English
電気通信大学 
大学院情報理工学研究科、情報理工学域 
基盤理工学専攻、Ⅲ類(理工系) 

准教授 
松林 和幸 
マツバヤシ カズユキ 
KAZUYUKI MATSUBAYASHI 

個人ウェブサイトはこちら  

経歴
東京大学物性研究所  極限環境物性研究部門  助教  2007/04/01-2015/05/31 
電気通信大学大学院  情報理工学研究科 先進理工学専攻  准教授  2015/06/01-現在 

学歴
長崎県立西陵高等学校  普通科  1997/03  卒業 
名古屋大学  大学院理学研究科  物質理学専攻  博士  2007/03  修了 

学位
博士(理学)  名古屋大学  2007/03 

学内担当授業科目
2018  解析力学  前期  学部(昼間)  専門科目 
2018  熱力学  前期  学部(昼間)  教養科目 
2018  固体物理工学第二  後期  学部(昼間)  専門科目 
2018  電子物性特論  後期  大学院(IE)  博士前期課程  専門科目 
詳細表示...

現在の専門分野
物性Ⅱ 

現在の研究課題
極限環境物性、超高圧、圧力誘起相転移、超伝導、量子相転移  2002/04-現在 

著書
著書  パリティ  松林和幸  丸善出版  79-80  2015/12/25 
著書  高圧力の科学と技術  北川健太郎, 松林和幸, 後藤弘匡, 松本武彦, 上床美也, 八木健彦, 瀧川仁  高圧力学会  22 , 198-205  2012 
著書  高圧力の科学と技術  松林和幸, 久田旭彦, 河江達也, 上床美也  高圧力学会  22, 206-213  2012 
著書  日本物理学会誌  松林和幸, 松本武彦, 上床美也, 辺土正人:  日本物理学会  66, 423-429  2011 
詳細表示...

論文
一般論文  有  Emergence of a new valence-ordered structure and collapse of the magnetic order under high pressure in EuPtP  A. Mitsuda, S. Manabe, M. Umeda, H. Wada, K. Matsubayashi, Y. Uwatoko, M. Mizumaki, N. Kawamura, K. Nitta, N. Hirao  Journal of Physics: Condensed Matter  30, 105603-  2018/02  10.1088/1361-648X/aaaca3 
一般論文  有  Pressure-induced coherent sliding-layer transition in the excitonic insulator Ta2NiSe5  A. Nakano, K. Sugawara, S. Tamura, N. Katayama, K. Matsubayashi, T. Okada, Y. Uwatoko, K. Munakata, A. Nakao, H. Sagayama, R. Kumai, K. Sugimoto, N. Maejima, A. Machida, T. Watanuki, H. Sawa  IUCrJ  5, 158-  2018/01  10.1107/S2052252517018334 
一般論文  有  Divalent, trivalent, and heavy fermion states in Eu compounds  Y. Ōnuki, A. Nakamura, F. Honda ORCID Icon, D. Aoki, T. Tekeuchi, M. Nakashima, Y. Amako, H. Harima, K. Matsubayashi, Y. Uwatoko, S. Kayama, T. Kagayama, K. Shimizu, S. Esakki Muthu, D. Braithwaite, B. Salce, H. Shiba, T. Yara, Y. Ashitomi, H. Akamine, K. Tomori, M. Hedo, T. Nakama  Philosophical Magazine  97, 3399-3414  2017  10.1080/14786435.2016.1218081 
一般論文  有  Zn-site Substitution Effect in YbCo2Zn20  R. Kobayashi, H. Takamura, Y. Higa, Y. Ikeda, K. Matsubayashi, Y. Uwatoko, H. Yoshizawa, N. Aso  Journal of Physics: Conference Series  807, 012009-  2017  10.1088/1742-6596/807/1/012009 
一般論文  有  Pressure-induced bulk superconductivity in a layered transition-metal dichalcogenide 1T-tantalum selenium  共著  Wang, Bosen, Liu, Yu, Ishigaki, Kento, Matsubayashi, Kazuyuki, Cheng, Jinguang, Lu, Wenjian, Sun, Yuping, Uwatoko, Yoshiya  PHYSICAL REVIEW B  95/ 22  2017/06  2469-9950  10.1103/PhysRevB.95.220501 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  高圧下におけるPrTi2Al20の超伝導と非フェルミ液体的挙動  日本物理学会 第73回年次大会  25aK504-8  有  元山史都, 辻本真規, 酒井明人, 中辻知, 北川健太郎, 上床美也, 松林和幸  2018/03/25 
学会口頭発表  重い電子系化合物Yb(Co1-xIrx)2Zn20の物性  日本物理学会 第73回年次大会  23aPS-101  有  瑞慶覧長星, 佐藤信, 高村治希, 小林理気, 阿曽尚文, 植田大地, 池田陽一, 吉田雅洋, 吉澤英樹, 松林和幸, 郷地順, 上床美也  2018/03/23 
学会口頭発表  YbCo2Ge4における非フェルミ液体的挙動とメタ磁性の圧力効果  日本物理学会 第73回年次大会  22pK504-9  有  桑田凌, 岩谷誠, 北川健太郎, 上床美也, 松林和幸  2018/03/22 
学会口頭発表  励起子絶縁体候補物質Ta2NiSe5における高圧下ホール効果  日本物理学会 第73回年次大会  22aK402-6  有  有馬寛人, 片山尚幸, 野原実, 魯楊帆, 高木英典, 上床美也, 松林和幸  2018/03/22 
学会口頭発表  High pressure studies of quadrupole order and superconductivity in PrT2Al20 (T=Ti, V)  J-Physics:多極子伝導系の物理 平成 29 年度領域全体会議  P30  有  K. Matsubayashi, F. Motoyama, M. Tsujimoto, A. Sakai, S. Nakatsuji, Y. Uwatoko, K. Kitagawa  2018/03/16 
詳細表示...

受賞
第23回(2018年)論文賞授賞論文  Novel Phase Transition and the Pressure Effect in YbFe2Al10-type CeT2Al10 (T = Fe, Ru, Os)  2018/03/24 
第10回 日本物理学会若手奨励賞(領域8)  Study of pressure-induced quantum phase transition in strongly correlated electron materials  2016/03/21 
第13回 ISSP学術奨励賞   圧力誘起相転移における臨界現象の研究  2016/03/16 
新学術領域研究「重い電子系の形成と秩序化」重い電子系研究奨励賞  2013/01 
詳細表示...

科学研究費助成事業
高圧力制御による励起子凝縮と超伝導の研究  基盤研究(B)一般  2018/04/01-2021/03/31 
高圧力で拓く多極子と伝導電子の混成効果による新奇物性  新学術領域研究(研究課題提案型)  2018/04/01-2020/03/31 
新構造124型希土類化合物の開発と超高圧下新量子相の探索  萌芽研究  2015/04/01-2018/03/31 
相転移近傍で現れる新奇超伝導現象の研究  基盤研究(B)一般  2015/04/01-2018/03/31 
軌道自由度に起因する量子相転移と新奇超伝導の高圧下物性研究  基盤研究(C)一般  2015/04/01-2018/03/31 
詳細表示...

所属学協会
高圧力学会 
日本物理学会 
詳細表示...

学内委員会等
広報委員  2018/04-現在 
インターンシップ委員  2016/04-2018/03 
詳細表示...