English
電気通信大学 
大学院情報理工学研究科、情報理工学域 
基盤理工学専攻、Ⅲ類(理工系) 

准教授 
松林 和幸 
マツバヤシ カズユキ 
KAZUYUKI MATSUBAYASHI 

個人ウェブサイトはこちら  

経歴
東京大学物性研究所  極限環境物性研究部門  助教  2007/04/01-2015/05/31 
電気通信大学大学院  情報理工学研究科 先進理工学専攻  准教授  2015/06/01-現在 

学歴
長崎県立西陵高等学校  普通科  1997/03  卒業 
名古屋大学  大学院理学研究科  物質理学専攻  博士  2007/03  修了 

学位
博士(理学)  名古屋大学  2007/03 

学内担当授業科目
2021  解析力学  前期  学部(昼間) 
2021  熱力学  前期  学部(昼間) 
2021  応用物理工学実験第二  後期  学部(昼間) 
2021  電子物性特論  後期  大学院(IE)  博士前期課程 
詳細表示...

現在の専門分野
物性Ⅱ 

現在の研究課題
極限環境物性、超高圧、圧力誘起相転移、超伝導、量子相転移  2002/04-現在 

著書
著書  日本物理学会誌  松林和幸, 上床美也  日本物理学会  73, 292-296  2018/05 
著書  高圧力の科学と技術  松林和幸、上床美也  高圧力学会  8-13  2016/03/01 
著書  パリティ  松林和幸  丸善出版  79-80  2015/12/25 
著書  高圧力の科学と技術  北川健太郎, 松林和幸, 後藤弘匡, 松本武彦, 上床美也, 八木健彦, 瀧川仁  高圧力学会  22 , 198-205  2012 
著書  高圧力の科学と技術  松林和幸, 久田旭彦, 河江達也, 上床美也  高圧力学会  22, 206-213  2012 
詳細表示...

論文
一般論文  有  Pressure-induced incommensurate antiferromagnetic order in a ferromagnetic B-site ordered double-perovskite Lu2NiMnO6  N. Terada, C.V. Colin, N. Qureshi, T.C. Hansen, K. Matsubayashi, Y. Uwatoko, A.A. Belik  Phys. Rev. B  102, 094412-  2020 
一般論文  有  Superconducting-Gap Anisotropy of Iron Pnictides Investigated via Combinatorial Microwave Measurements  共著  T. Okada, Y. Imai, K. Kitagawa, K. Matsubayashi, M. Nakajima, A. Iyo, Y. Uwatoko, H. Eisaki, A. Maeda  Sci. Rep.  10, 7064-  2020/04 
一般論文  有  Robust two-gap strong coupling superconductivity associated with low-lying phonon modes in pressurized Nb5Ir3O superconductors  B. Wang, Y. Zhang, S. Xu, K. Ishigaki, K. Matsubayashi, J.-G Cheng, H. Hosono, Y. Uwatoko  Chin. Phys. B  28, 107401-  2019/09 
一般論文  有  Exotic superconductivity in noncentrosymmetric and magnetic CeNiC2 revealed under high pressure  S. Katano, M. Ito, K. Shibata, J. Gouchi, Y. Uwatoko, K. Matsubayashi, H. Soeda, H. Takahashi  Phys. Rev. B  99, 100501(R)-  2019/03 
一般論文  有  Pressure-induced enhancement of superconductivity and quantum criticality in the 12442-type hybrid-structure superconductor KCa2Fe4As4F2  B. Wang, Z.-C. Wang, K. Ishigaki, K. Matsubayashi, T. Eto, J. Sun, J.-G. Cheng, G.-H. Cao, Y. Uwatoko  Phys. Rev. B  99, 014501-  2019/02 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  BiS2系層状化合物の単結晶試料における高圧力下電気伝導測定  日本物理学会 第76回年次大会  14pH2-6  有  有馬寛人, Y. Yuan, 成田傑, 工藤一輝, 矢藤優佑, Rajveer Jha, 後藤陽介, 水口佳一, 東中隆二, 松田達麿, 青木勇二, 松林和幸  2021/03/14 
学会口頭発表  Gd5Ge4の磁気熱量効果  日本物理学会 第76回年次大会  PSH-41  有  高野尚志, 梅原出, 上原政智, 石渡信吾, 上床美也, 郷地順, 松林和幸  2021/03/12 
学会口頭発表  PrTi2Al20の強四極子秩序が消失した高圧域での非フェルミ液体的挙動  日本物理学会 第76回年次大会  12pH3-8  有  山本洸凪, 元山史都, 曾我部尚希, 磯前貴央, 酒井明人, 中辻知, 北川健太郎, 上床美也, 松林和幸  2021/03/12 
学会口頭発表  BiS2系類縁化合物における圧力誘起超伝導  第61回高圧討論会  1A08  有  松林和幸, 有馬寛人, YAHUA Yuan, 内藤康氏, JHA Rajveer, 後藤陽介, 水口佳一, 松田達麿, 青木勇二  2020/12/02 
学会口頭発表  BiS2系層状化合物における圧力誘起半導体-半金属転移と超伝導  日本物理学会秋季大会  11aH1-2  有  有馬寛人, Y. Yuan, 内藤康氏, 工藤一輝, 矢藤優佑, Rajveer Jha, 後藤陽介, 水口佳一, 東中隆二, 松田達麿, 青木勇二, 松林和幸  2020/09/11 
詳細表示...

受賞
Journal of the Physical Society of Japan, Editors' Choice (注目論文)  Hybridization-Gap Formation and Superconductivity in the Pressure-Induced Semimetallic Phase of the Excitonic Insulator Ta2NiSe5  2021/07/01 
第23回(2018年)論文賞授賞論文  Novel Phase Transition and the Pressure Effect in YbFe2Al10-type CeT2Al10 (T = Fe, Ru, Os)  2018/03/24 
第10回 日本物理学会若手奨励賞(領域8)  Study of pressure-induced quantum phase transition in strongly correlated electron materials  2016/03/21 
第13回 ISSP学術奨励賞   圧力誘起相転移における臨界現象の研究  2016/03/16 
新学術領域研究「重い電子系の形成と秩序化」重い電子系研究奨励賞  2013/01 
詳細表示...

科学研究費助成事業
高圧力下での精密熱物性測定による新奇量子相の開拓  基盤研究(C)一般  2021/04/01-2024/03/31 
高圧力制御による励起子凝縮と超伝導の研究  基盤研究(B)一般  2018/04/01-2021/03/31 
高圧力で拓く多極子と伝導電子の混成効果による新奇物性  新学術領域研究(研究課題提案型)  2018/04/01-2020/03/31 
新構造124型希土類化合物の開発と超高圧下新量子相の探索  萌芽研究  2015/04/01-2018/03/31 
相転移近傍で現れる新奇超伝導現象の研究  基盤研究(B)一般  2015/04/01-2018/03/31 
詳細表示...

所属学協会
高圧力学会 
日本物理学会 
詳細表示...