日本語
The University of Electro-Communications 
Graduate School of Informatics and Engineering, School of Informatics and Engineering 
Department of Computer and Network Engineering, Cluster I (Informatics and Computer Engineering) 

顔写真 Assistant Professor 
JUNJI NISHINO 

Personal website  

Career
福井大学工学部情報工学科  助手  1995/10-Present 
福井大学工学部知能システム工学科  助手  1999/04-Present 
電気通信大学電気通信学部  助手  2001/04-Present 
電気通信大学  助教  2007/04/01-Present 

Academic background
Tokyo Institute of Technology  Faculty of Engineering  制御工学科  1990/03  Graduated 
Tokyo Institute of Technology  Graduate School, Division of Integrated Science and Engineering  システム科学専攻  Master's program  1992/03  Completed 
Tokyo Institute of Technology  Graduate School, Division of Integrated Science and Engineering  システム科学専攻  Doctoral program  1995/09  Program completed without degree 

Academic degrees
修士(工学)  Tokyo Institute of Technology  1992/03 
博士(工学)  電気通信大学  2013/03 

Licenses and qualifications
天才プログラマー  2006 

Outlines of current research
1)多次元ファジィ集合(このへんファジィ)とその応用に関する研究。
ファジィ理論を軸としてより複雑な知的情報処理システムで用いるために多変数化を行っている。とくに、協調問題を対象として、RoboCupサッカーにおけるエージェントのふるまいの設計や人間行動についての計測と分析を扱う。
これらは高度ロボット産業における人工知能技術の開発につながり、各種新産業アプリケーションへの応用を想定している。

2)人工知能の応用技術に関する研究。
ファジィ理論を軸として応用向け人工知能技術であるソフトコンピューティングを、実際に様々な問題解決に応用する研究を行なっている。対象システムモデリング、問題解決システムの構築、機械学習の応用など、確率(ベイジアン)モデル、ニューラルネットワーク、遺伝的アルゴリズム、進化システム、深層学習(ディープラーニング)など。

3)多人数不完全情報ゲームとその応用に関する研究。
3人以上の関与者が未知情報環境下で関係する多人数不完全情報ゲームの構造は、一般の社会関係の数理モデルである。多人数不完全情報ゲームにおける有効な戦略決定やゲームの構造分析を理論と実験から求める手法を開発している。不完全性をはかる指標として提案した偶然手番感度によるゲームの分類を通じてその性質解明を行う。

4)高度技能と人に関する研究。
人に優しすぎるシステムの構築は高コストなうえに、目的どおりの設計ができないリスクが高い。人が頑張ることを前提として、人工物の性能をあえて抑えた設計にすることで、より安価かつより高機能な仕事を可能にする、スキルトロニクスという新しいパラダイムを提案している。高度技能の例としてジャグリングを研究対象としている。 

Classes responsible within the university
2017  情報領域演習第二  Spring semester  Undergraduate, daytime 
2017  プログラミング演習  Fall semester  Undergraduate, daytime 
2017  情報工学工房  Year-round  Undergraduate, daytime and nighttime 
View details...

Current research areas
Soft computing 
Entertainment and game informatics 
Intelligent informatics 
Intelligent robotics 
Sports science 
Control engineering/System engineering 

Research keywords
ファジィ理論 
システム科学 
ゲーム理論 
Fuzzy 
systems science 
game theory 
ジャグリング 

Current research subjects
多次元ファジィ集合の実装と応用  ファジィ集合、知的情報処理、知的制御、ファジィ推論、ファジィモデリング  2000/01-Present  従来1次元上で扱われていたファジィ集合を多次元に拡張して現実的に扱う手法の開発と、その応用に関する研究。 ファジィ推論、ファジィモデリングなど幅広い応用がある。 
人工知能技術の応用(ソフトコンピューティング)  2001/01/01-Present 
多人数不完全情報ゲーム  N人ゲーム、展開型ゲーム、ゲーム木探索  2006/10-Present  計算機とソフトコンピューティング手法を利用して、手番を持つ多人数ゲームの解やその探索法について、その性質を明らかにする。 
ジャグリングの科学  2001/04/01-Present 
Human cooperative behavior under multi-agent game environment  cooperation  1999/10/01-Present 

Preferable theme of joint or funded research
多変数複雑システムのモデリング、評価、制御 (多次元ファジィシステムの応用)  Desire to engage in industry-academia collaboration and other forms of joint research with private and other organizations  Technological consultation,Commissioned research,Joint research 
多人数の関与者と不完全情報を含む課題の解決 (多人数不完全情報ゲームとその分析)  Desire to engage in industry-academia collaboration and other forms of joint research with private and other organizations  Technological consultation,Commissioned research,Joint research 
View details...

Published books
Book  Real-time Adaptive from Observation for RoboCup Soccer Agents  Tomomi Kawarabayashi,Takenori Kubo,Takuya Morisita, Junji Nishino, Tomohiro Odaka, Hisakazu Ogura  Distributed Autonomous Robotic Systems, Springer-Verlag  pp. 207--214  2002/06 
Book  Open Zeng: An Open Style Deistributed Semi-Cooperative Team Development Project from Japan  Junji Nishino, Takuya Morishita, Takenori Kubo  RoboCup 2000: Robot Soccer World Cup IV, Springer  473--476  2001/08 
Book  Zeng00: The Realization of Mixed Strategy in Simulation Soccer Game  Takuya Morishita, T. Kawarabayashi, J. Nishino, H. Shimora, H. Ogura  RoboCup 2000: Robot Soccer World Cup IV, Springer  465--468  2001/08 
Book  Zeng00: The Realization of Mixed Strategy in Simulation Soccer Game  Takuya Morishita, T. Kawarabayashi, J. Nishino, H. Shimora, H. Ogura  RoboCup 2000: Robot Soccer World Cup IV (Peter Stone, Tucker Balch, Gerhard Kraetzschmar Eds.), Springer  465-468  2001/08 
View details...

