて完全非接触で測定する技術の研究.熱式流量計の原理を用いるが,流体の加熱および温度変化測定を近赤外光を用いて行うため,完全非接触で流量を測定することができる. 
蛍光トモグラフィの研究  トモグラフィ,蛍光  2004/04-現在  小動物を対象に蛍光薬剤を投与した後,蛍光薬剤の体内分布を断層像として描き出す技術の研究.新薬開発などを効果的・効率的に行う技術として,また,乳がんなどの早期発見に貢献する技術として期待されている. 
樹脂製マイクロ流体チップの溶着方法に関する研究  マイクロ流体チップ,溶着,プラスチック  2004/04-現在  樹脂製マイクロ流体チップの基板と蓋を溶着に赤外線照射支援を行う方法の研究開発 
微小流路中の細胞動態計測法の研究  細胞動態,微小流路  2004/04-現在  血液中の各種細胞が微小流路を流れながら凝集などの変化する様子をリアルタイムで観察する手法の開発研究 
近赤外光の頭部・脳内における光伝播  近赤外光 光伝播 脳機能 
反射型パルスオキシメータ  パルスオキシメータ 反射型 酸素飽和度 
層構造生体組織中の光伝播  層構造 光伝播 生体組織 
細胞レベルの熱・物質輸送  熱輸送 物質輸送 細胞 

著書
著書  医用画像解析ハンドブック  山田幸生  オーム社  361-364  2012/11 
著書  医用画像工学ハンドブック  山田幸生  日本医用画像工学会  371-383  2012/09 
著書  シミュレーション辞典  山田幸生,大川晋平  コロナ社  p. 76  2012/02 
著書  NIRS---基礎と臨床  山田幸生  新興医学出版社  pp. 23-28  2012/01 
著書  伝熱工学資料 改訂第5版  山田幸生  日本機械学会  157-158  2009/05 
詳細表示...

論文
一般論文  有  Simultaneous imaging of temperature and concentration of ethanol–water mixtures in microchannel using near-infrared dual-wavelength absorption technique  共著  Naoto Kakuta, Hiroki Yamashita, Daisuke Kawashima, Katsuya Kondo, Hidenobu Arimoto and Yukio Yamada  Measurement Science and Technology  27/ 115401, 1-12  2016/09  10.1088/0957-0233/27/11/115401 
一般論文  有  Renormalization of the highly forward-peaked phase function using the double exponential formula for radiative transfer  共著  Hiroyuki Fujii, Shinpei Okawa, Yukio Yamada, Yoko Hoshi, Masao Watanabe  Journal of Mathematical Chemistry  published on line  2016/07/21  10.1007/s10910-016-0670-3 
一般論文  有  Numerical Modeling of Photon Migration in Human Neck Based on the Radiative Transport Equation  共著  Hiroyuki Fujii, Shinpei Okawa, Ken Nadamoto, Eiji Okada, Yukio Yamada, Yoko Hoshi, and Masao Watanabe  Journal of Applied Nonlinear Dynamics  5/ 1, 117-125  2016/03  10.5890/JAND.2016.03.009 
一般論文  有  Near-infrared noninvasive blood glucose prediction without using multivariate analyses: introduction of imaginary spectra due to scattering change in the skin  共著  Katsuhiko Maruo and Yukio Yamada  Journal of Biomedical Optics, Vol. 20, No. 4, Paper No. 047003, pp. 1-11 (April, 2015)  20/ 4, No. 047003-No. 047003  2015/04/01 
一般論文  有  Reconstruction of Cross-Sectional Temperature Distributions of Water around a Thin Heating Wire by Inverse Abel Transform of Near-Infrared Absorption Images  Naoto Kakuta, Katsuya Kondo, Hidenobu Arimoto, and Yukio Yamada  International Journal of Heat and Mass Transfer  77, 852-859  2014 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  Numerical modeling of photon migration in the cerebral cortex of the living rat using the radiative transport equation  SPIE BiOS 2015  1/ 1  有  Hiroyuki Fujii, Shinpei Okawa, Ken Nadamoto, Eiji Okada, Yukio Yamada, Yoko Hoshi, and Masao Watanabe  2015/02/07 
学会口頭発表  生体光イメージングのためのヒト頸部内光伝播モデルの構築  日本機械学会第27回バイオエンジニアリング講演会  1/ 1  無  藤井宏之,大川晋平,灘本健,岡田英史,山田幸生,星詳子,渡部正夫  2015/01/09 
学会口頭発表  近赤外吸収イメージング法を応用したマイクロ流路内の酸塩基中和反応の可視化  第30回近赤外フォーラム  1/ 1  無  川嶋大介,角田直人,近藤克哉,有本英伸,山田幸生  2014/11/27 
学会口頭発表  Numerical modeling of photon migration in human thyroid based on the radiative transport equation  The 3rd International Conference on Complex Dynamical Systems & Their Applications  1/ 1  有  H. Fujii, S. Okawa, K. Nadamoto, E. Okada, Y. Yamada, Y. Hoshi, and M. Watanabe  2014/11/24 
学会口頭発表  近赤外域の2波長を用いたマイクロ流路内の酸・アルカリ水溶液混合場の濃度イメージング  第51回日本伝熱シンポジウム  1/ 1  無  川嶋大介,角田直人,近藤克哉,有本英伸,山田幸生  2014/05/21 
詳細表示...

