English
電気通信大学 
大学院情報理工学研究科、情報理工学域 
情報・ネットワーク工学専攻、Ⅰ類 (情報系) 

准教授 
龍野 智哉 
タツノ トモヤ 
Tomoya TATSUNO 

経歴
東京大学  助手  1999/04-2003/08 
University of Maryland  Research Associate  2003/08-2005/08 
University of Maryland  Assistant Research Scientist  2005/08-2011/06 
電気通信大学  准教授  2011/07-現在 

学歴
大阪府立北野高等学校  1990/03  卒業 
京都大学  理学部  1995/03  卒業 
京都大学  工学研究科  博士前期  1997/03  修了 
京都大学  エネルギー科学研究科  博士後期  1999/03  中退 

学位
博士(エネルギー科学)  京都大学  2002/01 

学内担当授業科目
2017  複素関数論 (火・4)  前期  学部(昼間)  専門科目 
2017  複素関数論 (水・4)  前期  学部(昼間)  専門科目 
詳細表示...

海外教育研究活動
学内経費「若手教員の海外研修制度」により派遣。  2014/08-2015/01 
詳細表示...

現在の専門分野
プラズマ科学 
プラズマ科学 

現在の研究課題
位相空間における静電プラズマの乱流  乱流,運動論,位相空間  2005-現在 
グラフィックスプロセッサを用いた高速数値シミュレーション  グラフィックスプロセッサ  2013/04-現在  近年性能が飛躍的に向上しているグラフィックスプロセッサを用いた高速数値計算の可能性について研究している。 
偏微分方程式の数値シミュレーションにおける反射のない境界条件について  2013-現在 

論文
一般論文  有  簡約化 MHD シミュレーションコードの自動チューニング  共著  宮川大和、Rudolf Tretler, 龍野智哉  プラズマ・核融合学会誌  93/ 6  2017/06 
一般論文  有  2 次元渦度方程式への Perfectly Matched Layer に基づく仮想吸収層の実装  共著  園田大二郎、大井祥栄、龍野智哉  日本応用数理学会論文誌  27/ 2  2017/06 
一般論文  有  Freely decaying turbulence in two-dimensional electrostatic gyrokinetics  T. Tatsuno, G. G. Plunk, M. Barnes, W. Dorland, G. G. Howes and R. Numata  Physics of Plasmas  19/ 12, 122305-  2012/12 
一般論文  無  Considering fluctuation energy as a measure of gyrokinetic turbulence  G. G. Plunk, T. Tatsuno and W. Dorland  New Journal of Physics  14/ 10, 103030-  2012/10 
一般論文  有  Gyrokinetic simulations of the tearing instability  R. Numata, W. Dorland, G. G. Howes, N. F. Loureiro, B. N. Rogers, and T. Tatsuno  Physics of Plasmas  18/ 11, 112106-  2011/11 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  地球プラズマシート内の希薄波の MHD シミュレーション  平成28年度 NIFS共同研究集会  なし  無  Rudolf Tretler, 細川敬祐、龍野智哉  2016/12/13 
学会口頭発表  プラズマシミュレーションコードの自動チューニング  平成27年度 NIFS 共同研究集会  16-13  無  宮川 大和、龍野 智哉  2015/12/16 
学会口頭発表  Hasegawa-Wakatani モデルの二次不安定性の線形解析  平成27年度 NIFS 共同研究集会  16-7  無  Rudolf Tretler, 龍野 智哉  2015/12/16 
学会口頭発表  Towards kinetic simulation of MRI using GPU  American Physical Society, Division of Plasma Physics  無  T. Tatsuno, W. Dorland, A. Kanekar  2014/10/30 
学会口頭発表  自動チューニングシステムを利用した簡約化MHD コードの高速化  第3回 IFERC-CSC 研究会  無  宮川大和、龍野智哉  2014/02/19 
詳細表示...

共同・受託研究実績
グラフィックスプロセッサにおける運動論シミュレーションコードの開発  2012-現在  共同研究  国際共同研究 
詳細表示...

所属学協会
American Physical Society  2005/11-現在 
プラズマ・核融合学会  2002/07-現在 
日本物理学会  1996/10-2004/01 
詳細表示...

会議・研究会等
平成29年度 NIFS共同研究集会  代表  2017/12/19 
第44回数値解析シンポジウム  実行委員  2015/06/08 
International Workshop on Computational Science and Numerical Analysis  運営委員  2012/03/24 
詳細表示...