English
電気通信大学 
産学官連携センター 

顔写真 教授 
田村 元紀 
タムラ モトノリ 
Motonori TAMURA 

 
個人ウェブサイトはこちら  

経歴
電気通信大学  教授  2012/05/01-現在 
東京農工大学  教授  2010/09/01-2012/04/30 
東京工業大学  特任教授  2010/01/01-2010/08/31 
東北大学  客員教授  2005/09/01-2009/12/31 
文部科学省  ナノテクノロジー・材料開発推進室調査員  2005/09/01-2007/03/31 
新日鉄 技術開発本部  1981/04/01-2009/12/31 

学歴
マサチューセッツ工科大学  材料科学  修士  1988  修了 
東京大学  理学系研究科  修士  1981  修了 
東京大学  理学部  1979/03  卒業 

学位
工学博士  東京大学  1995/09 
工学修士  マサチューセッツ工科大学  1988/05 
理学修士  東京大学  1981/03 

免許・資格
技術士(金属)  2009/03/31 

現在の専門分野
金属・資源生産工学 
薄膜・表面界面物性 
ナノ材料工学 

研究キーワード
金属プロセス工学 
地球科学 
薄膜材料 
国際産学官連携 
Thin Films 
Physical Vapor Deposition 
Coatings 
Metallurgy 
Surface Science 

現在の研究課題
水素バリア機能膜の研究  水素バリア機能膜  2010/01-現在  水素透過防止機能を備えた緻密微細結晶粒の皮膜作成とその機能発現に対する物理化学的な解析をおこなっている。物理的蒸着法に有効なものがある。 
外部研究資金獲得に関する大学のミクロポテンシャル分析  外部研究資金 ミクロポテンシャル分析  2010/01-現在  大学の外部資金獲得をより効果的に進める上で、研究者個人のパフォーマンスに基づいたミクロポテンシャル解析が有効である。従来は、科研費、共同研究費など個人毎に整理されることはなく、論文の引用率のなどとの関連も明らかになっていなかった。研究ポテンシャルが高く外部資金獲得の可能性が高い教員を集中的にサポートする場合に有効な手段となる。 
地球史における鉄の元素機能  元素戦略 鉄   2010/01/01-現在  鉄に着目し地球生命の起源や鉄の新しい元素機能を解明する研究は、材料科学や生命科学をはじめ様々な先端分野の研究融合が必要で、今後ますます着目すべき研究領域である。 
データアントレプレナーの育成  データサイエンティスト アントレプレナー デザイン思考 実践的課題解決  2015/01/01-現在  データサイエンティストの素養と、アントレプレナーのマインドを持ったデータアントレプレナーの育成に関し、効果的なプログラムを作成し検証する。 

共同・受託研究希望テーマ
水素バリア機能コーティング  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  共同研究 
データアントレプレナー育成  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  共同研究 
詳細表示...

著書
著書  電気通信大学における産学連携の取り組みと成功のポイント 「オープンイノベーションによる新事業早出、早期事業化とその実践事例」  田村元紀  株式会社 技術情報協会  2017/01/31 
著書  企業研究資金獲得法  田村元紀、永井正夫、根本光宏  丸善出版社  2010/12 
詳細表示...

論文
一般論文  有  Hydrogen Permeation Behavior of Stainless Steels treated with Nitrogen-Plasma  単著  Motonori Tamura  Journal of Materials Science and Engineering  B6/ 11-12, 297-303  2017/03/01 
一般論文  有  Hydrogen Permeability of Diamond-Like Amorphous Carbons  共著  Motonori Tamura, Tai Kumagai  Journal of Vacuum Science and Technology A  35/ 4, 1-8  2017/02/01 
一般論文  有  「データアントレプレナー」に関する人材育成プログラム  田村元紀  技術士  2015/ 12, 22-23  2015/12/01 
一般論文  有  Hydrogen Permeation Characteristics of TiN-Coated Stainless Steels  単著  Motonori Tamura  Journal of Materials Science and Engineering  A 5/ 5-6, 197-201  2015/07/01  10.17265/2161-6213/2015.5-6.002 
一般論文  有  Nanostructured Thin Films for Hydrogen-Permeation Barrier  共著  Motonori Tamura, Takashi Eguchi  Journal of Vacuum Science & Technology A  33/ 4, 1-6  2015/05/01 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  Hydrogen permeation Behavior of BN Coatings by Magnetically-Enhanced Plasma Ion Plating  International Conference on Plasma Surface Engineering  有  Motonori Tamura  2016 
学会口頭発表  Hydrogen Permeability of Hydrogenated Amorphous Carbons  Pacific Rim Symposium on Surfaces, Coatings and Interfaces  有  Motonori Tamura  2016/12 
学会口頭発表  Nano Structured Metallurgical Coatings for Hydrogen Permeation Barrier  International Conference on Metallurgical Coatings and Thin Films  有  Motonori Tamura  2016/04/29 
学会口頭発表  Hydrogen Permeation Characteristics of Stainless Steels Coated by Nano-Structured TiN  15th International Conference on Nanotechnology  無  Motonori Tamura  2015/07/30 
学会口頭発表  Hydrogen Permeation Behavior of Nitride Coatings and Surface-nitride Stainless Steel  International Conference on Metallurgical Coatings and Thin Films  無  Motonori Tamura  2015/04/21 
詳細表示...

知的財産権
特許  Honeycomb bodies employing high Al stainless steel sheet and process for production thereof  EP02048258A1  2009/04/15  公開 
特許  High Al stainless steel sheet and double layered sheet, process for their fabrication, honeycomb bodies employing them and process for their production  US20080069717A1  2008/03/20  公開 
特許  ステンレスパイプ及び容器類における水素バリヤ被覆物品及びその製造方法  特開2007-009276  2007/01/18  公開 
特許  High Al stainless steel sheet and double layered sheet, process for their fabrication, honeycomb bodies employing them and process for their production  US20060166029A1  2006/07/27  公開 
特許  HIGH-Al STAINLESS STEEL PLATE AND DOUBLE-LAYERED PLATE, PROCESS FOR PRODUCING THE SAME, A HONEYCOMB STRUCTURE THEREFROM AND PROCESS FOR PRODUCING THE HONEYCOMB STRUCTURE  EP01580288A1  2005/09/28  公開 
詳細表示...

受賞
表面技術協会技術賞  1997/02/01 
詳細表示...

所属学協会
日本技術士会  2012-現在 
日本金属学会  2012-現在 
表面技術協会  2012/04-現在 
産学連携学会  2012/05-現在 
応用物理学会 
詳細表示...