知的財産権
特許  流量測定装置及び流量測定方法  2010-81438  2010/03/31  出願 
特許  計測対象保持具  2009-020331  2009/11/30  出願 
特許  光断層像の生成法  2009-020330  2009/11/30  出願 
特許  血小板凝集反応評価方法,及び血小板凝集反応評価装置  2008-090211  2008/03/31  2009-244053  公開 
特許  樹脂製マイクロ流体チップの溶着方法  2006-312841  2006/11/20  出願 
詳細表示...

受賞
功績賞(第19回 2014年度)  2015/01/09 
名誉会員  2014/05/22 
日本伝熱学会創立50周年記念功労者表彰  2011/11/26 
日本伝熱学会学術賞  2011/06/02 
日本機械学会賞(論文)"Anatomical and Functional Images for in vitro and in vivo Tissues by NIR Time-domain Diffuse Optical Tomography"  2005/04/08 
詳細表示...

研究員受入れ
国内  客員研究員  日本  東京都医学総合研究所  拡散光トモグラフィーに関する研究  派遣元  2012-現在 
国外  客員研究員  中国  Jinan University  医療機器応用のための光学・分光学技術の研究  派遣元  2010-2011 
国外  客員研究員  Spain  University of Cordoba  家畜の成育状況の分光学的判断に関する研究  派遣元  2010-2010 
詳細表示...

共同・受託研究実績
入力型BMI電気刺激を用いた運動と感覚の再生法の研究開発  2012-2014  受託研究  出資金による受託研究 
ヒト深部組織のイメージングを可能とする定量的蛍光分子イメージング基盤技術の確立  2011-2013  受託研究  出資金による受託研究 
近赤外分光技術を応用した新しい非接触式微量流量計の研究開発  2011-2012  受託研究  出資金による受託研究 
光学スペクトルシフトを利用した非接触式極微量流量計開発の事前調査  2004-現在  共同研究  国内共同研究 
光学的非侵襲血糖測定シミュレーションによる研究開発  2004-現在  共同研究  国内共同研究 
詳細表示...

公開講座・講演会等
オープンキャンパス模擬講義  電気通信大学  2010/11/20  電気通信大学 東4号館 
公開講座「生物・生体と機械工学」  電気通信大学  2008/10/04  電気通信大学 
詳細表示...

所属学協会
日本光脳機能イメージング研究会  2004-現在 
電気学会  2003-現在 
日本光学会  1995-現在 
英国物理学会  1994-現在 
米国光学会  1992-現在 
詳細表示...

委員会・審議会等
(独)日本学術振興会 産学協力研究委員会 第185委員会「生体ひかりイメージング技術と応用」  委員および運営委員会委員  2011/12-2016/11 
日本光脳機能イメージング研究会  大会長  2011/08-2012/07 
(社)電子情報技術産業協会 医用光生体計測に関する国際標準化対応委員会  委員  2011/07-2013/03 
日本伝熱学会  副会長  2009/05-2010/05 
文部科学省 科学技術・学術審議会 資源調査分科会 光資源委員会  科学技術・学術審議会専門委員  2006/10-2008/01 
詳細表示...

マスコミ取材
新聞  日経産業新聞  先端技術  2010/01/22 
テレビ  NHK  ニュース:湯たんぽによる低温やけどについての注意喚起  2009/02/04  21:00-22:00 
新聞  日本経済新聞社  日本経済新聞朝刊1面「採血なしで血糖値測定」  2006/11/24 
詳細表示...

社会貢献活動
学術雑誌関係  Physics in Medicine and Biology  2005/12-2009/12  Editorial Board member 
詳細表示...

学内委員会等
ヒトを対象とする実験に関する倫理委員会  委員長  2010/04-2012/03 
人間福祉テクノロジー研究ステーション  代表者  2008/04-2013/03 
技術部委員会  委員  2008/04-2009/03 
ヒトを対象とする実験に関する倫理委員会  委員  2006/04-2010/03 
詳細表示...