日本語
The University of Electro-Communications 
Graduate School of Informatics and Engineering, School of Informatics and Engineering 
Division of General Education 

顔写真 Professor 
Naruo SASAKI 

Tel.042-443-5559  
Fax.042-443-5563  
 
Personal website  
Personal website  

Other affiliation / position
Nanotribology Research Center  センター長  2017/03-Present 
Institute for Advanced Science  兼任教授  2015/04-Present 

Career
JSPS  Research Fellow  1997/04/01-2000/03/31 
JST-CREST  Researcher  2000/04/01-2001/11/30 
JST-PRESTO  Research Scientist (Full Time)  2001/12/01-2002/09/23 
Seikei University  Faculty of Engineering  Lecturer (Full Time)  2002/09/24-2003/09/30 
JST-PRESTO  Research Scientist (Part Time)  2002/09/24-2005/03/31 
Seikei University  Faculty of Engineering  Associate Professor  2003/10/01-2005/03/31 
Seikei Gakuen  国際教育センター  所員  2004/04/01-2006/03/31 
Seikei University  Faculty of Science and Technology  Associate Professor  2005/04/01-2006/03/31 
Seikei University  Faculty of Science and Technology  Professor  2006/04/01-2014/03/24 
Seikei University  Graduate School of Science and Technology  Head of Materials and Life Science Course  2009/04/01-2011/09/21 
Seikei Gakuen  Executive Assistant  2010/04/01-2012/03/31 
Seikei University  Research Institute of Faculty of Science and Technology  Associate Director  2012/04/01-2014/03/24 
University of Tokyo  IIS  Research Fellow  2012/12/01-2016/03/31 
University of Electro-Comuunications  Graduate School of Informatics and Engineering  Professor  2014/03/25-Present 
University of Tokyo  IIS  Research Fellow  2016/04/01-Present 
University of Electro-Comuunications  Nanotribology Research Center  Director  2017/03/01-Present 

Academic background
The University of Tokyo  Faculty of Science  Department of Physics  1992/03  Graduated 
The University of Tokyo  Graduate School of Science  Department of Physics  Master's program  1994/03  Completed 
The University of Tokyo  Graduate School of Science  Department of Physics  Doctoral program  1997/03  Completed 

Academic degrees
B.Sc.  The University of Tokyo  1992/03 
M.Sc.  The University of Tokyo  1994/03 
Ph.D.  The University of Tokyo  1997/03 

Classes responsible within the university
2021  ナノトライボロジー特論  Fall semester  Graduate, IE  Master's program 
2021  熱・統計物理学応用  Fall semester  Undergraduate, daytime 
2021  物理学演習第一(力学・波動)3限クラス  Spring semester  Undergraduate, daytime 
2021  物理学演習第一(力学・波動)4限クラス  Spring semester  Undergraduate, daytime 
2021  物理学演習第二(熱力学・電磁気)3限クラス  Fall semester  Undergraduate, daytime 
View details...

Classes responsible in other universities
2020  「応用物理学第一」(理工学部)  慶応義塾大学 
2014  「凝縮系物理学特別講義IV」(大学院理学研究科)  千葉大学 
View details...

Current research areas
Nanostructural physics 
Thin film/Surface and interfacial physical properties 
Condensed matter physics I 

Research keywords
ナノトライボロジー 
ナノテクノロジー 
ナノサイエンス 
表面・界面物性 
原子スケール摩擦 
省エネルギー 
エネルギー散逸 
超潤滑 
分子機械 
原子間力顕微鏡 
摩擦力顕微鏡 
グラファイト 
グラフェン 
フラーレン 
カーボンナノチューブ 
シリコン 
数値シミュレーション 

Current research subjects
超潤滑フラーレン分子ベアリングの超潤滑  2002-Present 
グラフェン・カーボンナノチューブの剥離・接着  2005-Present 
MEMSにおけるシリコン接合のせん断破壊  2007-Present 
動的原子間力顕微鏡の理論  1999-Present 
動的原子間力顕微鏡におけるエネルギー散逸  1998-Present 
摩擦力顕微鏡・原子間力顕微鏡の理論  1995-Present 

