English
電気通信大学 
大学院情報理工学研究科、情報理工学域 
基盤理工学専攻、Ⅲ類(理工系) 

教授 
瀧 真清 
タキ マスミ 
Masumi TAKI 

個人ウェブサイトはこちら  

学歴
群馬大学大学院工学研究科材料工学専攻  工学研究科  材料工学専攻  博士前期  1996/03  修了 
群馬大学大学院工学研究科物質工学専攻  工学研究科  物質工学専攻  博士後期  1998/03  修了 
南山高等学校  卒業 

学位
修士(工学)  群馬大学  1996/03 
博士(工学)  群馬大学  1998/03 

学内担当授業科目
2021  生物有機化学  前期  大学院(IE)  博士前期課程 
2021  化学生命工学演習第一  前期  学部(昼間) 
2021  有機化学第一  前期  学部(昼間) 
2021  基盤理工学専攻基礎  前期  大学院(IE)  博士前期課程 
2021  現代化学  後期  学部(昼間) 
詳細表示...

学外担当授業科目
2021  生体分子化学特論  日本大学 
詳細表示...

現在の専門分野
生体関連化学 

現在の研究課題
ペプチドや蛋白質N末端特異的な18F-PETプローブ標識  NEXT-A反応、L/F-転移酵素、ポジトロン断層法(PET)、非天然アミノ酸  2001/04-2019 
N末端ルールに従う基質蛋白質の網羅的新規発見  NEXT-A反応, L/F-転移酵素, 蛋白質分解  2007/04-2014 
T7ファージウイルスを用いた人工分子の分子進化(10BASEd-T)  ファージディスプレー、環状ペプチド、人工抗体、進化分子工学  2009/07-現在 
生体分子のメカノケミストリー  2017/05-現在 
共有結合性の中分子薬剤探索  2017-現在 
標的特異性を持つKeep-on型蛍光分子のコンビナトリアル合成  Keep-on type fluorescence, pharamacophore, Schiff base library  2018-2019 

著書
著書  A solvatochromic binder obtained via an extended phage-display acts as a fluororeporter for the fragment-based drug discovery / Peptide Science 2020  R. Katsuki, T. Numayama, M. Taki*  The Japanese Peptide Society  121-122  2021 
著書  Chemo-​enzymatic Synthesis of biologics-​fused hybrid molecules via NEXT-​A reaction / Peptide Science 2019  M. Taki*  The Japanese Peptide Society  35-36  2020 
著書  Combinatorially Screened Peptide as Targeted Covalent Binder / Peptide Science 2018  M. Taki*  The Japanese Peptide Society  36  2019 
著書  「ファージディスプレイ法を利用した機能性ペプチドスクリーニング」, 医薬品開発における中分子領域(核酸医薬・ペプチド医薬)の開発戦略  谷田部 和貴、田淵 雄大、望月 和人、瀧 真清*  情報機構  139-143  2019/10/15  978-4-86502-176-9 
著書  Bioconjugation approach towards peptide-Fc fusion compounds / Peptide Science 2016  S. Hirasawa and M. Taki*  The Japanese Peptide Society  205-206  2017 
詳細表示...

論文
一般論文  有  Direct screening of a target-specific covalent binder: stringent regulation of warhead reactivity in a matchmaking environment  共著  Y. Tabuchi, T. Watanabe, R. Katsuki, Y. Ito, and M. Taki*  Chem. Commun.  57, 5378-5381  2021/05/05 
一般論文  有  Inhibition of thrombin activity by a covalent-binding aptamer and reversal by the complementary strand antidote  共著  Y. Tabuchi, J. Yang*, M. Taki*  Chem. Commun.  57, 2483-2486  2021/03/11 
一般論文  有  Medium-firm drug-candidate library of cryptand-like structures on T7 phage: Design and selection of strong binder for Hsp90  共著  K. Mochizuki, L. Matsukura, Y. Ito, N. Miyashita*, M. Taki*  Org. Biomol. Chem  19, 146-150  2021/01/07 
一般論文  有  Mechano-chromic protein–polymer hybrid hydrogel to visualize mechanical strain  共著  M. Taki*, T. Yamashita, K. Yatabe, and V. Vogel*  Soft Matter  15, 9388-9393  2019/09  10.1039/C9SM00380K 
一般論文  有  Facile and Efficient Chemoenzymatic Semi-Synthesis of Fc-Fusion Compounds for Half-Life Extension of Pharmaceutical Components  共著  Hirasawa S*, Kitahara Y, Okamatsu Y, Fujii T, Nakayama A, Ueno S, Ijichi C, Futaki F, Nakata K, and Taki M*  Bioconjugate Chemistry  30/ 9, 2323-2331  2019/09/18  10.1021/acs.bioconjchem.9b00235 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  Chemoenzymatic synthesis of biologics-fused hybrid molecules via NEXT-A reaction  56th Japanese Peptide Symposium (56JPS)  無  M. Taki  2019 
シンポジウム  Combinatorially Screened Peptide as Targeted Covalent Binder  マレーシア分子生物学会  無  M. Taki  2018/08/15 
シンポジウム  Turn-on and color-changeable fluorogenic sensor created by the 10BASEd-T  ICONAN2016  無  M. Taki  2016/09/28 
シンポジウム  Cryptand library construction via the 10BASEd-T for specific binding toward a cancer-related protein  PACIFICHEM2015  有  K. Mochizuki, and M. Taki*  2015/12/17 
シンポジウム  Turn-on and color-changeable fluorogenic sensor created by the 10BASEd-T  52nd Japanese Peptide Symposium  有  M. Taki*, H. Inoue, K. Mochizuki  2015/11/18 
詳細表示...

