English
電気通信大学 
脳科学ライフサポート研究センター 

顔写真 特任教授 
田中 繁 
タナカ シゲル 
Shigeru TANAKA 

1957年生まれ  
個人ウェブサイトはこちら  

その他の所属・職名
大学院情報理工学研究科、情報理工学域  機械知能システム学専攻、Ⅲ類(理工系)  脳科学ライフサポート研究センター運営委員  2013/04-現在 

経歴
日本電気(株)基礎研究所  研究員  1986/04/01-1994/09/30 
理化学研究所国際フロンティア研究システム  脳回路モデル研究チームリーダー  1994/10/01-1997/09/30 
理化学研究所脳科学総合研究センター  視覚神経回路モデル研究チームリーダー  1997/10/01-2009/09/30 
九州工業大学大学院生命体工学研究科  脳情報専攻 客員教授(自己組織システム講座)  2001/04/01-2008/03/31 
国立大学法人電気通信大学  情報通信工学科 特任教授  2009/10/01-2012/03/31 
国立大学法人電気通信大学  企画調査室 特任教授  2011/01/01-2012/03/31 
国立大学法人電気通信大学  総合コミュニケーション科学推進室 特任教授  2012/04/01-現在 

学歴
東京大学大学院  理学系研究科  物理学専門課程  博士  1986/03  修了 

学位
理学博士  東京大学  1986/03 

学内担当授業科目
2016  機械知能システム学基礎  前期  大学院(IE)  博士前期課程  専門科目 
2016  基礎科学実験A  前期  学部(昼間) 
2016  物理学概論2  後期  学部(昼間)  専門科目 
詳細表示...

海外教育研究活動
An IBRO neuroscience school  2000/08-2000/09  Italy 
EU advanced course in computational neuroscience  1999/08-1999/09  Italy 
Crete course in computational neuroscience  1998/09-1998/10  Greece 
Crete course in computational neuroscience  1997/09-1997/10  Greece 
Crete course in computational neuroscience  1996/08-1996/09  Greece 
詳細表示...

現在の専門分野
認知科学 
知覚情報処理 
脳計測科学 
生物物理学 

現在の研究課題
哺乳類視覚野の臨界期可塑性の実験研究  臨界期 方位選択性 方位マップ  1997-2009/09/30 
視覚野のカラム形成の理論  方位選択性、運動方向選択性、眼優位性、レチノトピー 可塑性、視体験効果  1999/01-2014/12  哺乳類の大脳皮質視覚領にみられる機能的カラム構造の形成がどのようなメカニズムによって形成されるのかを明らかにする。また、視体験の効果が、どの程度カラム構造を再編するのかを明らかにする。 
網膜神経節細胞における方向選択性形成のメカニズムに関する理論研究  アマクリン細胞、アセチルコリン受容体、GABA受容体、表面拡散  2009/10-2013/09 
ワーキングメモリに関する計算論的研究  前頭葉、大脳基底核、視床、ワーキングメモリ課題、学習  2010/04-2014/03 
音象徴性と主観的印象表現の脳内メカニズムに関するfMRI計測実験  脳機能磁気共鳴画像法 音象徴性 主観的印象 クオリア  2014/05-現在 

共同・受託研究希望テーマ
脳神経科学、認知科学における理論研究  大学等の研究機関との共同研究を希望  技術相談,共同研究 
詳細表示...

著書
著書  Visual Cortex - Current Status and Perspectives  Shigeru Tanaka  INTECH  341-366  2012 
著書(翻訳)  別冊日経サイエンス 157  田中 繁  日経サイエンス社  40-49  2007 
著書  ニューロインフォマティクス-視覚系を中心に-  田中繁、宮下真信  オーム社  146-157  2006 
著書  神経科学の基礎と臨床13 後頭葉:その機能とネットワーク  今村 一之,田中 繁  ブレーン出版  55-70  2005 
著書  THE NEURAL BASIS OF EARLY VISION  Masanobu Miyashita, Shigeru Tanaka  Springer-Verlag Tokyo  225-229  2003 
詳細表示...