Published books
Book  数値解析と表面分析によるトライボロジーの解明と制御  佐々木成朗 他  (株)テクノシステム  2018/03/20  978-4-924728-80-6 
Book  Graphene Science Handbook: Vol. 1 Fabrication Methods  K. Miura, M. Ishikawa, M. Ichikawa, and N. Sasaki  CRC Press, Taylor & Francis  115-124  2016/04/25  9781466591271 
Book  ブルーバックス「すごいぞ!身のまわりの表面科学」  佐々木成朗 他  講談社  2015/10/20  978-4-0625-7940-7 
Book  Surfactants in Tribology volume 3  N. Sasaki and K. Miura  Taylor & Francis Group, LLC  3-31  2013/03 
Book  現代表面科学シリーズ第3巻 表面物性  佐々木成朗  (株)共立出版  1-43  2012/10 
View details...

Published papers
Tutorial  No  グラフェンのはく離を表現する有効ポテンシャルモデルの開発  Only  佐々木成朗  トライボロジスト  66/ 5, 347-252  2021/05/15 
Tutorial  No  フラーレンC60を利用した超潤滑薄膜のナノトライボロジー  Joint  佐々木成朗, 三浦浩治  粉体技術  13/ 1, 26-31  2021/01/01 
Paper  Yes  Bottom-Tracking: The possibilities and physical meaning of keeping the bottom of the frequency shift in Atomic Force Microscopy  Joint  Denis Damiron, Pierre E Allain, Dai Kobayashi, Naruo Sasaki and Hideki Kawakatsu  Jpn. J. Appl. Phys.  59, SN1012-1-SN1012-6  2020/05  10.35848/1347-4065/ab9231 
Tutorial  No  特集『微小エネルギーの観測と制御』 企画趣旨  Joint  佐々木成朗, 三宅晃司  表面と真空  63/ 5, 222-222  2020/05  10.1380/vss.63.222 
Paper  Yes  Effect of size and shape of graphene sheet on nano-scale peeling process by atomic-force microscopy  Joint  R. Okamoto and N. Sasaki  Jpn. J. Appl. Phys. (Rapid Communication)  58, 110901-1-110901-5  2019/10/10  10.7567/1347-4065/ab4769 
View details...

Research presentations
Oral presentation for an academic conference  Mechanism of anisotropy of nano-scale friction based on mathematical definition of nano-scale contact  The 9th International Symposium on Surface Science, ISSS-9  01pC-1  Yes  Kanae Hirao, Naruo Sasaki  2021/12/01 
Oral presentation for an academic conference  Moire pattern reflects contact area at nanofrictional graphene/graphite interface  MITC2020ne : THE 3rd MALAYSIAN INTERNATIONAL TRIBOLOGY CONFERENCE  Yes  Kanae Hirao, Naruo Sasaki  2021/07/05 
Oral presentation for an academic conference  Load Dependence of Friction of C60/Graphene Interface  Industry-UCB-UEC-Keio Workshop 2019(IUUK WS 2019)  Yes  Akihiko Kaji, Akitsugu Watanabe, Kouji Miura, Masaru Suzuki, Naruo Sasaki  2019/12/10 
Oral presentation for an academic conference  Elementary Process of Peeling of Graphene Sheet for Commensurate and Incommensurate Contacts  Industry-UCB-UEC-Keio Workshop 2019(IUUK WS 2019)  Yes  P. A. Lozen, S. Ohmuki, and N. Sasaki  2019/12/10 
Oral presentation for an academic conference  Control of nanoscale superlubricity of graphene using anisotropy at stacking interface  Industry-UCB-UEC-Keio Workshop 2019(IUUK WS 2019)  Yes  Kanae Hirao, Ryoji Okamoto, Syuya Ohmuki, Naruo Sasaki  2019/12/10 
View details...

