English
電気通信大学 
大学院情報理工学研究科、情報理工学域 
共通教育部 

顔写真 教授 
佐々木 成朗 
ササキ ナルオ 
Naruo SASAKI 

Tel.042-443-5559  
Fax.042-443-5563  
 
個人ウェブサイトはこちら  
個人ウェブサイトはこちら  

その他の所属・職名
電気通信大学  ナノトライボロジー研究センター長  2017/03-現在 
電気通信大学  ナノトライボロジー研究ステーション長  2014/06-現在 
量子科学研究センター  兼任教授・運営委員  2015/04-現在 

経歴
日本学術振興会  特別研究員(新プログラム)  1997/04/01-2000/03/31 
科学技術振興事業団CREST  研究員  2000/04/01-2001/11/30 
科学技術振興機構 戦略創造さきがけ  専任研究者  2001/12/01-2002/09/23 
成蹊大学  工学部  専任講師  2002/09/24-2003/09/30 
科学技術振興機構 戦略創造さきがけ  兼任研究者  2002/09/24-2005/03/31 
成蹊大学  工学部  助教授  2003/10/01-2005/03/31 
成蹊学園  国際教育センター  所員  2004/04/01-2006/03/31 
成蹊大学  理工学部  助教授  2005/04/01-2006/03/31 
成蹊大学  理工学部  教授  2006/04/01-2014/03/24 
成蹊大学  大学院理工学研究科  物質生命コース主任  2009/04/01-2011/09/21 
成蹊学園  専務理事補佐  2010/04/01-2012/03/31 
成蹊大学  理工学部 理工学研究所  副所長  2012/04/01-2014/03/24 
東京大学  生産技術研究所  研究員  2012/12/01-2016/03/31 
電気通信大学  大学院情報理工学研究科  教授  2014/03/25-現在 
東京大学  生産技術研究所  リサーチフェロー  2016/04/01-現在 

学歴
東京大学  理学部  物理学科  1992/03  卒業 
東京大学  大学院理学系研究科  物理学専攻  修士  1994/03  修了 
東京大学  大学院理学系研究科  物理学専攻  博士  1997/03  修了 

学位
学士(理学)  東京大学  1992/03 
修士(理学)  東京大学  1994/03 
博士(理学)  東京大学  1997/03 

学内担当授業科目
2017  ナノトライボロジー特論  後期  大学院(IE)  博士前期課程  専門科目 
2017  熱・統計物理学応用  後期  学部(昼間)  専門科目 
2017  物理学演習第一(力学・波動)3限クラス  前期  学部(昼間)  教養科目 
2017  物理学演習第一(力学・波動)4限クラス  前期  学部(昼間)  教養科目 
2017  物理学演習第二(熱力学・電磁気)3限クラス  後期  学部(昼間)  教養科目 
詳細表示...

現在の専門分野
薄膜・表面界面物性 
ナノマイクロシステム 
物性Ⅰ 

研究キーワード
ナノトライボロジー 
ナノテクノロジー 
ナノサイエンス 
表面・界面物性 
原子スケール摩擦 
省エネルギー 
エネルギー散逸 
超潤滑 
分子機械 
原子間力顕微鏡 
摩擦力顕微鏡 
グラファイト 
グラフェン 
フラーレン 
カーボンナノチューブ 
シリコン 
数値シミュレーション 

現在の研究課題
超潤滑フラーレン分子ベアリングの超潤滑  2002-現在 
グラフェン・カーボンナノチューブの剥離・接着  2005-現在 
MEMSにおけるシリコン接合のせん断破壊  2007-現在 
動的原子間力顕微鏡の理論  1999-現在 
動的原子間力顕微鏡におけるエネルギー散逸  1998-現在 
摩擦力顕微鏡・原子間力顕微鏡の理論  1995-現在 

著書
著書  Graphene Science Handbook: Vol. 1 Fabrication Methods  K. Miura, M. Ishikawa, M. Ichikawa, N. Sasaki  CRC Press, Taylor & Francis  115-124  2016/04/25  9781466591271 
著書  ブルーバックス「すごいぞ!身のまわりの表面科学」  佐々木成朗 他  講談社  2015/10/20  978-4-0625-7940-7 
著書  Surfactants in Tribology volume 3  N. Sasaki and K. Miura  Taylor & Francis Group, LLC  3-31  2013/03 
著書  現代表面科学シリーズ第3巻 表面物性  佐々木成朗  (株)共立出版  1-43  2012/10 
著書  Carbon Nanotubes - From Research to Applications  K. Miura, N. Sasaki and M. Ishikawa  Hindawi Publishing Corp. New York, NY, United States  55-66  2011/07 
詳細表示...

