English
電気通信大学 
大学院情報理工学研究科、情報理工学域 
情報・ネットワーク工学専攻、Ⅰ類 (情報系) 

助教 
関 新之助 
セキ シンノスケ 
Shinnosuke SEKI 

個人ウェブサイトはこちら  

経歴
ウェスタンオンタリオ大学  Department of Computer Science  Postdoctoral Researcher  2010/09/01-2011/04/30 
京都大学  薬学研究科  博士研究員  2011/05/01-2012/02/15 
アールト大学  Department of Information and Computer Science  Postdoctoral Researcher  2012/02/16-2013/08/31 
フィンランド学士院  Postdoctoral Researcher, Principal Investigator  2013/09/01-2015/03/31 

学歴
電気通信大学  情報工学専攻  博士前期  2006/03/31  卒業 
ウェスタンオンタリオ大学  Department of Computer Science  博士  2010/08/31  卒業 

学位
博士(理学)  University of Western Ontario  2010/10/29 

学内担当授業科目
2017  大学院技術英語  前期  大学院共通(IE,IS)  博士前期課程 
2017  MICS実験第一  前期  学部(昼間) 
詳細表示...

学外担当授業科目
2014  組合せ論  アールト大学 
詳細表示...

現在の専門分野
情報学基礎理論 
ナノマイクロシステム 
計算科学 

研究キーワード
自己組織化理論 

現在の研究課題
DNAパターン自己組織化システムの最適化  2012/09/01-現在 

著書
著書(辞書・辞典)  Encyclopedia of Algorithms  Shinnosuke Seki  Springer  2016 
著書  自然計算についてのハンドブック  Lila Kari, Shinnosuke Seki, Petr Sosik  Springer  1073-1127  2012 
著書  言語理論の進展に関する第14回国際会議紀要  Yuan Gao, Hanlin Lu, Shinnosuke Seki, Sheng Yu  Springer  2010 
詳細表示...

論文
一般論文  有  The extended equation of Lyndon and Schutzenberger  共著  Florin Manea, Mike Muller, Dirk Nowotka, Shinnosuke Seki  Journal of Computer and System Sciences  85, 132-167  2016/11/26 
一般論文  有  Rule set design problems for oritatami system  共著  Makoto Ota and Shinnosuke Seki  Theoretical Computer Science  671, 26-35  2016/09/22 
一般論文  有  Binary pattern tile set synthesis is NP-hard  共著  Lila Kari, Steffen Kopecki, Pierre-Etienne Meunier, Matthew J. Patitz, and Shinnosuke Seki  Algorithmica  78/ 1, 1-46  2016/04/26 
一般論文  有  Semilinear sets and counter machines: a brief survey  共著  Oscar Ibarra, Shinnosuke Seki  Fundamenta Informaticae  138/ 1-2, 61-76  2015 
一般論文  有  A manually-checkable proof for the NP-hardness of 11-color pattern self-assembly tileset synthesis  共著  Aleck Johnsen, Ming-Yang Kao, Shinnosuke Seki  Journal of Combinatorial Optimization  33/ 2, 496-529  2015/11/24 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  Bit string bifurcation by cotranscriptional folding  1st International Workshop on Oritatami  Not assigned yet  無  Yusei Masuda, Yuki Ubukata  2017/06/06 
学会口頭発表  Bit string bifurcation by cotranscriptional folding  11th International Workshop on Natural Computing  Not assigned yet  無  Yusei Masuda, Yuki Ubukata  2017/05/13 
学会口頭発表  Nondeterministic seedless oritatami systems and hardness of testing their equivalence  The 22nd International Conference on DNA Computing and Molecular Programming (DNA 22)  LNCS 9818  有  Hwee Kim  2016/09/04 
学会口頭発表  The complexity of fixed-height patterned tile self-assembly  21st International Conference on Implementation and Application of Automata (CIAA 2016)  LNCS 9705  有  Shinnosuke Seki  2016/07/19 
学会口頭発表  Folding Turing is hard but feasible  Highlights of Algorithms (HALG 2016)  有  Nicolas Schabanel  2016/06/06 
詳細表示...

受賞
CIAA 2016 Best Paper Award (Sheng Yu Award)  2016/07/21 
詳細表示...

研究員受入れ
国内  客員研究員  Finland  Aalto University  派遣元  2017-2017 
国外  客員研究員  Republic of Korea  Yonsei University  派遣元  2015-現在 
詳細表示...

科学研究費助成事業
共転写性フォールディングによる自己組織化システムの実際的設計と最適化  若手研究(A)  2016/04/01-2018/03/31 
共転写性フォールディングの数理モデル化とチューリング完全性  研究活動スタート支援  2015/04/01-2016/03/31 
詳細表示...

外部資金
学会開催支援であり研究テーマはなし  その他助成金  情報通信研究機構  Support for the 22nd International Conference on Developments in Language Theory (DLT 2018)  2018/04/01-現在 
機関選抜のため、研究テーマはなし  その他助成金  科学技術振興機構  2015/08/06-2017/03/31 
分子自己組織化システムの実際的な設計とその最適化  その他助成金  Academy of Finland  2013/09/01-2015/03/31 
詳細表示...

共同・受託研究実績
Self-assembly of computational mechanisms by cotranscriptional folding  2017-現在  共同研究  国際共同研究 
詳細表示...

会議・研究会等
14th Conference on Computability in Europe (CiE 2018)  Program Committee Member  2018 
22nd International Conference on Developments in Language Theory (DLT 2018)  Program Committee Chair  2018 
22nd International Conference on Developments in Language Theory (DLT 2018)  Organizing Committee Chair  2018 
23rd International Conference on DNA Computing and Molecular Programming (DNA23)  Program Committee Member  2017/09/24 
21st International Conference on Developments in Language Theory (DLT2017)  Program Committee Member  2017/08/07 
詳細表示...

委員会・審議会等
情報処理学会論文誌「数理モデル化と応用」編集委員会  関 新之助  2014/10/01-現在 
詳細表示...

マスコミ取材
新聞  日刊工業新聞  「分子機械、実験・理論研究進む‐1本のひもで計算可能に」というタイトルで、私が提唱したRNAの共転写性フォールディングによる計算の数理モデル「折り畳みシステム」が取り上げられた。  2015/08/11 
詳細表示...