Intellectual property rights
Patent  接触モード原子間力顕微鏡の凝着シミュレータ, 凝着シミュレーションプログラム, 凝着シミュレーションプログラムを記憶した記録媒体及び凝着シミュレーション方法  特願2006-094243  2006/03/30  特開2007-271318  2007/10/18  特許第4705870号  2011/03/18  Registered 
Patent  Dynamic-mode atomic-force-microscope probe (Tip) vibration simulation method, program, recording medium, and vibration simulator  US 11/667,105  2005/10/31  WO2006049120  2006/05/11  US 7853422 B2  2010/12/14  Registered 
Patent  動的モード原子間力顕微鏡探針の振動シミュレーション方法、プログラム、記録媒体、振動シミュレータ  特願2006-  2005/10/31  韓国特許903953号  2009/06/15  Registered 
Patent  動的モード原子間力顕微鏡探針の振動シミュレーション方法、プログラム、記録媒体、振動シミュレータ  特願2006-542365  2005/10/31  特許第4550831号  2010/07/16  Registered 
View details...

Awards
日本物理学会2021年秋季大会 学生優秀発表賞(領域9)  二次元凝着力分布によって説明されるナノスケール界面接触のメカニズムと摩擦への影響  2021/09/22 
日本表面真空学会フェロー  表面・界面ナノ構造の力学・摩擦に関する理論的・数値的研究  2021/05/22 
2019年日本表面真空学会学術講演会 講演奨励賞(スチューデント部門)  積層界面異方性を利用したグラフェンのナノスケール超潤滑の制御  2020/05/01 
2018年日本表面真空学会学術講演会 講演奨励賞(スチューデント部門)  C60分子ベアリングの水平硬さの荷重依存性  2019/05/18 
表面技術協会 第25回学術奨励講演賞  C60分子ベアリングの構造変化が水平・垂直硬さに与える影響  2019/03/19 
View details...

Grants-in-aid for scientific research
ファンデルワールス層状構造-ナノカーボン分子界面超潤滑における荷重と積層の相関(代表)  "Scientific research (B), general"  2021/04/01-Present 
分子ベアリング界面の圧縮による構造変化を用いる超潤滑制御(代表)  "Scientific research (B), general"  2017/04/01-2021/03/31 
摩擦制御を目指したナノ滑りでのエネルギー散逸の研究(分担)  "Scientific research (C), general"  2017/04/01-Present 
π-HUB:π造形を支える分子設計のための集約拠点形成活動(分担)  Other  2016/04/01-2019/03/31 
固体表面と極薄水膜界面の原子レベル解析と反応過程の制御(分担)  "Scientific research (A), general"  2016/04/01-2019/03/31 
View details...

Public lectures
UEC20 プログラム別勉強仲間をつくる会主催 学域二年生のためのスタンプラリー・研究室見学会  2021/10/16  電気通信大学(オンライン) 
電気通信大学大学院オープンキャンパス2021 on the Web リアルタイムイベント, 午前の部 11:00-12:00, 午後の部 14:00-15:00  2021/07/18  電気通信大学(オンライン) 
電気通信大学大学院オープンキャンパス2021 on the Web 研究室紹介(動画)  2021/07/18  電気通信大学(オンライン) 
渋谷教育学園渋谷中学校(中高大連携協定校)オンライン研究室見学(1.模擬講義 2.実習 3.研究室学生の研究紹介)  2021/06/04  オンライン開催 
電気通信大学大学院オープンラボ2021 on the Web リアルタイムイベント, 午前の部 11:00-12:00, 午後の部 15:40-16:40  2021/05/22  電気通信大学(オンライン) 
View details...