論文
一般論文  有  Anisotropy of Atomic-Scale Peeling of Graphene  共著  Naruo Sasaki, Takakazu Ando, Shingen Masuda, Hideaki Okamoto, Noriaki Itamura, and Kouji Miura  e-J. Surf. Sci. Nanotech.  14, 204-208  2016/07/30  1348-0391  10.1380/ejssnt.2016.204  URL 
一般論文  有  Multiwall Carbon Nanotube Reinforced Biomimetic Bundled Gel Fibre  共著  Young-Jin Kim, Seiichiro Yamamoto, Naruo Sasaki and Yukiko T. Matsunaga  Biomaterials Science  4, 1197-1201  2016/05/20  10.1039/C6BM00292G  URL 
一般論文  有  Experimental observation of phonon generation and propagation at a MoS2(0001) surface in the friction process  共著  Makoto Ishikawa, Noriyuki Wada, Takahiko Miyakawa, Hiroshi Matsukawa, Masaru Suzuki, Naruo Sasaki and Kouji Miura  Phys. Rev. B  93, 201401(R)-  2016/05/17  10.1103/PhysRevB.93.201401  URL 
一般論文  有  Time-lapse nanoscopy of friction in the non-Amontons and non-Coulomb regime  共著  T. Ishida, T. Sato, T. Ishikawa, M. Oguma, N. Itamura, K. Goda, N. Sasaki and H. Fujita  Nano Lett.  15/ 3, 1476-1480  2014/10/20  10.1021/nl5032502  URL 
一般論文  有  Superlubricity of Graphene/C60/Graphene Interface - Simulation and Experiment  共著  N. Sasaki, N. Itamura, H. Asawa, D. Tsuda, and K. Miura  Tribology Online  7, 96-106  2012/09/30 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  Atomic-Scale Control of Friction and Wear of Carbon and Silicon Nanocontacts  The fourth MIPT-LPI-UEC Joint Workshop on Atomic, Molecular, Optical Physics  00  有  N. Sasaki  2017/03/28 
学会口頭発表  Introductory talk  International Symposium to Commemorate Launch of the Nanotribology Research Center  00  有  N. Sasaki  2017/03/08 
学会口頭発表  Nanotribology of π-Figurated Molecular Machines  3rd International Symposium on π-System Figuration  00  有  N. Sasaki  2017/01/27 
国際会議招待講演  On the fly curve fitting of the potential curve in Atomic Force Microscopy  The 2nd international symposium on “Recent Trends in Analysis Techniques for Functional Materials and Devices  有  Pierre Alain, Denis Damiron, Kohei Kaminishi, Dai Kobayashi, Hidenobu Nishizawa, Hirohide Ootsubo, Hiroyasu Oosawa, Naruo Sasaki and Hideki Kawakatsu  2017/01/17 
学会口頭発表  Mechanism of nano-scale superlubricity and adhesion at carbon-network interfaces  UEC International Nanotribology Colloquium  L01  有  N. Sasaki, K. Miura  2016/09/02 
詳細表示...

知的財産権
特許  接触モード原子間力顕微鏡の凝着シミュレータ, 凝着シミュレーションプログラム, 凝着シミュレーションプログラムを記憶した記録媒体及び凝着シミュレーション方法  特願2006-094243  2006/03/30  特開2007-271318  2007/10/18  特許第4705870号  2011/03/18  登録 
特許  Dynamic-mode atomic-force-microscope probe (Tip) vibration simulation method, program, recording medium, and vibration simulator  US 11/667,105  2005/10/31  WO2006049120  2006/05/11  US 7853422 B2  2010/12/14  登録 
特許  動的モード原子間力顕微鏡探針の振動シミュレーション方法、プログラム、記録媒体、振動シミュレータ  特願2006-  2005/10/31  韓国特許903953号  2009/06/15  登録 
特許  動的モード原子間力顕微鏡探針の振動シミュレーション方法、プログラム、記録媒体、振動シミュレータ  特願2006-542365  2005/10/31  特許第4550831号  2010/07/16  登録 
詳細表示...

受賞
表面技術協会 第23回学術奨励講演賞  カーボン分子ベアリングの超潤滑  2017/03/10 
ナノトライボロジー研究センター開設シンポジウム 第二部 電通大-東京理科大合同研究会 優秀ポスター講演賞  フラーレン分子ベアリングの一軸圧縮弾性の数値解析  2017/03/08 
東京理科大学-電気通信大学 合同若手研究会 - 表面・界面現象の新展開:吸着・物質移動・エネルギー散逸 - 優秀ポスター講演賞  フラーレン分子ベアリングの超潤滑の走査方向依存性  2016/03/14 
ITC Tokyo 2015 ”Poster Award for Young Tribologists”  Superlubricity of Fullerene Molecular Bearings  2015/09/17 
ITC Tokyo 2015 ”Poster Award for Young Tribologists”  Measurements of Nanoscale Dynamic Friction in a Low Temperatures  2015/09/17 
詳細表示...

