日本語
The University of Electro-Communications 
Office for Diversity and Inclusion 

Project Associate Professor 
OOSHIO RITSU 

Personal website  
Personal website  

Career
京都大学  大学院情報学研究科  博士研究員  2007/10/01-Present 
名古屋大学  社会貢献人材育成本部 サイエンスコミュニケーション推進室  サイエンスコミュニケーター・研究員  2009/09/15-Present 
自然科学研究機構 生理学研究所  心理生理学研究部門(定藤規弘研究室)  研究員  2010/04/01-Present 
自然科学研究機構 生理学研究所  脳科学研究戦略推進プログラム 事務局(伊佐正研究室)  特任助教  2011/05/01-Present 
電気通信大学  男女共同参画・ダイバーシティ戦略室  特任准教授  2017/04/01-Present 

Academic background
名古屋大学  大学院 医学系研究科  Master's program  Completed 
名古屋大学  大学院 医学系研究科  Doctoral program  Program completed without degree 
東京薬科大学  生命科学部  分子生命科学科 

Academic degrees
博士(医学)  Nagoya University 

Current research areas
Basic / Social brain science 

Research keywords
視覚デザイン、科学コミュニケーション、脳科学 

Current research subjects
研究者のための視覚デザイン指導について  視覚デザイン、科学コミュニケーション  2016/02/01-Present  視覚デザインスキルは、研究職や技術職に限らず一般的なプレゼンテーションスキルの基礎にもなるが、研究者や技術者にとっては研究の取り組みを伝えるためだけでなく、外部資金の獲得においても非常に重要なスキルといえる。本研究では、理工系に進学している学生や若手研究者に向けた、研究発表スキル、とくに視覚デザインスキルの向上に向けた効果的な指導方法を開発することを目的としている。 

Published papers
Paper  Yes  Differential effect of double-pulse TMS applied to dorsal premotor cortex and precuneus during internal operation of visuospatial information  Oshio, Ritz, Tanaka, Satoshi, Sadato, Norihiro, Sokabe, Masahiro, Hanakawa, Takashi, Honda, Manabu  NEUROIMAGE  49/ 1, 1108-1115  2010/01  1053-8119  10.1016/j.neuroimage.2009.07.034 
Tutorial  No  印象力でチャンスをつかむ! 研究ポスターのデザイン術: ポスターの自己評価 / こんなときはどうする? ケースバイケースの問題解決について  大塩立華  実験医学  34/ 13  2016/08 
Tutorial  No  印象力でチャンスをつかむ! 研究ポスターのデザイン術: 図・表・グラフの見せ方  大塩立華  実験医学  34/ 11  2016/07 
Tutorial  No  印象力でチャンスをつかむ! 研究ポスターのデザイン術: レイアウト・身だしなみ  大塩立華  実験医学  34/ 9  2016/06 
Tutorial  No  印象力でチャンスをつかむ! 研究ポスターのデザイン術: 色への気づかい  大塩立華  実験医学  34/ 6  2016/04 
View details...

Awards
優秀若手賞受賞  複数個体のマルチモーダル行動データの計測による「関わり指標」の評価  2010 
View details...

Memberships of academic societies
日本サイエンスビジュアリゼーション研究会 
View details...

Committee or council involvement
東京薬科大学  評議員  2015/10/01-Present 
View details...

Committee activity in the University
LGBT指針作成WG  2018/03-Present 
男女共同参画・ダイバーシティー戦略会議  2017/08-Present 
保育施設運営委員会  2017/04-Present 
View details...