Involvement in conference and research meetings
2021年日本表面真空学会学術講演会(オンライン開催)  実行委員  2021/11 
2020年日本表面真空学会学術講演会(オンライン開催)  担当理事  2020/11 
2020年日本表面真空学会学術講演会「摩擦の科学」研究部会日独国際シンポジウム「Friction beyond scale, materials, and interfaces」  オーガナイザー  2020/11/19 
2019年日本表面真空学会学術講演会  担当理事  2020/10 
2019年日本表面真空学会学術講演会「摩擦の科学」研究部会シンポジウム「微小エネルギーの観測と制御」  オーガナイザー  2019/10/29 
View details...

Committee or council involvement
日本表面真空学会  学術講演会実行委員  2021/05-Present 
日本表面真空学会 「摩擦の科学」研究部会  部会長  2018/04/21-Present 
日本表面真空学会  理事(学術講演会担当:2019年度、2020年度を担当。2020年度には初のオンライン学術講演会を開催。)  2019/05-2021/05 
令和3年度用 啓林館中学校理科教科書 編集委員会  委員(教科書原稿執筆・審議・校閲。一年次~三年次の第一分野全体の担当。特に一年「エネルギー」分野を重点的に担当(2017-2019)。検定意見に対する回答および指導要領の校閲など(2020)。)  2017/07-2021/03 
東京理科大学総合研究機構ナノカーボン研究部門アドバイザリー委員会  委員  2014/06-Present 
View details...

Educational support at other universities
非常勤講師  慶応義塾大学理工学部「応用物理学第一」  2020/06-2020/06 
非常勤講師  千葉大学大学院理学研究科「凝縮系物理学特別講義IV」  2014/07-2014/07 
非常勤講師  平成25年度 電気通信大学『UECパスポートセミナー』 第8回講義:摩擦の科学とナノテクノロジーの世界 ~分子のボールを転がして摩擦ゼロを目指す~  2013/12-2013/12 
非常勤講師  慶応大学理工学部物理学科「応用物理学第2」(集中講義)  2011/07-2011/07 
非常勤講師  大阪大学大学院工学研究科「先端集積エレクトロニクス工学特論」(集中講義)  2008/01-2008/01 
View details...

Media coverage
Television  テレビ朝日  お願いランキング 「1人の力だけで簡単に4tバスを動かせる!?」の企画で制作協力  2021/07/01  24:50~25:20 
Newspaper  日刊工業新聞Newsウェーブ21  WEB版「経営ひと言」 「共通の原理」  2021/03/03 
Newspaper  日刊工業新聞  25面 コラム枠「レーザー」欄 「共通の原理」  2021/03/03 
Television  NHK Eテレ  天才てれびくん hello 出演 氷の上ですべりにくくなるウラ技として、靴底にばんそうこうを貼るときの摩擦についてコメント  2021/01/13  18:20~18:45 
Television  テレビ東京  ソレダメ! 出演 セーターの静電気を防ぐ方法についてコメントしたネタが、レギュラーが選ぶ2020年ソレマル新常識ベスト15に選ばれて再放送  2020/12/23  18:25~22:00 
View details...

Social activities
Academic journal activities  14th International Conference on Atomically Controlled Surfaces, Interfaces and Nanostructures (ACSIN-14), Publication Committee  2017/07/18-2019/04 
Academic journal activities  日本表面科学会 学会誌編集委員会 委員  2008/05-2018/04 
Academic journal activities  ACSIN-12/ICSPM-21 Special associate editor of proceedings(e-Journal of Surface Science and Nanotechnology)  2012/10-2013/03 
Participation in community support activities, etc.  武蔵野市立第一小学校 校内研究年間講師  2012/04-2013/02 
Review committee member or screening committee member for research funding, etc., at another university  日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員  2010/12-2011/11  第一段審査(書面審査)基盤研究(C) 
View details...

Committee activity in the University
共通教育部  自然科学部会長  2021/04-Present 
情報理工学域 学生支援担任  2021/04-Present 
III類/基盤理工学専攻 部屋割WG委員会  委員  2021/04-Present 
2021/2022過半数代表者選出選挙管理委員会  委員  2021/01-Present 
情報理工学域 学生支援担任  2020/04-2021/03 
View details...