日本語
The University of Electro-Communications 
Graduate School of Informatics and Engineering, School of Informatics and Engineering 
Department of Informatics, Cluster I (Informatics and Computer Engineering) 

Associate Professor 
HASHIYAMA Tomonori 

Personal website  

Career
Dept. of Electric Eng., Nagoya University  Research Associate  1996/04-1997/03 
Nagoya Industrial Science Research Institute  Senior Researcher  1997/04-1999/12 
Nagoya City University  Associate Professor  2000/01-2000/09 
Nagoya City University  Associate Professor  2000/10-2003/09 
University of California, San Diego  Visiting Scholar  2002/09/01-2003/03/31 
The University of Electro-Communications  Associate Professor  2003/10-2007/03/31 
Grad. School of Information Systems  Associate Professor  2007/04/01-Present 

Academic background
北海道立函館中部高等学校  普通科  1986/03/10  Graduated 
Nagoya University  Faculty of Engineering  Department of Electro Mechanics  1991/03  Graduated 
Nagoya University  Graduate School, Division of Engineering  Department of Electro Mechanics  Master's program  1993/03  Completed 
Nagoya University  Graduate School, Division of Engineering  Department of Information Electronics  Doctoral program  1996/03  Completed 

Academic degrees
Dr. of Engineering  Nagoya University  1996 

Outlines of current research
インターネットをはじめとする情報ネットワークの急速な発展とともに、私たちはコンピュータに囲まれて生活する時代に暮らしてます。そのような環境の 中で、生活の質の向上をもたらすはずの便利な新機能の多くについて、残念ながら、その操作方法の習得に時間を割かれてしまうことはよく経験することでは ないでしょうか。こういう問題は人間の高度な適応力が(不本意ながら)解決しているといえるでしょう。逆に、これらの能力をコンピュータの側で持つこと ができれば、すなわち、知的なシステムを構築できれば、私たちの暮らしはより快適になるでしょう。あるいは、人間に動'作'の方'法'を規定するという 意味で、筋の良い"作法"を提供できるインタフェースが提供できることも、快適さを増すことにつながるでしょう。私たちはこのようなモチベーションを持 ちながら研究を進めています。

 これまでの研究を工学的に展開し発展させることはもちろんですが、認知心理学的な知見を積極的に取り込んで研究を進めていきたいと思っています。具体 的な問題意識の一例を挙げると、知的システムの構築に際して、環境との相互作用をどのように考慮するべきかという点があります。同じ目的を達成する場合 であっても、おかれた環境によって解決方法が異なるのは自然なことです。この問題をどのようにモデル化できるかは非常に興味深い問題であるとともに、 チャレンジングで難しい問題です。環境の中からどのような情報を抽出して動作を決定するかを考えることは、知的システムを直接的に構築することに加え、 前述の"作法"について検討することにもつながると考えています。人間を対象にするとき(研究一般に言えることですが)、ある問題が解決した気がする と、別の問題が生じ、結果としてわからないことが増えているという状況が多々あります。しかしながら、この悩ましい状況が研究を進める一番の理由であ り、楽しさでもあります。このような状況に対して着実に研究を進めることで、大学人として存在感のある研究をしていきたいと思っています。 

Classes responsible within the university
2017  コンピュータリテラシー  Spring semester  Undergraduate, mainly nighttime 
2017  実システム創造  Fall semester  Both graduate schools, IE and IS  Master's program 
2017  基礎プログラミングおよび演習  Fall semester  Undergraduate, daytime 
2017  インテリジェントシステム特論  Fall semester  Both graduate schools, IE and IS 
View details...

Education and research activities in foreign countries
Visiting Scholar, University of California San Diego  2002/09-2003/03  United States 
View details...

Current research areas
Soft computing 
Intelligent informatics 
Human interface and interaction 

Research keywords
Computational Intelligence 
Soft Computing 
Human Computer Interaction 

Current research subjects
A Study on feature extraction in pattern recognition  Feature extraction Sefl Organization Pattern recognition  1996-Present 
A Study on Cipher Systems using Reconfigurable logic  Cipher Reconfigurable logic Crypt-analysis  1997-2004 
Supplier Bidding Strategy in Electricity Auction Markets  Electricity Market Auction Machine Learning  2000-2003 
Active Frame Subtraction for sequential images from moving camera  Image Processing Background elimination  2001-Present 
A Study on evaluating the phases in Shogi play  Shogi evaluation fuzziness, ambiguity  2001-Present 
パターン・シンボル処理のシームレスな統合による自律ナビゲーションに関する研究  2004-Present 

Published books
Book  マルチメディア時代の情報技術  大崎美穂、橋山智訓  マネジメント情報とインターネット 第6章  2003/04 
Book  ニューラルネットワークによるファジィルールの獲得  橋山智訓、高木英行  ファジィとソフトコンピューティングハンドブック 24.1節、24.2節  2000/09 
Book  A Creative Design of Fuzzy Logic Controller Using a Genetic Algorithm  T. Hashiyama, T. Furuhashi, Y. Uchikawa  Genetic Algorithms and Fuzzy Logic Systems --Soft Computing Perspectives--  1997/07 
View details...

