日本語
The University of Electro-Communications 
Graduate School of Informatics and Engineering, School of Informatics and Engineering 
"Department of Informatics, Cluster I (Informatics and Computer Engineering)" 

Assistant Professor 
Tomoki Miyamoto 

Personal website  

Career
JSPS Research Fellowship for Young Scientists  2021/04/01-2022/03/31 
The University of Electro-Communications  Graduate School of Informatics and Engineering  Assistant professor  2022/04/01-Present 

Academic background
神奈川県立有馬高等学校  普通科  2012/03  Graduated 
東京工芸大学  工学部  コンピュータ応用学科  2017/03  Graduated 
東京工芸大学大学院  工学研究科  電子情報工学専攻  Master's program  2019/03  Completed 
東京工芸大学大学院  工学研究科  電子情報工学専攻  Doctoral program  2022/03  Completed 

Academic degrees
Ph.D. in Engineering  Tokyo Polytechnic University  2022/03/23 

Outlines of current research
人とエージェント(自律的な,もしくは人が自律的であると認識する機械)が円滑に関係性を構築していくための方法について,言語を伴うインタラクションを中心に探っています.このような研究はHuman-Agent Interaction(HAI)という分野で盛んに行われており,宮本が最も得意とするのは「言語情報に着目したHAI」です.ただし,人間同士のコミュニケーションと同様に,インタラクションを構成する要素のうち言語だけでは説明しきれない現象もたくさんあります.そのため,HAIにおいてジェスチャ,韻律,表情といった非言語情報の検討・設計も重要になり,これも宮本が対象とする領域に含まれます.これまでに宮本が行ってきた具体的な研究としては以下のようなものがあります.

・対話システムが冗談や褒めなどリスクのある発話戦略を使ってユーザとの心理的距離を縮めていくための研究
・自動車の運転を支援する対話ロボットがユーザに指示を出す際の発話の設計
・対話システムが用いる対話戦略の受容性に関する異文化比較調査

人と機械が会話によって円滑に,そして深く関係性を構築していけるようなインタラクションを実現することが私の研究者としての大きな目標です. 

Classes responsible in other universities
2022  コンピュータ基礎  東京工芸大学 
2022  プログラミング基礎  東京工芸大学 
View details...

Current research areas
Human interface and interaction 
Cognitive science 
Intelligent informatics 

Current research subjects
自動車運転中のエージェントとの対話による同乗者効果の醸成  ヒューマンエージェントインタラクション,運転支援エージェント  2017/04/01-Present 
A Study on Politeness Control Model Focusing on Risk-Taking in Dialogue System  対話システム,ポライトネス(言語的配慮)  2021/04/01-Present 

Published papers
Paper  Yes  Risky Politeness Strategyの提案と雑談対話システムへの実装-対話システムにおけるリスクテイクに着目した発話戦略の枠組み-  Joint  宮本友樹,永井望,満田雄斗,磐下大樹,遠藤水紀,鈴木章弘,片上大輔  人工知能学会論文誌  37/ 3, 1-16  2022/05/01  10.1527/tjsai.37-3_IDS-G 
Paper  Yes  雑談対話システムにおける心理的近接発話の戦略が対話の評価に及ぼす影響  Joint  宮本友樹,磐下大樹,遠藤水紀,永井望,片上大輔  人工知能学会論文誌  35/ 6, 1-14  2021/09/01  10.1527/tjsai.36-5_AG21-I 
Paper  Yes  Influence of Social Distance Expressed by Driving Support Agent’s Utterance on Psychological Acceptability  Joint  Tomoki Miyamoto, Daisuke Katagami, Yuka Shigemitsu, Mayumi Usami, Takahiro Tanaka, Hitoshi Kanamori, Yuki Yoshihara, Kazuhiro Fujikake  Frontiers in Psychology  12, 1-14  2021/02/24  10.3389/fpsyg.2021.526942 
Paper  Yes  Seq2seqモデルを用いた文末表現の異なる対話システムの評価  Joint  永井望,宮本友樹,片上大輔  知能と情報  32/ 1, 523-527  2020/02/15  10.3156/jsoft.32.1_523 
Paper  Yes  ポライトネス理論に基づく運転支援エージェントにおける発話の文末スタイルに着目した印象評価  Joint  宮本友樹,片上大輔, 重光由加,宇佐美まゆみ,田中貴紘,金森等,吉原佑器,藤掛和広  知能と情報  31/ 3, 739-744  2019/06/15  10.3156/jsoft.31.3_739 
View details...

Research presentations
Invited lecture for a domestic conference  ポライトネス理論に基づいた Human-Agent Interaction の構築  第3回 会話・談話研究シンポジウム 「AIと言語研究 (1) ―ポライトネスとAI―」  No  宮本友樹  2018/06 
View details...

Awards
HAI 2021 Outstanding Research Award  Should a driving support agent provide explicit instructions to the user? Video-based study focused on politeness strategies  2021/11 
HAIシンポジウム2021Impressive Short-paper Award  対話型擬人化エージェントの言語的配慮に対する受容性の異文化比較に関する研究 -クラウドソーシングによる大規模印象調査-  2021/03 
IEEE Computational Intelligence Society Japan Young Researcher Award  Design of linguistic behaviors according to driver attributes and driving situation of driving support agent based on politeness theory  2019/08 
ファジィシステムシンポジウム2018 ポスター・デモセッション最優秀発表賞舞いの設計(2018.9)  ポライトネス理論に基づく運転支援エージェントの運転者属性と運転状況に応じた言語的振る舞いの設計  2018/09 
HAIシンポジウム2017 Student Encouragement Award(学生奨励賞)  Positive politenessの戦略に基づいて発話する擬人化エージェントが人間と構築する新しい関係性  2017/12 
View details...

Grants-in-aid for scientific research
A Study on Politeness Control Model Focusing on Risk-Taking in Dialogue Systems  2021/04/01-2022/03/31  ユーザとの親密さを深める対話システムを実現するためには,文脈や関係性の破綻を避けるリスクヘッジな発話戦略だけでなく,冗談や友達口調といったリスクテイクな発話戦略も必要となる.そこで本研究では,我々が対話システムにおけるリスクテイクの枠組みとして提案したリスキー・ポライトネス(RP)を対話システムが適切に制御できるモデルの構築を目的とする.提案モデルでは対話システムが能動的にRPを発話する方針の下で,ユーザとの親密さに応じてRPを制御する.研究方法として,人同士の対話データを用いてRPの類型化やリスクの定量化を行い,得られた知見に基づいて構築されるモデルを実装した対話システムのユーザ評価を行う. 
View details...

Public lectures
自分の心と対話しよう  大分工業高等専門学校  2022/07/20  オンライン 
View details...