English
電気通信大学 
大学院情報理工学研究科、情報理工学域 
基盤理工学専攻、Ⅲ類(理工系) 

准教授 
瀧 真清 
タキ マスミ 
Masumi TAKI 

個人ウェブサイトはこちら  

学歴
群馬大学大学院工学研究科材料工学専攻  工学研究科  材料工学専攻  博士前期  1996/03  修了 
群馬大学大学院工学研究科物質工学専攻  工学研究科  物質工学専攻  博士後期  1998/03  修了 
南山高等学校  卒業 

学位
修士(工学)  群馬大学  1996/03 
博士(工学)  群馬大学  1998/03 

現在の専門分野
生体関連化学 

現在の研究課題
ペプチドや蛋白質N末端特異的な18F-PETプローブ標識  NEXT-A反応、L/F-転移酵素、ポジトロン断層法(PET)、非天然アミノ酸  2001/04-現在 
N末端ルールに従う基質蛋白質の網羅的新規発見  NEXT-A反応, L/F-転移酵素, 蛋白質分解  2007/04-2014 
T7ファージウイルスを用いた人工分子の分子進化(10BASEd-T)  ファージディスプレー、環状ペプチド、人工抗体、進化分子工学  2009/07-現在 

著書
著書  Theoretical/Experimental Structural Analysis of Protein-Ligand Interaction between GST and its Fluorogenic Binder Created by the 10BASEd-T / Peptide Science 2015  K. Yahiro, T. Yamakoshi, J. Yang, S. Watanabe, and M. Taki  The Japanese Peptide Society  89-90  2016 
著書  Artificial Macrocycle as a Functional-Equivalent of Catalytic Antibody / Peptide Science 2014  H. Inoue, R. Asano, and M. Taki  The Japanese Peptide Society  269-270  2015 
著書  Synthesis of Multicyclic Library for Finding Strong Target-Specific Binders / Peptide Science 2014  Y. Arai, and M. Taki  The Japanese Peptide Society  267-268  2015 
著書  An Artificial Molecule-Peptide Hybrid Discovered via the 10BASEd-T Binds to the Substrate-Binding Site of Glutathione S-Transferase / Peptide Science 2013  1.K. Fukunaga, T. Hatanaka, Y. Ito, and M. Taki  The Japanese Peptide Society  91-92  2014 
著書  Selection of Streptavidin-Binding Artificial Peptide Posessing Salicylic Acid Moiety via the 10BASEd-T on the Bacteriophage T7 / Peptide Science 2013  Y. Tokunaga, K. Fukunaga, T. Hatanaka, Y. Ito, and M. Taki  The Japanese Peptide Society  173-174  2014 
詳細表示...

論文
一般論文  有  Selection of turning-on fluorogenic probe as protein-specific detector obtained via the 10BASEd-T  共著  S. Uematsu, T. Midorikawa, Y. Ito, and M. Taki*  AIP Conf. Proc.  1807, 020028-  2017/02  10.1063/1.4974810 
一般論文  有  M. Taki*, H. Inoue, K. Mochizuki, J. Yang, Y. Ito, Selection of color-changing and intensity-increasing fluorogenic probe as protein-specific indicator obtained via the 10BASEd-T  共著  M. Taki*, H. Inoue, K. Mochizuki, J. Yang, Y. Ito  Anal. Chem.  88, 1096-1099  2016 
一般論文  有  Unexpectedly fast transfer of positron-emittable artificial substrate into N-terminus of peptide/protein mediated by wild-type L/F-tRNA-protein transferase  共著  M. Taki*, and H. Kuroiwa  Amino Acids  47, 1279-1282  2015 
一般論文  有  Construction of a crown ether-like supramolecular library by conjugation of genetically-encoded peptide linkers displayed on bacteriophage T7  共著  K. Fukunaga, T. Hatanaka, Y. Ito, M. Minami, and M. Taki*  Chem. Commun.  50, 3921-3923  2014 
一般論文  有  Gp10 based-thioetherification (10BASEd-T) on a displaying library peptide of bacteriophage T7  K. Fukunaga, T. Hatanaka, Y. and M. Taki*  Mol. BioSyst.  9, 2988-2991  2013 
詳細表示...

