日本語
The University of Electro-Communications 
Center for Industrial and Governmental Relations 

Project Professor 
Sadao OBANA 

Personal website  

Professor emeritus
電気通信大学 

Career
国際電信電話株式会社(KDD, 現KDDI)入社  1978/04/01-2011/09/30 
同 研究所情報処理研究室  主査  1985/08/01-1989/08/06 
同 上福岡研究所コンピュータ通信研究室  担当主任研究員  1989/08/07-1991/03/10 
同 研究所OSI通信グループ  主任研究員  1991/03/11-1993/07/29 
同 研究所網管理グループ  グループリーダ  1993/07/30-1999/06/30 
株式会社KDD研究所  取締役  1999/07/01-2001/09/30 
KDDI株式会社技術開発本部ITS開発部  部長  2001/10/01-2004/07/14 
株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR) 出向  適応コミュニケーション研究所長  2004/07/15-2011/09/30 
電気通信大学  情報理工学研究科  教授  2011/10/01-2019/03/31 
同  教育研究評議員 併任  2014/04/01-2018/03/31 
同  学術院長 併任  2016/04/01-2017/03/31 
同  情報理工学域長 併任  2016/04/01-2018/03/31 
同  学長補佐(産学官連携担当)、産学官連携センター 副センター長  2018/04/01-2019/03/31 
電気通信大学  産学官連携センター  特任教授、センター長  2019/04/01-Present 

Academic background
慶応義塾高等学校  1972/03  Graduated 
Keio University  Faculty of Engineering  Department of Electrical Engineering  1976/03  Graduated 
Keio University  Graduate School, Division of Engineering  Division of Electrical Engineering  Master's program  1978/03  Completed 

Academic degrees
博士(工学)  Keio University  1993/03 

Classes responsible within the university
2019  通信・ネットワーク  Spring semester  Undergraduate, mainly nighttime 
View details...

Current research areas
Information network 
Communication/ Network engineering 

Current research subjects
アンテナの指向性を利用するユビキタスインフラストラクチャに関する実証的発展研究  モバイルネットワーク、アドホック・センサ・メッシュネットワーク  2008/04-2012/03  アドホックネットワーク、センサーネットワークならびにメッシュネットワークにおいて、アンテナの指向性を利用して、無線周波数資源の空間的な有効利用をはかり、ネットワーク全体の通信容量を増大させる方式を検討し、試作機を用いた実証を行う。 
異種無線システム動的利用による信頼性向上技術の研究開発  コグニティブ無線、公衆網・自営網連携、無線LAN(Wi-Fi)、WiMAX  2008/10-2012/03  周囲の物理環境に起因する電波の伝搬や混み具合等の通信環境やトラフィック状況、誤り率、遅延時間などを「認知」し、それに応じて高速無線通信WiMAX、次世代携帯電話LTEや無線LAN等の無線メディアのうちから、場所や時間によって空いている最も効率のよいメディアを選択し、または複数のメディアを同時に適切に組み合わせて利用して、安定した品質のインターネットアクセスや情報検索等のサービスを提供するためのコグニティブ無線通信の実現方式の研究 
無駄な消費電力量を削減するRadio On Demand Networksの研究開発  無線LAN、省電力化、ウェイクアップ  2010/08-2013/03  通信を行っていない無線機器をスリープさせ必要な時に、端末から無線ですばやく起動できるように省電力化を図るための方式検討と試作機による実証を行う。 
高機能携帯端末を利用した広域センサネットワーク・P2Pネットワークの構築技術の研究  スマートフォン、センサネットワーク、P2Pネットワーク  2011/10-2015/03  スマートフォン等の高機能携帯端末を活用して、広域にわたって位置、電波強度、天候、渋滞、アンケート情報などを、必要な時に安全に収集しセンタで処理できるようにするセンサネットワークや、端末間が連携して同時に複数の携帯端末に情報を効率よく配信するためのP2Pネットワークの構成技術を研究する。 
次世代高度道路交通システム(A-ITS)のためのクルマのネットワーク化に関する研究  高度道路交通システム(ITS)、無線ネットワーク、モバイルコンピューティング、安全・快適運転支援システム  2011/10-2016/03  車両どうしが互いの情報を頻繁に交換して、衝突事故を回避したり、ドライバどうしの円滑な意思疎通を図り、安全で快適なドライブをサポートするクルマネットワークを実現するための、ネットワークアーキテクチャ、通信制御方式、プロトコル、分散処理方式などに関する研究を行う。 

Published books
Book  オープンネットワークの世界 -OSI-入門  田畑孝一, 小花貞夫, 森野和好, 朝倉雄二, 水野忠則  近代科学社  1993/04 
Book  OSIプロトコル 絵とき読本 (改訂増補版)  小野欽司, 浦野義頼, 鈴木健二, 松尾一紀, 小花貞夫, 飯作俊一, 加藤聰彦  オーム社  1989/10 
Book  OSI & ISDN 絵とき用語事典  浦野義頼, 鈴木健二, 小花貞夫, 飯作俊一, 山崎克之, 中尾康二, 石倉雅巳  オーム社  1988/10 
View details...

