日本語
The University of Electro-Communications 
Graduate School of Informatics and Engineering, School of Informatics and Engineering 
Department of Mechanical and Intelligent Systems Engineering, Cluster II (Emerging Multi-interdisciplinary Engineering) 

Professor 
Osamu KANEKO 

Career
Ishikawajima System Technology Co.Ltd.  1994/04/01-1996/03/31 
Osaka University  Graduate School of Engineering Science  Assistant  1999/04/01-2007/03/31 
Osaka University  Graduate School of Engineering Science,  Research Associate  2007/04/01-2009/03/31 
Kanazawa University Institute of Science and Engineering, Faculty of Electrical and Computer Engineering, Institute of Science and Engineering, Faculty of Electrical and Computer Engineering  理工研究域  Associate Professor  2009/04/01-2015/09/30 
電気通信大学  大学院情報理工学研究科  教授  2015/10/01-Present 

Academic background
新潟県立三条高校  1988/03  Graduated 
Nagaoka University of Technology  Faculty of Engineering  1992/03/25  Graduated 
Nagaoka University of Technology  Graduate School of Engineering  Master's program  1994/03/25  Completed 
Osaka University  Graduate School of Engineering Science  Doctoral program  1999/03/31  Program completed without degree 

Academic degrees
Master of Engineering  Nagaoka University of Technology  1994/03/25 
Ph.D in Engineering  Osaka University  2005/12/26 

Outlines of current research
自動車・家電製品などの生活必需品や,工場の生産設備や社会インフラなどに至る「モノ」や「コト」の動きを見極め,その動きを自在に操る「制御」について研究しています.とくに近年では,制御しようとする対象のデータや挙動そのものを用いて制御系を設計するデータ駆動制御,モデルと制御の相互関係に関わる理論アプローチ,因果性を事前には特定できないシステムの解析や設計などの研究に従事しています. 

Classes responsible within the university
2017  基礎制御工学および演習  Spring semester  Undergraduate, daytime  Subject in specialty 
2017  電気エネルギーシステム  Spring semester  Undergraduate, daytime  Subject in specialty 
2017  イノベーティブコミュニケーションデザイン1  Spring semester  Undergraduate, daytime  Subject in specialty 
2017  イノベーティブコミュニケーションデザイン2  Fall semester  Undergraduate, daytime  Subject in specialty 
2017  知能機械工学基礎実験  Fall semester  Undergraduate, daytime  Subject in specialty 
View details...

Classes responsible in other universities
2013  システム制御基礎  金沢大学 
2013  制御理論特論  金沢大学 
2013  電気電子工学実験第3  金沢大学 
2013  自主課題研究  金沢大学 
2014  システム制御Ⅰ  金沢大学 
View details...

Current research areas
Control engineering/System engineering 

Research keywords
制御工学 
Modeling 
Data-Driven Control 
Control Theory 
Dynamical System Theory 
Control Applications 

Current research subjects
Systems and Control ion a behavioral framework  Dynamics, System Theory, Control Theory, Behaviora  1996/04/01-Present  ビヘイビアアプローチといわれる,システムのとりうる挙動に注目したシステム制御理論について,そのような俯瞰的な立場から動的システムを見た場合の一般的・普遍的な理論的性質を考察する. 
Data-driven control  data-driven FRIT  2004/01/01-Present  データを直接用いることで,所望の制御器を設計・更新する手法に関する研究 
Analysis of relations among modeling, control, and specification  Model, Control, Limit of performance, Internal Model Control  2004/01/01-Present  仕様とモデルと制御器の三者に潜む相関関係を解き明かすことを目的としている.とくに,内部モデル制御器を中心に,データを直接用いるというプラットフォームにて,モデルに必要な精度と,制御器の性能,仕様の妥当性など,三者の関係でどれか一つを消すと残りの二つが1対1対応するものと考え(実際に内部モデル制御では等価なる),指標化できるところから取り組んでいる. 

Preferable theme of joint or funded research
メカトロニクス系,プロセス系,自動車,重工,家電など,性能の向上,または,生産の大幅なコストダウンにつながるような制御やモデリングのテーマでしたら,どのような分野にでも対応可能です.  Desire to engage in industry-academia collaboration and other forms of joint research with private and other organizations  Technological consultation,Commissioned research,Joint research,Other 
View details...

Published books
Book  Mathematical Control Theory 2, Behavioral Systems and Robust Control  22 authors  Springer  65-80  2015  978-3-319-21002-5 
Book  システム制御情報学会マルチメディアライブラリー・実用的な制御系設計のためのPIDゲインチューニング―使い所と勘所―  金子 修,石見太郎  システム制御情報学会  2013  978-4-915740-56-5 
Book  電気工学ハンドブック 第7版  電気学会編集,著者数約700名  オーム社  337-344  2013  978-4-274-21382-3 
Book  Control, Systems and Human Science - for Safety, Security,and Dependability - Selected papers of the 1st International Symposium SSR 2003  122 authors  Elsevier  201-212  2005  978-0444-51813-2 
View details...