知的財産権
特許  化学修飾されたペプチドを有するファージおよびその製造方法  特願2012-287045  2012/12/28  出願 
特許  マクロ環分子およびそのスクリーニング方法  2015-243334  2015/12/14  6622079  2019/11/29  登録 
特許  ペプチド又はタンパク質へのフッ素含有アミノ酸導入法  PCT/JP2013/076025  2013/09/26  WO2015/045052  2015/04/02  6099756  2017/03/03  登録 
特許  ペプチド又はタンパク質へのフッ素導入法  特願2012-157012 PCT/JP2013/68829  2013/07/10  5945324  2016/06/03  登録 
特許  目的タンパク質または目的ペプチドにアミノ酸を導入する方法  特願2008-135410および2008-181303 (2008;分割出願),後者特許取得第5279379号(2013)  2008  2008  5279378  2013/05/31  登録 
詳細表示...

受賞
岡山大学若手トップリサーチャー学長表彰  2011/03 
有機合成化学協会企画賞  2010/02 
日本化学会第72回春季年会・高分子部門最優秀ポスター発表賞  2005/04 
第5回国際超分子化学サマースクール・最優秀ポスター発表賞  2004/06 
日本化学会第3回バイオ関連化学合同シンポジウム講演賞  1998/09 
詳細表示...

研究員受入れ
国内  客員研究員  鹿児島大学  派遣元  2016-2016 
国外  招聘研究員  USA  Univ Wisconsin  2015-2015 
詳細表示...

共同・受託研究実績
18F-標識PETプローブ合成装置の実証・実用化研究(JST先端計測)  2012-2012  受託研究  企業からの受託研究 
詳細表示...

公開講座・講演会等
順天堂大学・星薬科大学・電気通信大学 第2回三大学合同フォーラム  電気通信大学  2021/03/02 
出前授業  千葉県立長生高等学校  2020/11/19  千葉県立長生高等学校 
西東京国立三大学 高校生グローバルスクール  電通大を含む西東京国立三大学  2020/09/20 
オープンラボ企画 「化学生命系研究室 まとめて研究紹介」  2020/05/23 
UECスクール 理化学実験III  UEC  2019/12/15  UEC 
詳細表示...

所属学協会
日本ペプチド学会 
有機合成化学協会 
日本化学会(生体機能関連化学部会等も含む) 
詳細表示...

会議・研究会等
第11回化学生命工学プログラムセミナー(旧 生体機能システムコース化学&生物セミナー)  主催  2019/09/04 
第8回化学生命工学プログラムセミナー(旧 生体機能システムコース化学&生物セミナー)  主催  2018/03/05 
第7回生体機能システムコース化学&生物セミナー 兼 第3回近大-電通大合同セミナー (近電セミナー)(学内)  合同で主催  2017/12/13 
第5回生体機能システムコース化学&生物セミナー(学内)  主催  2016/07/15 
第3回生体機能システムコース化学&生物セミナー(学内)  合同で主催  2015/05/11 
詳細表示...

委員会・審議会等
第48回若手ペプチド夏の勉強会開催  代表幹事  2016/07/31-2016/08/02 
生体機能関連化学部会若手の会開催  代表副幹事  2005-2005 
生体機能関連化学部会(日本化学会)  若手幹事  2004-2009 
構造有機化学若手の会開催  代表幹事  1996-1996 
詳細表示...

マスコミ取材
その他  電気通信大学広報  YouTubeによる電通大・理工系・III類研究室紹介  2021/04 
その他  共同通信  効率的かつ汎用的な中分子医薬-Fc結合体の作製技術を開発(Bioconj.Chem.誌2019の内容)したことに関連するプレスリリース: https://corp.kyodo-d.jp/service/solution/prwire/?rid=201905276808  2019/05/28 
新聞  山陽新聞  NEXT-A反応による蛋白質のPETプローブ標識およびNEDO若手研究関連技術  2010/10/30 
新聞  山陽新聞  非天然アミノ酸製造記述の移転  2010/04/07 
新聞  山陽新聞  非天然アミノ酸製造記述の移転  2006/11/15 
詳細表示...

社会貢献活動
その他社会活動の実績  スーパー連携大学院コンソーシアム協力教員(研究室)  2014/04/01-現在 
研究成果の公開  工学フォーラム2013(読売新聞社等主催@金沢 石川県文教会館)における研究紹介(題目:創薬システムエンジニアリング)  2013-2013 
詳細表示...

学内委員会等
大学院教育委員会(IE)  委員  2021-現在 
D.C.&I.戦略ビジョン策定WG  2020/11-2021/03 
電通大生協役員  理事  2020/06-現在 
国費外国人留学生特別プログラム実施委員会(MICH,AiQuiSi)  委員  2020/05-現在 
図書館委員  委員  2020/04-現在 
詳細表示...