Published papers
Paper  Yes  車両からの電波の長期計測による 路側機の高精度測位方式の提案  Joint  戸田和宏,湯 素華,小花貞夫  情報処理学会論文誌  60/ 8, 1379-1389  2019/08/01 
Paper  Yes  Energy-Efficient Data Collection Method for Sensor Networks by Integrating Asymmetric Communication and Wake-up Radio  Joint  Masanari Iwata, Suhua Tang and Sadao Obana  Sensors  sensors 2018/ 1121, 1-17  2018/04/06  1424-8220  10.3390/s18041121 
Paper  Yes  Reducing false wake-up in contention-based wake-up control of weireless LANs.  Joint  Shuha Tang, Sadao Obana  Wireless Networks  1-18  2018/01/31  10.1007/s11276-018-1663-y 
Paper  Yes  歩行者事故削減のためのGPSと車両からの電波を用いた歩行者位置の高精度測位方式の提案と評価  Joint  山下 遼, 湯 素華, 小花貞夫  情報処理学会論文誌  59/ 1, 113-123  2018/01/15 
Paper  Yes  モバイル端末の消費電力削減のためのBLEを用いたWi-Fiウェイクアップ制御方式の提案と実装  Joint  田中直哉, 湯 素華, 小花貞夫  情報処理学会デジタルプラクティス  9/ 1, 198-217  2018/01/15 
View details...

Research presentations
Oral presentation for an academic conference  セルラV2XとDSRCを併用した車車間通信による狭域道路・交通情報の効率的な配信方式の提案と評価  情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2019) シンポジウム  No  高草政史,湯 素華,上野高明,大岸智彦,小花貞夫  2019/07/03 
Oral presentation for an academic conference  車両移動による無線チャネル状態情報の変化を利用した歩行者の角度推定及び高精度測位法の提案と評価  情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2019) シンポジウム  No  駒宮 亘,小花貞夫,湯 素華  2019/07/03 
Oral presentation for an academic conference  車両ネットワークにおけるセルラV2X とDSRC の性能比較検証  情報処理学会第81回全国大会  6Y-02  No  高草政史, 湯 素華, 上野高明, 大岸智彦, 小花貞夫  2019/03/14 
Oral presentation for an academic conference  車両移動による無線チャネル状態情報の変化を利用した高精度な歩行者測位法  情報処理学会第81回全国大会  5Y-04  No  駒宮 亘, 小花貞夫, 湯 素華  2019/03/14 
Oral presentation for an academic conference  IEEE802.11ah の省電力化のための端末のグループ化と通信制御方式の検討  情報処理学会第81回全国大会  6V-08  No  井波健太, 湯 素華, 小花貞夫  2019/03/14 
View details...

Intellectual property rights
Patent  バイタル情報推定装置及びバイタル情報推定プログラム  特願2019-018120  2019/02/04  Filed 
Patent  位置測定装置、位置測定方法、プログラム、および位置測位システム  特願2015-048549  2015/03/11  特開2016-169974  2016/09/23  特許第6551969  2019/07/12  Registered 
View details...

Awards
情報処理学会 功績賞  2019/06/05 
H28年度科研費審査委員表彰  2016/09/30 
IARIA Best Paper Award  2012/03/01 
近畿情報通信協議会会長表彰  2009/06/01 
平成13年度文部科学大臣賞 (研究功績者)  2001/04/18 
View details...

Public lectures
電波政策懇談会  総務省  2014/04/18 
View details...

Memberships of academic societies
電子情報通信学会  1975/06-Present 
情報処理学会  1975/05-Present 
View details...

Involvement in conference and research meetings
情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2011)  実行委員長  2011/07/05 
View details...

Committee or council involvement
総務省 情報通信審議会情報通信技術分科会 陸上無線通信委員会  専門委員  2017/01/14-2018/03/31 
情報処理学会論文誌特集号「超スマート社会に向けた高度交通システムとモバイル通信」編集委員会  ゲストエディタ  2016/11-2018/01 
700MHz帯車車間通信・路車間通信のセキュリティ機能を確保・考慮した相互接続試験等に関する調査検討会  主査  2016/11/29-2017/03/31 
自動走行向けITS無線通信手順についての調査検討会  主査  2016/10/06-2017/03/31 
総務省 情報通信審議会情報通信技術分科会 陸上無線通信委員会 ITS無線システム作業班  主任  2016/10/01-2017/03/31 
View details...

Social activities
Other social contributions  文部科学省・科学技術政策研究所 科学技術専門家ネットワーク・専門調査員  2013/04-2018/03  先端技術に関するアンケート回答および情報提供 
Academic journal activities  Journal of Communications and Networks, Guest Edditor  2012/04-2013/03  Guest Edditor, Special Issue on Telematics Communications and Vehicular Networking 
View details...

Committee activity in the University
学長補佐(産学官連携担当)  2018/05-Present 
産学官連携センター  副センター長  2018/04-Present 
情報理工学域  学域長  2016/04-2018/03 
学術院  院長、副院長  2016/04-2018/03 
経営協議会  委員  2016/04-2018/03 
View details...