Published papers
Paper  Yes  PSO Algorithm Based Scenario Reduction Method for Stochastic Unit Commitment Problem  Joint  Gaofeng Xiong, Xiping Liu, Dan Chen, Jianhua Zhang, Tomonori HASHIYAMA  IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering  12/ 2, 206-213  2017/02/01  10.1002/tee.22367 
Paper  Yes  橋梁点検の技術者のための「道具」デザインに向けたフィールド観察  Joint  市野 順子,橋山 智訓, 二宮 利江, 市川 暢之, 竹谷 昇二  情報処理学会論文誌  55/ 8, 1931-1944  2014/08 
Paper  Yes  Stochastic unit commitment problem considering risk constraints and its improved GA-based solution method  Xiong, Gaofeng, Liu, Xiping, Hashiyama, Tomonori  IEEJ TRANSACTIONS ON ELECTRICAL AND ELECTRONIC ENGINEERING  8/ 5, 463-469  2013/10  1931-4973  10.1002/tee.21881 
Paper  Yes  Action Selection for Game Play Agents Using Genetic Algorithms in Platform Game Computational Intelligence Competitions  Ken Hasegawa, Narutoshi Tanaka, Ryuji Emoto, Yusuke Sugihara, Ardta Ngonphachanh, Junko Ichino, and Tomonori Hashiyama  Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics  17/ 2, 201-207  2013/02 
Paper  Yes  エージェントの代行指示インタラクションの高度化と効率化  高田 恵美, 田野 俊一, 市野 順子, 橋山 智訓  電子情報通信学会論文誌  J96-D/ 1, 113-143  2013/01 
View details...

Research presentations
Oral presentation for an academic conference  行動辞書を利用したTwitterからの行動抽出  情報処理学会,第11回情報科学技術フォーラム  RO-003  Yes  矢野裕司、横井健、橋山智訓  2012/09 
Oral presentation for an academic conference  Fuzzy Clustering based on Evidential Theory  第22回ファジィシステムシンポジウム講演論文集,第22回ファジィシステムシンポジウム  No  T. Esaki, T. Hashiyama, Y. Tsukamoto  2006/09 
Other speech or lecture  Level generation Track for Infinite Mario Bros.  IEEE international Conference on Computational Intelligence and Games, 2010  No  T. Shimizu, T. Hashiyama, T. Esaki, J. Ichino, S. Tano  2010/08 
View details...

Awards
第42回東海ファジィ研究会最優秀発表賞  カメラアプリケーションにおける設定の自動化と手動設定のバランス調整  2017/02/19 
プラットフォームゲームCIコンペティション2012 最優秀賞  2012/09/12 
2nd prize, Mario AI Competition Level Generation Track  2010/08 
BEST ASIC AWARD  1999/11 
電気関連学会東海支部連合大会奨励賞  1996/03 
View details...

Past records of joint or funded research
メディア表現・行為とワーク環境・支援システムの研究  2013-Present  Joint research  Domestic joint research 
デジタル情報家電に関する研究  2005-Present  Domestic joint research 
View details...

Public lectures
ちょうふ市内・近隣大学等公開講座  (財)調布市文化・コミュニティ振興財団  2009/09/25  調布市 
View details...

Memberships of academic societies
IEEE Computational Intelligence Society Japan Chapter  2009/01-2011/01 
Human Interface Society  2000-Present 
The Society of Instrument and Control Engineers  1997-Present 
The Japanese Society for Artificial Intelligence  1997-Present 
IEEE  1997-Present 
View details...

Involvement in conference and research meetings
第31回ファジィシステムシンポジウム 第25回日本神経回路学会全国大会 合同大会  会場担当  2015/09/02 
View details...

Committee or council involvement
IEEE Computational Intelligence Society, Tokyo Section / Japan Council Jt Chapter, CIS 11  Secretary  2017/01/01-2018/12/31 
日本知能情報ファジィ学会  理事(大会事業担当)  2015/06/01-2017/05/31 
Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics  関東支部長  2009/04-2011/03 
IEEE Computational Intelligence Society Japan Chapter  Secretary  2009/01-2010/12 
Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics  理事(広報担当)  2007/06-2009/06 
View details...