English
電気通信大学 
大学院情報理工学研究科、情報理工学域 
機械知能システム学専攻、Ⅲ類(理工系) 

助教 
梶川 翔平 
カジカワ ショウヘイ 
Shohei KAJIKAWA 

経歴
日本学術振興会  特別研究員(DC2)  2014/04/01-2015/09/30 
電気通信大学  大学院情報理工学研究科 知能機械工学専攻  助教  2015/10/01-現在 

学歴
兵庫県立兵庫高等学校  2007/03  卒業 
京都工芸繊維大学  工芸科学部  機械システム工学課程  2011/03/25  卒業 
京都工芸繊維大学  工芸科学研究科  機械システム工学専攻  博士前期  2013/03/25  修了 
京都工芸繊維大学  工芸科学研究科  設計工学専攻  博士後期  2015/09/24  修了 

学位
学士(工学)  京都工芸繊維大学  2011/03/25 
修士(工学)  京都工芸繊維大学  2013/03/25 
博士(工学)  京都工芸繊維大学  2015/09/24 

学内担当授業科目
2017  加工学および演習  前期  学部(昼間) 
2017  メカノデザイン  後期  学部(昼間) 
2017  専門実験B  後期  学部(夜間主) 
詳細表示...

学外担当授業科目
2016  機械工学実験第一  首都大学東京 
2017  生産加工概論  明星大学 
詳細表示...

海外教育研究活動
平成30年度若手教員の海外研修  2018/04-2018/09  英国 
詳細表示...

現在の専門分野
生産工学・加工学 

現在の研究課題
木質系材料の成形加工に関する研究  2015/10/01-現在 
金属材料の塑性加工に関する研究(板成形,管の抽伸)  2015/10-現在 
インドネシア産ウリン材の接合に関する研究  2017/07-現在 

著書
著書  引抜き―棒線から管までのすべて―  浅川基男,齋藤賢一,吉田一也,相沢隆,上井清史,岩本隆,増田智一,三村正直,奥井達也,高杉直樹,土屋昭則,久保木孝,中野元裕,梶川翔平  コロナ社  314-335  2017/05/26  978-4-339-04372-3 
詳細表示...

論文
一般論文  有  Two-step forming for improvement of forming limit in rotary nosing with relieved die for fabrication of axisymmetric and eccentric nosed tubes  共著  Wataru Oba, Yusuke Imaizumi, Shohei Kajikawa, Takashi Kuboki  Journal of Materials Processing Technology  262, 350-358  2018/12/01 
一般論文  有  Fabrication of ring groove on inner surface of cylindrical blank by ironing from outer surface  共著  Tatsunori Ozawa, Takashi Kuboki, Shohei Kajikawa, Akira Yamauchi, Akira Gunji, Katsuyuki Onishi  Procedia Manufacturing  15, 899-906  2018/08/31 
一般論文  有  Prevention of defects by optimizing mandrel position and shape in rotary draw bending of copper tube with thin wall  共著  Shohei Kajikawa, Guanghui Wang, Takashi Kuboki, Masato Watanabe, Akinori Tsuchiya  Procedia Manufacturing  15, 828-835  2018/08/31 
一般論文  有  An extrusion method of tube with spiral inner fins by utilizing generation of spiral outer fins/grooves  共著  Takashi Kuboki, Michiaki Ishikawa, Shohei Kajikawa, Makoto Murata  CIRP Annals - Manufacturing Technology  67/ 1, 305-308  2018/08/19 
一般論文  有  Proposal of a numerical model using the finite element analysis of pilger rolling for improvement of computation precision and efficiency  共著  Tsuyoshi Muraoka, Takashi Kuboki, Shohei Kajikawa, Daisaku Yanaga, Kouichi Kuroda  Procedia Engineering  207, 2364-2369  2017/11/15 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  ボールスピンフォーミングによる管の縮径加工  平成30年度塑性加工春季講演会講演論文集  無  池田 峻之, 久保木 孝, 梶川 翔平  2018/06/02 
学会口頭発表  天然系添加剤を混合した木質系粉末の成形性に及ぼす粒子サイズの影響  平成30年度塑性加工春季講演会講演論文集  無  曺 基宇, 梶川 翔平, 久保木 孝  2018/06/02 
学会口頭発表  薄肉銅円管の小径曲げにおいてマンドレル形状が不良現象に及ぼす影響  平成30年度塑性加工春季講演会講演論文集  無  荒木 聖人, 久保木 孝, 梶川 翔平, 土屋 昭則, 崩岡 久敏, 渡辺 雅人  2018/06/02 
学会口頭発表  圧縮力を駆動力とした金属薄板の張出し加工において工具形状が成形性に及ぼす影響  日本機械学会関東支部第24期総会・講演会  無  梶川 翔平,松浦 拓也,久保木 孝,飯塚 高志  2018/03/17 
学会口頭発表  回転自在なパンチを用いた逐次面内曲げ加工  日本機械学会関東支部第24期総会・講演会  無  久保木 孝,梶川 翔平,金 英俊,Armad Azrie  2018/03/17 
詳細表示...

受賞
日本材料学会 学術奨励賞  木質系材料のみを用いた流動・自己接着による成形加工技術の開発  2018/05 
日本材料学会 木質材料部門委員会 業績賞  木質系材料のみを用いた流動・自己接着による成形加工技術の開発  2018/01/16 
日本塑性加工学会学生奨励賞  2013/06/07 
日本機械学会三浦賞  2013/03/25 
詳細表示...

科学研究費助成事業
素材の流動特性活性化による木質系材料のみを用いた成形技術の開発  若手研究(B)  2016/04/01-2019/03/31 
詳細表示...

共同・受託研究実績
摩擦力を利用したインドネシア産ウリン材の新規接合技術の開発  2018-現在  共同研究  国内共同研究 
インドネシア産ウリン材の効果的な新規接合技術の開発による高強度長尺部材 の製造  2017-2017  共同研究  国内共同研究 
天然系接着剤を用いた木質系粉末の三次元形状部品成形技術の開発  2016-2016  共同研究  国内共同研究 
詳細表示...

所属学協会
日本機械学会 
日本木材学会 
日本材料学会 
日本塑性加工学会 
詳細表示...

委員会・審議会等
日本材料学会 木質材料部門委員会委員  2018/01-現在 
日本塑性加工学会 会報誌編集委員会委員  2017/04/01-現在 
日本塑性加工学会 チューブフォーミング分科会委員  2016/04-現在 
詳細表示...

産学官連携・国際協力事業等
産学官連携  鯖江市  木質系粉末の三次元成形加工品を漆器や眼鏡に適用  2018/04-現在 
詳細表示...

マスコミ取材
新聞  日本経済新聞社  木の粉末 薬品使わず成型  2017/08/10 
詳細表示...