English
電気通信大学 
大学院情報理工学研究科、情報理工学域 
共通教育部 

准教授 
星野 太佑 
ホシノ ダイスケ 
HOSHINO Daisuke 

個人ウェブサイトはこちら  

経歴
東京大学 大学院総合文化研究科  助教  2011/04-2014/03 
東京大学 大学院理学系研究科  生物科学専攻  日本学術振興会 特別研究員PD, 特任助教  2014/04-2017/09 
電気通信大学 情報理工学域  健康・スポーツ科学部会  准教授  2017/10-現在 
電気通信大学 情報理工学域  基盤理工学専攻 化学生命工学プログラム  准教授  2017/10-現在 

学歴
福岡大学附属大濠高等学校  2001/03  卒業 
筑波大学  体育専門学群  2005/03  卒業 
東京大学  大学院総合文化研究科  広域科学専攻  修士  2008/03  修了 
東京大学  大学院総合文化研究科  広域科学専攻  博士  2011/03  修了 

学位
博士 (学術)  東京大学  2011/03/24 

免許・資格
中学校教諭一種免許 (保健体育)  2005/03/25 
高等学校教諭一種免許状 (保健体育)  2005/03/25 
日本体力医学会 健康科学アドバイザー  2017/11 

学内担当授業科目
2019  健康・体力つくり実習 (3, 4クラス)  通年  学部(昼間) 
2019  健康・体力つくり実習 (5, 6クラス)  通年  学部(昼間) 
2019  健康論 (3, 4クラス)  後期  学部(昼夜共通) 
2019  健康論 (5, 6クラス)  後期  学部(昼間) 
2019  体力の科学  後期  学部(昼夜共通) 
詳細表示...

現在の専門分野
スポーツ科学 
応用健康科学 

現在の研究課題
乳酸代謝と運動  2011-現在 
高強度インターバルトレーニングによる骨格筋の適応  2011-現在 
筋収縮が骨格筋の代謝に与える影響をオミクス解析により明らかにする  2014-現在 

著書
著書  乳酸をどう活かすかII 八田秀雄編著  星野太佑  杏林書院  218-227  2016/02 
詳細表示...

論文
一般論文  有  低糖質食事法およびレジスタンス運動が身体組成と血中代謝物・ホルモン濃度に与える影響.  共著  伊藤 翔, 唐沢 康暉, 星野 太佑, 藤井 雅史, 衛藤 樹, 鶴 純也, 柏戸 千絵子, 黒田 真也.  体力科学  68/ 3, 223-227  2019/06/01 
一般論文  有  Effects of clenbuterol administration on mitochondrial morphology and its regulatory proteins in rat skeletal muscle  共著  Yu Kitaoka Daiki Watanabe Yudai Nonaka Kazuyoshi Yagishita Yutaka Kano Daisuke Hoshino  Physiol Rep  19, e14266-  2019/10/09 
一般論文  有  Accumulation of intramyocyte TRPV1-mediated calcium during heat stress is inhibited by concomitant muscle contractions  共著  Ryo Ikegami, Hiroaki Eshima, Takuro Mashio, Tomosada Ishiguro, Daisuke Hoshino, David C. Poole, Yutaka Kano  J Appl Physiol  126/ 3, 691-698  2019/03/22 
一般論文  有  Automatic quantitative segmentation of myotubes reveals single-cell dynamics of S6 kinase activation.  共著  Haruki Inoue, Katsuyuki Kunida, Naoki Matsuda, Daisuke Hoshino, Takumi Wada, Hiromi Imamura, Hiroyuki Noji, Shinya Kuroda  Cell Struct Funct  43/ 2, 153-169  2018/08/31 
一般論文  有  Selective Control of Upregulated and Downregulated Genes by Temporal Patterns and Doses of Insulin.  共著  Takanori Sano, Kentaro Kawata, Satoshi Ohno, Katsuyuki Yugi, Hiroaki Kakuda, Hiroyuki Kubota, Shinsuke Uda, Masashi Fujii, Katsuyuki Kunida, Daisuke Hoshino, Atsushi Hatano, Yuki Ito, Miharu Sato, Yutaka Suzuki, Shinya Kuroda.  Sci Signal.  9, ra112-  2016/11 
詳細表示...

研究発表
学会口頭発表  筋収縮による熱センサーチャネルTRPV1の不活性化と筋細胞内 カルシウムイオン動態  第74回日本体力医学会大会  有  池上諒、江島弘晃、星野太佑、狩野 豊  2019/09/21 
学会口頭発表  一過性の持久的な運動が膵臓機能に及ぼす影響  第74回日本体力医学会大会  有  野中雄大、竹田怜央、星野 太佑  2019/09/20 
学会口頭発表  マウスの乳酸の取り込みに関するパラメータの推定  第74回日本体力医学会大会  有  竹田怜央、野中雄大、柿木克之、狩野豊、星野太佑  2019/09/20 
学会口頭発表  レジスタンストレーニングはラットの褐色脂肪細胞のミトコンドリア酵素のタンパク質量を増加させる  第74回日本体力医学会大会  有  天野悠平、竹田怜央、野中雄大、狩野豊、星野太佑  2019/09/19 
学会口頭発表  EFFECTS OF RESISTANCE TRAINING ON WHITE AND BROWN ADIPOCYTES IN RATS  European College of Sport Science  有  AMANO, Y., NONAKA, Y., KANO, Y., HOSHINO, D.  2019/07/03 
詳細表示...

受賞
第168回日本体力医学会関東地方会 最優秀演題賞  高強度インターバルトレーニングによる骨格筋ミトコンドリアの適応と乳酸.  2016/12 
詳細表示...

科学研究費助成事業
ドーピング禁止薬物の投与による代謝的適応にエピジェネティクスな制御は関わるか  2018/04-2020/03 
乳酸による骨格筋ミトコンドリア新生のメカニズムの解明  若手研究(B)  2013/04/01-2017/03/31 
乳酸がミトコンドリア増殖のシグナルとなる可能性の検討  研究活動スタート支援  2011-2013/03/31 
詳細表示...

外部資金
レジスタンストレーニングが脂肪細胞の「質」に与える影響の 解明  2018/04-2019/03 
Integrated analysis of metabolome and transcriptome reveals activation in pentose phosphate pathway after high-frequency electrical stimulation in C2C12 myotubes  その他助成金  加藤バイオサイエンス振興財団  国際交流助成  2017/05-2017/05 
詳細表示...

公開講座・講演会等
高校生への模擬授業  2019/09/18 
詳細表示...

所属学協会
日本肥満学会  2019-現在 
American Physiological Society  2015-現在 
日本体力医学会  2005-現在 
詳細表示...

委員会・審議会等
日本体力医学会  評議委員  2017/09-現在 
詳細表示...

学内委員会等
単位認定小委員会  委員  2019/04-2021/03 
詳細表示...