日本語
The University of Electro-Communications 
Graduate School of Informatics and Engineering, School of Informatics and Engineering 
"Department of Informatics, Cluster I (Informatics and Computer Engineering)" 

Assistant Professor 
NAGAHAMA AKIHITO 

Personal website  
Personal website  

Career
コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパン株式会社  インテリア ボディ&セキュリティ  システム・テストエンジニア  2013/04/01-2015/04/30 
立命館大学  立命館グローバル・イノベーション研究機構  専門研究員  2018/04/01-2019/03/31 
立命館大学  立命館グローバル・イノベーション研究機構  研究助教  2019/04/01-2021/03/31 
立命館大学  立命館グローバル・イノベーション研究機構  客員協力研究員  2021/04/01-2022/03/31 

Academic background
明星高等学校  2006/03/31  Graduated 
Kyoto University  工学部  電気電子工学科  2011/03/24  Graduated 
Kyoto University  工学研究科  電気工学専攻  Master's program  2013/03/25  Completed 
The University of Tokyo  工学系研究科  先端学際工学専攻  Doctoral program  2018/03/22  Completed 

Academic degrees
博士(工学)  The University of Tokyo  2018/03/22 

Outlines of current research
「交通渋滞リスクを群れによって低減する手法を目指して」

地球規模で進む人口増加と産業の発展により自動車台数は増加の一途を辿っています。それに伴って深刻化する渋滞問題は、大気汚染や資源の枯渇といった環境問題から、経済的損失、そして自動車を用いて移動する人々のQoLを著しく低下させる原因となっています。
私の研究では、主に新興国で散見される「二次元混合交通」に注目します。二次元混合交通とは、車線が守られず、かつ異なるタイプの車両(バス・トラック・乗用車・自動三輪車・バイク・自転車等)が縦横無尽に走行する交通です。

そのような交通において、
・各車両タイプが創り出すパターン(群れ)の探索
・群れに起因する渋滞発生リスクの評価
・シミュレーション上においてパターンを再現するモデルの作成
に取り組むことで、
・より正確に交通特性を再現できるシミュレーションの実現
・異なる特性をもったエージェント(車両・人・etc.)の集団が生み出してしまう、各エージェントの偏在現象の解明
に寄与します。

また、交通の渋滞リスク低減には必要な運転改善や協力行動であるけれども、ドライバーがその重要性を直感的に理解できないような行為を促すために、各種心理的効果を用いた運転支援技術の検討をしています。

これらすべてに基づき、運転改善に基づく群れの変容を可能とし、低コストな渋滞対策の実現を目指します。 

Classes responsible within the university
2021  基礎プログラミングおよび演習  Fall semester  Undergraduate, daytime 
2021  経営・社会情報学実験  Fall semester  Undergraduate, daytime 
View details...

Classes responsible in other universities
2019  実世界情報実験3  立命館大学 
2020  実世界情報実験3  立命館大学 
View details...

Current research areas
Social systems engineering/ Safety system 
Civil engineering project/ Traffic engineering 

Current research subjects
Detection and replication of vehicle orders frequently observed in traffic of emerging countries  2018/04-Present 
Automated driving and driving assistance based on human-machine cooperation for safe and comfortable automobile travel  2019/04-Present 
Driving assistance system for giving way to smooth vehicular traffic  2020/04-Present 
Effects of environment outside of vehicle on driving behavior  2020/04-Present 

Published papers
Paper  Yes  Detection of leader–follower combinations frequently observed in mixed traffic with weak lane-discipline  Joint  Akihito Nagahama,Takahiro Wada,Daichi Yanagisawa,Katsuhiro Nishinari  Physica A: Statistical Mechanics and its Applications  570/ 15, 125789-  2021/05  10.1016/j.physa.2021.125789 
Paper  Yes  Autonomous Driving Learning Preference of Collision Avoidance Maneuvers  Joint  Akihito Nagahama,Takahiro Saito,Takahiro Wada,Kohei Sonoda  IEEE Transactions on Intelligent Transportation Systems  1-12  2020/04/29  10.1109/TITS.2020.2988303 
Paper  Yes  Assistance Method for Merging Based on a Probability Regression Model  Joint  Akihito Nagahama,Yuki Suehiro,Takahiro Wada,Kohei Sonoda  IEEE Transactions on Intelligent Transportation Systems  1-12  2020/03/09  10.1109/TITS.2020.2977691 
Paper  Yes  Impact of next-nearest leading vehicles on followers' driving behaviours and traffic stability in mixed traffic  Joint  Akihito Nagahama,Daichi Yanagisawa,Katsuhiro Nishinari  Journal of Traffic and Transportation Engineering (English Edition)  7/ 1, 42-51  2020/02  10.1016/j.jtte.2019.01.007 
Paper  Yes  Car-following characteristics of various vehicle types in respective driving phases  Akihito Nagahama,Daichi Yanagisawa,Katsuhiro Nishinari  Transportmetrica B: Transport Dynamics  8/ 1, 22-48  2020/01/18  10.1080/21680566.2019.1710002 
View details...

Research presentations
Oral presentation for an academic conference  Certain Types of Vehicles in Heterogeneous Traffic in India Tend to Gather  The 14th International Conference of Eastern Asia Society for Transportation Studies  PP2800  Yes  Akihito NAGAHAMA, Takahiro WADA, Daichi YANAGISAWA, Katsuhiro NISHINARI  2021/09/13 
Oral presentation for an academic conference  反応時間変化を考慮した2次元最適速度モデルの安定性の検討  日本応用数理学会 2021年度年会  P04  No  長濱章仁、和田隆広、友枝明保  2021/09/08 
View details...

Intellectual property rights
Patent  交通渋滞予防、又は、予防及び緩和方法、並びに、制御装置  特願2019-165966  2019/09/12  特開2021-043760  2021/03/18  Published 
View details...

Awards
SSI研究奨励賞  特定車種の群れに関する統計的研究  2020/11 
Franklin V. Taylor Memorial Award -Finalist  2019/10 
Best Young Presentation Award  2011/06 
View details...

Grants-in-aid for scientific research
新興国に見られる二次元混合交通の車列順制御を用いた流れ改善  2019/04/01-2023/03/31 
新興国に見られる二次元混合交通の認知ネットワークに基づく特徴抽出  2018/08/24-2020/03/31 
View details...

External fund
新興国交通で見られる特徴的な車列順の再現  京都大学生存圏研究所  2020 年度生存圏科学萌芽研究  2020/04/01-2021/03/31 
新興国道路渋滞の予防に用いる加減速と操舵に関する運転支援システム  スズキ財団  若手科学技術研究助成  2020/04/01-2021/03/31 
新興国交通で見られる特徴的な車列順の抽出  京都大学生存圏研究所  2019 年度生存圏科学萌芽研究  2019/04/01-2020/03/31 
View details...

Memberships of academic societies
EASTS-Japan 
日本応用数理学会 
日本オペレーションズ・リサーチ学会 
土木学会 
自動車技術会 
View details...

Committee activity in the University
修論・卒研発表世話人  卒研発表世話人  2021/05-2022/02 
View details...

Other unique activities
2019  立命館グローバル・イノベーション研究機構 R-GIRO2019年度中間報告シンポジウム プログラム委員 
View details...