論文
一般論文  有  Supranormal orientation selectivity of visual neurons in orientation-restricted animals  共著  Sasaki KS, Kimura R, Ninomiya T, Tabuchi Y, Tanaka H, Fukui M, Asada1 YC, Arai1 T, Inagaki M, Nakazono T, Baba M, Kato D, Nishimoto S, Sanada TM, Tani T, Imamura K, Tanaka S, Ohzawa1 I  Scientific Reports  5, 16712-16723  2015/11/16  10.1038/srep16712 (2015). 
一般論文  有  Modeling memory consolidation during posttraining periods in cerebellovestibular learning  共著  Tadashi Yamazaki, Soichi Nagao, William Lennon, and Shigeru Tanaka  Proceedings of National Academy of Science, USA  112/ 11, 3541-3548  2015/03/17  10.1073/pnas.1413798112  URL 
一般論文  有  Identification of ocular dominance domains in new world monkeys by immediate-early gene expression  共著  Toru Takahata, Masanobu Miyashita, Shigeru Tanaka, Jon H, Kaas  Proceedings of National Academy of Sciences  111/ 11, 4297-4302  2014/03/03  10.1073/pnas.1401951111 
一般論文  有  Sensitivity profile for orientation selectivity in the visual cortex of goggle-reared mice  Yoshida T, Ozawa K, Tanaka S  PLoS ONE  doi:10.1372/journal.pone.0040630-  2012 
一般論文  有  Parallel development of orientation maps and spatial frequency selectivity in cat visual cortex.  Tani T, Ribot J, O’Hashi K, Tanaka S.  European Journal of Neuroscience  35, 44-55  2012 
詳細表示...

研究発表
国際会議招待講演  Effects of visual experience on orientation map development: experiment and theory.  Physiology of perception and action forum  無  Tanaka S.  2007/09 
国際会議招待講演  Computational models for the representation of time and sequence in the brain.  Second International Forum on Language, Brain, and Cognition: Brain Imaging, Aphasiology, and Computational Modeling,  無  Tanaka S  2003/10 
国際会議招待講演  Effects of visual experience and innate properties of the visual system on the information of cortical columns.  Stockholm Workshop on Computational Neuroscience  無  Tanaka S.  2001/06 
国際会議招待講演  A role of visual experience and intrinsic circuits for the formation of functional maps in the primary visual cortex.  Second Korea-Japan Joint Workshop on Neurobiology and Neuroinformatics (NBNI-2000)  無  Tanaka S, Miyashita M.  2000/11 
国際会議招待講演  Self-organization and topological analysis of feature maps in the mammalian visual cortex.  Kenneth Craik Club,  無  Tanaka S.  1996/09 
詳細表示...

受賞
内藤記念科学財団研究助成金  2007 
日本神経回路学会研究賞  1998 
日本神経回路学会奨励賞  1994 
上原道之賞  1992 
詳細表示...

公開講座・講演会等
出張講義  都立昭和高等学校  2015/10/07 
出張講義  都立隅田川高等学校  2014/11/05  都立隅田川高等学校 
出張講義  私立小野学園  2014/10/25  私立小野学園 
出張講義  私立日本橋女学館高等学校  2014/10/08  私立日本橋女学館高等学校 
模擬講義  アドミッションセンター  2014/09/24  電気通信大学 
詳細表示...

所属学協会
International Brain Research Organization 
Society for Neuroscience 
日本神経回路学会 
日本神経科学学会 
日本物理学会 
詳細表示...

委員会・審議会等
通産省(現、経済産業省)大規模プロジェクト準備調査委員会  委員  1992-現在 
詳細表示...

マスコミ取材
その他  日経プレスリリース  マウス用シリンダーレンズメガネを用い脳の情報抽出機能の成長変化を計測、視覚野の発達の分子メカニズムの解明に道  2012/07/07 
新聞  日刊工業新聞  成長過程の脳神経 学習で役割変化 視覚機能の解明に道  2012/07/11 
その他  Research Media Ltd  International Innovation Activity-dependent self-organization, Mammalian mind mapping  2014/03/05 
詳細表示...

社会貢献活動
学術雑誌関係  ISRN Neuroscience  2012-現在  Editorial board 
他大学評価委員、各種研究費等の審査委員  ERC-2008-AdG European Research Council Peer Review Evaluation  2008-2009  研究補助金の審査 
他大学評価委員、各種研究費等の審査委員  金沢工業大学人間情報研究所外部評価委員会  2006/03-2006/03  専門評価委員 
学術雑誌関係  Journal of Neuroimformatics  2003-2013  action editor 
他大学評価委員、各種研究費等の審査委員  科学研究補助金 生体情報分科  2003-2004  審査 
詳細表示...

学内委員会等
脳科学ライフサポート研究センター運営委員会  委員  2013-現在 
総合コミュニケーション科学推進室  副室長  2012/04-現在 
総合コミュニケーション科学運営委員会  幹事  2010-2012/03 
詳細表示...