研究発表
シンポジウム  Turn-on and color-changeable fluorogenic sensor created by the 10BASEd-T  ICONAN2016  無  M. Taki  2016/09/28 
シンポジウム  Cryptand library construction via the 10BASEd-T for specific binding toward a cancer-related protein  PACIFICHEM2015  有  K. Mochizuki, and M. Taki*  2015/12/17 
シンポジウム  Turn-on and color-changeable fluorogenic sensor created by the 10BASEd-T  52nd Japanese Peptide Symposium  有  M. Taki*, H. Inoue, K. Mochizuki  2015/11/18 
シンポジウム  Synthesis of cyclic peptides/proteins using the NEXT-A/Cyclization reaction  4th European Conference on Chemistry for Life Sciences (4ECCLS)  無  M. Taki, T. Hamamoto, M. Sisido  2011/09 
シンポジウム  Synthesis of cyclic peptides using the NEXT-A reaction  PACIFICHEM2010  無  M. Taki, T. Hamamoto, M. Sisido  2010/12 
詳細表示...

知的財産権
特許  マクロ環分子およびそのスクリーニング方法  2015-243334  2015/12/14  出願 
特許  化学修飾されたペプチドを有するファージおよびその製造方法  特願2012-287045  2012/12/28  出願 
特許  ペプチド又はタンパク質へのフッ素含有アミノ酸導入法  PCT/JP2013/076025  2013/09/26  WO2015/045052  2015/04/02  6099756  2017/03/03  登録 
特許  ペプチド又はタンパク質へのフッ素導入法  特願2012-157012 PCT/JP2013/68829  2013/07/10  5945324  2016/06/03  登録 
特許  ダンベル型DNAの効率的な製造方法  特願2005-512987(2004)  2004  特許取得 第4517061号(2010),米国特許取得 第7972816号(2011)  2010  登録 
詳細表示...

受賞
岡山大学若手トップリサーチャー学長表彰  2011/03 
有機合成化学協会企画賞  2010/02 
日本化学会第72回春季年会・高分子部門最優秀ポスター発表賞  2005/04 
第5回国際超分子化学サマースクール・最優秀ポスター発表賞  2004/06 
日本化学会第3回バイオ関連化学合同シンポジウム講演賞  1998/09 
詳細表示...

研究員受入れ
国内  客員研究員  鹿児島大学  派遣元  2016-2016 
国外  招聘研究員  USA  Univ Wisconsin  2015-2015 
詳細表示...

共同・受託研究実績
18F-標識PETプローブ合成装置の実証・実用化研究(JST先端計測)  2012-2012  受託研究  企業からの受託研究 
詳細表示...

公開講座・講演会等
たましん連携協定校 研究シーズ発表会(電気通信大学 産学金連携研究シーズ発表会@立川)~「医療・ヘルスケア」~   電気通信大学・多摩信用金庫  2015/02/24 
第3回総合コミュニケーション科学シンポジウム(電気通信大学)  電気通信大学  2013/12/05 
平成24年度第1回オープンキャンパス模擬講義  電気通信大学  2012/07/15  調布市 
詳細表示...

所属学協会
日本ペプチド学会 
有機合成化学協会 
アメリカ化学会 
日本化学会(生体機能関連化学部会等も含む) 
詳細表示...

会議・研究会等
第48回若手ペプチド夏の勉強会(日本ペプチド学会)  幹事代表  2016/07/31 
第5回生体機能システムコース化学&生物セミナー(学内)  主催  2016/07/15 
第3回生体機能システムコース化学&生物セミナー(学内)  合同で主催  2015/05/11 
第2回生体機能システムコース化学&生物セミナー(学内)  主催  2014/10/17 
第1回生体機能システムコース化学&生物セミナー(学内)  主催  2014/08/07 
詳細表示...

委員会・審議会等
第48回若手ペプチド夏の勉強会開催  代表幹事  2016/07/31-2016/08/02 
生体機能関連化学部会若手の会開催  代表副幹事  2005-2005 
生体機能関連化学部会(日本化学会)  若手幹事  2004-2009 
構造有機化学若手の会開催  代表幹事  1996-1996 
詳細表示...

マスコミ取材
新聞  山陽新聞  NEXT-A反応による蛋白質のPETプローブ標識およびNEDO若手研究関連技術  2010/10/30 
新聞  山陽新聞  非天然アミノ酸製造記述の移転  2010/04/07 
新聞  山陽新聞  非天然アミノ酸製造記述の移転  2006/11/15 
新聞  山陽新聞  非天然アミノ酸製造記述の移転  2005/10/06 
詳細表示...

社会貢献活動
その他社会活動の実績  スーパー連携大学院コンソーシアム協力教員(研究室)  2014/04/01-現在 
研究成果の公開  工学フォーラム2013(読売新聞社等主催@金沢 石川県文教会館)における研究紹介(題目:創薬システムエンジニアリング)  2013-2013 
詳細表示...