科学研究費助成事業
分子ベアリング界面の圧縮による構造変化を用いる超潤滑制御(代表)  基盤研究(B)一般  2017/04/01-現在 
摩擦制御を目指したナノ滑りでのエネルギー散逸の研究(分担)  基盤研究(C)一般  2017/04/01-現在 
π-HUB:π造形を支える分子設計のための集約拠点形成活動(分担)  その他  2016/04/01-現在 
固体表面と極薄水膜界面の原子レベル解析と反応過程の制御(分担)  基盤研究(A)一般  2016/04/01-現在 
π造形分子機械のナノ力学 (計画研究代表)  新学術領域研究(研究領域提案型)  2014/04/01-現在 
詳細表示...

公開講座・講演会等
夢ナビライブ2017 講義ライブ 「ゼロ摩擦への挑戦~究極の省エネをめざす」  ㈱フロムページ  2017/07/22  東京ビッグサイト 
夢ナビライブ2017 夢ナビTALK 「まさつを科学する」  ㈱フロムページ  2017/07/22  東京ビッグサイト 
電気通信大学 平成29年度第1回オープンキャンパス 研究室公開(佐々木研究室)  2017/07/16  電気通信大学東1号館3F 314号室 
電気通信大学 平成29年度オープンラボ 研究室公開(佐々木研究室)  2017/06/03  電気通信大学東1号館3F 310・314号室 
電気通信大学 平成28年度第2回オープンキャンパス 研究室公開(佐々木研究室)  2016/11/27  電気通信大学東1号館3F 310・314号室 
詳細表示...

会議・研究会等
The fourth MIPT-LPI-UEC Joint Workshop on Atomic, Molecular, Optical Physics  Chair (Session 5)  2017/03/28 
ナノトライボロジー研究センター開設記念シンポジウム 第二部:第二回電気通信大学-東京理科大学合同研究会  実行委員長  2017/03/08 
ナノトライボロジー研究センター開設記念シンポジウム 第一部:国際シンポジウム  実行委員長  2017/03/08 
第24回~第36回 日本表面科学会学術講演会  講演奨励賞審査委員  2016/12 
第24回~第36回 日本表面科学会学術講演会  座長  2016/12 
詳細表示...

委員会・審議会等
日本表面科学会 「摩擦の科学」研究部会  副部会長  2011/05/17-現在 
日本表面科学会「プローブ顕微鏡」研究部会  部会メンバー  2016/10/01-現在 
応用物理学会 薄膜・表面物理分科会  幹事  2016/04/01-現在 
東京理科大学総合研究機構ナノカーボン研究部門アドバイザリー委員会  委員  2014/06-現在 
日本物理学会物理教育委員会  委員  2013/05-2016/03 
詳細表示...

他大学等教育支援
非常勤講師  千葉大学大学院理学研究科「凝縮系物理学特別講義IV」  2014/07-2014/07 
非常勤講師  平成25年度 電気通信大学『UECパスポートセミナー』 第8回講義:摩擦の科学とナノテクノロジーの世界 ~分子のボールを転がして摩擦ゼロを目指す~  2013/12-2013/12 
非常勤講師  慶応大学理工学部物理学科「応用物理学第2」(集中講義)  2011/07-2011/07 
非常勤講師  大阪大学大学院工学研究科「先端集積エレクトロニクス工学特論」(集中講義)  2008/01-2008/01 
非常勤講師  筑波大学大学院「量子化学持論」  2006/11-2006/11 
詳細表示...

マスコミ取材
その他  夢ナビ  「摩擦を制するものは、世界を制す!」夢ナビ講義 http://yumenavi.info/lecture.aspx?GNKCD=g008387#  2017/05/01 
新聞  化学工業日報  朝刊 4面 束状ゲルの細胞足場材 東大など マイクロ流体技術で  2016/07/25 
新聞  日本経済産業新聞  8面 束状ゲルで細胞培養 東大など 作製容易な足場材料  2016/07/21 
新聞  日本経済新聞  電子版 プレスリリース 東大、ゲル線維が束状に集合した細胞足場材料を簡便に作製できることを発見 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=418260&lindID=5  2016/07/15 
その他  蛍雪時代  理系受験生の好きになれる分野 見つけよう!「ナノテクノロジー」 漫画・はやのん理系漫画制作室 2016年7月号, p. 150-157  2016/07/14 
詳細表示...

社会貢献活動
学術雑誌関係  日本表面科学会 学会誌編集委員会 委員  2008/05-現在 
学術雑誌関係  ACSIN-12/ICSPM-21 Special associate editor of proceedings(e-Journal of Surface Science and Nanotechnology)  2012/10-2013/03 
地域支援等への参画  武蔵野市立第一小学校 校内研究年間講師  2012/04-2013/02 
他大学評価委員、各種研究費等の審査委員  日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員  2010/12-2011/11  第一段審査(書面審査)基盤研究(C) 
詳細表示...

学内委員会等
共通教育部 部内教育委員(自然科学・物理)  委員  2017/04-現在 
共通教育部 時間割作成WG(自然科学・物理)  委員  2017/04-現在 
ナノトライボロジー研究センター  センター長  2017/03-現在 
共通教育部  部長  2016/04-2017/03 
コヒーレント光量子科学研究機構 会議  構成員  2016/04-現在 
詳細表示...