Published papers
International conference proceedings, etc.  Yes  Fuzzy Evaluation of Macroscopic Situation for Turn based Strategic Games  Joint  Kosuke Muto、 Junji Nishino  In Proceedings of the SCIS & ISIS 2016  -/ -, ---  2016/08/25 
International conference proceedings, etc.  Yes  KonohenFuzzy : a sample points based computational model for multi-dimensional fuzzy set  Only  Junji Nishino  Proceedings of The 2014 IEEE International Conference on Granular Computing (GrC)  -/ -, Page 230-234  2014 
International conference proceedings, etc.  Yes  Investigation of the effects of nonverbal information on werewolf  Joint  Katagami, D.; Takaku, S.; Inaba, M.; Osawa, H.; Shinoda, K.; Nishino, J.; Toriumi, F.  Fuzzy Systems (FUZZ-IEEE), 2014 IEEE International Conference on , vol., no., pp.982,987, 6-11 July 2014  -/ -, 982-987  2014  10.1109/FUZZ-IEEE.2014.6891847 
International conference proceedings, etc.  Yes  Chance Node Sensitivity of Daihimin  Junji Nishino、Tetsuro Nishino  Computer Games and Intelligence Workshop  ---  2013/08 
International conference proceedings, etc.  Yes  Parallel Monte Carlo search for imperfect information game Daihinmin  Joint  Junji Nishino、Tetsuro Nishino  2012 FIFTH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON PARALLEL ARCHITECTURES, ALGORITHMS AND PROGRAMMING (PAAP)  3-6  2012  10.1109/PAAP.2012.8 
View details...

Research presentations
Oral presentation for an academic conference  パズルゲームの個人対応難易度評価  情報処理学会研究報告  Vol2017-GI-37/ No.9  No  濱田 信佑、西野 順二  2017/03/07 
Oral presentation for an academic conference  ターン制戦略ゲームにおける合法手数応答型戦略切替の効果  情報処理学会研究報告  Vol2017-GI-37/ No.10  No  提橋 凜、武藤 孝輔、西野 順二  2017/03/07 
Oral presentation for an academic conference  ゲームNPCが人を楽しませる行動をとる効果,  第42回東海ファジィ研究会発表予稿集  No  高橋克樹、西野順二  2017/02/19 
Oral presentation for an academic conference  ファジィ階層型強化学習によるロボカップエージェント制御  第42回東海ファジィ研究会発表予稿集  No  佐土瀬寛、西野順二  2017/02/19 
Oral presentation for an academic conference  ターンベース戦略ゲームにおけるファジィ評価関数を用いたUCT  第42回東海ファジィ研究会発表予稿集  No  武藤孝輔、西野順二  2017/02/19 
View details...

Intellectual property rights
Patent  個人照合方法および個人照合装置  特許出願平10-195710  1998  特許公開2000-29839  2000  Published 
Patent  三次元航行体の操舵制御装置  特許出願平4-230752  1992  特許公開平06-072391  1994  Published 
Trademark  このへんファジィ  2006/09/27  5059726  2007/07/06  Registered 
View details...

Awards
第16回 学生・一般アイディアコンテスト3位(銅賞)  ペンギンライトマーカ(光のリズムで場所を知らせる名札)  2012/06/20 
第27回ファジィシステムシンポジウムポスターデモセッション優秀賞  2011/09 
人工知能学会研究会優秀賞  2010/06/10 
文部科学大臣表彰  2010/04/13 
2007年度山下記念研究賞  2008/03/13 
View details...

Grants-in-aid for scientific research
多変数システム制御のための多次元ファジィ集合構築支援システム  Scientific research (C), general  2014-2016 
View details...

Public lectures
ジャグリング入門 -頭を鍛える軽運動、やり方と楽しみ方-  本学  2017/06  電気通信大学 
ジャグリング入門 -頭を鍛える軽運動、やり方と楽しみ方-  本学  2016/06  電気通信大学 
高大連携事業 出前授業  新潟県立新発田南高等学校  2015/10/27 
ジャグリング入門 -頭を鍛える軽運動、やり方と楽しみ方-  本学  2015/06  電気通信大学 
ジャグリング入門 -頭を鍛える軽運動、やり方と楽しみ方-  本学  2014/06  電気通信大学 
View details...

Memberships of academic societies
日本ファジィ学会  1990-Present 
情報処理学会  1995-Present 
日本ジャグリング協会  2001-Present 
JSAI  2010/05-2012 
AAAI  2001-2005 
View details...

Involvement in conference and research meetings
日本知能情報ファジィ学会、第31回ファジィシステムシンポジウム  特別企画担当  2015/09 
日本知能情報ファジィ学会、第30回ファジィシステムシンポジウム  特別企画担当  2014/09 
View details...

Committee or council involvement
日本ファジィ学会  第21回ファジィシステムシンポジウム財務委員長  2004-2005 
日本ファジィ学会  編集委員  2001-2003 
日本ファジィ学会  知的制御研究部会会計幹事  2002-2003 
日本ファジィ学会  北信越支部幹事  1997-2001 
View details...

Media coverage
Other  アイオー  アイオー誌にミニ四駆AI大会運営に関する記事が掲載された  2017/04 
View details...