Published papers
Paper  Yes  FRITを用いた一般化内部モデル制御器における自由パラメータのデータ駆動型更新  Joint  奥谷明大,金子 修  計測自動制御学会論文集  51/ 11, 581-588  2016/11 
Paper  Yes  Fictitious Reference Signal Based Real-Time Update of State Feedback Gains and Its Experimental Verification  Joint  Yuki Okano and Osamu Kaneko  Journal of Robotics and Mechatronics  28/ 5, 625-632  2016/10 
Paper  Yes  Virtual Reference Feedback Tuning for Cascade Control Systems  Joint  Huy Quang Nguyen, Osamu Kaneko and Yoshihiko Kitazaki  Journal of Robotics and Mechatronics  28/ 5, 739-744  2016/10 
Paper  Yes  FRIT of Internal Model Controllers for Poorly Damped Linear Time Invariant Systems: Kautz Expansion Approach  Joint  Hnin Si and Osamu Kaneko  Journal of Robotics and Mechatronics  28/ 5, 745-751  2016/10 
Paper  Yes  最小次元オブザーバを併用した積分型サーボ系に対する制御器とモデルのFRIT ベースド同時更新  Joint  金子 修,浅野佑治,山本 茂  システム制御情報学会論文誌  29/ 6, 275-284  2016/06 
View details...

Research presentations
Oral presentation for an academic conference  状態フィードバック型二自由度積分型サーボ系における データ駆動型出力予測  平成29年電気学会電子・情報・システム部門大会  No  金子修  2017/09/06 
Oral presentation for an academic conference  FRITの内部モデル制御構造  平成29年電気学会電子・情報・システム部門大会  No  金子修  2017/09/06 
Oral presentation for an academic conference  VRFT for Anti-Windup Controller with Conditioning Technique  電気学会制御研究会  No  佐野絵莉子,金子修  2017/06/24 
Oral presentation for an academic conference  目標応答を達成する二自由度制御器チューニングの新しいアプローチ―Estimated Response Iterative Tuningの提案  第61回システム制御情報学会研究発表講演会  No  中村岳男,金子修  2017/05/25 
Oral presentation for an academic conference  FRITを用いたナイキスト安定条件にもとづくループ整形  第61回システム制御情報学会研究発表講演会  No  川俣祐汰,金子修  2017/05/25 
View details...

Intellectual property rights
Patent  プラントの制御装置  PCT/JP2014/079809  2014/11/11  WO 2016075752 A1  2016/05/19  Published 
Patent  圧延機の板厚制御装置  PCT/JP2013/073051  2013/08/28  W02015/02971  2015/03/05  P6028871  2016/10/28  Registered 
View details...

Awards
Pioneer Technology Award  2015/03 
Paper Award  2012/08 
Sunahara Award  2008/05 
Paper Award  2008/05 
Kasami Award  2008/03 
View details...

Grants-in-aid for scientific research
モデルアウェアなデータ駆動制御理論の深化・実現・拡大  2016/04/01-2020/03/31  【代表者】 
安定化・ロバスト化を実現する多入出力データ駆動型制御―FRITアプローチ  2013/04/01-2016/03/31  【代表者】 
分布定数系に対するデータ駆動型集中定数正準制御器の設計とその性能解析  2010/04/01-2013/03/31  【代表者】 
環上のシステムに対するMPUM理論の構築:Kernel表現アプローチ  Young scientists (B)  2007/04/01-2010/03/31  【代表者】 
MPUMベースド補間問題に基づく消散システム設計のための相互結合理論の構築  Young scientists (B)  2005/04/01-2007/03/31  【代表者】 
View details...

Public lectures
日本鉄鋼協会第157回制御技術部会  日本鉄鋼協会制御技術部会  2017/06/08  神奈川県川崎市 
日本鉄鋼協会平成28年度制御技術教育講座  日本鉄鋼協会  2017/02/03  東京都 
JFEスチール株式会社 制御技術部会講演大会  JFEスチール株式会社  2016/12/09  愛知県半田市 
計測自動制御学会制御部門パイオニア技術賞受賞講演  計測自動制御学会制御部門第3回マルチシンポジウム実行委員会  2016/03/08  名古屋 
電気三学会関西支部 専門講習会「最近の制御関連技術 ―これって使えるの?―」  電気学会関西支部  2015/09/09  Osaka 
View details...

Memberships of academic societies
IEEE, Control Systems Society  1997/01/01-Present 
計測自動制御学会  1992/04/20-Present 
システム制御情報学会  2000/05/01-Present 
電気学会  2008/10/30-Present 
日本鉄鋼協会  2013/04/15-Present 
View details...

Committee or council involvement
管網管理研究委員会  委員  2017/10-Present 
計測自動制御学会制御部門第5回マルチシンポジウム  プログラム委員  2017/10-Present 
計測自動制御学会制御部門制御理論部会  副主査  2017/01-Present 
第60回自動制御連合講演会  実行委員長  2016/11-Present 
電気学会 制御技術委員会 データ駆動制御とモデルベースド制御の相互強化とその応用展開調査専門委員会  委員長  2016/10-Present 
View details...