English
電気通信大学 
大学院情報理工学研究科、情報理工学域 
機械知能システム学専攻、Ⅱ類(融合系) 

顔写真 助教 
東郷 俊太 
トウゴウ シュンタ 
Shunta TOGO 

Tel.042-443-5869  
 
個人ウェブサイトはこちら  

経歴
日本学術振興会  特別研究員(DC2)  2012/04/01-2014/03/31 
日本学術振興会  特別研究員(PD)  2014/04/01-2016/03/31 
株式会社国際電気通信基礎技術研究所  認知機構研究所  連携研究員  2014/04/01-現在 
昭和大学  発達障害医療研究所  研究員  2016/02/01-現在 
電気通信大学  大学院情報理工学研究科  助教  2016/04/01-現在 

学歴
岐阜県立岐阜北高等学校  2005/03/31  卒業 
名古屋大学  工学部  機械・航空工学科  その他  2009/03/31  卒業 
名古屋大学  大学院工学研究科  機械理工学専攻  博士前期  2011/03/31  修了 
名古屋大学  大学院工学研究科  機械理工学専攻  博士後期  2014/03/31  修了 

学位
学士(工学)  名古屋大学  2009/03/25 
修士(工学)  名古屋大学  2011/03/25 
博士(工学)  名古屋大学  2014/03/25 

学内担当授業科目
2017  知能機械工学基礎実験  通年  学部(昼間)  専門科目 
詳細表示...

現在の専門分野
知能ロボティクス 
機械力学・制御 
知能機械学・機械システム 

現在の研究課題
ヒトの多関節協調運動メカニズムの解明とロボット制御への応用  2009/04-現在  運動タスク達成に影響を与えない関節のばらつきを許容する関節間協調運動を計測、解析し、ヒトの身体運動制御メカニズムの理解を目指す。また得られた知見をロボット制御へ応用する。 
ヒトの多筋制御メカニズムの解明  2015/06-現在  ヒトの身体には関節の数よりも多くの筋が付着しており冗長性がある。しかしながら我々は各筋への力の配分などを特別意識しなくとも関節を駆動させることができる。このように、ヒトが複数の筋を協調して制御するメカニズムを心理物理実験を通して明らかにする。また、得られた知見を筋電BMIやアシストロボットの制御へ応用する。 
発達性協調運動障害の定量評価  2015/11-現在  自閉症スペクトラム障害の患者は発達性協調運動障害を伴う場合が多いが、その定量評価手法は確立されていない。昭和大学発達障害医療研究所と共同で、協調運動解析の観点から発達協調運動障害を定量評価する。また、評価実験の知見から疾患の神経科学的なメカニズムへアプローチする。 

論文
一般論文  有  Control strategy of hand movement depends on target redundancy  共著  Shunta Togo, Toshinori Yoshioka, Hiroshi Imamizu  Scientific Reports  7/ 45722  2017/03/31  doi:10.1038/srep45722 
一般論文  有  Maintenance of Muscle Contraction Improves during Dynamic Exercise by Multi-channel Functional Electrical Stimulation with Time Shifting Stimulation  共著  Rintaro Kamihira, Misato Kasuya, Yinlai Jiang, Shunta Togo, Masao Sugi, Hiroshi Yokoi  International Journal of Bioscience, Biochemistry and Bioinformatics (IJBBB)  7/ 1, 30-40  2017/01/06  10.17706/ijbbb.2017.7.1.33-40  URL 
一般論文  有  Anticipatory synergy adjustments reflect individual performance of feedforward force control  Shunta Togo, Hiroshi Imamizu  Neuroscience Letters  632, 192-198  2016/10  10.1016/j.neulet.2016.08.032 
一般論文  有  Uncontrolled manifold reference feedback control of multi-joint robot arms  共著  Shunta Togo, Takahiro Kagawa, Yoji Uno  Frontiers in Computational Neuroscience  10/ 69  2016/07  10.3389/fncom.2016.00069 
一般論文  有  Changes in motor synergies for tracking movement and responses to perturbations depend on task-irrelevant dimension constraints  共著  Shunta Togo, Takahiro Kagawa, Yoji Uno  Human Movement Science  46, 104-116  2016/04  10.1016/j.humov.2015.12.010 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  随意活性可能ま個々の筋シナジーの実験による評価  ニューロコンピューティング研究会(NC)  無  東郷俊太、今水寛  2017/03 
学会口頭発表  個人のフィードフォワード制御能力を反映する多指間協調運動の先行調整  第29回自律分散システム・シンポジウム  無  東郷俊太,今水寛  2017/01 
学会口頭発表  多点計測手法を用いた肩周辺筋群の独立筋活動パターンの解析および適切な計測箇所の特定  第29回自律分散システム・シンポジウム  無  君塚進,叶鶴松,日吉祐太郎,田中洋平,東郷俊太,姜銀来,横井浩史  2017/01 
学会口頭発表  Transfer entropyを用いた下肢協調運動における協調性の定量的評価  第29回自律分散システム・シンポジウム  無  野櫻舞,粕谷美里,東郷俊太,姜銀来,杉正夫,横井浩史  2017/01 
学会口頭発表  筋電義手用グローブの開発と評価  第37回バイオメカニズム学術講演会  無  矢吹佳子,棚橋一将,村井雄太,毛利保寛,叶鶴松,中村達弘,東郷俊太,姜銀来,加藤龍,横井浩史  2016/11 
詳細表示...

知的財産権
特許  機能的電気刺激システム,及び機能的電気刺激方法  2017-074607  2017/04/01  出願 
特許  信号測定装置、及び信号測定方法  2017-029981  2017/02/21  出願 
詳細表示...

受賞
Excellent Paper Award  Maintenance of Muscle Contraction Improves during Dynamic Exercise by Multi-channel Functional Electrical Stimulation with Time Shifting Stimulation  2016/11 
日本神経回路学会大会奨励賞  2012/09/13 
日本機械学会三浦賞  2011/03/25 
詳細表示...

科学研究費助成事業
随意独立活性に着目したヒトの多筋制御システムのモデル化と筋電肩義手制御への応用  若手研究(B)  2017/04/01-2019/03/31 
冗長方向を含むシナジー制御・学習モデルの構築とBMI制御への応用(特別研究員奨励費)  その他  2014/04/01-2016/03/31 
冗長関節を制御するシナジーモデルの構築とロボット制御への応用(特別研究員奨励費)  その他  2012/04/01-2014/03/31 
詳細表示...

共同・受託研究実績
自閉症スペクトラム障害患者の多指間協調運動の評価  2016-2017  共同研究  国内共同研究 
詳細表示...

所属学協会
日本ロボット学会  2011/04/15-現在 
日本神経回路学会  2010/04/13-現在 
詳細表示...

会議・研究会等
第29回自律分散システム・シンポジウム  座長  2017/01 
詳細表示...

産学官連携・国際協力事業等
国際協力事業等  経済産業省  平成28年度新興国市場開拓等事業(日中韓における健康増進に向けた知見の共有と高齢化対策に関する3か国連携取組に係る政策対話の実施)  2017/02-2017/03 
詳細表示...